FC2ブログ

2016.11.28 (Mon)


小池旋風も終わりに近い


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

7人の造反都議の末路は?

 自民党都議連の党議拘束に造反して東京都知事選に小池候補を応援した7人の自民党都議員は「7人の侍」などとマスメディアに持て囃されて有頂天だったが、自民党から離党勧告処分を受けた。
しかし自民党二階幹事長のウヤムヤ作戦がかえって事を長引かせている。

産経新聞(2016/11/27)
造反区議の処分問題、自民党執行部「うやむや戦略」VS党都連「除名要求」
1カ月たつがさらに長期化も 東京都知事選めぐる騒動

 東京都知事選で自民党都連の方針に反して小池百合子知事を支援した豊島、練馬両区議7人に対する離党勧告処分の結論先送りから30日で1カ月がたつ。党執行部は「ときが解決する」(二階俊博幹事長)として引き続き結論をうやむやにして手打ちに持ち込む戦略だが、都連側には除名を求める声が根強い。下村博文都連会長は28日に区議の代表者から意見を聴くが、解決の長期化も予想される。
 28日の面会は、小池氏側の求めていた豊島、練馬両区議の代表者と都連との面会を、都連側が受け入れたことで実現する。
 下村氏は27日、都内で記者団に「まずは先方の希望通りの対応をしたい」と述べた上で、「話の内容いかんで結論が出るかもしれない。会ってみないと分からない」と語り、結論の道筋が描けていないことを認めた。
 都連は“造反”した区議7人を離党勧告処分とし、10月30日までに離党届を出さない場合は除名するとしていた。7人は離党届を出さなかったが、小池氏が下村氏に「7人の意見を聴いてほしい」と要請したため結論を先送りした。
 意見聴取が行われないまま1カ月近くが経過したタイミングでの面会は、来夏の都議選の候補者選びが本格化し、処分問題の決着は避けて通れないとの判断が働いたとみられる。都連内は除名を求める強硬論が大勢だ。処分軽減となれば都連支部長らからの突き上げは避けられない
 都連には別の思惑もあるようだ。東京五輪の競技会場計画見直しや築地市場の移転問題は混迷しており、今後「小池旋風」が弱まれば、7人を除名した場合に小池氏が都議選で差し向けるかもしれない“刺客候補”とも戦えるとの算段だ。
 一方、小池氏との対立を回避したい党執行部は重い処分に慎重な姿勢を崩していない。二階氏は8月の幹事長就任直後から「頭を冷やした方がいい」とたしなめていた。冷却期間を置いて融和を図るのは、数々の離合集散を経験した老舗政党ならではといえる。最終決着にはまだ時間がかかりそうだ。(清宮真一)


(引用終わり)

その「7人の侍」の内の二人が今日、自民党に残りたいと処分の見直しを求めて下村自民党都連会長と面会した。
「若狭勝衆議院議員と処分内容が違うのはおかしい」と処分の見直しを求めたが、下村氏は「文書で出せ」と身上書の提出を求めた。
それを見た上で最終判断をするというが、ズバっと切ればいいものを。

今夜の東京MXテレビ「ニュース女子」でも小池百合子の政治塾がボロクソに叩かれていた。

【人気絶大だった「希望の塾」実態は?】

西川史子(医師・タレント)
「最初はなんかみんな興味ありましたよね。で、小池さんが喋るんじゃないかなと思っていたのに・・・」

長谷川 幸洋(東京・中日新聞論説副主幹)
「小池さん、一発目はなにか喋ってるんだけども、何か選挙演説みだいだったと」

末延吉正(東海大学教授・ジャーナリスト・元テレビ朝日政治部部長)
「古くは松下政経塾からですよ。塾で何か食えると思う幻想?だけどリーダーとか出来る人を作るにはお金と時間を掛けて、トレーニングしながら自然に育って行くもので、ハイ会費いくらです、選挙は来年、直前です、ハイ集まれ集まれって何万円か集めて、それはもうインチキに決まってるんだ、そんなものは!

岸博幸(元経産省官僚、慶應義塾大学大学院 教授)
「これはホントにクソなんですけども、この塾の一番の問題は『6回やります』でしょ。一回目はゲストコースで。二回目は猪瀬さんと植山さんという顧問の人が講演をしただけ。要は、本来、塾をやる以上は6回ならに6回で、ある程度体系的な知識を教えるという事が必要だけど、ゲスト講師を毎回呼んで体系的な知識を教えるはずが無いじゃないですか」

(中略)

須田慎一郎(ジャーナリスト)
「岸さんが言ったように、政治塾で政治技術を教えるってことだけじゃなくて、選挙に備えて青田刈りをしていこうというだ

そういえば、元大阪維新の会の橋下 徹顧問も講師に呼ばれたが断った。


「それならば5万円取ることはおかしいですよ!」

ニュース女子
「5万円!!」

(中略)

須田
「政治資金上、問題があるじゃないかと思う。やってることはパーティと一緒じゃない。どう処理してるのかということを考えると大問題だ」


「そもそも、これすごい儲かるんですよ。会場は大学を使ってるから多分会場費は凄い安くて、講師も凄い安いはずで1億円以上収入が入る。だから本当は何かの組織を作って運営しなけりゃおかしいわけで、これを○○(聞き取れず)にぶっこんだのが問題だ」

末延
「講師をなぜ安くしたかと言うと、メディアの仕事増えるんですよ。で、お金取っとくと叩かれるから。こういう事をやったら政治の後退なんだ!」

長谷川幸洋氏が「希望の塾」の規約を説明する。

「本規約に定め無き事項は、事務局が別に定める」


「それを聞くと希望の塾と言うのは小池さんの希望のためでしょ。参加者のためじゃないですよ、これ」

(中略)

【7人の侍は戻れない!?】

須田
「7人の侍の処遇を見てれば分かるんですよ。戻れないでしょ、自民党に。都知事選で党議拘束に反して小池さんを応援した人達。自民党にとって何が罪が重いかと言うと、自民党の候補者が出てる選挙で自民党じゃない候補者を応援するのが一番罪が重い。許さない」

上念司
「若狭さんは許されてるんでよすね」

須田
「だから二階さんの政治力なんだ」

末延
「あんなのは一回だけやらせるだけだからいいよ」


【小池旋風は急激に失速!?】は次回にご紹介。




↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:55  |  政治  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |