FC2ブログ

2016.10.05 (Wed)


自分の投げたブーメランに当たっても気付かぬ今日の蓮舫


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

民主党政権の危うさ故に核武装も考えたと稲田防衛相

 今日の参議院予算委員会での蓮舫民進党代表の質問は、素人目には「弁舌さわやか」「切れ味鋭い」と映るかもしれないが、そして蓮舫擁護の反日メディアはそう言うが、実は単なる口先だけの喧嘩売りに過ぎない。

 安倍首相と稲田防衛相をトッチメたつもりで高揚感に溢れているかもしれないが、実は自分の投げたブーメランが自分に突き刺さっていることにも気付かない民進党の伝統的な哀れな姿を露呈したのである。

⇒産経ニュース(2016/10/5)
【参院予算委詳報】
蓮舫氏「逃げないで」「恥ずかしくないですか」「気持ちいいぐらいまでの変節」
と安倍首相や稲田朋美防衛相を猛口撃


 自民党が野党時代に作った憲法草案の批判をして安倍首相を土俵に上げさせようと画策する蓮舫。
しかし、参院予算委員会で当時の憲法草案を「逐条的に」取り上げて議論することは無意味であることを知らぬ蓮舫。
「政府」と「自民党」の違いも分からぬ、あるいは分からぬフリをする蓮舫。
安倍首相がいくら言葉を重ねて政府が野党時代の憲法草案の解説をする無意味さを説いても納得せず、「逃げるのか」と口汚く口撃する蓮舫。

蓮舫
「でも私は、なんで家族を憲法にあえて入れたんですかって聞いているんです」

蓮舫
「そこにあえて家族を新設するということはむしろ昔の時代に戻るんじゃないかという懸念を覚えているんです。それについてはいかがでしょうか」


安倍首相も蓮舫の挑発に乗らず、冷静に対応した。

蓮舫
「その答弁、恥ずかしくないですか。審議しましょうよ。逐条じゃない、家族を入れるのはなんでですか、解説読んでくれって。解説はもう読んだ上で聞いています」

安倍首相
「解説を読んでおられるのであれば、その通りだろうと思います」

蓮舫
「多様な生き方が今本当に進んでいます。その中で重んじるべきは、立憲主義の本質でもあります、個人の尊重だと思うんですけれども、総理はどうお考えでしょうか」

首相
「個人の尊重についてはその通りだと思います。一方、わが党としては、家族の価値の重要性についての認識を示しているところだろうと思います」


稲田防衛相に対しては・・・

蓮舫
「資料に付けましたが、平成23年3月の正論という雑誌で、稲田大臣は、子育て予算と防衛予算についてなんと発言されていますか」

稲田防衛相
「資料を提出いただいているこの正論、これは、私が野党時代に、そして、民主党が政権を取っている時代に安全保障、防衛等の危機感を持って、対談のなかの一部でございますので、その一部のみを個人的見解をこの場で述べることは差し控えさせて頂きます」

 民主党政権時代の批判はしたくないからと稲田防衛相が惻隠の情(思いやり)で答弁を控えているにも拘わらず、蓮舫は無理に稲田氏に答弁させて傷口を広げてしまった(笑)

(協議)

稲田
「当時の民主党政権(ヤジ)関係あります。
『日本列島は日本人だけのものではない』という方が総理大臣になられ、辺野古について、『最低でも県外・国外』と言われ、大混乱をし、そして、この対談をする数カ月前には、尖閣で中国の公船が衝突をして、大混乱になっているなかで、私は、その当時の民主党政権の安全保障、防衛に対して、大変危機感を持って、その点についてここで指摘をさせていただいている訳であります」


(ヤジ)

稲田
「そういった野党時代、しかも民主党政権の安全保障、防衛に関する状況について、大変危機感を持って、このままでは日本はつぶれてしまうのではないか、そういったなかにおいて、私は財源のない子供手当を付けるぐらいであれば、軍事費を増やすべきではないかということを申し上げた訳であります」


「民主党政権では日本が潰れるという危機感で当時発言した」というのが民進党には気に入らなかったらしい。
民進党はヤジの声を上げ、前言を取り消せと役員が協議に入った。

(ヤジ)(協議)

稲田
「先ほど答弁申し上げたように、そういった状況のなかで、子ども手当を付けるのであれば、防衛予算を増額すべきではないかということをこの場で指摘をしているということでございます」

稲田
「先ほど何度も指摘をしていますように、その当時、民主党の防衛、安全保障に大変危機感を持っておりました。そのなかで、マニフェストに掲げられた子ども手当等の財源も結局は見つからなかった。そういった状況のなかで、こういう発言をしたということです。私は、社会保障の政策、子育て政策、大変重要だと思っています。財源を見つけて、充実をさせていくべきであります。また、防衛についても安倍政権になってから、日米同盟は強固になっております。しかしながら、日本を取り巻く環境も厳しいなかで、しっかり我が国を守るための防衛は、質も量も万全を期さなければならないと思っています」

蓮舫
「政権が変われば、野党時代に言ったことは関係ないということでしょうか。同じ雑誌で、稲田大臣は、日本独自の核保有を単なる議論や精神論ではなく、国家戦略として検討すべきではないかとおっしゃっている。今もそう考えていますか」

稲田
「同じ時の対談ですので、その当時の日本の安全保障、防衛に関する大変な危機感のもとで対談をしております。今、私は安倍内閣の防衛大臣として、非核三原則をしっかりと守り、唯一の被爆国として核のない世界を全力あげて実現するために、尽くしていく所存でございます」


(中略)

蓮舫は民主党政権の時、野党の自民党議員として稲田朋美氏が当時抱いた危機感、民主党への不信感で発言したと繰り返し言っているのに、自分の投げたブーメランが自分に突き刺さっていることに気付かない愚かな蓮舫。

蓮舫
「当時は、核保有を国家戦略として検討、いまは非核三原則を守る、なぜ変わったのですか」

稲田
安倍政権になって、かつてないほど、日米同盟も強固になっています。当時は日米同盟がガタガタで、憲法9条の有す必要最小限度の防衛力とは何かを議論しなければならないということでございます。私の核に関する見解については、先ほど述べたとおり、核のない世界を実現するために全力を尽くしてまいります」

蓮舫
「気持ちいいぐらいまでの変節ですね」


勝ち誇ったような蓮舫。
でも頭には自分の投げたブーメランが・・・

(以下略)

最後まで「気持ちいいぐらいまでの」アホウなレンホウであった。
ただ、稲田防衛相はいまのところ、アメリカの手前もあり、核武装否定のタテマエを表明しているが、本音のところはわからない。
日本の安全保障にとっとて核保有が最善策ならばその道を取るかもしれないと期待している。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:18  |  国会論戦の見どころ  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.05 (Wed)


憲法に家族の助け合い要らないと蓮舫がアベ批判


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

日本の家族制度崩壊狙うサヨクの陰謀

 今日の参議院予算委員会で蓮舫民進党代表は安倍首相に対して自民党の憲法草案に「家族は助け合わなければならない」となぜ書いたのかと詰問した。
まったくの愚問である。

⇒TBSニュース(2016/10/5)
参院予算委で補正予算案審議、蓮舫代表が安倍首相と論戦


2016100501.jpg

 国会です。今年度の第2次補正予算案は参議院に舞台を移して審議が始まりました。民進党の蓮舫代表は代表に就任して以来2回目の安倍総理との直接対決に臨みました。国会記者会館から報告です。
 参議院予算委員会で民進党の蓮舫代表は、自民党の憲法改正草案で「家族は助け合わなければならない」などと規定した理由について安倍総理を質しました。

 「助け合わなければならない、これを憲法に規定するというのは具体的にどういう意味合いなんでしょうか」(民進党 蓮舫代表)

 「我が党の草案についてですね、逐条的にお答えする、これは行政府の長としては立場にはないということを申し上げているところでございます」(安倍首相)

 「いや逃げないでいただきたいんですが。なんで家族を憲法にあえて入れたんですかと聞いてるんです」(民進党 蓮舫代表)
 「その議論そのものについては私は本来議論する場はですね、憲法審査会でこの議論をぶつける場であろうと、私はここで自民党の憲法改正草案についてそれを解説する立場にはないと」(安倍首相)

 蓮舫代表が何度も、自民党憲法改正草案の24条で「家族は助け合わなければならない」なとど規定した理由について質しましたが、安倍総理は、行政府の長であるので解説する立場にないとして、重ねて憲法については憲法審査会で議論すべきという考えを示し、議論は平行線のままでした。
 また、これに先だって蓮舫代表が永田町で取り沙汰される来年1月の衆議院解散について質したのに対し、安倍総理は「現在全く考えていないが、その時に適切に判断したい」と述べました。


(引用終わり)

自民党が家族の大切さをいちいち憲法に記入しなければならないという日本の現状がむしろ問題である。

戦前の家族制度は日本の文化を継承してきた。
日本の底力は家族制度に源泉があると気付いたマッカーサーの命令で戦後、日本の家族制度を崩壊させようとした。
コミンテルンがこれに乗じて加担した。

いま日本で起こっている悲しい社会現象の大部分は伝統的な家族制度の崩壊によるものである。

●家族から離脱したホームレス(無職のルンペン)
●彼らの不法行為の見逃し(公園や河川敷の不法住居)
●家族から見放された孤独死の増加
●安易な親殺し、子殺し、友達殺しの増加
●安易な男女関係と愛人殺し、私生児殺しの増加
●シングルマザーの称揚(テレビメディアが持て囃す)
●安倍政権の「女性の社会進出」の過度な強調
●家庭を守る主婦を軽視
●その結果の配偶者控除の廃止(【追記】10月6日見送り決定)
●婚外子と正嫡子の遺産相続の平等化判決(司法の左翼化)
●夫婦別姓推奨
●戸籍制度の否定
●同性婚の承認(東京渋谷区などでの市民権付与)
●LGBTの不必要な強調


などなど。
順不同で思いつくだけでもこんなに沢山ある。
自民党が三代一緒に住める家を新築した場合は税制の優遇措置をすると提案したら、贅沢だと野党が批判した。
玄関が二つあるとは何事だと。
折角の妙案を野党が潰した(らしい)。
その後。、この話はとんと聞かない。
ウチの近所では入居当時は若かった夫婦も今は年老いて、二世帯住宅に改築して玄関が二つあるのをよく見掛ける。
ジジババと若夫婦と孫の三世代が居間で一緒にくつろぐ姿は想像しただけでも微笑ましいではないか。

「家族制度の崩壊」でググッたら過去の自分のブログ記事が出てきてしまった。

⇒「家族制度崩壊狙う朝日新聞」(2015/2/24)

「家族は助け合わなければならない」どという当たり前のことを、いちいち憲法に書かなければならないこと自身が誠に情けないことなのである。

明治天皇の教育勅語・・・
「汝臣民、父母に孝に、兄弟に友に、夫婦相和し、朋友相信じ・・・」
をマッカーサーが日本の学校教育から奪い去ってしまったことに全て起因する。

家族の崩壊を狙うのは日本をダメにしようとする反日勢力の工作員であると見て間違いない。
二重国籍の責任をいまだ取らずに、アゴラの公開質問状にも答えようとしない非日本人の蓮舫だけには言われたくないものである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:15  |  民進党の正体  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |