2017.03.12 (Sun)


森友学園叩きを止めないTBS「サンモニ」


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

教育勅語は国のために戦えと言っているからダメ?

毎日新聞系のTBS「サンモニ」は籠池理事長が退任した後も森友学園叩きを止めようとしない。
それに関連して教育勅語を「道義国家を目指す日本はいまでも大事だ」と国会で答弁した稲田防衛相までも叩いている。

これはもう国有地の安い払い下げ問題(「産業廃棄物が埋められていたので安くなるのは当たり前の話」(飯島勲「ビートたけしのTVタックル」)から歴史認識の問題に話が飛んでいる。

反日テレビメディアの偏向を何年か後にふりかえって検証してみるためにアーカイブとして記録する。

TBS「サンモニ」(2017/3/12)
籠池理事長が会見
「森友小」申請取り下げ

寺島実郎
「愛国者を装う虚偽、欺瞞の人なんては世の中いっぱい居るんですがね。この構造を国民としてどう見抜くのか。これボク一番大事なのはね、志を同じくするっていう政治家という人たちが共鳴心を働かせているからこういう問題が背景に起こってきたわけですよね。
そこで教育勅語なるものを、たとえば問い掛けられた政治家が『道義国家を目指す日本というのは今でも大事なんだ』というあたりで教育勅語が大事だという考え方を持っている人が居るってことですね。

だけど教育勅語って何なんだということなんですけども、明治の天皇制絶対体制の下で教育勅語が出てね、本質はね、最後の所が実は大事で、みなさん一度よく読んでみたらいい。
『一旦緩急あるときには義勇公益に準じ』(原文は一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ)と、つまり分かりやすく言ったら、戦争があったら国のために死ぬんだという教育を目指すんだということが本質のわけですよ。
そのあたりのことをよく考えてね、戦後民主主義の真価が問われてる問題なんだということを、よくこの問題について考えるべきだとボクは思います」


「共鳴心を働かす」なんて変な日本語だ。
「共鳴する」となぜ簡単に言えないのか。

「戦後民主主義」とは自分の国が外国に攻められて戦争になっても戦わないことだとは知らなんだ。

寺島実郎はルーピーハトヤマこと鳩山由紀夫元総理大臣の外交ブレインとして日米中の正三角形外交を主張し、離米親中を主張して日本を危うくした張本人である。
本来ならばこんなところで大きな顔をして御託を並べている筋合いではないの筈だが。

「戦争なっても国のためには死ぬな」という戦後教育が大事だということか。
いや、そもそも日本は戦争を禁じられている国だから外国から攻められてもヘラヘラ笑って両手を上げるだけでいいのである。
そういう考えが蔓延して戦後の日本はダメになった。
GHQの狙い通りの日本になった。

「戦争か起こったら山の中か外国に逃げる」と言って失笑を買ったのは経済評論家でオタクの森永卓郎やホリエモンである。
日本は世界最低の11%とかいう統計数値もかつてあった。
11%でも高いぐらいだろう。

関口 宏(司会)
「そこまでは良いことが書いてあるんですよね、教育勅語というのは。だからそこだけでこれを評価している人もいるけど、最後んとこが大事ですよねえ


岸井成格のピンチヒッターとして与良正男が登場。

与良正男(毎日新聞専門編集委員)
「逆に言うとこれ(森友学園の土地購入価格の問題)が出てなかったら、こういう、いま寺島さんが言ったような学校が大手を振るってですよ、堂々と出来てたかもしれない。
さらに言えば、昭恵さんも名誉校長辞めなかったんじゃないか。
そういう事を忘れちゃいけない。
焦点は今後の参考人招致ですよ」


教育基本法にも触れていない私立学校の建設を「大手を振るって堂々と建設」とヘイト、バッシングするのはどうよ。

関口
「ねえ」

与良
「理屈になってないですよね。それと民間人は呼ばないと。民間人を国会に呼ぶというのは慎重にというのは確かなんですけども、当然疑惑は全然晴れていないわけですから当然国会に呼ばなくちゃいけない。
理事長辞めるからもういいだろうという声が自民党からあるようですけども理屈になってません」


これ以上籠池叩きをして何になるのか。決定的な証拠もなく何が疑惑か。

あっ、これは日本人の感性ではないな。
やはり中国や韓国の人達の感性だな。
と合点が行った次第。

やはりこういう連中には教育勅語を叩き込まなければならない。
それももう遅きに失したか。





↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

19:21  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |