FC2ブログ

2016.12.13 (Tue)


稲田朋美防衛大臣の達筆に驚いた


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

書は人をあらわす

 稲田防衛相が今年一年を振り返って、一字の漢字で表せば「駆」だと記者会見で語り、自筆の書を示したと産経ニュースが報じた。

その達筆ぶりに驚いた。

書は人をあらわすという。
特に女性はどんな美人でも悪筆では目も当てられない。

やはり稲田防衛相は将来の日本の総理大臣の器だと言ったらパヨクは怒り出すに違いない。

⇒産経ニュース(2016/12/13)
稲田朋美防衛相、今年の漢字は「駆」


2016121301.jpg
自身の考える今年の漢字として「駆」の字を示す稲田防衛相=13日午前、防衛省

 稲田朋美防衛相は13日の記者会見で、今年を表す漢字を問われ、「駆」と答えた。防衛相として日本全国の自衛隊駐屯地・基地を駆け回ったほか、南スーダン国連平和維持活動(PKO)に派遣されている陸上自衛隊部隊に「駆け付け警護」を新任務として付与したことを理由に挙げた。
 稲田氏は自筆で「駆」と書いた色紙を掲げ、「今年前半は(自民党)政調会長として、8月以降は防衛相として、まさに1年中駆け抜けてきた」と語った。また、駆け付け警護については「国会の中でも、また国民の間でも議論になった」と振り返った。


(引用終わり)

今年の文字は15万3000通の応募の中から「金」という字が選ばれた。
リオ五輪の金メダル、トランプ次期大統領の金髪、金正恩のミサイル発射、舛添前都知事の政治資金・・・
ということらしいが、なんとなく納得が行かない。
「どうせこの世は金次第」だから、毎年「金」になってしまうだろう。
安倍首相は今年の文字を「動」とした。

そのなかで、稲田防衛相の「駆」はいい。

松尾芭蕉の辞世の句という説もある・・・

旅に病んで夢は枯野を駆け巡る(たびにやんで ゆめはかれのを かけめぐる)

でも「駆ける」 が使われている。

しかし安全保障関連法の新任務「駆けつけ警護」とは妙な日本語である。
自衛隊が国連職員や友軍をわざわざ「駆けつけ」て「警護」するなどと、まだるっこい言い方をしなくても、自衛隊を正しく「軍隊」と定義すれば、軍隊として当然の行為だからである。

その「駆けつけ警護」すら野党4党は反対した。
連中は自衛隊を軍隊と認めたくないのだ。

だから万一「駆けつけ警護」で自衛隊員に怪我でもあれば、連中は占めたとばかりに大騒ぎすることだろう。
野党4党の横暴を許すか許さないかは国民一人ひとりの心構えであり、日本の将来に繋がるのである。



↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:35  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |