FC2ブログ

2016.11.02 (Wed)


稲田大臣の涙の真相と期待される今後の活躍


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

稲田大臣を評価した長谷川幸洋氏

 稲田朋美防衛大臣は国会で民進党の辻元清美議員に答弁する中で少し涙ぐんだ様子を示した。
するとパヨクたちや一部の自称保守派たちが一斉に批判した。

 パヨクに僅かでも漬け込まれる隙を与えたのは確かに拙かった。

パヨクが騒ぎ立てるのは仕方が無いにしても、自称保守派が稲田大臣の涙を批判するのが理解できない。
日本人はいつから人間の感情の高ぶりから涙ぐんだことを鬼の首でも取ったように騒ぎ立てるような寛容さのない、惻隠の情とか忖度する心に欠ける人種になってしまったのか。

防衛大臣は自衛隊員の命を預かる立場だから強くなければいけないとか、だから女はダメだとか(小池百合子氏もほんの一時、防衛大臣だったが)女性蔑視も甚だしい。

⇒FNNニュース(2016/10/26)
稲田防衛相、衆院予算委での涙の真相を初めて語る


 BSフジの「PRIME NEWS」で涙の理由を初めて語った。
稲田防衛相は、「将来ある青年たちの命の積み重ねの上に、今の日本の平和があると思うだけで、胸が締めつけられちゃうんですよね」と述べた。
25日夜、BSフジの「PRIME NEWS」に出演した稲田防衛相は、9月30日の衆議院予算委員会で、涙ぐんだ理由について、「質問に立った民進党の辻元議員に批判されたため」という見方や、「靖国神社に参拝できなかったから」といった見方を否定した。
稲田防衛相は、終戦3カ月前に、特攻隊の訓練中に亡くなった親族の心中を「悔しかったと思う」と語り、「辻元議員の質問中に親族のことを思い出して、感情がこみ上げた」と、涙の真相を初めて明らかにした。


(引用終わり)

確かに涙は別としても、もっと戦闘モードで悪意に満ちた質問に反撃して欲しかったと言う不満はややある。

 10月31日の東京MXテレビ「ニュース女子」でも保守派の面々が一斉に一瞬涙ぐんだ稲田大臣を批判した。
面々は・・

須田慎一郎(ジャーナリスト)、
末延吉正(東海大学教授・ジャーナリスト・元テレビ朝日政治部部長)、
武田邦彦武田邦彦(中部大学 特任教授)、
藤井厳喜(国際問題アナリスト)、
原英史(元経産省官僚)。


武田邦彦
「命を預かる自衛隊員の前で口紅とかハイヒールは違和感がある」

須田慎一郎(立ち上がってガッツボーズで)
「いや俺が自衛隊員で、トップがそういう人だったら『頑張ろう!』と思う」


と笑いを買う。

藤井厳喜
「がっかりした。
『日本が核保有すべきだ』も『尖閣諸島に自衛隊を配備する』も正しい。政治家として筋を貫いて欲しい」

末延吉正
「『私は政治家としての信条はある。しかし現閣僚として憲法を守る義務があるから、あなたが論争を望むのなら大いにやろう』とバチッと返せばいいのかに、その程度のことも出来ずに、直ちに『何か泣いちゃう』みたいな馬鹿なことをするな、いい加減にしろと」

・・・・と厳しい注文が続く中で

原英史(元経産省官僚)
「ボクあんまり良く知らないけど、見た感じ、そんな悪くないし」

「原さんも好きなの?」「顔がいまほころんだ」とニュース女子達に指摘され、ますます顔を綻ばせる原氏。

議論が白熱して収拾がつかなくなっると「困った時は原さん」と司会の長谷川幸洋氏が言うように、いつも他のコメンテーターとは一味違うコメントを出す冷静な原氏である。


長谷川
「安倍総理はどう評価しているか?」

末延
「進次郎さんだけ人気で一人浮いて出ることの方が、今の自民党でポスト安倍を考えるとき危険だ

長谷川
「進次郎だと安倍総理はコントロールできないと思ってるのでは」

末延
「『あれは危ない』と思ってると思う。つまりポピュリズムの極みが最初から始まるから。9割の内閣支持率が出ちゃうから非常に怖い」


(うーん、同感だ。今の都政もポピュリズムの極みだ)


長谷川幸洋
「多分この中では私が一番(稲田大臣を)存じ上げていると思う。規制改革委員会の役員をやっていたとき、私が感心したのは稲田さんは六法全書や労働関係法を机上に開いて、厚生労働省の役員が私はこう思うというと、『あなたが言ったのは憲法違反だ』みたいなことを言う。
つまり官僚と法律論争をする。
私が一番大事だと思ってるのは、この国を官僚主導から政治主導にどう変えるかで、実は官僚とどう戦うか。
政治家は法律論争が出来なければ官僚には勝てない。
そこが彼女は出来る。

こういうことが出来るバッチをつけた議員さんはとても少ない」


稲田大臣が六法全書を机上に置いて官僚と論争するという話はどこかで読んだことがある。
長谷川氏の記事だったか?

それでも稲田攻撃は収まらなかった。
それだけ防衛大臣という地位に対する期待が高いということだろうか。

ところで次期総理候補と言えば、安倍総理の面前で野田聖子議員がまたまた総理大臣への意欲を示したとか。
どこまで自分を弁えない方なのか。

⇒産経ニュース(2016/11/2)
野田聖子氏、安倍晋三首相の前で総裁選出馬宣言! 首相は無言… 初当選同期会合で


 安倍晋三首相は1日夜、都内で野田聖子元総務会長ら平成5年の衆院選初当選同期の自民党議員が開いた会合に出席した。野田氏の記者団への説明によると、野田氏は首相を前に2年後の党総裁選への出馬に重ねて意欲を表明した。首相は特に発言しなかったという。
 1日の総務会では、総裁任期の「連続3期9年まで」への延長が了承されたばかり。会合でも総裁選が話題になった。野田氏は出馬に意欲を表明しながら推薦人が集まらずに断念した昨年9月の総裁選に触れ、「あきらめたわけではない」と強調。会合後、記者団には「党の中でいろんな意見が言える土壌づくりをするための総裁選だと思っている。まずは参加できることが大事だ。今度もめげずに努力する」と決意を示した。
 会合には「ポスト安倍」の有力候補の岸田文雄外相も参加していたが、総裁選に関しては無言だったという。他にも塩崎恭久厚生労働相、山本公一環境相らが出席した。


(引用終わり)

野田聖子氏だけはポピュリズム政治には関係ないようである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

12:35  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2016.11.01 (Tue)


総選挙まで噓つき蓮舫を泳がせておく自民党?


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

根強い早期解散見送り説

 民進党蓮舫代表の二重国籍問題で第二野党の民進党が揺らぐなか、今年末か来年早々総選挙だという雰囲気が盛り上がっているに、解散総選挙は無いと言い切る面々も居る。

 予想がよく当たる田崎史郎氏は⇒「安倍首相に『早期解散見送り』を決断させた、驚きの選挙予測」(11月1日)の中で、いま選挙をしたら自民党は83選挙区で議席を失うという。

表向きの理由はふたつ。
ひとつは、自民党総裁の任期が延長されたこと。二つ目は来年5、6月ごろに予定されている衆院定数削減・是正前に解散すると「定数削減逃れ」という批判を招くことだという。
しかし真相は、自民党が独自に調査を進めたところいまの情勢で総選挙を打つと「83議席を失う」と判明したからだという。
自民党の幹部が若手の引き締めのために警告を発したという向きもある。
野党三党が候補者を一本化した場合の単純な足し算に過ぎないという者も居る。

自民党の若手議員の3割以下しか後援会作りをしていないというから驚きである。
かつて落下傘候補とか自民党ブームで当選したアマチュア政治家が次の選挙で落選し、いまではテレビタレントとして活躍している杉村某のような元議員もいる。

とは言うものの、「鉄は熱い内に打て」というから安倍人気がまだ陰りを見せていない今、蓮舫代表の二重国籍問題がくすぶっている今、必ずしも期待できない日露首脳会談が始まらない今こそ解散総選挙をすべきだと素人考えでは思うのだが。

 末延吉正氏は10月24日の東京MXテレビ「ニュース女子」で「解散総選挙は絶対に無い。もしあったら自分はジャーナリストを辞める」と宣言した。

末延吉正氏(ジャーナリスト・東海大学教授)
「最近、安倍首相とすれ違ったけど、長年の安倍さん取材歴から言って『無い』。
『ある』と言われた理由は二つ。
来年の夏、公明党に大事な東京都議会選がある。選挙運動のために支持団体があるから前後を離すと冬か来年の初めしかない。
ところが5月までに選挙の区割りの勧告が出る。現職の議員が6人、一人減るわけ。この調整が難しい。だから後ろではやりにくいから、民進党は二重国籍党首で大変だし、準備が出来ていないから年明けにボーンとやったら勝つだろうと、流した。公明党サイドも流したし、総理側近と言われた下村幹事長代行が総理の感じを読み違えて『解散ある』とフジテレビで言って、言い過ぎた。
それで二階さんがまた喋って止まらない空気になったが、私の取材歴から言うと100パー無い!

長谷川 幸洋(司会 東京・中日新聞論説副主幹)
「これは末延さんがドンピシャ当てるか、完全丸ハズレか。丸はずれだったら末延さん、これは坊主かな?」

末延吉正
「私は、はずれたらその瞬間、政治ジャーナリストを現役から引退して東海大の研究室にこもる。ニュース女子も降りる」

消費税増税は延期しないと予想が外れて丸坊主になったジャーナリストの須田慎一郎氏がこの番組に出て、みんなにからかわれたことがある。
末延氏の本音トークは傾聴に値するので現役は引退して欲しくないものだ。


岸博幸(元経産省官僚、慶應義塾大学大学院 教授)
「ボクが知ってる政治部の記者とか関係者はみんな『ある』と言ってる。
そういう流れになって来たからこれは止まらないという声が皆から聞こえてくるから正反対だ。
僕はだからといってこれに賭ける気はない」


と最後の一言で笑いを買っていた。

「総選挙アリ」説には歳川隆雄氏や高橋洋一氏らが居る。

⇒「12月15日の安倍・プーチン会談の進展を見た上で年内に判断し、1月中旬召集の通常国会で首相施政方針演説・各党代表質問、そして第3次補正予算を上げた後の衆院解散・2月中旬総選挙説の見立てが多数派である。」(歳川隆雄 10月29日)

⇒「補選で大敗。民進党には申し訳ないが、もはや再起は困難なレベルだ 現実味を帯びてきた11月解散」(高橋洋一 10月26日)

「(民進党は)TPP阻止を名目に、くだらない揚げ足取りに終始するだろう。ただし、それは解散総選挙がこわいからだ、ということを指摘しておこう」

もう今日から11月だから、いくらなんでも11月はあり得ないだろうが、ビビる民進党と野党三党が足並みをそろえない今の内にと思うのだが・・・

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

10:20  |  選挙  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |