FC2ブログ

2016.10.11 (Tue)


稲田防衛相に難癖つける社民福島瑞穂の愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

徴兵制の再来かと

 今日の国会でも野党から稲田防衛相に対して集中砲火が浴びせられた。
社民党の福島瑞穂が稲田氏の言論誌「正論」での過去の対談での発言を取り上げて「徴兵制」を想起すると批判した。
そして、朝日新聞が得々としてそれを伝えている。

⇒朝日新聞(2016/10/11)
「若者全員、自衛隊に触れる制度を」 過去に稲田氏発言


 稲田朋美防衛相は11日の参院予算委員会で、過去の月刊誌の対談で「教育体験のような形で、若者全員に一度は自衛隊に触れてもらうという制度はどうですか」と述べていたことを社民党の福島瑞穂氏から問われた。福島氏は発言の撤回を求めたうえで、「『若者全員に』と言っている。極めて問題で、徴兵制と紙一重だ」と批判した。
 福島氏が問題にしたのは、月刊誌「正論」2011年3月号での対談。稲田氏はこの中で「タブーといえば徴兵制もそうですね」と語った後に、若者全員を対象にした自衛隊体験制度を提案。「自衛隊について国民はまったく知らないし、国防への意識を高めてもらうきっかけにもなると思う」「『草食系』といわれる今の男子たちも背筋がビシッとするかもしれませんね」と述べた。
 この日の答弁で、稲田氏は「学生に見て頂くのは教育的には非常に良いものだが、意に反して苦役で徴兵制をするといった類いは憲法に違反すると思って、そのようなことは考えていない」と説明した。


(引用終わり)

 昔、芸能人数名が自衛隊の入隊テストに挑戦してほぼ全員が途中で脱落してしまったというお笑い番組を見たことがある。
体力と気力の勝負であり、ヤワな芸能人ではとても無理である。
しかし、ヤワになってしまった日本の草食男子が自衛隊の訓練に参加することは極めて大切なことだと思う。
それをネガティブな印象を与える「徴兵制」と結びつけて稲田防衛相を攻撃するなどゲスのすることであり、貴重な国会の議論の時間の無駄である。

「徴兵制」は歩兵が重要な戦力であった時代の名残であり、今では戦争もデジタル化・専門化して選ばれた人間しか兵隊になれない時代である。

福島瑞穂という反日政治家が国会でノウノウと稲田防衛相を冒涜し、反日メディアの朝日新聞がトクトクとして書くというこの連携プレイに日本人は騙されてはならない。

稲田防衛相を一番嫌っていてその失脚を願っているのは韓国であり中国である。
ということは福島瑞穂も朝日新聞も同じ穴のムジナということになる。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:50  |  国会より  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.11 (Tue)


韓国はどうしようもない国


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

通貨スワップを再開してはならない

 韓国の鬱陵(ウルルン)島は2011年に稲田防衛大臣が党友の新藤義孝、佐藤正久氏等と3名で独島博物館などを視察するため上陸を試みたが、金浦空港で不当に入国を拒否され日本に引き返した因縁の島である。

日本の領土である竹島のすぐ近くにある。
ご存知のように竹島は終戦後のドサクサに紛れて韓国の初代大統領・李承晩が勝手にラインを引いて韓国領だと宣言しただけのことである。
それはちょうど現在の中国が南シナ海に領海線を引いて「オレの島だ」と宣言したのと同じでまったく歴史的・法的根拠が無い。

それはさておき、韓国はこのウルルン島に海兵隊を配置するそうな。
北朝鮮を警戒してというが、本音は日本の竹島奪還が怖いのだろう。

⇒産経ニュース(2016/10/11)
韓国が鬱陵島に海兵隊配置へ 竹島の近く 北朝鮮の警戒や日本の牽制が狙いか


2016101101.jpg

 【ソウル=名村隆寛】韓国海兵隊司令部は11日、竹島から西方に約90キロ離れた韓国領の鬱陵島(ウルルンド)に、2018年から海兵隊部隊を巡回配置する計画を明らかにした。国会国防委員会への業務資料で報告した。
 韓国メディアによれば、配置される兵力は中隊か大隊の規模になるとみられており、海兵隊関係者は新たな創設ではなく、既存の部隊を鬱陵島に巡回配置すると説明したという。
韓国軍では鬱陵島への兵力配置を進めていたが、配置の時期など計画が明らかになったのは初めて。配置は北朝鮮への警戒や圧力が主なものとみられる。一方で、竹島をめぐって日本を牽制する狙いもうかがえる。


(引用終わり)

 韓国はサムソンのスマホが爆発して大問題を起こしている。
造船業をはじめとして韓国経済が深刻な不況に陥っているなか、泣きっ面に蜂だ。
もう韓国は衰退して行くしかない。
そんな韓国が恥も外聞も無く日本に数年前に断ってきた日韓通貨スワップの再開を打診してきた。
中韓通貨スワップさえすれば大丈夫と思っていたのが大間違いで、中国元など世界では相手にされていない。
しかも最近、擦り寄った中国からもスゲ無くされている。

そこでまた日本に再び擦り寄ってきた。
刎ねつければいいのに、どうやら日本政府は韓国の要求を呑んでしまうようだ。
安倍政権最大の失策である。
安倍首相は韓国慰安婦への謝罪の手紙を書くことなど「毛頭考えていない」というなら、日韓通貨スワップなど「毛頭考えていない」というべきだろう。

産経新聞も「韓国からの秋波を安易に受け入れるな!」と怒っている。
日韓通貨スワップの問題が簡潔に要約されているので、少し長いがコピペさせて頂く。

⇒産経新聞(同上)
【ビジネス解読】
「反日戦略」で打ち切りの日韓通貨スワップ再開論が浮上…韓国からの秋波を安易に受け入れるな!


2016101103.jpg
日韓財務対話を終え、笑顔で言葉を交わす麻生太郎副総理兼財務相(左)と韓国の柳一鎬・経済副首相兼企画財政相=8月27日、ソウル(共同)

 日韓で緊急時にドルを融通し合う通貨交換(スワップ)協定再開に向けた議論が進んでいる。融資枠は500億ドル(約5兆円)規模の巨額になるとの観測も浮上。英国の欧州連合(EU)離脱騒動などで再び通貨ウォン暴落や外貨流出の懸念が出てきたためだ。ただ、スワップは昨年2月に朴槿恵(パク・クネ)政権の「反日戦略」で打ち切られた経緯がある。専門家からは「『事実上の救済』と韓国に認めさせない限り、安易に受け入れるべきではない」との声も上がる

日本の「韓国支援」

 通貨スワップは、どちらかの国が通貨危機などに陥った場合、もう一方の国がお金を融通する仕組み。
 韓国は中国と通貨スワップ協定を結んでいるが、調達できるのは人民元のみだ。
 一方、アジア通貨危機で韓国経済が打撃を受けたことを踏まえ、日韓両国は2001年に通貨スワップ協定を締結。自国通貨と引き換えに米ドルなどの外貨を相互に受け取ることができる内容で、11年には、融資枠が最大700億ドル(約7兆円)まで膨らんだ。
 ただ、日本の外貨準備は潤沢で、ドル不足に陥る可能性は小さく、通貨スワップのメリットはほとんどない。金融当局の幹部は「日本が韓国を支援する意味合いが大きかった」と打ち明ける
それにもかかわらず、韓国の李明博(イ・ミョンバク)前大統領は2012年8月10日、竹島上陸を強行し、天皇陛下の謝罪まで要求。朴大統領も、米中首脳らとの会談で日本批判を繰り返す「告げ口外交」で日本国民の感情を逆なでした。
 日韓関係が冷え込んだ結果、昨年2月に満期を迎えた協定の延長議論は出ず、打ち切られた。

「ハイパーインフレ」警戒

 今夏、日韓通貨スワップ再開の議論はなぜ急浮上したのか。背景には、金融市場の混乱と韓国経済の柱である輸出産業の不振がある。かつて低価格戦略で世界を席巻した韓国製の家電や自動車は人件費高騰によるコスト高が深刻化し、国際競争力を失いつつある。
 8月末には、韓国最大手、世界7位の海運会社である韓進(ハンジン)海運が経営破綻した。韓国企業の輸出力低下が海運ビジネスを縮小させたとの見方もある。
 一方、6月には、英国民投票でEU離脱派が勝利。事前予想を覆す結果に投資家のリスク回避姿勢が強まり、ウォンや人民元などの新興国通貨が軒並み売られた。円高ウォン安は一見、韓国の輸出産業には有利のようだが、ウォン安が進みすぎると、輸入物価の高騰などで家計が苦しくなる。
 さらに、米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は9月末の議会証言で、年内の追加利上げに意欲を示した。利上げで世界の投資マネーが米国に集中すれば、新興国からお金が逃げてしまう。ウォン安に歯止めが掛からなくなり、物価が急騰する「ハイパーインフレ」を招いてしまう恐れもある。
 韓国政府は将来の通貨危機を懸念し、日本に協定再開の議論を求めた。

「すぐ受け入れた日本」

 「(韓国)副首相が切り出すと麻生(太郎)財務相はすぐ待っていたかのようにこれを受け入れた」
 8月末の日韓財務対話で通貨スワップ協定再開の議論が始まったことを受け、韓国の大手紙、中央日報(日本語版)はこう報じた。
 さらに、「日本も中国の影響力が過度に大きくなるのを牽制(けんせい)するためにも韓国との協力を強化する必要がある」とする大学教授のコメントを掲載した。
 朝鮮日報(同)も社説で「通貨スワップは韓日両国にとって必要。日本国内で『韓国がプライドを捨て、実利を得た』という声が出るのは望ましくない」と指摘。ほぼ全ての韓国紙は、あくまで日韓相互にメリットがあると主張する

「善意を示しても…」

 だが、昨年2月に通貨スワップが打ち切られた際、東亜日報(同)は社説で「資金力を武器に韓国を手なずけしようとする日本の態度は後味が悪い」「日本に手をさしのべてもらうことが再びないよう、外貨流動性管理に万全を期さなければならない」などと息巻き、日本の態度を強く批判していた
それだけに、韓国紙は今回の通貨スワップ再開議論を手放しで喜べず、見えを張るために「日韓互恵」をアピールせざるを得なかったとみられる。
 日本のツイッターやインターネットのブログでは、「韓国に善意を示しても裏切られるだけだ」とスワップ再開に批判的な声が多い。
 最終的に再開される可能性は大きいとみられるが、日韓の財務当局はそれぞれの国民に必要性をどう説明するのだろうか。(藤原章裕)


(引用終わり)

 この産経新聞の記事は日本の国民感情を表している。
日韓通貨スワップの再開を喜ぶのは親韓派の野田氏を幹事長にした二重国籍噓つき女の蓮舫民進党代表と反日を示す在日達だけだろう。

 昨夜の東京MXテレビ「ニュース女子」は「慰安婦問題を韓国の歴史化に学ぶ」をテーマに石平氏をゲストに今年5月に出版した「東アジアのトラブルメーカー 漢民族こそ歴史の加害者である」(飛鳥新社)を取り上げて、韓国が何千年にも亘って自分は戦争をしないで他国を招き入れて戦わせたり、あるいは元をそそのかして日本を攻めさせた(元寇)事実などを取り上げて大変盛り上がった。

2016101102.jpg

 この番組をみると韓国という国のいやらしさがよく理解できる。
この認識は日本人全員が共通の認識として持っておかなければならないと痛感する。
まだご覧になっていない方のために次エントリーで文字起こしをしてみたい。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:02  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |