FC2ブログ

2017.01.18 (Wed)


アッパレ!アパホテル


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

中国のイチャモンが止まらない

日本のアパホテルが客室に「南京虐殺」や「慰安婦強制連行」という虚偽を否定する実証本を配備したとして、外務省のいつものオバサン報道官が日本を批判した。
日本の一企業の行為を外務省が批判するのは異例だ。

ZAKZAKニュース(2017/1/18)
中国外務省がアパホテル異例批判
「日本の一部勢力は歴史を正視しない」
客室の書籍で「南京大虐殺」否定

 【北京=西見由章】日本のビジネスホテルチェーン大手のアパグループが運営するアパホテルの客室に、「南京大虐殺」や「慰安婦の強制連行」を否定した書籍が備えられていることに対し、中国外務省の華春瑩報道官は17日、「日本国内の一部勢力は歴史を正視しようとしない。正しい歴史観を国民に教育し、実際の行動でアジアの隣国の信頼を得るよう促す」と述べた。
 中国外務省が日本の民間の言論にまで批判の矛先を向けるのは異例だ
 華氏は「強制連行された慰安婦と南京大虐殺は、国際社会が認める歴史的事実であり、確実な証拠が多くある」と主張した。
 この問題はアパホテルに宿泊した中国人と米国人の男女が12日、中国版ツイッター・微博で書籍について指摘し、中国国内のネット上で非難の声が上がっていた。
 中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は、日本で営業している中国の旅行社がアパホテルの取り扱いを中止したと報じた。

 ■「撤去しない」

 中国国内で非難の声が上がっているのは、アパグループの元谷外志雄代表のエッセーをまとめた本とされる。アパグループは17日、客室から撤去する考えがないとする見解を公式サイト上に掲載した。
 同社は「特定の国や国民を批判することを目的としたものではなく、あくまで事実に基づいて本当の歴史を知ることを目的としたもの」と説明。その上で「日本には言論の自由が保障されており、一方的な圧力によって主張を撤回するようなことは許されてはならない」との考えを強調した。


(引用終わり)

アパホテルはご存知のように懸賞論文「真の近現代史観」を主催し、2008年に田母神俊雄元航空幕僚長が「日本は侵略国家であったのか」と書いて受賞したが政府の怒りに触れて更迭された。
更迭の音頭を取ったのは当時の石破茂防衛大臣。

中外務省の批判にも屈せずアパホテルは客室の歴史研究書の撤去を拒否した。
アッパレである。

産経ニュース(同上)
中国のアパホテル批判に菅義偉官房長官「過去の歴史に過度な焦点当てるな」と応戦

 菅義偉官房長官は18日の記者会見で、アパホテルの客室に「南京大虐殺」や「慰安婦の強制連行」を否定した書籍が備えられていることを中国外務省の華春瑩報道官が批判したことについて「報道官の発言一つ一つに政府としてコメントすることは控えたいと」述べた。
 その上で「過去の不幸な歴史に過度な焦点を当てるのではなく、日中両国が国際社会が直面する共通の課題、そして未来志向に向けて取り組んでいる姿勢を示すことが重要だ」と指摘した。


(引用終わり)

菅官房長官が「応戦」したというのはやや産経新聞の勇み足だが、いまのところは日本政府としてはこれぐらいの「応戦」が限界か。

「中国と違って日本には言論の自由がある」ぐらいのことを言い返してやればいいのだ。
もっとも外交の世界では「それを言ったらオシメーヨ」かも知れないが。

日本は戦後70年間も自虐史観を刷り込まれて来た。
その挙句が今のテイタラクだ。
産経新聞は「歴史戦」と題して正しい日本史観を主張し続けているが、中国におもねる朝日、毎日などのパヨクメディアの壁は厚い。

いつになったら覚醒した日本人が多数を占める時代になるのだろうか。






↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

20:51  |  -支那  |  TB(1)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |