FC2ブログ

2017.01.07 (Sat)


「日本会議の研究」出版差し止めで見せた菅野 完の愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

大物気取りの菅野 完(笑)

 「日本会議の研究」がベストセラーになり、舞い上がっていた菅野 完を東京地裁が一撃した。
宗教法人(おそらく「成長の家」)に所属していた男性が名誉毀損で出版社の扶桑社を告訴し東京地裁が販売差し止めの仮処分を決定したのだ。

菅野 完の同書が以下にデタラメであるかは過去記事で書いたのでご記憶の方もいると思う。

⇒菅野 完「日本会議」の妄想(2016/6/12)

⇒菅野 完「日本会議の研究」には150箇所以上の問題点が!(2016/6/26)


⇒産経ニュース(2017/1/6)
「日本会議の研究」販売差し止め 東京地裁が仮処分決定


 ベストセラーの新書「日本会議の研究」(菅野完(たもつ)氏著)で名誉を傷つけられたとして、同書で言及された男性が出版元の扶桑社に販売差し止めを求めて申し立てた仮処分で、東京地裁は6日、差し止めを認める決定をした。ベストセラー書籍の販売差し止めは異例

 決定によると、同書は平成28年5月発行。男性が所属する宗教法人の機関誌の発行部数を拡大する運動を進めた結果、「自殺者も出た」などと指摘していた。
 関述之裁判長は決定で、記述が「男性の社会的評価を低下させる」と判断。自殺者が出たという部分については、菅野氏の説明以外に客観的な資料がなく、男性に取材していないことを菅野氏が認めたことなどから、「真実でない可能性がある」とした
 その上で、該当部分を削除しない限り、販売などを差し止めるとともに、扶桑社にある在庫を地裁の執行官に引き渡すよう命じた。
 扶桑社は「一部削除を求められたことは誠に遺憾」とコメントしている。


(引用終わり)

今回は名誉毀損で菅野 完は敗訴したが、150箇所以上も問題点がある本など販売を差し止めるのが当然だということである。

しかし、この差し止め決定に反論した菅野 完の言い分(ツイート)が呆れる。
原告と裁判所で6箇所の真偽を争ったが裁判所が認めたのは僅か1箇所で、5勝1敗で勝ちだと宣言しているのである。
アホか!
6箇所が何で、負けた1敗が何だったか知る由も無く、また知りたいとも思わないが、原告の思いは一つでも名誉を毀損されたと思っているのである。

⇒J-Castニュース(2017/1/7)
「日本会議の研究」販売差し止め 仮処分決定後に版元と著者がツイート


新書「日本会議の研究」(扶桑社)で名誉を傷つけられたとして、同書の中で言及された男性が販売差し止めを求めた仮処分申し立てで、東京地裁は2017年1月6日、同社に差し止めを命じる決定を出した。
「日本会議の研究」はノンフィクション作家・菅野完(たもつ)氏が執筆し、憲法改正などを主張する「日本会議」の活動を書いている。16年5月に出版されると10万部以上を販売するベストセラーとなっていた。
販売差し止めを求めた男性は宗教法人の元幹部で、機関誌の部数を伸ばす運動をしていた様子についての同書の記述6か所が、事実に反し、社会的信用を失ったと主張した。東京地裁はこのうちの1か所について、男性の社会的評価を低下させると判断し、該当部分を削除しなければ販売を認められないとした。

菅野氏は6日、ツイッターに、

“「拙著『日本会議の研究』に対する仮処分申請について説明します。原告側が修正を求めてきたのは、第6章に登場する特定個人に対する記述のうち6箇所。そのうち5箇所は裁判所が事実認定し、1箇所だけ『その書き方はない』と裁判所が否定したと言うのが経緯です。つまり、こちら側は5/6勝ってる

と投稿した。

版元の扶桑社は決定後、運営するウェブメディア「ハーバー・ビジネス・オンライン」の公式ツイッターアカウント上で、

“「当社の主張がほぼ認められた決定ではありますが、一箇所、約1行削除を求められたのは誠に遺憾です。今後の対応については決定内容を精査し決めてまいります」

との談話を出した。


(引用終わり)

田中龍作というパヨクは菅野 完が「言論統制だ」と言ったと同調している。

Blogos(2017/1/7)
『日本会議の研究』出版差し止め 著者・菅野完氏「言論統制だ」

 「日本会議」という団体名を天下に知らしめた菅野完氏のベストセラー『日本会議の研究』(扶桑社刊)。
 本書に登場した男性が名誉を傷つけられたとして出版差し止めの仮処分申請をしていた件で、東京地裁は6日、版元に出版差し止めを命じた。
 田中は東京地裁の決定について、著者の菅野氏に聞いた。仮に政権に近い者がヘイト本を出し、それに対して誰かが差止めを求めた場合、裁判所は出版差し止めを命じたりするだろうか? これは言論統制の始まりではないのか?
 菅野氏は「言論統制だと思う」と答えた。
 「恐ろしい時代に入ったね」と田中が聞くと、菅野氏はすかさず「そうです」と肯定した。権力者が読まれては困る本は禁書となる時代が到来したのだ。共謀罪が成立すれば、続々と「禁書リスト」が出来上がるようになるだろう。
 「電車に乗る時には、周囲に気をつけて」と田中が忠告すると、菅野氏は「身辺に注意している」と語った。


(引用終わり)

笑わせちゃいけない。
菅野 完ごとき小者に電車で危害を加えるバカは居ない。
菅野 完も田中龍作も大物気取りだ(笑)

政府が成立を進める「共謀罪」については別途エントリーする予定だ。





↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:55  |  お勧めできない本  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.07 (Sat)


朝日・毎日はなぜ「少女像」と呼び産経は「慰安婦像」と呼ぶのか


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

安倍政権で慰安婦問題に終止符を

 韓国が日韓合意に違して慰安婦像を釜山に設置し、今後も海外の各地に設置しようとしている。
この慰安婦像を朝日新聞などの反日メディアは「少女像」と呼称しているのはおかしいではないかと常々思っていたが、前記事でもお分かりのように、朝日、毎日、東京、読売の反日新聞は「少女像」と呼び、産経新聞だけが「慰安婦像」と呼んでいる。

 産経新聞もたまには少女像と呼ぶことがあるが、だいたい少女像(慰安婦像)と付記し、見出しには必ず「慰安婦像」を使っている。

日本帝国軍はいたいけな少女も強制連行して慰安婦(性奴隷)にしたと韓国は嘘を付いているから、韓国に合わせて「少女像」と呼べば日本がそれを是認したことになってしまう。

産経新聞の黒田勝弘ソウル支局長も「少女像」という呼称はおかしいと言っている。

⇒産経ニュース(2017/1/7)
【ソウルからヨボセヨ】
「少女像」はおかしい あれは政治的な「慰安婦像」だから問題


(前略)

 ところで日本政府(菅義偉官房長官)や多くの日本メディアが慰安婦像のことを韓国風に「少女像」と言っているのはおかしい。あれは政治的な慰安婦像だから問題なのであって、単に少女像ならどこへでも勝手にどうぞ、である。(黒田勝弘)

もともと韓国では「少女像」と呼んでいるが日本にとっては慰安婦像である。
韓国では「慰安婦」と呼ぶと高齢な元慰安婦の尊厳を傷付けると思っているようだ。
しかし「慰安婦」などと呼ぶのは偽善的であり、正しくは「売春婦」「女郎」なのである。

当時は韓国人の数十倍もの日本人慰安婦が存在していたが、彼女達は恥というものを知っているから、あるいは正業に就いていたという自負があるから、申し出て金を貰おうとしない。

しかし韓国の慰安婦は、かつて村山総理の発案で一人当たり500万円、そして今度の10億円で韓国の一人当たり1000万円近く手に入るというから、ウハウハであろう。
まさしくゴネ得である。

 その金を受け取るなと元慰安婦に強制する世界抗日戦争史実維護連合会(抗日連合会)もずいぶん無慈悲な協会だ。
本当に慰安婦のことを大切に思っていないからである。
慰安婦は自分達の反日の道具でしかないからである。
慰安婦たちが喜んで金を受け取ってしまえば、抗日連合会は反日カードを失い、自分達のレーゾンデトール(存在理由)を失ってしまうからである。

韓国にとって反日カードでしかない慰安婦問題。
安倍政権でそろそろ終局を迎える時期が来たようだ。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:00  |  慰安婦問題  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2017.01.07 (Sat)


日韓合意は安倍首相の仕掛けた罠だったのか!


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

今日の各紙社説の読み比べ
日本政府の対抗措置を批判した朝日


 今にして思えば昨年安倍首相が進めた日韓合意は日本側が韓国に仕掛けた罠ではなかったのか。
つまり韓国と「不可逆的な」合意を国際社会に発表し、日本側は10億円を払って約束を果たした上で韓国側の卓袱台返しを待つという罠である。

「日本政府は年明けから対抗措置の本格検討に着手したが、発表は安倍首相とバイデン氏の電話会談後のタイミングとなった。日本の『道徳的優位』が国際的に保証された上での発表という形だ。日米外交筋は『安倍首相は戦略家だ。そういうことも当然、念頭に置いている』と指摘する。(産経新聞1月8日)

日韓通貨スワップの協議中止も国際社会からの批判を受け流すことが出来る。

産経ニュースのスタッフも怒り心頭である。

⇒産経ニュース(2017/1/7)
【WEB編集委員のつぶやき】
慰安婦像設置への対抗措置は日本国民の怒り 
韓国は「10億円」返せが本音、私たちの血税だからだ


(前略)

ボールは韓国側にある。さもなければ「10億円」はお返し願いたい。私たち日本国民の血税が投入されているからだ。(WEB編集チーム 黒沢通)

一方、朝日新聞社説は「性急な対抗より熟考を」と題して、日本政府の韓国への対抗措置を批判した。

「少女像問題をきっかけに経済協議や人的交流も凍結するというのでは、自らの主張と行動が反対になる。今後の対韓交渉で説得力を失うものだ」

・・・と「もっと適切な外交措置を」要求した。
では「何がもっと適切な外交措置」は言わない。

⇒朝日新聞社説(同上)
韓国との外交 性急な対抗より熟考を


政府が、駐韓大使と在釜山総領事を一時帰国させると決めた。釜山の総領事館前に慰安婦問題を象徴する少女像が設置されたことへの対抗措置という。
 そのほかにも、緊急時にドルなどを融通しあう日韓通貨スワップの協議の中断や、ハイレベル経済協議の延期、釜山総領事館職員の地元行事への参加見合わせも発表した。
 少女像問題の改善へ向けて、韓国政府は速やかに有効な対応策に着手すべきである。日本政府が善処を求める意思表示をするのも当然だ。
 しかし、ここまで性急で広範な対抗措置に走るのは冷静さを欠いている。過剰な反発はむしろ関係悪化の悪循環を招くだろう。日本政府はもっと適切な外交措置を熟考すべきである
 日韓政府間ではこれまでも、歴史認識問題のために関係全体が滞る事態に陥った。
 だからこそ、歴史などの政治の問題と、経済や文化など他の分野の協力とは切り離して考えるべきだ――。そう訴えてきたのは、当の日本政府である。
 少女像問題をきっかけに経済協議や人的交流も凍結するというのでは、自らの主張と行動が反対になる。今後の対韓交渉で説得力を失うものだ
 韓国はいま、朴槿恵(パククネ)大統領の進退で揺れている。日韓の応酬が続けば、次期大統領選にも影を落とす。これまで慰安婦問題に関心を示さなかった候補予定者らも対日強硬姿勢をとることが予想され、少女像問題の解決はさらに遠のく恐れがある。
 日韓関係が再び、暗いトンネルに入りかねない局面である。ここは両政府が大局観に立ち、隣国関係を対立の繰り返しではなく、互恵へと深化させる価値を国内外に説くべき時だ。
 日本政府と同様に、韓国政府側の責任は重い。一昨年の日韓合意では、ソウルの日本大使館前にある少女像の扱いについて、韓国政府が「適切に解決されるよう努力する」ことが盛り込まれた。
 日本政府は、少女像が在外公館の安寧や威厳の維持を定めたウィーン条約に抵触するとして撤去を求めてきた。努力目標とはいえ、韓国側は合意の文言を尊重しなくてはならない。
 日韓合意は、元慰安婦らの心の傷をいかに癒やせるかを双方が考え、知恵を出し合った結果であり、いまの両政府の関係を発展させる出発点でもある。
 この合意を侵食するような行動は双方が慎むべきだ
 両政府は合意の精神を着実に実践し、両国民の理解を深めるよう心を砕いてもらいたい。


(引用終わり)

昨年の日韓合意は韓国には対する罠であると同時に朝日新聞に対する罠でもあったと言えよう。
朝日新聞が如何に韓国寄りで反日新聞であるかということをいっそう白日の下に晒したのである。

毎日新聞も同様である。

⇒毎日新聞社説(同上)
釜山の少女像 合意の崩壊を危惧する


「日本として強い不快感を示す外交的措置を取ることは必要だろう。
ただ、今回の事態で互いの国民感情を悪化させ、合意そのものを揺るがせてはいけない」

合意を揺るがせて」いるのは韓国側であり日本側ではない。

「慰安婦問題は日韓ともに国民感情を刺激しやすい。両国は、嫌韓と反日という不毛な感情的対立を生まないよう冷静な対応に努めてほしい」


(引用終わり)

韓国に殴られっぱなしの日本に喧嘩両成敗だ冷静に対応せよといっても無理である。
毎日新聞も朝日新聞同様に日本人のための新聞ではない。


⇒東京新聞社説(同上)
日韓関係「逆風」 改善の流れを止めるな


ただ、稲田朋美防衛相が年末に靖国神社を参拝したことに韓国が反発し、軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の運用など、防衛協力の進展は不透明だ。

韓国を刺激した稲田防衛相も悪いと東京新聞。
朝日・毎日・東京は日本人の敵だ。

読売新聞は一日早く昨日の社説で取り上げて韓国を批判した。


⇒読売新聞社説(2017/1/6)
少女像釜山設置 日韓合意を損なう不法行為


日韓関係は、合意を契機に改善に向かいつつあった。新たな少女像の設置が、その動きに冷や水を浴びせた。日本国民の嫌韓感情が再び高まるのは避けられまい。
 日本との歴史問題を名分にすれば、国内法、国際法や他国との取り決めを順守しなくても許容される。そうした韓国の独善的な体質は、対外的なイメージを低下させるだけである。


(引用終わり)

最後に産経新聞社説は「遅きに失したが当然の対応だ」と日本政府の対抗措置に肯定的だ。

⇒産経新聞社説(同上)
【主張】釜山の慰安婦像 反日では墓穴掘るだけだ


 韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦像が不法に設置された問題で、政府が駐韓大使の一時帰国などの措置をとった。
遅きに失した感は否めないが、当然の対応だ。法を守らず、事態の悪化を放置する国を信頼することはできない。
およそ近代国家の体を成さない状況が、自らの国際的信用を失っていることを韓国はよく認識してもらいたい。
像の設置は、外国公館の安寧と尊厳を守るウィーン条約に明らかに反する。
そもそも、再び慰安婦像を反日行動の象徴として持ち出すのは、少女を拉致して性奴隷にしたなどと嘘を唱え、歴史を歪(ゆが)めて日本をおとしめるためだろう。
ソウルの日本大使館前に置かれた慰安婦像も未撤去だ。新たな像の設置は、慰安婦問題の最終的解決をうたった一昨年末の日韓合意をさらに踏みにじるものだ。
 釜山に像を設置したのは学生らでつくる市民団体だという。
与党セヌリ党系の釜山市長や地元の釜山市東区の区長は当初、設置を認めない方針を示していた。昨年12月28日に一時、置かれたものの、すぐに撤去された。
ところが、数日後には一転して設置された。撤去に抗議する電話などが殺到したためだという。区長は「自治体が対応するのは難しい」と述べたが、反日世論に押され、不法を許した格好である。
韓国政府が「基本的には当該機関で法令に基づき判断しなければならない事案だ」としながら、傍観する姿勢をとったことは看過できない。
韓国の法治とは、情緒的に法を曲げるものなのか。
日本政府は金融危機時にドルなど外貨を融通し合う「通貨交換(スワップ)協定」の再開に向けた協議も中断する。
韓国側が要請していたものだが、信頼関係が保てない状況での協力は難しい
核実験やミサイル発射など北朝鮮が暴挙を繰り返し、日米韓のより緊密な連携が必要な時期であることを忘れてはなるまい。
 バイデン米副大統領は6日の安倍晋三首相との電話協議で、日韓合意が「双方によって着実に履行されることを強く期待する」と述べた。安倍首相は「逆行することは建設的ではない」と応じた。
 大統領失脚で国内が混乱しているときだからこそ、真の敵を見失ってはならない。


(引用終わり)

産経新聞は日韓共通の「真の敵」は中国であり北朝鮮だと示唆している。
これが国際関係を視野に入れたジャーナリズムのあるべき姿だろう。







↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

12:19  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |