2017.03.02 (Thu)


森友学園の愛国教育なぜ悪い?


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

特大ブーメランが民進党に

朝日、毎日などのパヨクメディアと民進党など野党4党や言論人が毎日のように森友学園叩きに夢中になっている。
連中の言い分は二つある。

国有地の安い払い下げに政治家(安倍首相)の口利きがあった。
森友学園の極右教育と安倍首相夫妻の関係はどうよ。

エセ保守派の小林よしのりはブログで・・・

⇒「極右アナクロ小学校」は昭恵の要望か?」(2017/3/1)

そもそも、安倍首相周辺の政治家や、日本会議ら「極右」の連中が、日本で一つしかない「極右アナクロ小学校」を作りたいと考えたのだろう。
それは籠池理事長の政治家への働きかけが功を奏したからだとしか考えられない。
「極右アナクロ小学校」を社会的に信用させるためには、 安倍首相夫人・昭恵の名誉校長就任は絶大な効果があった。
産経新聞ら「極右アナクロ」勢力は、安倍首相は「名前を利用されただけ」と庇うだろう。


(中略)

こうして「瑞穂の国の極右アナクロ小学校」の設立に繋がったのである。
これで安倍首相は「名前を利用されただけ」と、被害者あつかいできるのだろうか?


(引用終わり)

天皇譲位問題を取り上げたある言論誌の対談で小林よしのりの肩書きを保守派と紹介していたのは噴飯ものだ。

森友学園の幼稚園での愛国教育をFNNが報じた。

FNNニュース(同上)
昭恵夫人が涙 新映像入手

子どもたちの言葉に思わず涙。森友学園を訪れた際の新たな映像を入手した。
2014年4月、森友学園が運営する幼稚園で、園児たちが、「日本国、日本国のために活躍されている安倍晋三内閣総理大臣を、一生懸命支えていらっしゃる昭恵夫人、本当にありがとうございます。ぼくたち・わたしたちも頑張りますので、昭恵夫人も頑張ってください」と話すと、安倍昭恵夫人は「感動しちゃいました」と話していた。
子どもたちの言葉に、涙を見せる女性、安倍首相の妻・昭恵夫人。
FNNは、2014年4月、昭恵夫人が、渦中の森友学園が運営する幼稚園を訪問した時の映像を入手した。
その隣には、森友学園の籠池泰典理事長の姿もある。

籠池理事長「中国から、何? 言って」
園児「中国から鉄砲とかくるけど、ぜったい日本を守ろう」
籠池理事長「安倍総理大臣を応援してあげてくださいよ!」
園児「はい!」
昭恵夫人「ありがとう。おうちに帰って安倍総理大臣に伝えます。みんなを守りますように、みんながそう言っていたことを伝えます」
籠池理事長「うれしいですか?」
園児「はい!」

籠池理事長の話は、さらに。

籠池理事長「『日本を守ってください、お願いします』と、昭恵夫人にきちんと伝えてください」
園児「日本を守ってくださいね」
昭恵夫人「ちゃんと伝えます。ありがとう」

昭恵夫人は、満面の笑みを見せた。
そして、子どもたちと集合写真を撮っていた。


(引用終わり)

⇒ダイヤモンドオンライン(2017/3/2)
時代の空気が生んだ森友学園
幼稚園児まで巻き込むアナクロニズム
山田厚史元朝日新聞編集委員


日本でおかしなことが立て続けに起きている。東芝もそうだったが、多くの人が「おかしい」と思うことを口に出せなくなっているのではないか。空気を読み、忖度し、長いものに巻かれろ、と判断を停止する。
「全体主義」と言ってもピンとこない人が多いだろう。私たちの親や祖父母の時代、若者は「天皇陛下万歳」の歓声で戦地に送られた。戦争はイヤだ、と思っても口に出せない。学校では子どもたちが教育勅語を暗唱し、「鬼畜米英」と叩きこまれた。
 そんなのは昔のこと。ほとんどの人はそう思っているだろう。ところがである。

「朕オモフニ我ガ皇祖皇宗國ヲハジムルコト……」。

 幼稚園児が集団で教育勅語を暗唱する動画にネットで出合った。70余年前にタイムスリップしたかのようだ。運動会のシーンもある。運動着姿のかわいい子どもたちが、思いっきり声を張り上げている。
「大人の人たちは、日本が他の国に負けぬよう、尖閣列島・竹島・北方領土を守り、日本を悪者として扱っている中国、韓国が、心改め、歴史で嘘を教えないよう、お願い致します。安倍首相ガンバレ!安倍首相ガンバレ!安保法制国会通過よかったです!」
森友学園が経営する大阪の塚本幼稚園のひとコマだ。言葉も意味も分からない子どもに「愛国心」を刷り込んだ過去と重なる光景である。
 いまさら戦前には戻りませんよ、と多くの人たちは言う。そうであればいいと思う。
 トランプ大統領がアメリカに登場した。欧州では大戦の反省から生まれたEU統合が崩れつつある。ネオナチや極右が台頭している。移民や難民を敵視する排外主義は日本も無縁ではない。近隣の中国・韓国を敵視する偏狭な愛国主義を煽る人たちが日本に増えた。
 森友学園は、時代の空気と無縁ではない。園児まで巻き込むアナクロニズムが、堂々と次に小学校を狙っている。
 奇妙なことがひとつある。「天皇陛下万歳」ではなく、なぜか「安倍首相がんばれ!」なのだ


(以下略)

いまどきの愛国教育はアナクロだそうだ。
だったら国家ぐるみの愛国教育をしている中国に山田厚史はなぜ物申さぬのか。

いずれブログネタ取り上げようと保管していたノートに・・・

「安倍か天皇かといえば天皇だ」

というタイトル山田厚史の記事の題名がある。
いま調べたが残念ながらソースがみつからない。
「安倍か天皇か」呼び捨てにする無神経さにあきれてメモして置いたのだが、山田厚史は「天皇陛下バンザイ」はいいが「安倍首相バンザイ」は許されぬと言うのか(笑)

愛国教育を否定するパヨクの小林よしのりや山田厚史や民進党に、同じパヨク友の週刊ダイアモンドが警告を発している。
森友学園の愛国教育をあまり非難しすぎると日教組とズブズブの民進党に大型のブーメランが飛んでくるから注意しろという親心である。
以下、抜粋してみた。

⇒ダイヤモンドオンライン(同上)
森友学園問題、民進党の追及はむしろ首相を逃がしかねない
窪田順生:ノンフィクションライター


民進党が勢いよく追及している、森友学園の「右翼教育」問題。確かに異様な教育方針であるのは間違いないが、今のままの追及路線を民進党が突っ走ってしまうと、いずれ自滅する。この問題は、民進党が特大「ブーメラン」に被弾する危険性をはらんでいるからだ。

民進党の安倍叩きは「ブーメラン」になるか

「安倍応援団が必死に隠蔽工作!」みたいなコメントが殺到しそうだが、そういう陰謀論的な見立てではなく、「情報戦」という観点で互いの情勢を分析してみても、いまの民進党の戦い方はかなり危うい。
 というより、いまの流れで突っ走ってしまうと、感謝状どころではない「特大ブーメラン」が突き刺さってしまう恐れがあるのだ。
 目下、民進党は大西健介衆議院議員の「政権ぐるみで偏った教育方針を推進している幼稚園を後押ししたり、便宜を図ったりしているのではないか!」という攻め文句からもわかるように、森友学園の愛国教育と安部首相とのつながりに焦点を絞る戦略をとっている。
 目下、民進党は大西健介衆議院議員の「政権ぐるみで偏った教育方針を推進している幼稚園を後押ししたり、便宜を図ったりしているのではないか!」という攻め文句からもわかるように、森友学園の愛国教育と安部首相とのつながりに焦点を絞る戦略をとっている。

カンのいい方はお気づきかと思うが、この論争は民進党にとって「鬼門」以外の何物でもないのだ。


「政治を抜きに教育はない」「教育の政治的中立はありえない」「日教組とともに戦っていく」と日教組の新年会で挨拶した輿石東旧民主党幹事長の事件を例に挙げている。

この時期に「在特会」が設立されたことからもわかるように、日教組や労組、そして「朝日新聞」に代表される左派リベラルに対する不信感が社会に広まり始めたタイミングで、「愛国幼稚園」が誕生したのは偶然ではない。森友学園は、 行き過ぎた左派リベラルへの嫌悪感が顕現した、「時代のあだ花」のような存在という見方もできるのだ。

森友学園の教育方針は筆者だって異様だと思うし、自分の子どもは絶対に通わせたくない。多くの日本人がそう感じるだろうから「安倍首相がんばれ」と子どもが宣誓する映像を公開すれば、マスコミも取り上げてくれるし、質問をした自分たちの名前も全国区で取り上げられる。つい民進党議員たちがこの方向に流れてしまう気持ちはわからんではないが、そこには「特大ブーメラン」という「罠」が待っている。


(抜粋終わり)

いまやブーメランが得意技になった民進党。
おおいに頑張って頂きたい。





↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

10:18  |  民進党の正体  |  TB(0)  |  CM(17)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |