FC2ブログ

2016.10.10 (Mon)


蓮舫二重国籍問題の追及の手を緩めるな!


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

著作権法を持ち出して蓮舫批判を封じる民進党

 蓮舫民進党代表の二重国籍問題はこのまま有耶無耶の内に終わってしまうのだろうか。
二転三転、あれほど嘘を付きまくり、最後は「個人的に戸籍の件は皆様に話さない」と尻を捲くった蓮舫を許してしまうのか。

「個人的な戸籍の件」と言うが、蓮舫は「公人」である。
当然のことながら世間の疑問に答えるべきだろう。
それが公開できないということは、まだ嘘をついているという疑いを持たれても仕方ない。

 蓮舫の嘘だらけの二重国籍問題に端を発した公務員の二重国籍について6日、安倍総理は国会で問題点を整理する必要があると答弁し法整備の必要性を認めた。

⇒安倍首相、二重国籍は「問題点研究したい」法整備など前向き(ZAKZAK)

安倍総理は「書面で証明することも必要かもしれない」と語ったが、同日、蓮舫は・・・

「個人的な戸籍の件は、みなさまに話そうと思わない」


と記者会見で堂々と開き直った。

自民党はなぜ蓮舫を追求しないのか。
党内にも二重国籍者の議員が居るかもしれないという心配があったのか。
しかし、一年生議員の小野田紀美参議員が二重国籍を公表しアメリカに離脱手続きをしたと戸籍謄本の写しを示して証明した。
一年生議員の出来たことが、民主党の代表になぜ出来ないのか。

政府はようやく国家公務員は速やかに外国籍の離脱手続きをせよという通達を出す模様だ。

ZAKZAK(2016/10/9)
政府、国家公務員の「二重国籍」を速やかな離脱通達へ 自民も公認候補要件変更

 政府が、国家公務員の「二重国籍」の解消を促す通達などを出す方向で検討を始めたことが8日までに分かった。二重国籍が判明した場合、速やかに外国籍の離脱に努めるよう求める内容になりそうだ。自民党も公認候補者も「日本国籍のみの保持者」に限定する方向で調整を進める。

 「国家機密や交渉に関わる人々は適切な人物を選ぶよう運営してきたが、そのように運営されない可能性も排除できない」

 安倍晋三首相は6日の参院予算委員会で、こう明言した。
 国民にウソをついた民進党の蓮舫代表の「二重国籍」問題が発覚して以来、国家機密を知る立場にある防衛省職員や、要人を警護する警察官などに二重国籍者が就くことができるとして、公務員についても問題点が指摘されていた。政府としては、早急な対応が必要と判断したとみられる。
 国家公務員の国籍については、外交官などの外務公務員を除き、二重国籍が禁止されていない。このため政府は問題点を整理したうえで、二重国籍者が日本国籍を選択する場合は「(外国籍の)離脱に努めなければならない」とする国籍法の努力規定を順守するよう求めるもようだ。


(引用終わり)

 民進党の馬渕澄夫議員が二重国籍状態にある国会議員が「十数人いるようだ」と発言して論議を呼んでいる。
早くもネット上ではその該当者、疑惑者の名前が挙がっているが真偽のほどは分からない。
名指しされた議員は速やかにそうではない証拠を示すべきだろう。

自民党が蓮舫を追い詰めないのは「ヘイトスピーチ」や「人種差別」だと言われるのが怖いからだとも言う。
それならなぜ「ヘイトスピーチ規制法」などという闊達な言論を奪う曖昧な法律を成立させたのだ。

民進党のガソリーヌ山尾志桜里の地球何周分かの政治資金収支報告違反も今や過去の事件として有耶無耶の内に終わろうとしている。
山尾は不正をして退職したとされる事務員側の弁護士と自分の弁護士と話し合いの最中で、結果が分かり次第報告すると約束したが、いまはそんな約束をした事も忘れているかのようである。
そして反日メディアもダンマリを決めている。

それを言うと反日勢力は自民党の甘利元TPP担当相の名前を出すが、甘利氏は東京地検が不起訴を決定して一件落着している。

蓮舫二重国籍問題の発端となった八幡和郎氏は民進党が蓮舫を批判する一般市民に著作権法を持ち出して法的手段を講ずると圧力を掛けているという。

民進党というのは自浄能力の無い何処までダメな政党なのか。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:23  |  民進党の正体  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |