FC2ブログ

2016.10.06 (Thu)


戸籍謄本の開示を拒んだ蓮舫代表


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

「多様性」「LGBT差別」で逃げる
二重国籍者との「共生」はゴメンだ!


今日、蓮舫民進党代表が記者会見を行った。
そこで二重国籍問題を問われると「多様性」という言葉を用い、戸籍の証明は個人的な問題だから話さないと逃げた。

「防衛相や外相に対して、二重国籍でも大丈夫と認めるのか」という質問に対しても・・・

「多層的な論点があると思っているので、そこは総合的に勘案したい」

と否定しなかった。

そのうえ、「共生社会」だの「LBGT差別」だのと焦点ずらしを計った。

⇒産経ニュース(2016/10/6)
【民進・蓮舫代表会見詳報】
日本国籍選択宣言の日
「個人的な戸籍の件は、みなさまに話そうと思わない」


二重国籍問題で「多様性」強調

 --今日の参院予算委で、安倍晋三首相が二重国籍をめぐり、大臣、補佐官に任命する際は本人が証明することが大事で、戸籍などによって証明することも必要かもしれないと発言した。蓮舫氏への当てつけとの見方もあるが、首相の発言をどう受け止めるか


(「当てつけ」はないだろう。どこの記者だ?)

【追記】日経新聞の宮岡記者と判明

「政府として、いろいろな考えがあるなら、その考えはしっかり聞いて、判断していきたい。他方で、ずいぶんと多様性の広まってきたわが国で、国籍を重なって持っている方たちも増えている。そうした社会で、例えば公務員と(閣僚が該当する)特別公務員に対して、どういう基準を設けるのか。これも一理あると思うし、他方で幅広く多様で生きている方たちは、どういうふうにその多様性を認めてさしあげるかという論点もあると思う。そういう大きな観点から社会としてどういう方向性を出していけばいいのか。私たちの中で、これまでも話していたことだから、これからも議論していくことになると思う」

--二重国籍の問題で、一部の政党には法律で規制しようという流れがある。蓮舫氏の場合は、出自が分かっていながら、たくさんの票を得て当選しているから、それでいいじゃないかという説明もある。前向きに進めようという考えは

「ご指摘も含めて、国境の垣根がずいぶん低くなってモノ、カネはもちろんだが、人の流れもずいぶんと自由に流動化している。その部分では、国際結婚も決して珍しいものではなくなってきている。そうした多様なルーツを持った文化の方たちが、多様性をもって社会をつくりあげていくことを私たちは『共生社会』、一人ずつ支えてあげる社会をつくりたいということで、綱領でもうたっている。昨日の参院予算委員会でも憲法24条を取り上げて、首相とあえて議論させていただいたのは、女性も男性も同等の権利を有することによって、それぞれの個性を伸ばすことが自由になってきた。また新しくLGBT(性的少数者)であるとか、いろいろな多様な考え方が生まれてきたときに、あえて家族を憲法に明記することに対する私の違和感を示した。これはまさに民進党の目指している多様な社会の原点の議論だった。首相が昨日、お答えにならなかったのが非常に残念だった」


(中略)

--もし蓮舫政権ができたとしたら、閣僚に単一国籍を求めるか。特に防衛相や外相に対して、二重国籍でも大丈夫と認めるのか

「現行でも、外務をつかさどる特別公務員には、そうした部分は厳格に求められている。先ほど私、考え方でお伝えしたが、多様な社会の中で、公務員、特別公務員のあり方も含めて、どういうものがふさわしいのか。あるいは一般の方の多様性をどのように認めていくのか。多層的な論点があると思っているので、そこは総合的に勘案したい」

 --蓮舫氏は、昭和60年1月に日本国籍を取得したと説明している。これとは別に、国籍選択の宣言をする必要があると思うが、選択の宣言をされた時期はいつか。宣言したことが明記されている戸籍を公開する考えがあるか

 「国連の女子差別撤廃条約を受けて、わが国の国籍法が改正され、私は、母が日本人であって、未成年であっても、届け出をすることによって、日本国の国籍取得が認められた。私は日本国籍を取得した時点で、全ての事務作業が終わったと思っていた。ただ今回、いろいろご指摘があって、台湾籍が残っていることが明らかになったので、台湾籍の放棄を急ぎ、実際に籍が抜けたことになったので、区役所に届けたまでです」

 --戸籍には選択の宣言をした日が明記されていると思うが、その点は確認しているか

 「極めて私の個人的な戸籍の件に関しては、みなさまの前で話をしようとは思っていません」


(引用終わり)

これが蓮舫の考え方である。
民進党の代表どころか国会議員として明らかに失格である。
自民党はいま表だって蓮舫二重国籍問題を追求しないが、今は泳がせておけば次々とボロが出るので総選挙の間近で攻勢を強める作戦と見た。

自民党の小野田議員(参議員一年生)は二重国籍だったことを公表したが、戸籍謄本の一部を公開した。
しかし、蓮舫は頑なに戸籍謄本の公開を拒んでいる。
戸籍謄本だけでなく、本来は台湾ビザも公開すべきであった。
しかし残念ながらパスポートは台湾政府に返却されてしまった。

⇒ZAKZAK(同上)
民進・蓮舫氏、問われる対応 自民・小野田氏が二重国籍で戸籍謄本の一部公開


(前略)

実は、「国籍選択」を証明するための戸籍謄本の開示は、インターネットの言論プラットフォーム「アゴラ」も先月29日、蓮舫氏に対して公開質問状で要求している。
 自民党の1年生議員が問題発覚直後に出せたものを、どうして民進党代表が1週間近くも出せないのか。疑問は膨らむ。


(引用終わり)

蓮舫は一週間どころか未来永劫「戸籍謄本の開示」はやらないだろう。
ウヤムヤにしてほとぼりの冷めるのを待つ戦術である。
しかし、世間は決して噓つき女を放っては置かないだろう。

なお社民党などの野党4党は憲法に家族の大切さを明記することに反対し、他民族との共生を強調している。
これでは日本という国がメルトダウンしてしまうに違いない。
またそれが彼らの狙いでもある。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:39  |  民進党の正体  |  TB(1)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.06 (Thu)


朝日新聞が捏造記事で稲田防衛相を誹謗


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

「答弁に窮した」「間違い連発」のウソ 

 前エントーの朝日新聞記事「稲田防衛相、間違い連発 防衛費を軍事費、漁船を公船」「参院予算委で民進党の蓮舫代表の質問への答弁に詰まり」とあったので、⇒参議院インターネット中継録画(5日予算委員会)で確認してみた。

 すると、稲田防衛相が蓮舫の質問の答弁に窮して山本一太議長に助けを求めたのではないことが判明した。
蓮舫が産経新聞の言論誌「正論」に書いた稲田防衛相の文章を読めと執拗に要求するので、「どの部分を読めばいいのか」と自問しつつ議長席の山本一太参議院委員長に指をさしたに過ぎない。
それを朝日新聞は「山本議長に判断を求める稲田防衛相」としていかにも答弁に窮したかのような捏造をしたのである。

民進党は民主党時代の自分達の悪政を稲田氏に指摘されて荒れ狂った。
福山哲郎などは議長席にたびたび詰め寄り、時には議長席をドンドンと拳で叩く乱暴を働いていた。
さすが陳哲郎(チン・チョルラン)である。
この後も質問席から質問していた。

稲田防衛相
「この資料すべて読みますか?」(1:00:17)
「どこを読むんでしょうか?」(1:00:22)


稲田防衛相が手を上げて山本議長に確認しようとする(1:00:26)

2016100602.jpg



⇒朝日新聞(2016/6/6)
稲田防衛相、間違い連発 防衛費を軍事費、漁船を公船


2016100601.jpg
参院予算委で民進党の蓮舫代表の質問への答弁に詰まり、山本一太委員長(左下)の判断を仰ぐ稲田朋美防衛相(右)。左手前から2人目は安倍晋三首相=5日午前9時49分、飯塚晋一撮影

この時、民進党からヤジが盛んに起こった。

「態度わるいぞ!」(1:00:37)
「態度わいるよ!」
「フザケンナよ!」

フラッシュが一斉に焚かれ反日記者達は捏造のチャンスだと思ったのではないか

稲田防衛相(民主党の役員に指示された部分を読み上げる)
「ではこの資料の中のカッコ部分だけを読み上げさせて頂きます。
『いま防衛費は約4兆6千8百億円、22年度予算でGDPの1%以下です。
民主党が平成21年、衆議院で約束した子供手当ての満額にかかる5兆5千億円よりも少ない。
この子供手当て分を防衛費にそっくり回せば軍事費の国際基準に近づきます
自分の国を自分で守ることを選ぶのか子供手当てを選ぶのかという国民に分かりやすい議論をすべきでしょうね』」

蓮舫(1:01:28)
「私は防衛費の必要性を否定してないんです。少しでも増やしてわが国(わが国の蓮舫のイントネーションがおかしい。「ワ(!)ガ国」とワを強調しないでワガクニと尻上りになる。やはり日本人ではない)の防衛を充実させたいという考え方には共鳴をします。(ウソツケ!)ただ子育て予算を全部でそちらに加算をするという、この考えを今もお持ちなんですか?」


 民主党時代に財源の当てもなく大衆迎合の「子供手当て」で票を稼いで、結局実現できなかった「子供手当て」を「子育て予算」と言い換えて、稲田防衛相の答弁を問い詰めるのはギミックである。
ガソリーヌ山尾が「保育園落ちた 日本死ね!」で有名になって、待機児童問題がクローズアップされた現在でも「子育て予算」を否定するのかというミエミエの口撃なのである。

もうひとつ。
稲田防衛相は「防衛費」を「軍事費」と言い間違えたと書いていたが・・・

「軍事費の世界基準」という稲田氏の発言を捉えて失言とするなら誤りである。
なぜなら世界は「防衛費」などという曖昧な言葉は使っていないからである。

朝日新聞が慰安婦=性奴隷のデマを世界に広げたために、日本は国際的な名誉を失い、海外に住む婦女子が辛い思いをしているというのに、まだ性懲りもなく捏造情報で日本を貶(とおしめ)ようとしていることが、これでよくお分かりだと思う。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:27  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.06 (Thu)


稲田防衛相の言い間違いを挙げ足取りする朝日新聞


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

防衛費=軍事費 中国漁船=公船 は実体

 昨日の蓮舫民進党代表の国会質問は無意味な口撃で、却ってブーメランを食ってしまってと書いた。
今朝の朝日新聞は昨日産経新聞が稲田・蓮舫の攻防をそのまま伝えたのに対し、稲田防衛相の答弁の言い間違えを指摘して得々としていた。

⇒朝日新聞(2016/6/6)
稲田防衛相、間違い連発 防衛費を軍事費、漁船を公船


2016100601.jpg

参院予算委で民進党の蓮舫代表の質問への答弁に詰まり、山本一太委員長(左下)の判断を仰ぐ稲田朋美防衛相(右)。左手前から2人目は安倍晋三首相=5日午前9時49分、飯塚晋一撮影

 5日の参院予算委員会で、民進党の蓮舫代表から追及を受けた稲田朋美防衛相が「中国漁船」を「中国公船」、「防衛費」を「軍事費」と言い間違える一幕があった。

 稲田氏は沖縄・尖閣諸島沖で2010年に中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突した事件について、「尖閣で『中国公船』が衝突して大混乱になった」と説明。過去の自身の雑誌での発言を釈明した際は「民主党政権の安全保障に大変危機感を持って、財源のない子ども手当をつけるぐらいならば、『軍事費』を増やすべきではないか、と申し上げた」と述べた。自衛隊は憲法上、軍隊ではないため、政府は防衛費という言葉を使う。
 稲田氏は4日も「(尖閣諸島周辺の接続水域に)中国の戦艦が入ってきた」と答弁し、民進の後藤祐一氏から「防衛省発表では『艦艇』『艦船』という言い方をしている。言葉の選び方を慎重に」とたしなめられた。


(引用終わり)

2010年に海保の巡視船に体当たりしてきたのは確かにいわゆる公船ではないが、偽装漁民の海上民兵であり大差はない。
また「防衛費」を「軍事費」と言ったのは意図的ではないかと思うほど、事実は軍事費なのである。

つまり実態に近い表現をしたことを「間違い連発」と大きく批判するのは朝日新聞の稲田防衛相に対するヘイトが染み出ているのである。

写真説明も「蓮舫の質問に詰まり、山本一太委員長の判断を仰ぐ稲田朋美防衛相」とネガティブなキャプション。
稲田つぶしに全力を挙げる民進党に協力している。

朝日新聞は韓国の慰安婦を性奴隷として世界に広めて日本の名誉を汚し、いまだに国際社会に対して訂正と謝罪をしていない売国メディアである。

インターネットでその事実を広く世界に広めなければならない。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

10:18  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |