FC2ブログ

2016.11.18 (Fri)


安倍・トランプ会談をけなす民進党とテレ朝の愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

安倍首相の対米外交が順調にスタート

 日本時間の今朝、安倍首相とトランプ氏の会談が行われた。
トランプ氏が正式に大統領に就任する前の異例の会談だ。
どうやら両者の電話会談で話が決まったらしい。
形式や結果はどうであれ、とにかくまず話し合うことが大事だ。
トランプ氏にはヨーロッパその他の国からも会談の申し込みがあったというが、どうせ彼等の任期は長くない、安倍首相ならこれならも長い付き合いになるということから会談がまとまったという。

さっそく、稲田朋美防衛大臣はこの会談を評価する声明を出した。

⇒産経ニュース(2016/11/18)
【安倍・トランプ会談】
稲田朋美防衛相「良い一歩になった」 安倍晋三首相とトランプ氏の会談を評価


2016111801.jpg
記者会見する稲田防衛相=18日午前、防衛省

 稲田朋美防衛相は18日午前の記者会見で、安倍晋三首相が訪問先の米ニューヨークでトランプ次期米大統領と会談したこと関して「当初の予定は45分だったとろが1時間40分におよぶ会談だったと聞いている。首相とトランプ次期大統領が予定時間を大幅に延長して率直な話ができた。信頼関係を築いていく良い一歩になったと思う」と述べた。


(引用終わり)

ところが民進党の蓮舫代表は、トランプ氏の何をもって信頼できるのか説明せよと安倍首相に迫った。
まったくあきれた代表である。
日本にとって日米の信頼関係が継続できることは良いことなのに、そんな事はお構いなく何でも政争の具にしようとする。

産経ニュース(同上)
【安倍・トランプ会談】
民進党・蓮舫代表「何をもって信頼できるのか? 詳しく説明する義務」と注文

2016111803.jpg
民進党の蓮舫代表(斎藤良雄撮影)

 民進党の蓮舫代表は18日午前の参院議員総会で、安倍晋三首相が訪問先の米ニューヨークでトランプ次期米大統領と会談したこと関して「首相は会談後、『信頼できる指導者だと確信した』と発言された。何をもって信頼できるのか。ぜひ詳しく説明してほしい」と注文を付けた。
 さらに「首相は(大統領選後)トランプ氏と最初に会った先進国のトップなので、率直に評価はする」と述べた。ただ、「今国会で無理やり審議を進めている環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)について確認はしたのか。駐留米軍の経費の問題など、わが国の国益にかかる話はどこまで主張し、どういう返事があったのか。非公式会談ではあるが、首相は説明する義務がある」と強調した。


(引用終わり)

トランプ氏はまだ正式には米大統領ではない。安倍首相は自分の考えは述べたというから何らかの形でTPPも駐留米軍の話もしたことだろう。
しかしまだオバマ大統領が在任中に安倍首相は会談の内容を公開する必要など更々ない。
「詳しく説明する義務がある」などと蓮舫はバカな事を言っちゃあいけない。
それを言うなら、自分の国籍問題を「詳しく説明する義務がある」(笑)

その蓮舫に輪を掛けてオバカさんなのが同じく民進党の安住代表代行。
ゴルフ好きなトランプ氏にの日本製のドライバーを手土産としてプレゼントしたことを「朝貢外交でもやっているつもりか」とコキ下ろした。
トランプ氏から安倍首相にはゴルフウェアをプレゼントしたというから、単なるプレゼント交換だ。

産経ニュース(同上)
【安倍・トランプ会談】
民進・安住淳代表代行「朝貢外交でもやっているつもりでは」

2016111802.jpg
会談前、握手を交わす安倍首相とトランプ次期米大統領。奥は娘のイバンカ氏と夫のジャレッド・クシュナー氏=17日、ニューヨークのトランプタワー(内閣広報室提供・共同)

 民進党の安住淳代表代行は18日の記者会見で、安倍晋三首相がトランプ次期米大統領と米ニューヨークで会談したことについて「当選して1週間後に飛んでいくというのは、朝貢外交でもやっているつもりではないか。私は評価しない」と述べた。
 安住氏は「世界で最初に会うことが本当に正しい外交姿勢なのか極めて疑問だ」と述べ、トランプ氏が新政権の人事構想を固めていない段階で会談した首相を批判。「日米安保もTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)も、体系だったものをしっかり捕らえた上で話し合うべきものだ」と強調した。
日本政府が会談内容を明らかにしないことについては「公務として行っている以上、しっかりと説明責任を果たしてもらわなければならない」と述べた。


(引用終わり)

「朝貢外交」については今朝のテレ朝「モーニングショー」でもコメンテーターの玉川徹が「ゴルフを朝貢外交だ」と言っていた。

テレ朝「モーニングショー」(同上)
安倍Xトランプ会談 大統領就任前の異例開催

トランプタワーのロビーに入る日本側の随行員の一人がドライバーのケースらしきものを持っている映像を見ながら・・・

羽鳥慎一
「完全にゴルフのドライバーじゃないですか、これ!」


一同失笑

羽鳥
「なんかなナマナマしいですね!お土産持ってきましたという」

玉川徹(コメンテーター)
「いや、お土産だったらいいんだけど、貢ぎ物のように見えちゃうんだよねえ、なんとなく!

山口啓之(ジャーナリスト)
「いやトランブさん側も用意しているので、これは交換する形になるのですけども・・・安倍さんはオバマさんにはパターを上げてるので同じになっちゃいけないということでここは配慮している」


ゴルフ外交は安倍首相の祖父の岸元首相とアイゼンハワー大統領の間でもやっている。
首脳同士が仲良くなることのどこが悪いのか。

玉川徹(コメンテーター)
「基本的には日本の総理大臣はやっぱり大統領になった後に会うというのが今までの通例だと思う。それをこの時期に会わなければいけなかったというのは、やっぱり今度の特別さを表しているのじゃないかなと思う。
だからホワイトハウスから『いや大統領はいま別じゃないですか』と言われることもかつては無いわけだ、そんなことは。異例な形になっている」

吉永みち子(作家)
世界の真っ先切って行っちゃったわけだから各国も『なんなんだ』という『何を話されているのか』と注目をされますよね。で、手ぶらでは行けないでしょうから個人的にものとはいえ、どういう、私達に知らされない何かがあるのかなあというのも若干気になるし、まだ移行チームのメンバーもゴタゴタしてる状況の中でどういう意味を持つのかなあ、ちょっと異例なだけに私達もちょっと計りかねないところがありますね」


全然コメントになっていない。

吉永
「日本が考えてるいるよりアメリカはしたたかだと私は思うので、(トランプ氏は)日本が嫌いである事とか、米軍引き上げるぞとか、金を出せとか色々言われている。
でも『引き止めたい』みたいな気持ちが表に出てしまうと、足元を見られるので、そういう事にならないとも限らない」


なんという低次元なコメントなのかと呆れる。
ワイドショーとしてもひどい。
今日ほど彼等の愚劣さを痛感したことはない。

民進党と反日マスメディアが言っていることは中国のメディアの言っている事とまったく同じであるのは決して偶然の一致ではない。

産経ニュース(同上)
【安倍・トランプ会談】
中国メディア、「拝謁」「朝貢」と揶揄 「日米の相違は大きい」

 【北京=藤本欣也】安倍晋三首相とトランプ米次期大統領の会談について、中国外務省の耿爽報道官は18日、具体的な会談内容は不明としつつも、国家間の協力が「第三者の利益を毀損(きそん)してはならない」と今後の日米関係にくぎを刺した。
 中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は18日付で、「安倍、トランプに“朝貢”」との見出しを掲げて関連記事を掲載。安倍政権がトランプ氏の当選を受け、慌てて異例の会談を設定したことに関し、「安倍は朝貢に行くのか」との批判が日本のインターネット上に出ていると伝えた。
 同紙は社説「安倍、トランプに“拝謁”して何を得るのか」でも、トランプ氏が公約に掲げた環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)脱退などを念頭に、「アジア太平洋地域の問題で日米の相違は大きく、覆い隠せない」と強調した。
 中国の習近平国家主席は現在、19、20両日にペルーで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に合わせ、南米を歴訪中だ。TPPをめぐってはペルーのクチンスキ大統領が、米国の代わりに中露を加えた新たな枠組み作りに言及するなど、関係国の足並みが乱れている。
 上海・復旦大学の沈丁立教授は「中国の国家元首による中南米訪問は過去4年間で3回目。これは中国政府が同地域を戦略的に重視している表れだ」と指摘。中国メディアは「(壁を築くトランプ氏に対し)習主席は友好の橋を築く」とアピールしている。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:12  |  -アメリカ  |  TB(0)  |  CM(19)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |