FC2ブログ

2017.01.28 (Sat)


のりこえネットの辛淑玉がBPOに提訴の愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

沖縄人と朝鮮人は日本人に排除、差別されて来たと

 たてまえ無しの本音で語る東京MXテレビの「ニュース女子」が取り上げた沖縄反基地運動の真相を、韓国人パヨクの辛淑玉が代表する「のりこえネット」とか称する市民団体が人権侵害だと提訴した。

JCASTニュース(2017/1/28)
「一方的に攻撃、公開処刑された」
「ニュース女子」問題で市民団体がBPOに申立て

沖縄の米軍ヘリパッド建設に抗議活動をする人々は「日当をもらっている」などと報道したテレビ番組「ニュース女子」に人権を侵害されたとして、「日当を払っている団体」として名指しされた市民団体「のりこえねっと」が2017年1月27日、会見を開き、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会に申し立てをしたと発表した。
同団体の辛淑玉(シン・スゴ)共同代表は会見で、「(番組によって)一方的に攻撃されました。公開処刑です」と怒りをにじませた。
「のりこえねっと」の辛淑玉・共同代表らが会見を開いた(画像は、同団体がユーチューブ公式アカウントで公開した会見動画のスクリーンショット)
「のりこえねっと」の辛淑玉・共同代表らが会見を開いた。

■番組では「のりこえねっとが反対派に日当を支払っている」と報道

17年1月2日にTOKYO MXで放送された「ニュース女子」は、沖縄・高江の米軍ヘリパッド建設について取り上げ、「過激な反対派の実情を現地取材」との触れ込みで放送された。その中で、反対派を「テロリスト」と表現したほか、「のりこえねっとが建設反対派の人々に日当2万円を支払っている」などと指摘した。
放送後の5日、のりこえねっとはウェブサイトで番組に対して抗議声明を発表。番組内容を「虚偽報道」とし、「私たち『のりこえねっと』関係者は同テレビ局から事前にまったく取材を受けておらず、意見の聴取はおろか単純な事実確認すらされていません」「同番組によって傷つけられた人権と名誉の回復と補償を求めるため、必要なあらゆる手段を講じます」と表明した。

■制作会社は「言い分聞く必要ない」と主張

一方、番組を制作したDHCシアターは20日、放送後に「数多くのメディアからの質問、政治活動団体からの批判などを頂きました」として、公式サイトで「番組見解」を発表。日当について「貰ったと証言されている方がおり、その茶封筒は反対派で占拠されている状態の基地ゲート前で拾われ、証言と茶封筒の金額が一致しているところからも合理的な疑いを持たざるをえません」としたほか、のりこえねっとに取材をしなかった点も「数々の犯罪や不法行為を行っている集団を内包し、容認している基地反対派の言い分を聞く必要はないと考えます」などと主張した。
こうした中で、のりこえねっとは27日の会見で、番組内容は虚偽・不公正であり、名誉が毀損されたとしてBPOに申し立てをしたことを明らかにした。放送局のTOKYO MXに対しては、放送内容について同番組枠で検証・訂正することや、同局で謝罪放送を行うことなどを求めている。
番組で名前が出されていた辛淑玉さんは、「一方的に攻撃されました。公開処刑です。電波の中で名前をあげて、私もウチナーンチュ(沖縄の人)も『こいつらは国家の敵なんだ、叩いてもいいんだ』ということで吊るされたんです」と怒りをにじませていた。


(引用終わり)

その通り。基地に反対する沖縄人もそれに加担する本土のパヨクも「国家の敵」であり叩くべきである。
そのどこが悪いのだ。

沖縄タイムズと琉球新報は辛淑玉の言い分を次のように伝え、応援している。
一部を引用すると・・・

辛淑玉
「歴史や文化は異なっているが、ウチナンチュも在日朝鮮人も、日本の国家体制によって植民地支配を受け、人間としての権利を保障されず、排除・差別されてきた。
ウチナンチュは日本国籍を付与された一方で島ごと奪われ、沖縄戦では「国体」や本土の日本人を守るための捨て石にされた。敗戦後は膨大な米軍基地を押し付けられ、いまも命・生活・人間の尊厳など多くを奪われ、抑圧されている。
 朝鮮人は、頼んでもいないのに帝国臣民にされ、日本兵の下請け・弾よけとして最も危険できつい労役につかされた挙げ句、敗戦後は日本国籍を一方的に剥奪(はくだつ)され、国籍がないことを理由に戦後補償の対象から外され、「外国人」として排除、差別を受けてきた。
 経緯に違いはあっても、植民地支配の対象とされてきた点では同じ位置に立たされている」


彼女の思想的な背景が如実に現れている。
日本に巣食う一部の朝鮮半島人は歴史を捏造し、被害者面をして自らは日本の豊かな社会生活を享受しながら日本国をヘイトし恐喝する。

このところ韓国が日本に対して国際常識を逸した行動を起こしており、日本人はそれに対して心底から憤りを覚えている。
したがって、辛淑玉の言い分など何一つ心に響かない。

「朝鮮人は日本から出て行け!」というのはヘイトだと最近規定されたようだが、ヘイトの叫びを上げたくなる人達の気持ちはよく分かる。

過去記事でも紹介したように、「のりこえネット」の飛行機代5万円を出すというチラシの「辛淑玉」の部分はボカされていて判読不可能だった。

2017012901.jpg

2017012902.jpg

井上和彦
「びっくりしたのはね、ここにね、韓国の方ですね、確かね」

情報提供者
「そうですね」


2017012903.jpg

井上
「福島みずほさんも!びっくりしたのは、5万円上げますって書いてあるじゃない」

情報提供者がチラシを読む
「あとは自力でがんばってください」

スタジオのニュース女子たち
「ええっ!?」

ナレーション
「いったい何を頑張れというのだろうか?」


この後、2万円の日当を入れてあったと見られる茶封筒などが現地の人から紹介された。

既存マスコミが報道しない沖縄の真実を報道する番組を抹殺してはならない。

日本の重要な安全保障の問題を、ありもしない人種差別の話にすり替えるな。

MXテレビとスポンサーのDHCに声援を送ろう。






↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:01  |  沖縄基地問題  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |