FC2ブログ

2017.01.29 (Sun)


日本会議を悪者にしたいパヨクの焦り


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

言論の自由が真っ盛りの日本

保守派の運動体である「日本会議」を曲解し非難する菅野 完の「日本会議の研究」は名誉毀損で訴訟され敗訴した。
8割方は勝訴したと菅野 完本人と支援者が書いているが、馬鹿丸出しだ。
敗訴は敗訴である。
「引かれ者の小唄」を絵に描いたようである。

関係者は「トンデモ本だ」と激怒しているが、それもその筈、なんと92箇所の間違いがあり、田久保忠衛氏によれば150箇所の問題箇所があるという。
当プログでも再三ご紹介した。

そんな本を後生大事に聖書みたいに読み下す阿呆がまだいには驚く。

⇒マネーボイス(2017/1/29)
今、日本の政治・経済はどこまで「日本会議の思うがまま」に進んでいるか?


安倍政権の背後には日本会議があるとされ、その存在がクローズアップされています。今回は、安倍政権の政策と日本会議の提言がどれくらい一致しているのかを見てみましょう
この国の将来を知りたくば「日本会議」の思想を知るべし?

「報道の自由度ランキング」というものが毎年発表されています。
日本は72位で、前年に比べて順位が10位以上後退しています。
(国境なき記者団「報道の自由ランキング2016」報告より)。


(こんな噴飯もののランキングなど、とっくの昔に論破されている。)

紀元節復活(2月11日の建国記念日として制定)
元号法制化
自衛隊法改正
歴史教科書「新編日本史」の検定合格
大嘗祭の国家化(即位の礼)
国家国旗法(日本会議となってから成立)

この思想のベースとなるのが、憲法改正です。戦前の「天皇絶対の軍国主義国家」から「欧米型の民主主義国家」へ、現憲法によって国の理念が切り替えられました。戦前回帰路線の日本会議が、今の憲法を戦勝国側の「押し付け」としているのは、この部分から来ているのかもしれません。

日本会議は伝統的家族制度の復活を提唱しているようです。社会の基礎単位が「国家」から「個人」へと時代が流れるなか、日本会議は、社会の基礎単位を「個人」から「家族」という単位にしようとしているようです。
自民党の改憲草案はその24条で、「家族は、社会の自然かつ基礎的な単位として尊重される。家族は、互いに助け合わなければならない」とわざわざうたっています。このあたりが気になりますね
ある専門家は、2017年1月から「3世代同居住宅」の建設に補助金を出すことについても、日本会議の戦前の家族単位の社会を目指す布石と指摘しています。介護は家族で、その分医療費は削減できる、そのための3世代同居だとも言われましたね。社会保障費削減の一環、病院にいかず家族で介護しろというメッセージだと言われています。
また日本会議は、夫婦別姓に反対の姿勢を示しています。「夫婦別姓は家族の絆を崩壊させる」が最大の理由だそうです。「個人」よりも「家族」を社会の単位にしたほうが、統治しやすいからなのでしょうか。
さらに日本会議は、外国人に参政権を付与する動きにも反対しています。

このように安倍政権の政策と日本会議の提言が一致していることから、安倍政権の背後には日本会議があるとされ、日本会議の存在がクローズアップされているようです。今後、安倍政権が続く限り、日本会議の存在はあちこちで出てくると思われます。


(以下略)

戦後レジームからの脱却を目指す安倍政権を否定したいパヨクの言い草である。
このマネーボイスは一体どんな媒体なのか不明だが、中国に反抗したアパホテルの経営が傾きかねないと揶揄しているところからして推して知るべしである。

⇒マネーボイス(2017/1/29)
アパホテル永遠のゼロ売上へ。ネトウヨをこじらせ経営が傾くユニーク事例


今、アパホテルの周辺がずいぶんと騒がしいことになっています。「南京大虐殺や従軍慰安婦は存在しなかった」という珍説を語る本を客室に置いていたため、中国人から大ブーイングを受け、やめておけばいいのに反論してしまったので、アパホテルの経営が傾きかねないギャグのような展開を迎えているのです。会長がゴリゴリのネトウヨなせいで大きく売上を落としそうなアパホテル騒動、わかりやすく解説したいと思います。(以下略)

(引用終わり)

悪意に満ちた文章である。
マグマグニュースなどというものは、誰れでも登録すれば発行できる媒体である。
まことに日本は言論の自由真っ盛り、これで報道の自由度ランキングが低いなどとは良くぞ言えたものだ。







↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:24  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |