FC2ブログ

2016.12.23 (Fri)


天皇誕生日に思う


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

政府との対決材料にする民進党の愚

 今日は天皇陛下の誕生日である。
玄関先に国旗を掲揚した。
生憎の曇天で、昨日荒れ吹いた風もなく日の丸の旗はうなだれている。
譲位を巡る政界や言論界の暗い雰囲気を象徴しているかのようである。

 事の発端は突然天皇陛下が退位を希望されるビデオメッセージをNHKで公表されたからである。
天皇陛下は公務でお疲れになっている、お年も召されたからゆっくりして頂きたいというのが国民の総意であることは間違いない。

しかし事はそうは簡単に行かない。
天皇陛下のご発言を政治利用しようとする政党や言論人が一気に現れたからである。
譲位か摂政か、譲位も一代限りの特措法か恒久制度化かと諸説紛々である。

小林よしのりなどという馬鹿な漫画家は別としても、民進党は早速この問題を政府を攻撃する材料にしようとしている。
有識者会議では今生天皇の一代限りの譲位を検討しているようだが、民進党は皇室典範を改定してあまつさえ女系天皇を容認しようとしている。
明らかに天皇陛下の政治利用であり、「国政に関する機能を有しない」と定める憲法4条違反である。

「憲法を超えて陛下のご意向に寄り添おうという(民進党の)そうした姿勢は、民進党が大好きな立憲主義にも反するのではないか(⇒【阿比留瑠比の極言御免】)


 天皇陛下のお言葉が国政を混乱させるきっかけになってしまった。
ご公務を極限まで減らして終生天皇陛下であって頂きたいという八木秀次麗澤大学教授の次の主張が正しいと思う。

⇒産経新聞(2016/12/21)
皇位の安定を揺るがす「パンドラの箱」 麗澤大教授・八木秀次氏


天皇陛下の退位には国民の一人として反対です。理由は2つあります。

 現行の憲法と皇室典範には、天皇陛下の生前における退位を認める制度はなく、むしろ明治の指導者たちによって積極的に排除された経緯があります。退位した天皇が上皇や法皇となって政治権力を振るったり、外部の圧力によって天皇が退位を迫られたりしたことがたびたびあったからです。その最たる例が南北朝の争乱でした。国民の対立や皇室の政治利用を招かないように天皇の終身在位は現代まで引き継がれてきているわけです。

 2つ目は、より本質的な問題です。天皇の自由意思によって退位を認めると、自由意思による即位拒否や短期間での退位を容認することにつながります。皇位継承資格のある男性皇族が限定される中、こうしたことが続けば皇位の安定性を揺るがし、皇室の存立を危うくします。つまり、天皇陛下の退位を認めることは、明治以降封印してきた「パンドラの箱」を開け、さまざまな問題を生じさせることになるのです。

 政府が特別措置法による退位実現を検討しているという報道もありますが、これは無理筋です。高齢に伴ってお務めができなくなったことを想定して、憲法には国事行為の臨時代行と摂政を置くことができると書き込まれているわけです。今回の天皇陛下の退位にあたって憲法が規定する制度をあえて採用しない合理的説明ができません。

 さらに、皇室典範の改正や特措法で退位を実現しようとしても、政府としての提案理由がありません。憲法は天皇の政治的関与を禁じていますので、天皇陛下のご意向を理由にできないのです。提案理由が明確でない法律によって退位を実現すれば、憲法上の瑕疵が生じ、同時に次の天皇の即位にも瑕疵が生じます。

 ご高齢によってご公務ができない事態には、国事行為の臨時代行で十分対応できます。皇室典範では、摂政は「天皇が、精神・身体の重患か重大な事故により、国事行為をみずからすることができないとき」に置くことになっていますが、臨時代行はそこまでいたっていない状態で可能となりますので、これが一番現実的だと思います。

 天皇の公的行為については、法律上規定がありません。その時々の天皇や宮内庁の解釈によって決められた結果、どんどん膨らんでいきました。それらすべてを全身全霊で果たせないと天皇たりえないとする天皇陛下の姿勢はご立派ですが、退位の理由とするには飛躍があります。ご無理が生じたのであれば、まずは公的行為の整理縮小か、他の皇族に肩代わりしていただくことを検討するのが順序ではないでしょうか。

 天皇陛下のご意向に反することになるかもしれませんが、皇室制度の維持、存続、安定のために何が必要かという視点で考えなければなりません。対応を間違えると、2千年以上続いてきた日本の皇室や天皇をいただく制度の「終わりの始まり」をつくってしまうかもしれません。心苦しいですが、天皇陛下には、考え直されたらいかがでしょうか、と申し上げたいです


(引用終わり)

我々一般庶民が「天皇陛下はお疲れになった。もう休みたいと仰っているからお休みになって頂くべきではないか」と心情的に思っても、事はそう簡単には行かないようだ。

そもそも天皇陛下のご公務を増やしてしまったのは宮内庁である。
利権が絡んでいるとも言う。
年末を控えて宮内庁の大掃除が一番大事なのではないか。

[追記] 宮内庁は天皇陛下万歳と叫んで散華した英霊にお会いになるご公務を実現させるべきである。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

11:15  |  民進党の正体  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.23 (Fri)


沖縄の基地返還は無意味だとテレ朝「報ステ」


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

政府は弱い住民に歩み寄れと後藤謙次

 今日、沖縄米軍の北部訓練場の半分が日本に返還された。
政府はその記念式典を行った。

 出席者は菅官房長官、稲田朋美防衛大臣、ケネディ駐日大使、ニコルソン四軍調整官(オスプレイが海に不時着したことに沖縄県民は感謝しろと言ったとか言わなかったとかで反日メディアの批判を浴びた)。
そこには当然、返還を一番喜ぶべき翁長県知事も出席している筈だったが居なかった。
なぜか。
オスプレイ撤去を求める緊急抗議集会に出席して政府批判をしていたからだ。

 こんな事が許せるか?
許すどころか、テレ朝「報ステ」などは翁長県知事の肩を持って、「政府は沖縄に寄り添え」とバカなことを言っている。

テレ朝「報ステ」(2016/12/22)
本土復帰後 "最大" の返還も
ヘリパッドと引き換えの現実

ナレーション
「沖縄県内のアメリカ軍専用施設の17.7%が返還されることを最大限アピールしたい日本政府。
ところがこの場に翁長知事の姿はありません。
先週、返還式典を目前に控えて、 国内で初めてオスプレイによる重大事故が発生しました。
翁長知事はオスプレイに反対する緊急抗議集会に出席したのです」

2016122301.jpg

翁長知事
「重大事故を起こしたオスプレイが(北部訓練場で)運用されることは極めて問題であり、本日政府が返還式典を強行したことは県民に寄り添う姿勢が全く見えないと言わざるを得ず、沖縄県は出席を取りやめたわけであります」


会場からエールと拍手!

ナレーション
「訓練場には原生林が広がっていて、訓練に使われているのは一部です。
アメリカ海兵隊の運用計画にさえ、北部訓練場の51%は使用できず、日本に返還されると書かれています」


アメリカは半分しか使えない訓練場は意味が無いからと何十年も経ってから気が付いて返還したそうな(笑)

ナレーション
「その条件は返還される地域のヘリパッドを返還されない地域に移すというもの。それも6つのヘリパッドを東村・高江の集落を取り囲むように建設するという計画でした。
オスプレイの配備は計画が発表された当初は伝えられていなかったものです」


禁じられている筈のオスプレイの夜間飛行が多くてやかましくてしようがないという住民の声のインタビュー。

例の映像を流して・・・

ナレーション
「機動隊員から反対する市民に『土人』という差別的な発言も飛び出しました」


あれはやっぱり「土人」だわ。

高江の住民
「セレモニーやる、やらないは関係ない。迷惑だけ押し付けるんだったらどんな国でも反対する」


中国から迷惑を押し付けられても反対できるかな?

高江の住民
「日米のやり方の強引さが目に見えて分かりますよね」

高江区区長
「余計に負担、基地の負担が重くのしかかってくる」

後藤謙次(ジャーナリスト)
「今回の返還のキーワードに負担軽減があるが、ひとくちに負担軽減と言っても質と費用の両面を考える必要がある。量的には確かに訓練場の半分近くが返還されるが、質的にはどうか。
さっきのVTRにもあったように、交換条件に人家の周りの6箇所に作る。しかもそこに事故続きのオスプレイが離着陸をする。精神的不安と政府に対する不信が一層高まった。
稲田防衛大臣は今日の式典の挨拶で『集落上空の飛行を避けるなど地元の生活環境への配慮に全力で取り組む』と言っている。
この言葉通りに稲田大臣がやれるかどうか。そこに政府の真剣度、本気度が問われると思う。
この繰り返しをやっていく限りは、やはり強い方が弱い方に歩み寄るということが無い限り、この溝は更に広がっていく」


 VTRを見る限り、広い原生林の中にハゲたような円形のヘリパッドが見えて、集落とは随分離れている。
「東村 高江は、沖縄県の北部、ヤンバルとよばれる亜熱帯森林のなかにある約160人の住民が暮らす小さな集落」だと初めて知って驚いた。
批判を承知の上で暴論を吐けば、いっそのこと160人を「安全な場所」「便宜の良い場所」に移住させたらどうか。

 それにしても、東村高江には市民活動家や機動隊員など随分たくさんの人数が集まっていたな。
やはり成田国際空港で敗走したパヨクの次なる主戦場なのだ。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


00:12  |  沖縄基地問題  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |