2017.02.23 (Thu)


テロリスト(沖縄住民曰く)山城議長の保釈 最高裁が却下


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

菅直人元民主党代表も安倍首相を訴えて敗訴

東京MXTV「ニュース女子」の沖縄特集で現地住民がインタビューで「テロリストみたい」と表現した沖縄基地反対運動のリーダー山城博治の保釈の要求を最高裁が却下した。

パヨクの市民団体が釈明を求めていたが当然の結果である。

産経ニュース ウエスト版(2017/2/23)
普天間飛行場移設反対派リーダーの保釈認めず 最高裁

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対するグループのリーダーで、昨年10月に逮捕され、勾留中の沖縄平和運動センター山城博治議長(64)について、最高裁第3小法廷(大谷剛彦裁判長)は、保釈を認めない決定をした。20日付。
 山城議長は保釈請求が那覇地裁で2度棄却され、不服として最高裁に特別抗告を申し立てていた。政治弾圧だとして、市民団体や沖縄県選出の国会議員のほか、国際人権団体アムネスティ・インターナショナルも釈放を求めている
 山城議長は昨年10月、米軍北部訓練場(東村など)のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)建設現場近くで有刺鉄線を切断した疑いで、県警に現行犯逮捕された。その後、防衛省職員にけがを負わせたとする傷害容疑や、米軍キャンプ・シュワブのゲート前にブロックを積んで工事を妨げたとする威力業務妨害の疑いで再逮捕され、起訴された。

産経ニュース関東版(同上)
辺野古移設反対派リーダーの保釈認めず 最高裁が特別抗告棄却

2017022301.jpg
 ヘリパッド工事現場近くで、仲間が逮捕されたことに抗議する工事反対派の市民ら(手前)。奥は道路中央に置かれた反対派の車両を動かす警察官ら=平成28年9月、沖縄県東村高江

(無理矢理マスクをはがされようとしている隊員は「土人発言」の隊員に似ている。土人とも言いたくなるのも無理は無い。その左に居るのが山城議長らしい)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対するグループのリーダーで沖縄平和運動センター議長、山城博治被告(64)の保釈請求について、最高裁第3小法廷(大谷剛彦裁判長)は、保釈を認めなかった那覇地裁決定を支持し、被告の特別抗告を棄却した。
 決定は20日付。山城被告は昨年10月、米軍北部訓練場(東村など)のヘリコプター離着陸帯の建設現場近くで有刺鉄線を切った疑いで県警が現行犯逮捕。その後も2度再逮捕され、傷害や威力業務妨害の罪で起訴された。被告の保釈請求を地裁が退け、被告が準抗告。これも地裁が退けたため、被告が特別抗告していた。
 刑事訴訟法は、罪証隠滅や逃亡のおそれがある場合に勾留を認めている。被告の身柄拘束は約4カ月に及び、国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル」も長期勾留に懸念を示していた。


(引用終わり)

国際人権団体アムネスティ・インターナショナルなるものが如何に反日サヨク団体であるかがよく分かる。
そもそも戦後、人権を振り回して本当の意味の人権を踏みにじっているの実はこのような似非人権主義者達である。

敗訴と言えば民主党元代表の菅直人も安倍首相と産経新聞を相手取って訴訟を起こしたが敗訴が決定した。

産経ニュース(2017/2/22)
菅直人氏の敗訴確定、安倍晋三首相メルマガ訴訟 「菅氏に猛省求めたい」

 民進党の菅直人元首相が、東京電力福島第1原発事故への対応を批判した安倍晋三首相のメールマガジンでうそを書かれ名誉を傷つけられたとして、損害賠償などを求めた訴訟は、菅氏の敗訴が確定した。最高裁第3小法廷(大谷剛彦裁判長)が21日付で、菅氏の上告を退ける決定をした。
 確定判決によると、2011年5月、野党議員だった安倍氏は「菅総理が東電に海水注入をやめさせていながら『海水注入は菅総理の英断』とのうそを側近が新聞、テレビにばらまいた」との記事を掲載した。
 一審東京地裁判決は、記事の重要部分を真実と認めて菅氏の請求を棄却。二審東京高裁も支持した。
 菅氏は「残念な結果だ」とし、安倍氏は「私をおとしめようとした訴訟で、菅氏に猛省を求めたい」とのコメントを出した。


(引用終わり)

サヨクが多いとされる司法界にしては最近珍しくいい仕事をしている。





↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

13:40  |  沖縄基地問題  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |