FC2ブログ

2016.12.30 (Fri)


稲田防衛相の靖国参拝を放置するなと朝日社説


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

不毛な繰り返しは止めろ

 今日の朝日新聞社説のヒステリーは強烈だ。

稲田防衛相の靖国神社参拝を放置するなと居丈高に叫んでいる。

その理由はアジア諸国を苦しめたA級戦犯が祀られているからだと。

ハワイで「日本の過去の歴史をめぐる問題は清算された」と稲田氏が考えたら大間違いだと。

中国の人民日報を読んでいるのかと錯覚を起こすぐらいだ。

東京裁判史観を後生大事に抱え込んで絶対手放そうとしない。
真珠湾で日米が歴史的な和解を確認したことが余程お気に召さないらしい。

朝日新聞社説(2016/12/30)
靖国参拝「真珠湾」は何だったか

 稲田防衛相が靖国神社に参拝した。極めて残念だ。
安倍首相がオバマ米大統領と真珠湾を訪ね、日米の「和解」を強調したばかりである。
稲田氏も同行したこの真珠湾訪問で、日本の過去の歴史をめぐる問題は清算された。稲田氏がそう考えているとしたら、それは大きな誤りだ
 稲田氏は「祖国のために命を捧げた方々に敬意と追悼の意を表するのは、どの国でも理解をしていただける」と語った。
 戦争で命を失った肉親や友を悼むため、遺族や一般の人々が靖国で手を合わせる。そのことは、自然な営みである。
 だが首相をはじめ政治指導者の参拝となると、その意味は異なる。靖国には、若者たちをアジアや太平洋地域の戦場に送った側のA級戦犯が合祀(ごうし)されているからだ
 そこに政治家が参拝することに、割り切れない思いをもつ遺族もいる。中国、韓国、さらには欧米など国際社会にも、日本がかつての戦争責任から目を背けようとしているとの疑いを広げかねない。
 まして稲田氏は自衛隊を指揮監督する立場の防衛相である。
 A級戦犯が罪を問われた東京裁判には、勝者による裁きという批判もある。それでも、日本はこの裁判を受け入れ、平和国家としての一歩を踏み出したことを忘れてはならない。
 首相はかねて、日本の過去の侵略と植民地支配を認めた村山談話を疑問視してきた。3年前、靖国に参拝した際には、中韓との関係が悪化し、オバマ政権から「近隣諸国との緊張を悪化させるような行動に失望している」と批判を浴びた。
 首相が昨年4月の米議会演説で「先の大戦に対する痛切な反省」や「アジア諸国民に苦しみを与えた事実」に触れ、今回、真珠湾を訪問したのは、そうした経緯を踏まえ、日本の首相としての歴史認識に変わりがないことを示すためだったはずだ。
 首相が重用し続けている稲田氏の言動は、個人の行為にとどまらず、政権の意思と受け止められかねない。首相のこれまでの積み重ねを傷つけ、その真意に再び疑念を広げるだろう。
 稲田氏の参拝は、首相を支持する右派へのメッセージと見ることもできる。首相の真珠湾での演説も、旧日本軍が悲惨な被害をもたらしたアジア太平洋地域への視線は希薄だった。
 稲田氏の参拝について首相はコメントを避けた。だがアジアを含む国際社会と真の意味での「和解」をめざすなら、稲田氏の参拝を放置してはならない


(引用終わり)

「A級戦犯」などという呼称はとうの昔に国会で否定され決議されている。

「アジアを含む国際社会」というが、アジア諸国の大部分は植民地からの独立の機会を与えられたことを喜んでいる。
喜んでいないのは中国と韓国とその走狗である日本のマスメディアだけである。

東京新聞(2016/12/30)
稲田防衛相が靖国参拝 就任後初 真珠湾慰霊の翌日

民進党の蓮舫代表は「日米のトップが不戦の誓いをした直後なので、違ったメッセージとして米国に届かないか心配している」と新潟県糸魚川市でに述べた。


(部分引用終り)

蓮舫の愚かさには言葉も失う。

野田佳彦幹事長も稲田防衛相の靖国神社参拝を批判した。

新潟日報(12/29)
靖国参拝「稲田氏に説明責任」

 民進党の野田佳彦幹事長は29日、稲田朋美防衛相の靖国神社参拝について「安倍晋三首相の真珠湾訪問に同行していた稲田氏が参拝したのはどういう意味なのか、きちんと国内外に説明する責任がある」と述べた。党本部で記者団の質問に答えた。


(以下略) 

毎日新聞(2016/12/29)
防衛相靖国参拝 「和解の力」に冷や水 外交関係者「米のメンツ潰した」
与野党から批判

 稲田朋美防衛相が29日に靖国神社を参拝したのは、安倍政権の支持基盤である保守層への配慮からだ。ただ、稲田氏が米ハワイ・真珠湾に同行し、安倍晋三首相が日米の「和解の力」を強調した直後だけに、A級戦犯を祭る靖国への参拝に理解を得るのは容易ではない。中韓両国との関係改善にも冷や水を浴びせかねず、与野党から批判の声が上がった


(以下略)

産経新聞が「日米同盟 さらに深化」(12月28日付)、「寛容の価値 中韓に迫る」(29日)と報道しているのに、わざと米国を刺激しておいて心配したフリをしている。
これは朝日、毎日、東京の常套手段だ。

反日メディアのNYタイムズやワシントンポストも条件反射的に稲田防衛相の靖国神社参拝に批判の声を上げている。
これをまた日本の反日メディアが引用して反日勢力の活動を増幅させる。

もうこの不毛の繰り返しは終わりにすべきである。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

10:38  |  靖国神社参拝  |  TB(0)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |