FC2ブログ

2017.01.16 (Mon)


安倍内閣支持率が67%に上昇


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

それでも続けろ匍匐前進

 安倍内閣の支持率が更に67%に上昇した。
ハワイのパールハーバーでの慰霊、その他主要各国の訪問、日韓合意を破った韓国への対抗措置などを評価したものと見られる。
やはり日本人のバランス感覚は素晴らしい。
蓮舫率いる民進党などの野党4党や反日メディアが毎日垂れ流す洗脳番組にもかかわらず、ちゃんと見るべきところは見ているのである。

JNNニュース(2017/1/16)
「安倍内閣支持」67%に上昇
JNN世論調査 前月より6ポイント↑

2017011612.jpg

2017011611.jpg

安倍内閣を支持する人は先月から6ポイント増えて67%となり、2013年11月以来の高い水準となったことがJNNの世論調査でわかりました。
 安倍内閣の支持率は、前の月より6ポイント上がって67%、不支持率は前の月より5.1ポイント下がって31.5%でした。支持率が67%を超えたのは、2013年11月以来となります。

2017011603.jpg

 安倍内閣を「支持する」理由については「安倍総理に期待できる」と答えた人が先月より4ポイント増えて32%と最も多く、次いで「特に理由はない」と答えた人が27%、「政策に期待できる」と答えた人は先月より6ポイント増えて22%となりました。

2017011605.jpg

 天皇陛下の退位をめぐる政府の有識者会議で今月23日に今の天皇一代に限って退位を認める特例法を中心とした考えを示す方向について聞いたところ、「賛成」は82%、「反対」は12%でした。


(民進党など野党は特例法ではなく皇室典範を改正せよと主張しているが、時間もかかり天皇陛下のご意思に沿うことができない)


 また、政府内で2019年の1月1日に皇太子さまが新たな天皇に即位し、新たな元号を適用する案が浮上していることについては、85%の人が「賛成」と答えていて、「反対」と答えた人は8%でした。

2017011607.jpg

 韓国・釜山の日本総領事館の前に慰安婦問題を象徴する少女像が設置されたのは日韓合意に反するとして政府がソウル駐在の大使らを一時帰国させたことについて、政府の対応を「評価する」と答えた人は76%、「評価しない」と答えた人は14%でした。


(朝日、毎日、東京の社説は「評価しない」だったが)

 今月20日にアメリカの次期大統領にトランプ氏が就任することで世界情勢がどうなっていくかについて聞いたところ、「悪くなる」と答えた人が56%と最も多く、次いで「変わらない」と答えた人が29%、「良くなる」と答えた人は4%でした。

(トランプ次期大統領の過激発言が日本をナーバスにしている。
しかし、次第に方向を修正するものと思う)

2017011609.jpg

 各政党の支持率は、自民党が先月より4.2ポイント増えて38.7%に、民進党、公明党、共産党、日本維新の会、社民党は、それぞれ先月よりも下がっています。

(民進党も蓮舫代表ではもたない。)

(引用終わり)

野党の不甲斐なさにはあきれるしかない。
もっと緊張感をもって与野党が戦わないと自民党にも緩みが出てくるのではないかと心配だ。
その一方で、このチャンスに是非とも憲法改正を実現して欲しい。







↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:05  |  安倍政権  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.16 (Mon)


トランプ氏を総攻撃したTBS「サンモニ」の愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

権力と戦うメディアという思い上がり

トランプ米次期大統領が当選後初の記者会見で左翼メディアを激しく批判した。

ネットで「トランプ メディア批判」を検索するとウォールストリートジャーナル(WSJ)の昨年8月15日の古い記事が出て来てしまった。

⇒「苦戦トランプ氏、メディア批判強める 支持率低迷の原因は偏向報道と主張」


この時から既にメディアはトランプ氏を敵視し、トランプ氏も自分を攻撃するメディアに対して反撃していたのである。

大統領選の最中、「ポリティカル・コレクトネス」(政治的公平性)を標榜するメディアはトランブ候補を攻撃しまくった。
まさかトランプ氏が勝とうとは夢にも思わなかったのである。

そしてトランプ氏勝利後もWSJの最新記事は⇒「トランプ氏をすでに見限り始めた市場」と相変わらずトランプ叩きは変わらない。
トランプ氏は大統領にふさわしくないというのである。

「トランプ氏の大統領就任式、欠席表明の議員増加」という記事もあるが、中身を読むと欠席を表明したのは民主党の20名の議員だけ(笑)。

リベラルのメディアはおのれの敗北をいまだに反省しようとしていない。
その典型的なのがTBS「サンモニ」である。
昨日もコメンテーターたちがトランプ氏を批判し、去り行くリベラル・オバマ氏を惜しんだ。

TBS「サンモニ」(2017/1/15)
メディアと対立
トランプ次期大統領 初の会見


女優のメリル・ストリーブがゴールデングローブ授賞式で「メディアは権力者の目に余る行動を追及せよ」とトランプ次期大統領を激しく批判した。

トランプ氏は始めて記者会見をしたが、自分がロシアのハニートラップに引っかかったというバズフィードの記事に激怒し、CNNの記者が発言を求めても拒否した。
バズフィードは日本のパヨク紙「日刊ゲンダイ」やパヨクサイト「菅義偉官房長官「従来の共謀罪とは違う」 テロ等準備罪の新設法案リテラ」みたいなものである。

⇒「ニュース女子」の沖縄批判にパヨクが激怒」(2017/1/8)

ナレーション
「メディアを批判し、多くを語らず、ツイッターによる発言を続けるトランブ氏。20日には大統領に就任します」

アメリカのメディアは一斉にトランプ氏を批判した。

●CNN 「CNNの報道から人々の注意をそらせようとしている」
●ニューヨークタイムズ「メディアとの戦争が始まった」
●FOXニュース「どんなジャーナリストも次期大統領の誹謗中傷に屈してはならない」

(米ギャラップ社の世論調査)
メディアは正確で公正な報道をしていると信じる人 72%(1976年) ⇒ 32%(去年9月)


メディアの信用が落ちたのはネットの普及と共に既存メディアの嘘がバレて来たからである。

関口 宏
「これ凄いよ」

アシスタント
「約半分になってしまいました」

関口
「なんでこんな事になっているのかな?」


今回は谷口真由美(大阪国際大学准教授 全日本おばちゃん党代表代行)が「メディア論が専門ではないが」と前置きして、例の黒板を使って講釈した。
このオバちゃん、いつも座っているところを正面から見ていたから、立ち上がったところを横から初めて拝見してそのマッシーブな姿にいささか驚いた。
市民を支民と書き間違えたのはご愛嬌だったが、なかなかの達筆だ。
支民とは支那の民族のことか(?)

2017011601.jpg

2017011602.jpg

谷口
権力側が言ってる事をそのまま流すということは、第4の権力にならないかという視点があった上で報道には特権が与えられている。それは私達市民側の知る権利を守る特権だという事を心して頂きたいと思います」


あれ!?
メディアが「第4の権力」だという意味はそういうことだったの?
行政・立法・司法に続く4番目の権力のことかと思っていたが・・・

涌井雅之(造園家・東京都市大学教授)
私は個人的にはホントにもう不愉快で見てるのもいやだ。こないだのオバマの演説にこれに対する答えが明確に出ている。
『自分にとって心地良い情報だけを選択するのは民主主義の危機である』と彼は言っている。
アメリカの憲法の特質は人間は平等に生まれて自由と幸福を探求する権利を有すると。
それをメディアがしっかり踏まえてこうした権力の濫用に対してどれだけキチットしたチェックを働かせるのかという事が極めて大事だ。
オバマはこの前の演説で喝破している。ここはやっぱりトランプに対する危機感の表れだと思う」

田中優子(法政大学学長)
「上に立つものはどうあらねばならないかということの反面教師だ。ほんとに学ぶことが多かった。
たとえば、江戸時代は上に立つ人を君子、(下の者を)小人と称していた。
上に立つ人はふさわしい人徳を持っている。この人はそういうものが無い人だ。
「君子は和して同ぜず 小人は同じて和せず」と言う。
上に立つ人は公正公平にいろんな人と付き合う、交流する。しかし小人は自分の利益になる人だけ近付ける。
民主主義の時代でなくても為政者というのはどうあらねばならないかという明確な基準があった。
そういう基準から考えても私達はとんでもない世界に入った

関口
「小人が君子になられると困るということですね?」

田中
「そう。小人が小人を選んでしまうという事もありますよね」


(小人を大統領にしてしまった小人のアメリカ国民は大失敗!)

萱野稔人(津田塾大学教授)
「私はメディアも少しは変わらなければいけないのかなという気はしている
もっと問題を深刻に受け止めるべきではないか。
大統領選挙でも完全に予想を外した。こうなって欲しい、こんな酷い候補が大統領になる筈ないという見込みでいろんな事実を解釈して行ったらいろんなことが積み重なって間違ってしまったと。
この憶見の部分があったのではないかということで多くの方がメディアに対して不信感を持っているということもある。
ハリウッド女優の発言もアメリカの一部の人にとっては『あれこそが権力だろう』という風に映ってしまっている状況もある
権利を監視するメディアの役割は確かにあるが、メディア自身が権力になってしまっている。
先進国の多くの人たちはむしろそちらの方が問題だと思われてる状況も深刻な状況として受け取るべきで、だからと言ってトランプ次期大統領の演説を許容すべきだということではないが。
いろんなメディアが多様化する中で、これまでのような綺麗事と取られてしまうような報道や意見を述べる事に対して深刻に捉えるべきだ。どうしたらいいのかということは、そこからしか出てこない」


萱野センセイだけがメディアも権力だと指摘した。
谷口オバサンの「国家権力の代弁者」とはまったく意味が違う。

関口
ネットが輪を掛けて引っ掻き回すという状況がこれからどんどん増えますからねえ」


はい弊ブログも関口批判で引っ掻きまわしております。

佐高 信(経済評論家)
「本音はある意味、醜いものだと思う。本音を出せということは素っ裸になれということだ。
本音と本音をぶっつけ合ってては、ルールという着物をるワケだ。
トランプはみんなに着物脱げといっている。
我々は醜いものを目にしなければならない。だけど着物は必要だと思う。
それが民主主義でありルールである。
報道の自由とは批判する自由だ。私は辛口評論家と言われるが甘口評論家や甘口ジャーナリストが存在することがおかしい」


佐高氏は「辛口評論家」ではなくて「パヨク偏向評論家」だ。

岸井成格
「メディアの一員としては非常に複雑な心境だ。こういう大統領がとにかく誕生したわけだ。
バイデン副大統領があの会見を聞いて思わず皮肉をこめて苦言を呈した。『大人になれトランプ』と。
好き嫌いや自分を批判するかしないかで敵味方に分けて、敵だと思ったら徹底的に叩く。それも一方的にツイッターでやるというまったく新しいやり方だ。
今までのアメリカの大統領や他の国の記者会見でもこういうことがあったのかなというと無かったと思う。
明らかに時代は変わって来ている。メディアに対する不信感も出ている。
メディアも色々多極化している。そういう中でどういう権力とのたいじの仕方が一番国民に信頼されるのかを本気になってもう一回考えなけりゃいけない。
もうひとつは、権力者に対する疑惑でCNNはウラが取れなかったのでそういう疑惑があると。これだけでもニュースはニュースだ。
中身的にどうかは各メディアによって迷うと思う。
それと、昔から記者がロシア、中国、北朝鮮、朴大統領時代の韓国に取材に行く時は盗撮、盗聴、スキャンダルめいた誘いを注意された。気をつけなきゃいけない。そういう(ハニトラに引っかかった)評論家や先輩達を随分見てきた。
それをおそらくトランプさん知らなかったのじゃないか。あるいは知っててやったのか。
私の聞いてる限りは相当なもんだ。盗撮された内容をそのまま出されたらトランプさんは持たない。そのくらいのもんだ」


もうトランプ氏のスキャンダルを真実だと断定している。
盗撮したビデオを提供した者に対しては何億円と言う報奨金があるとも聞く。

そんな事よりトランプ大統領になって日本の経済や安全保障がどう変わるのかを真剣に討論して欲しい。
このコメンテーターの顔ぶれでは無いものねだりというものか(笑)。







↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:21  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |