FC2ブログ

2016.10.11 (Tue)


韓国はどうしようもない国


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

通貨スワップを再開してはならない

 韓国の鬱陵(ウルルン)島は2011年に稲田防衛大臣が党友の新藤義孝、佐藤正久氏等と3名で独島博物館などを視察するため上陸を試みたが、金浦空港で不当に入国を拒否され日本に引き返した因縁の島である。

日本の領土である竹島のすぐ近くにある。
ご存知のように竹島は終戦後のドサクサに紛れて韓国の初代大統領・李承晩が勝手にラインを引いて韓国領だと宣言しただけのことである。
それはちょうど現在の中国が南シナ海に領海線を引いて「オレの島だ」と宣言したのと同じでまったく歴史的・法的根拠が無い。

それはさておき、韓国はこのウルルン島に海兵隊を配置するそうな。
北朝鮮を警戒してというが、本音は日本の竹島奪還が怖いのだろう。

⇒産経ニュース(2016/10/11)
韓国が鬱陵島に海兵隊配置へ 竹島の近く 北朝鮮の警戒や日本の牽制が狙いか


2016101101.jpg

 【ソウル=名村隆寛】韓国海兵隊司令部は11日、竹島から西方に約90キロ離れた韓国領の鬱陵島(ウルルンド)に、2018年から海兵隊部隊を巡回配置する計画を明らかにした。国会国防委員会への業務資料で報告した。
 韓国メディアによれば、配置される兵力は中隊か大隊の規模になるとみられており、海兵隊関係者は新たな創設ではなく、既存の部隊を鬱陵島に巡回配置すると説明したという。
韓国軍では鬱陵島への兵力配置を進めていたが、配置の時期など計画が明らかになったのは初めて。配置は北朝鮮への警戒や圧力が主なものとみられる。一方で、竹島をめぐって日本を牽制する狙いもうかがえる。


(引用終わり)

 韓国はサムソンのスマホが爆発して大問題を起こしている。
造船業をはじめとして韓国経済が深刻な不況に陥っているなか、泣きっ面に蜂だ。
もう韓国は衰退して行くしかない。
そんな韓国が恥も外聞も無く日本に数年前に断ってきた日韓通貨スワップの再開を打診してきた。
中韓通貨スワップさえすれば大丈夫と思っていたのが大間違いで、中国元など世界では相手にされていない。
しかも最近、擦り寄った中国からもスゲ無くされている。

そこでまた日本に再び擦り寄ってきた。
刎ねつければいいのに、どうやら日本政府は韓国の要求を呑んでしまうようだ。
安倍政権最大の失策である。
安倍首相は韓国慰安婦への謝罪の手紙を書くことなど「毛頭考えていない」というなら、日韓通貨スワップなど「毛頭考えていない」というべきだろう。

産経新聞も「韓国からの秋波を安易に受け入れるな!」と怒っている。
日韓通貨スワップの問題が簡潔に要約されているので、少し長いがコピペさせて頂く。

⇒産経新聞(同上)
【ビジネス解読】
「反日戦略」で打ち切りの日韓通貨スワップ再開論が浮上…韓国からの秋波を安易に受け入れるな!


2016101103.jpg
日韓財務対話を終え、笑顔で言葉を交わす麻生太郎副総理兼財務相(左)と韓国の柳一鎬・経済副首相兼企画財政相=8月27日、ソウル(共同)

 日韓で緊急時にドルを融通し合う通貨交換(スワップ)協定再開に向けた議論が進んでいる。融資枠は500億ドル(約5兆円)規模の巨額になるとの観測も浮上。英国の欧州連合(EU)離脱騒動などで再び通貨ウォン暴落や外貨流出の懸念が出てきたためだ。ただ、スワップは昨年2月に朴槿恵(パク・クネ)政権の「反日戦略」で打ち切られた経緯がある。専門家からは「『事実上の救済』と韓国に認めさせない限り、安易に受け入れるべきではない」との声も上がる

日本の「韓国支援」

 通貨スワップは、どちらかの国が通貨危機などに陥った場合、もう一方の国がお金を融通する仕組み。
 韓国は中国と通貨スワップ協定を結んでいるが、調達できるのは人民元のみだ。
 一方、アジア通貨危機で韓国経済が打撃を受けたことを踏まえ、日韓両国は2001年に通貨スワップ協定を締結。自国通貨と引き換えに米ドルなどの外貨を相互に受け取ることができる内容で、11年には、融資枠が最大700億ドル(約7兆円)まで膨らんだ。
 ただ、日本の外貨準備は潤沢で、ドル不足に陥る可能性は小さく、通貨スワップのメリットはほとんどない。金融当局の幹部は「日本が韓国を支援する意味合いが大きかった」と打ち明ける
それにもかかわらず、韓国の李明博(イ・ミョンバク)前大統領は2012年8月10日、竹島上陸を強行し、天皇陛下の謝罪まで要求。朴大統領も、米中首脳らとの会談で日本批判を繰り返す「告げ口外交」で日本国民の感情を逆なでした。
 日韓関係が冷え込んだ結果、昨年2月に満期を迎えた協定の延長議論は出ず、打ち切られた。

「ハイパーインフレ」警戒

 今夏、日韓通貨スワップ再開の議論はなぜ急浮上したのか。背景には、金融市場の混乱と韓国経済の柱である輸出産業の不振がある。かつて低価格戦略で世界を席巻した韓国製の家電や自動車は人件費高騰によるコスト高が深刻化し、国際競争力を失いつつある。
 8月末には、韓国最大手、世界7位の海運会社である韓進(ハンジン)海運が経営破綻した。韓国企業の輸出力低下が海運ビジネスを縮小させたとの見方もある。
 一方、6月には、英国民投票でEU離脱派が勝利。事前予想を覆す結果に投資家のリスク回避姿勢が強まり、ウォンや人民元などの新興国通貨が軒並み売られた。円高ウォン安は一見、韓国の輸出産業には有利のようだが、ウォン安が進みすぎると、輸入物価の高騰などで家計が苦しくなる。
 さらに、米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は9月末の議会証言で、年内の追加利上げに意欲を示した。利上げで世界の投資マネーが米国に集中すれば、新興国からお金が逃げてしまう。ウォン安に歯止めが掛からなくなり、物価が急騰する「ハイパーインフレ」を招いてしまう恐れもある。
 韓国政府は将来の通貨危機を懸念し、日本に協定再開の議論を求めた。

「すぐ受け入れた日本」

 「(韓国)副首相が切り出すと麻生(太郎)財務相はすぐ待っていたかのようにこれを受け入れた」
 8月末の日韓財務対話で通貨スワップ協定再開の議論が始まったことを受け、韓国の大手紙、中央日報(日本語版)はこう報じた。
 さらに、「日本も中国の影響力が過度に大きくなるのを牽制(けんせい)するためにも韓国との協力を強化する必要がある」とする大学教授のコメントを掲載した。
 朝鮮日報(同)も社説で「通貨スワップは韓日両国にとって必要。日本国内で『韓国がプライドを捨て、実利を得た』という声が出るのは望ましくない」と指摘。ほぼ全ての韓国紙は、あくまで日韓相互にメリットがあると主張する

「善意を示しても…」

 だが、昨年2月に通貨スワップが打ち切られた際、東亜日報(同)は社説で「資金力を武器に韓国を手なずけしようとする日本の態度は後味が悪い」「日本に手をさしのべてもらうことが再びないよう、外貨流動性管理に万全を期さなければならない」などと息巻き、日本の態度を強く批判していた
それだけに、韓国紙は今回の通貨スワップ再開議論を手放しで喜べず、見えを張るために「日韓互恵」をアピールせざるを得なかったとみられる。
 日本のツイッターやインターネットのブログでは、「韓国に善意を示しても裏切られるだけだ」とスワップ再開に批判的な声が多い。
 最終的に再開される可能性は大きいとみられるが、日韓の財務当局はそれぞれの国民に必要性をどう説明するのだろうか。(藤原章裕)


(引用終わり)

 この産経新聞の記事は日本の国民感情を表している。
日韓通貨スワップの再開を喜ぶのは親韓派の野田氏を幹事長にした二重国籍噓つき女の蓮舫民進党代表と反日を示す在日達だけだろう。

 昨夜の東京MXテレビ「ニュース女子」は「慰安婦問題を韓国の歴史化に学ぶ」をテーマに石平氏をゲストに今年5月に出版した「東アジアのトラブルメーカー 漢民族こそ歴史の加害者である」(飛鳥新社)を取り上げて、韓国が何千年にも亘って自分は戦争をしないで他国を招き入れて戦わせたり、あるいは元をそそのかして日本を攻めさせた(元寇)事実などを取り上げて大変盛り上がった。

2016101102.jpg

 この番組をみると韓国という国のいやらしさがよく理解できる。
この認識は日本人全員が共通の認識として持っておかなければならないと痛感する。
まだご覧になっていない方のために次エントリーで文字起こしをしてみたい。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:02  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.10 (Mon)


蓮舫二重国籍問題の追及の手を緩めるな!


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

著作権法を持ち出して蓮舫批判を封じる民進党

 蓮舫民進党代表の二重国籍問題はこのまま有耶無耶の内に終わってしまうのだろうか。
二転三転、あれほど嘘を付きまくり、最後は「個人的に戸籍の件は皆様に話さない」と尻を捲くった蓮舫を許してしまうのか。

「個人的な戸籍の件」と言うが、蓮舫は「公人」である。
当然のことながら世間の疑問に答えるべきだろう。
それが公開できないということは、まだ嘘をついているという疑いを持たれても仕方ない。

 蓮舫の嘘だらけの二重国籍問題に端を発した公務員の二重国籍について6日、安倍総理は国会で問題点を整理する必要があると答弁し法整備の必要性を認めた。

⇒安倍首相、二重国籍は「問題点研究したい」法整備など前向き(ZAKZAK)

安倍総理は「書面で証明することも必要かもしれない」と語ったが、同日、蓮舫は・・・

「個人的な戸籍の件は、みなさまに話そうと思わない」


と記者会見で堂々と開き直った。

自民党はなぜ蓮舫を追求しないのか。
党内にも二重国籍者の議員が居るかもしれないという心配があったのか。
しかし、一年生議員の小野田紀美参議員が二重国籍を公表しアメリカに離脱手続きをしたと戸籍謄本の写しを示して証明した。
一年生議員の出来たことが、民主党の代表になぜ出来ないのか。

政府はようやく国家公務員は速やかに外国籍の離脱手続きをせよという通達を出す模様だ。

ZAKZAK(2016/10/9)
政府、国家公務員の「二重国籍」を速やかな離脱通達へ 自民も公認候補要件変更

 政府が、国家公務員の「二重国籍」の解消を促す通達などを出す方向で検討を始めたことが8日までに分かった。二重国籍が判明した場合、速やかに外国籍の離脱に努めるよう求める内容になりそうだ。自民党も公認候補者も「日本国籍のみの保持者」に限定する方向で調整を進める。

 「国家機密や交渉に関わる人々は適切な人物を選ぶよう運営してきたが、そのように運営されない可能性も排除できない」

 安倍晋三首相は6日の参院予算委員会で、こう明言した。
 国民にウソをついた民進党の蓮舫代表の「二重国籍」問題が発覚して以来、国家機密を知る立場にある防衛省職員や、要人を警護する警察官などに二重国籍者が就くことができるとして、公務員についても問題点が指摘されていた。政府としては、早急な対応が必要と判断したとみられる。
 国家公務員の国籍については、外交官などの外務公務員を除き、二重国籍が禁止されていない。このため政府は問題点を整理したうえで、二重国籍者が日本国籍を選択する場合は「(外国籍の)離脱に努めなければならない」とする国籍法の努力規定を順守するよう求めるもようだ。


(引用終わり)

 民進党の馬渕澄夫議員が二重国籍状態にある国会議員が「十数人いるようだ」と発言して論議を呼んでいる。
早くもネット上ではその該当者、疑惑者の名前が挙がっているが真偽のほどは分からない。
名指しされた議員は速やかにそうではない証拠を示すべきだろう。

自民党が蓮舫を追い詰めないのは「ヘイトスピーチ」や「人種差別」だと言われるのが怖いからだとも言う。
それならなぜ「ヘイトスピーチ規制法」などという闊達な言論を奪う曖昧な法律を成立させたのだ。

民進党のガソリーヌ山尾志桜里の地球何周分かの政治資金収支報告違反も今や過去の事件として有耶無耶の内に終わろうとしている。
山尾は不正をして退職したとされる事務員側の弁護士と自分の弁護士と話し合いの最中で、結果が分かり次第報告すると約束したが、いまはそんな約束をした事も忘れているかのようである。
そして反日メディアもダンマリを決めている。

それを言うと反日勢力は自民党の甘利元TPP担当相の名前を出すが、甘利氏は東京地検が不起訴を決定して一件落着している。

蓮舫二重国籍問題の発端となった八幡和郎氏は民進党が蓮舫を批判する一般市民に著作権法を持ち出して法的手段を講ずると圧力を掛けているという。

民進党というのは自浄能力の無い何処までダメな政党なのか。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:23  |  民進党の正体  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.09 (Sun)


「サンモニ」蓮舫問題スルーして稲田大臣の資質を問う


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

「気持ちいいくらい」の放送法違反番組だ

今日のTBS「サンモニ」はアレほど世間を騒がせている蓮舫二重国籍問題には一言も触れず稲田氏の防衛大臣としての資質を問う岸井成格のまとめで終わった。

TBS「サンモニ」(2016/10/9)
臨時国会序盤
与野党の攻防


 この一週間、民進党は国会で稲田防衛相にロックオンして攻めつづけた。
噓つき蓮舫代表が「見事なまでの変節ですね!」と稲田防衛相を見下す発言をして民進党議員から大受けする場面など取り混ぜたネガティブな映像を流し続けてから・・・

国会の争点(3-7日)

●憲法改正(人権・家族)
●核兵器の保有
●年金・社会保障
●白紙領収書問題
●二重国籍
●北方領土


寺島実郎
「本当のことが議論されていない。低調だ。野党は民進党も含めてこの国の未来作りの対立軸を示していない。政策論を持っていない。
例えば外交安全保障は同じ穴の狢だ。沖縄が試金石だ。
民進党も含めて、アメリカに配慮して普天間の移転先は辺野古しか無いという事を共有している。
そんな枠組みの中で選択肢を求めているかに
 極めて矮小な選択肢の中での議論になる。
経済産業政策に付いても明らかに「異次元金融緩和と財政出動」だけでは実体経済は動かないことを3年以上に亘って見せているのに、次にどうするんだということで、もう世界の理論はマネーゲームがあまりにも拡大して格差と貧困と。
次の世界どうしてくんだということに議論のレベルが進んでいるのに、未だにアベノミクスしかない見たいな世界の枠組みを共有しながら議論が進んでいく。
日本人にとつて選択肢の見えない議論を国会で繰り返していることは物凄く悩ましいなと思う」


日本はアベノミクスがある程度成功して、失業率が改善し、就職率が数年連続して上がっている。
自殺件数も減った。
株価も民主党政権時代と比べれば雲泥の差で、そこそこキープしている。
一方、世界は格差と貧困の問題をどう解決したというのか。教えて欲しい。

民進党はアベノミクスを批判するだけで具体的な対案を示せないでいる。
噓つき蓮舫は民進党政権時代に失敗した「コンクリートから人へ」、「投資より分配」の理念を繰り返すだけで何ら具体的な対案を示すことができていない。

浅井慎平
「今の国会は言葉の遊びになってしまう状態だ。上げられたテーマに対して一番大事な議論がされていない。それが一番気になる。将来に向かって希望が出るような議論が与野党ともに出ていない」


それはおおむね質問する野党の責任であろう。

浜田敬子(週刊誌「アエラ」前編集長)
「私は蓮舫さんの挙げられた憲法改正問題に非常に注目した。注目の的の9条ではなくて24条を指摘した。
安倍政権は女性の活躍を主張しているが、多くの女性に聞くと非常に懐疑的だ。

自民党の改正草案の中に『家族で助け合わなきゃいけない』という新規定が入っている。
いま家族はどんどん核家族化したり多様化している中で、海外・子育てというもっと社会でという動きに逆行するような、前時代的な規定が入っている。


そこはどうなんだと追求されたが、安倍総理は今回それに答えられなかった。
憲法調査会でという形で逃げられたなという印象を持った。
そこが国民とか市民の生活に大きな影響があるのでやはりきちんとした答弁を聞きたかったなと正直思った」


バカな!
「家族で助け合わなきゃいけない」なんて当たり前のことを憲法のなかに書かなきゃいけないほど今の日本はおかしくなっているのだ。
それを核家族になったから家族はバラバラでいいではないか、家族の形は多様化していくから、いちいち命令するなと言いたいのだろう。

家族の崩壊すなわち日本国家の崩壊につながることを狙っているのはコミンテルンとその手先である反日メディアである。
安倍総理は逃げたのではなくて、そんな連中の陰謀に嵌らなかっただけだ。

安田菜津紀(フォトシャーナリスト)
「一番気がかりだったのが稲田大臣の『子供手当てと防衛費』を巡る過去の発言で、たとえば先月訪れイラクではこれとはまったく逆の言葉を避難生活を送る方から頂いていて、武力につぎ込むお金をすべて子供達のために使えばいいのにという声があった
例えば日本の子供手当てを防衛費につぎ込むことを実行されなかったとしても、現に同じような似たような状況が起きてしまっていて、防衛費が上がって行く一方で、教育費に掛ける資金の割合の低さというのが指摘され続けている。
長い目で捉えたときに未来を本当に築いていくのはどちらなのか。
舵取りを誤ってはいけないと思う」


国際情勢をまったく無視した甘いお嬢チャマの感傷的なお言葉には痛み入る。
イラク市民のような避難生活を送らないためにも軍事費の増強が必要だ。
「国破れて山河あり」と詩人は言うが、「国破れたら教育もヘチマもない」。

「過去の発言なんて追及したって、防衛大臣としてやったことじゃない。過去の雑誌のインタビューを予算委員会の場で追求しても時間の無駄だ」(上念司氏)は前記事でご紹介した。

岸井成格
「稲田大臣に野党は集中砲火を浴びせている、国会戦術もある。
ただ聞いていると、故(ゆえ)無きことじゃないなと。
過去の発言聞くと、まさに保守、タカ派と言われる彼女のそれがそのまま出ている。
今はそうではないと言ってるけど、過去の発言を取り消してるわけでもないし、撤回してるわけでもない。
そうなると今から自衛隊をとにかく海外に出す、あるいは南スーダンのでもいよいよリスクの高い行動をしなけりゃいけない。その命令を出す立場だ。
そういう点で稲田大臣が防衛大臣としての資質があるのかどうかということがホントに問われ始めている
そういう感じがした。これはまだまだ続く」


(引用終わり)

稲田氏への集中砲火に期待してるようだが、稲田氏の防衛大臣としての資質を誰が問うているのか明確にすべきである。

蓮舫は二重国籍問題でいずれ失脚する。
稲田防衛大臣は様々な試練を経て総理大臣への道を歩み続けるだろう。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:38  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.08 (Sat)


蓮舫代表は戸籍謄本を提出せと上念司氏


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

大東亜戦争はコミンテルンの陰謀
民進党の政策はデタラメ


 今日配信された「真実をニュースから学ぶ」が面白いのでご紹介する。
自民党の憲法草案をケチョンケチョンに批判する上念司氏に100%同意する気はないが、かれの経済政策などおおむね賛成するところもある。

【二重国籍】民進党・蓮舫代表が台湾パスポートを更新していた可能性浮上!
戸籍謄本提出必須!口先だけの右より発言・・・

上念司
蓮舫は自分の国籍問題も解決しいないのに、この上から目線はなんなんだ。
まだ確証を得てないが台湾のパスボートを一回更新したのではないかと言う噂がある。22歳以降の戸籍謄本を出してもらわないとホントかどうか分からない。
日本人としてのアイデンティティが曖昧でブレブレだ。
攻撃されると釈明できない。そこで極右みたいなこと言ってバランス取ろうとする。
それが稲田大臣に対する口撃だ。
過去の発言なんて追及したって、防衛大臣としてやったことじゃない。過去の雑誌のインタビューを予算委員会の場で追求しても時間の無駄だ。
辻元清美が追求したり、いままたこのような右っぽい事をいう。
そのうち北方領土返還も4島一括返還で、場合によっては樺太まで返してもらえとスゲエ ハードル上げてくる。

(ここで民進党の消費税増税容認、財政緊縮、金融引き締め、マイナス金利今すぐ廃止はアメリカのティーパーティと同じ極右だと喝破。民進党の経済政策の愚を説明)

右バネが効いていて、 政策が支離滅裂でひっかかるバカも居るかなと警告を発したい。

戦前も国粋主義者と言われている人の大半は共産主義者だ。

だから支那事変を泥沼に陥れるように「暴支膺懲(ぼうしようちょう)だ。満州で亡くなった10万の英霊の命を馬鹿にするのか」と言ってた尾崎秀実という朝日新聞の記者はアグネスメドレーと付き合ってた。

戦後、「尾崎秀美の真実」とかいう彼を美化した本を読んだことがある。
スパイというより日本を戦争から救ったようなことが書いてあって、しばらく信じていた。


(注:アグネスメドレー:合衆国内で活動し、世界革命論を促進するコミンテルンのために共に長期間活動している【ウィキペディア】)

毛沢東とズブズブで、上海で同棲していてらしい完全に。
完全に取り込まれて、そいつが日本に帰ってきて「暴支膺懲だ、天皇陛下バンザイ」とか言ってた。
口だけで、まったくそんな事を思っていなくて、皇族を滅ぼして日本を共和国に変えてソ連の一部にしようと考えてたヤツラだ。
蝋山正道とかいろいろ居る。近衛文麿首相理のスポークスマンの風見章(アキラ)とか。
こいつらは戦争終わったら社会党左派の大幹部になった。
そういう口先だけの右翼。口先だけの偽装右翼に騙されてはいけない。それに対して戦前、確りしたスタンスで戦ったのが石橋湛山高橋是清たちがホントの保守だ。
しかし殺された。

民進党がそういう動きをしそうで、ライトウイングに今の政権が広げているので、幅広くレフトもとか言ってるけど、じゃうお前達言ってることライトかと。
支離滅裂だ。
共産党と連携を探りながら、財政政策はほとんどティーパーティみたいな。わけわかんない。

昔は国粋主義者は共産主義者が化けてた。
アイツらはまんまと戦争責任を逃れて敗戦責任だ。
もともとソ連に対抗して満州に駐留していた関東軍をなぜか南下させて蒋介石と戦わせるって意味不明だ。
ドイツが侵攻した時点で多分ウラジオストックを攻撃してれば大東亜戦争は発生しなくて、ソ連が滅びて終わりだったかもしれない。
なぜそれをしなかったのか。必死でソ連を守った。このスパイどもは。
日本の政権の中に一杯居た。

民進党は支離滅裂だ。野党としては維新の党の方が言ってることがずっとまともだ。
民進党はシャレにならない。
共産党は赤旗の部数が減っていまにも死にそうだ。
野党共闘が効いている。共産党は独自のスタンスで、頑固なオヤジの不味いんだけどリピートしちゃうラーメンみたいなもんだ。
それが全国チェーンと提携し始めて「何か味変わってネ?」みたいな、古いファンが離れつつある。

(中略)

ホントにリベラルだったら弱者のための政策であるべきなのに、弱者にとって金融引き締めはキツイ。
デフレは一生懸命働いて作った商品やサービスの値段が下がっていくことは、労働者にとって非常にキツイ。
さらに財政緊縮だ。
再分配と口で言ってるが財源を増やすことは言っていない。財政再建は何度も言うように終わっている。
財政再建は終わっているのに財政出をしないというはおかしい、
いまこそ弱者のために財政支出すべきだ。
女性が働きやすい社会を作るために投資すればいい。
なのにそれをしないで、これ以上成長しないから再分配を考えましょうと。
民主党政権の時に一回失敗した政策をまたやろうとしている。どうしようもないなと。
さらに稲田さん口撃とかワケわかんないことしてる。
(辻元清美のように靖国神社に行かせない様にして行かないと口撃するのは)コミンテルンにそっくりだ。
やたらハードルを上げてちょっと右っぽい人を擽るわけだ。出来るわけない強硬なこと言って。
北方領土など済みませんでしたと4島返すワケがない。
妥協すると「妥協ダア」と。妥協しなければ返ってこない。

ここでアンケート。
衆院選になった場合、民進党に勝ち目は無い・・・97.7%
あると思う・・・0.8%
どちらともいえない・・・1.5%


キャスター
「民進党なんとかしないと、このままでは・・・」

上念司
「無理だと思います」

サブキャスター
「この番組を聞いている方は勉強されてるからこういう結果になったけど、世間一般にはどうかなと・・・」

キャスター
「蓮舫に期待するという答えが50何%も出るというアンケートもあるわけですから・・・」


(文字起こし終わり)

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

17:56  |  民進党の正体  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.07 (Fri)


民進・安住淳が稲田防衛相を面罵の愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

オレ昔、防衛副大臣、オマエはもっと勉強しろと

 野党が一斉に稲田防衛相をロックオンしたという産経新聞の記事は前エントリーでご紹介した。
案の定、民進党の安住代表代行が記者会見で稲田防衛相を上から目線でこき下ろした。
オレも防衛副大臣をやったが、お前はもっと勉強しろと。

 そういえぱ民主党政権時代の田中直紀防衛相は酷かったな。
参院予算委員会の最中に「行方不明」となったが、国会内の食堂でコーヒーを飲んでいた。
答弁はおろおろして立ち往生。
安住が防衛副大臣の時の防衛大臣は菅政権の北沢俊美。
東日本大震災で火事場ドロボーかと言われてた。
ひとのことを言えた義理か。
オマエはその防衛大臣にすらなれなかったではないか。

産経ニュース(2016/10/7)
民進・安住淳代表代行「愚かだと気づいたのでは」 稲田朋美防衛相を批判

民進党の安住淳代表代行は7日の記者会見で、日本の核保有検討など過去の発言との整合性について追及を受けた稲田朋美防衛相について「以前はずいぶん勇ましいことをいって、民主党政権下の防衛政策を批判していた。だが、防衛相になってみて自分が愚かだったことに気づいたのであれば、これから勉強してがんばればいい」と述べた。
さらに「私も防衛副大臣を経験したが、『防衛費』を『軍事費』と言ってしまうのは、単純な間違いのようにみえても、実は非常に重要で基礎的なことだ。もっと勉強して国会に臨むべきだった。(国防を担う)リーダーの資質はないのではないか」とも語った。


(引用終わり)

国家観も歴史観も無い安住淳ごときに馬鹿にされて、さぞや悔しかっただろう。
稲田朋美支持者の一人としても悔しい。
この屈辱、晴らさで置くものか。
早く日本総理大臣になって一生野党のクズ議員を見返してやれ。
「防衛費」などと回りくどい事を言わずに「軍事費」と世界標準並みにいえる時代を早く作り、安住や朝日新聞を見返してやることだ。

それにしても、稲田防衛相を集中攻撃するのが民進党の戦略とは言え、野党の品格が欠ける。
まあ民進党に「品格」など求める方が間違っているが。
野党の攻勢で稲田防衛相も打たれ強くなることだろう。
しかし、これからは野党のヘタレなどより悪意に満ちた諸外国を相手に戦わなくてはいけない。

心して立ち向かうべし。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:16  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(15)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.07 (Fri)


野党が稲田防衛相をロックオン!


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

稲田防衛相は櫻井よしこ氏の強靭さを学べ

 反日メディアの朝日新聞と東京新聞が稲田防衛相、菅官房長官、高市総務相らが政治パーティーに出席した際、白紙の領収書を受け取り、金額欄を後で記入していたのは不正な会計操作ではないかと小池晃共産党書記長が予算委員会で追求したと伝えた。

朝日新聞(2016/10/7)
稲田・菅氏事務所、白紙領収書に金額記入 自民、慣例か

同僚議員の政治パーティーに参加した際に、金額や日付が書かれていない「白紙」の領収書を受け取り、金額などは自らの事務所で書き込んでいた――。菅義偉官房長官、稲田朋美防衛相、高市早苗総務相の3氏が6日の参院予算委員会で追及を受け、事実関係を次々に認めた。不正な会計操作をしているとも受け取られかねない行為だ。なぜそんなことをしたのか。

東京新聞(同上)
政治資金パーティーで白紙領収書「慣行」 菅、稲田氏認める


産経新聞は野党が稲田防衛相を「ロックオン」したと報じた。

産経ニュース(同上)
野党、稲田朋美防衛相を“ロックオン” 白紙領収書問題などを追及 今国会で集中砲火 

稲田氏側が金額を記載しており、野党は支出の証拠にならないとして問題視。今国会最大の攻撃対象として、稲田氏が連日集中砲火を浴びる場面が目立つ
稲田氏は、発行者だけ記された白紙の領収書に稲田氏側が手書きしたことを認め、「主催者の了解のもと、いわば委託されて記載した。問題ない」とした。


(抜粋終わり)

3氏は今回の問題を「法的に不都合はない」というが、常識的には空白の領収書(おそらく金額部分だけ)を貰って後で記入するというのはどう見てもおかしいだろう。

ただ、これは政治の世界では常識のように行われていたと思われるから、蓮舫民進党代表をはじめ野党の連中にも間違いなくブーメランが飛ぶだろう。

それにしても産経の「稲田防衛相にロックオン」が気がかりである。
稲田朋美氏も将来の首相を目指すならばこの試練に耐えて欲しい。
櫻井よしこ氏の討論会での冷静沈着かつ徹底的に論敵を撃破する胆力を見習うべきである。

国会論戦でもう二度と涙など見せてはならない。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

10:37  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.06 (Thu)


戸籍謄本の開示を拒んだ蓮舫代表


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

「多様性」「LGBT差別」で逃げる
二重国籍者との「共生」はゴメンだ!


今日、蓮舫民進党代表が記者会見を行った。
そこで二重国籍問題を問われると「多様性」という言葉を用い、戸籍の証明は個人的な問題だから話さないと逃げた。

「防衛相や外相に対して、二重国籍でも大丈夫と認めるのか」という質問に対しても・・・

「多層的な論点があると思っているので、そこは総合的に勘案したい」

と否定しなかった。

そのうえ、「共生社会」だの「LBGT差別」だのと焦点ずらしを計った。

⇒産経ニュース(2016/10/6)
【民進・蓮舫代表会見詳報】
日本国籍選択宣言の日
「個人的な戸籍の件は、みなさまに話そうと思わない」


二重国籍問題で「多様性」強調

 --今日の参院予算委で、安倍晋三首相が二重国籍をめぐり、大臣、補佐官に任命する際は本人が証明することが大事で、戸籍などによって証明することも必要かもしれないと発言した。蓮舫氏への当てつけとの見方もあるが、首相の発言をどう受け止めるか


(「当てつけ」はないだろう。どこの記者だ?)

【追記】日経新聞の宮岡記者と判明

「政府として、いろいろな考えがあるなら、その考えはしっかり聞いて、判断していきたい。他方で、ずいぶんと多様性の広まってきたわが国で、国籍を重なって持っている方たちも増えている。そうした社会で、例えば公務員と(閣僚が該当する)特別公務員に対して、どういう基準を設けるのか。これも一理あると思うし、他方で幅広く多様で生きている方たちは、どういうふうにその多様性を認めてさしあげるかという論点もあると思う。そういう大きな観点から社会としてどういう方向性を出していけばいいのか。私たちの中で、これまでも話していたことだから、これからも議論していくことになると思う」

--二重国籍の問題で、一部の政党には法律で規制しようという流れがある。蓮舫氏の場合は、出自が分かっていながら、たくさんの票を得て当選しているから、それでいいじゃないかという説明もある。前向きに進めようという考えは

「ご指摘も含めて、国境の垣根がずいぶん低くなってモノ、カネはもちろんだが、人の流れもずいぶんと自由に流動化している。その部分では、国際結婚も決して珍しいものではなくなってきている。そうした多様なルーツを持った文化の方たちが、多様性をもって社会をつくりあげていくことを私たちは『共生社会』、一人ずつ支えてあげる社会をつくりたいということで、綱領でもうたっている。昨日の参院予算委員会でも憲法24条を取り上げて、首相とあえて議論させていただいたのは、女性も男性も同等の権利を有することによって、それぞれの個性を伸ばすことが自由になってきた。また新しくLGBT(性的少数者)であるとか、いろいろな多様な考え方が生まれてきたときに、あえて家族を憲法に明記することに対する私の違和感を示した。これはまさに民進党の目指している多様な社会の原点の議論だった。首相が昨日、お答えにならなかったのが非常に残念だった」


(中略)

--もし蓮舫政権ができたとしたら、閣僚に単一国籍を求めるか。特に防衛相や外相に対して、二重国籍でも大丈夫と認めるのか

「現行でも、外務をつかさどる特別公務員には、そうした部分は厳格に求められている。先ほど私、考え方でお伝えしたが、多様な社会の中で、公務員、特別公務員のあり方も含めて、どういうものがふさわしいのか。あるいは一般の方の多様性をどのように認めていくのか。多層的な論点があると思っているので、そこは総合的に勘案したい」

 --蓮舫氏は、昭和60年1月に日本国籍を取得したと説明している。これとは別に、国籍選択の宣言をする必要があると思うが、選択の宣言をされた時期はいつか。宣言したことが明記されている戸籍を公開する考えがあるか

 「国連の女子差別撤廃条約を受けて、わが国の国籍法が改正され、私は、母が日本人であって、未成年であっても、届け出をすることによって、日本国の国籍取得が認められた。私は日本国籍を取得した時点で、全ての事務作業が終わったと思っていた。ただ今回、いろいろご指摘があって、台湾籍が残っていることが明らかになったので、台湾籍の放棄を急ぎ、実際に籍が抜けたことになったので、区役所に届けたまでです」

 --戸籍には選択の宣言をした日が明記されていると思うが、その点は確認しているか

 「極めて私の個人的な戸籍の件に関しては、みなさまの前で話をしようとは思っていません」


(引用終わり)

これが蓮舫の考え方である。
民進党の代表どころか国会議員として明らかに失格である。
自民党はいま表だって蓮舫二重国籍問題を追求しないが、今は泳がせておけば次々とボロが出るので総選挙の間近で攻勢を強める作戦と見た。

自民党の小野田議員(参議員一年生)は二重国籍だったことを公表したが、戸籍謄本の一部を公開した。
しかし、蓮舫は頑なに戸籍謄本の公開を拒んでいる。
戸籍謄本だけでなく、本来は台湾ビザも公開すべきであった。
しかし残念ながらパスポートは台湾政府に返却されてしまった。

⇒ZAKZAK(同上)
民進・蓮舫氏、問われる対応 自民・小野田氏が二重国籍で戸籍謄本の一部公開


(前略)

実は、「国籍選択」を証明するための戸籍謄本の開示は、インターネットの言論プラットフォーム「アゴラ」も先月29日、蓮舫氏に対して公開質問状で要求している。
 自民党の1年生議員が問題発覚直後に出せたものを、どうして民進党代表が1週間近くも出せないのか。疑問は膨らむ。


(引用終わり)

蓮舫は一週間どころか未来永劫「戸籍謄本の開示」はやらないだろう。
ウヤムヤにしてほとぼりの冷めるのを待つ戦術である。
しかし、世間は決して噓つき女を放っては置かないだろう。

なお社民党などの野党4党は憲法に家族の大切さを明記することに反対し、他民族との共生を強調している。
これでは日本という国がメルトダウンしてしまうに違いない。
またそれが彼らの狙いでもある。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:39  |  民進党の正体  |  TB(1)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.06 (Thu)


朝日新聞が捏造記事で稲田防衛相を誹謗


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

「答弁に窮した」「間違い連発」のウソ 

 前エントーの朝日新聞記事「稲田防衛相、間違い連発 防衛費を軍事費、漁船を公船」「参院予算委で民進党の蓮舫代表の質問への答弁に詰まり」とあったので、⇒参議院インターネット中継録画(5日予算委員会)で確認してみた。

 すると、稲田防衛相が蓮舫の質問の答弁に窮して山本一太議長に助けを求めたのではないことが判明した。
蓮舫が産経新聞の言論誌「正論」に書いた稲田防衛相の文章を読めと執拗に要求するので、「どの部分を読めばいいのか」と自問しつつ議長席の山本一太参議院委員長に指をさしたに過ぎない。
それを朝日新聞は「山本議長に判断を求める稲田防衛相」としていかにも答弁に窮したかのような捏造をしたのである。

民進党は民主党時代の自分達の悪政を稲田氏に指摘されて荒れ狂った。
福山哲郎などは議長席にたびたび詰め寄り、時には議長席をドンドンと拳で叩く乱暴を働いていた。
さすが陳哲郎(チン・チョルラン)である。
この後も質問席から質問していた。

稲田防衛相
「この資料すべて読みますか?」(1:00:17)
「どこを読むんでしょうか?」(1:00:22)


稲田防衛相が手を上げて山本議長に確認しようとする(1:00:26)

2016100602.jpg



⇒朝日新聞(2016/6/6)
稲田防衛相、間違い連発 防衛費を軍事費、漁船を公船


2016100601.jpg
参院予算委で民進党の蓮舫代表の質問への答弁に詰まり、山本一太委員長(左下)の判断を仰ぐ稲田朋美防衛相(右)。左手前から2人目は安倍晋三首相=5日午前9時49分、飯塚晋一撮影

この時、民進党からヤジが盛んに起こった。

「態度わるいぞ!」(1:00:37)
「態度わいるよ!」
「フザケンナよ!」

フラッシュが一斉に焚かれ反日記者達は捏造のチャンスだと思ったのではないか

稲田防衛相(民主党の役員に指示された部分を読み上げる)
「ではこの資料の中のカッコ部分だけを読み上げさせて頂きます。
『いま防衛費は約4兆6千8百億円、22年度予算でGDPの1%以下です。
民主党が平成21年、衆議院で約束した子供手当ての満額にかかる5兆5千億円よりも少ない。
この子供手当て分を防衛費にそっくり回せば軍事費の国際基準に近づきます
自分の国を自分で守ることを選ぶのか子供手当てを選ぶのかという国民に分かりやすい議論をすべきでしょうね』」

蓮舫(1:01:28)
「私は防衛費の必要性を否定してないんです。少しでも増やしてわが国(わが国の蓮舫のイントネーションがおかしい。「ワ(!)ガ国」とワを強調しないでワガクニと尻上りになる。やはり日本人ではない)の防衛を充実させたいという考え方には共鳴をします。(ウソツケ!)ただ子育て予算を全部でそちらに加算をするという、この考えを今もお持ちなんですか?」


 民主党時代に財源の当てもなく大衆迎合の「子供手当て」で票を稼いで、結局実現できなかった「子供手当て」を「子育て予算」と言い換えて、稲田防衛相の答弁を問い詰めるのはギミックである。
ガソリーヌ山尾が「保育園落ちた 日本死ね!」で有名になって、待機児童問題がクローズアップされた現在でも「子育て予算」を否定するのかというミエミエの口撃なのである。

もうひとつ。
稲田防衛相は「防衛費」を「軍事費」と言い間違えたと書いていたが・・・

「軍事費の世界基準」という稲田氏の発言を捉えて失言とするなら誤りである。
なぜなら世界は「防衛費」などという曖昧な言葉は使っていないからである。

朝日新聞が慰安婦=性奴隷のデマを世界に広げたために、日本は国際的な名誉を失い、海外に住む婦女子が辛い思いをしているというのに、まだ性懲りもなく捏造情報で日本を貶(とおしめ)ようとしていることが、これでよくお分かりだと思う。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:27  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.06 (Thu)


稲田防衛相の言い間違いを挙げ足取りする朝日新聞


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

防衛費=軍事費 中国漁船=公船 は実体

 昨日の蓮舫民進党代表の国会質問は無意味な口撃で、却ってブーメランを食ってしまってと書いた。
今朝の朝日新聞は昨日産経新聞が稲田・蓮舫の攻防をそのまま伝えたのに対し、稲田防衛相の答弁の言い間違えを指摘して得々としていた。

⇒朝日新聞(2016/6/6)
稲田防衛相、間違い連発 防衛費を軍事費、漁船を公船


2016100601.jpg

参院予算委で民進党の蓮舫代表の質問への答弁に詰まり、山本一太委員長(左下)の判断を仰ぐ稲田朋美防衛相(右)。左手前から2人目は安倍晋三首相=5日午前9時49分、飯塚晋一撮影

 5日の参院予算委員会で、民進党の蓮舫代表から追及を受けた稲田朋美防衛相が「中国漁船」を「中国公船」、「防衛費」を「軍事費」と言い間違える一幕があった。

 稲田氏は沖縄・尖閣諸島沖で2010年に中国漁船が海上保安庁の巡視船に衝突した事件について、「尖閣で『中国公船』が衝突して大混乱になった」と説明。過去の自身の雑誌での発言を釈明した際は「民主党政権の安全保障に大変危機感を持って、財源のない子ども手当をつけるぐらいならば、『軍事費』を増やすべきではないか、と申し上げた」と述べた。自衛隊は憲法上、軍隊ではないため、政府は防衛費という言葉を使う。
 稲田氏は4日も「(尖閣諸島周辺の接続水域に)中国の戦艦が入ってきた」と答弁し、民進の後藤祐一氏から「防衛省発表では『艦艇』『艦船』という言い方をしている。言葉の選び方を慎重に」とたしなめられた。


(引用終わり)

2010年に海保の巡視船に体当たりしてきたのは確かにいわゆる公船ではないが、偽装漁民の海上民兵であり大差はない。
また「防衛費」を「軍事費」と言ったのは意図的ではないかと思うほど、事実は軍事費なのである。

つまり実態に近い表現をしたことを「間違い連発」と大きく批判するのは朝日新聞の稲田防衛相に対するヘイトが染み出ているのである。

写真説明も「蓮舫の質問に詰まり、山本一太委員長の判断を仰ぐ稲田朋美防衛相」とネガティブなキャプション。
稲田つぶしに全力を挙げる民進党に協力している。

朝日新聞は韓国の慰安婦を性奴隷として世界に広めて日本の名誉を汚し、いまだに国際社会に対して訂正と謝罪をしていない売国メディアである。

インターネットでその事実を広く世界に広めなければならない。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

10:18  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.05 (Wed)


自分の投げたブーメランに当たっても気付かぬ今日の蓮舫


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

民主党政権の危うさ故に核武装も考えたと稲田防衛相

 今日の参議院予算委員会での蓮舫民進党代表の質問は、素人目には「弁舌さわやか」「切れ味鋭い」と映るかもしれないが、そして蓮舫擁護の反日メディアはそう言うが、実は単なる口先だけの喧嘩売りに過ぎない。

 安倍首相と稲田防衛相をトッチメたつもりで高揚感に溢れているかもしれないが、実は自分の投げたブーメランが自分に突き刺さっていることにも気付かない民進党の伝統的な哀れな姿を露呈したのである。

⇒産経ニュース(2016/10/5)
【参院予算委詳報】
蓮舫氏「逃げないで」「恥ずかしくないですか」「気持ちいいぐらいまでの変節」
と安倍首相や稲田朋美防衛相を猛口撃


 自民党が野党時代に作った憲法草案の批判をして安倍首相を土俵に上げさせようと画策する蓮舫。
しかし、参院予算委員会で当時の憲法草案を「逐条的に」取り上げて議論することは無意味であることを知らぬ蓮舫。
「政府」と「自民党」の違いも分からぬ、あるいは分からぬフリをする蓮舫。
安倍首相がいくら言葉を重ねて政府が野党時代の憲法草案の解説をする無意味さを説いても納得せず、「逃げるのか」と口汚く口撃する蓮舫。

蓮舫
「でも私は、なんで家族を憲法にあえて入れたんですかって聞いているんです」

蓮舫
「そこにあえて家族を新設するということはむしろ昔の時代に戻るんじゃないかという懸念を覚えているんです。それについてはいかがでしょうか」


安倍首相も蓮舫の挑発に乗らず、冷静に対応した。

蓮舫
「その答弁、恥ずかしくないですか。審議しましょうよ。逐条じゃない、家族を入れるのはなんでですか、解説読んでくれって。解説はもう読んだ上で聞いています」

安倍首相
「解説を読んでおられるのであれば、その通りだろうと思います」

蓮舫
「多様な生き方が今本当に進んでいます。その中で重んじるべきは、立憲主義の本質でもあります、個人の尊重だと思うんですけれども、総理はどうお考えでしょうか」

首相
「個人の尊重についてはその通りだと思います。一方、わが党としては、家族の価値の重要性についての認識を示しているところだろうと思います」


稲田防衛相に対しては・・・

蓮舫
「資料に付けましたが、平成23年3月の正論という雑誌で、稲田大臣は、子育て予算と防衛予算についてなんと発言されていますか」

稲田防衛相
「資料を提出いただいているこの正論、これは、私が野党時代に、そして、民主党が政権を取っている時代に安全保障、防衛等の危機感を持って、対談のなかの一部でございますので、その一部のみを個人的見解をこの場で述べることは差し控えさせて頂きます」

 民主党政権時代の批判はしたくないからと稲田防衛相が惻隠の情(思いやり)で答弁を控えているにも拘わらず、蓮舫は無理に稲田氏に答弁させて傷口を広げてしまった(笑)

(協議)

稲田
「当時の民主党政権(ヤジ)関係あります。
『日本列島は日本人だけのものではない』という方が総理大臣になられ、辺野古について、『最低でも県外・国外』と言われ、大混乱をし、そして、この対談をする数カ月前には、尖閣で中国の公船が衝突をして、大混乱になっているなかで、私は、その当時の民主党政権の安全保障、防衛に対して、大変危機感を持って、その点についてここで指摘をさせていただいている訳であります」


(ヤジ)

稲田
「そういった野党時代、しかも民主党政権の安全保障、防衛に関する状況について、大変危機感を持って、このままでは日本はつぶれてしまうのではないか、そういったなかにおいて、私は財源のない子供手当を付けるぐらいであれば、軍事費を増やすべきではないかということを申し上げた訳であります」


「民主党政権では日本が潰れるという危機感で当時発言した」というのが民進党には気に入らなかったらしい。
民進党はヤジの声を上げ、前言を取り消せと役員が協議に入った。

(ヤジ)(協議)

稲田
「先ほど答弁申し上げたように、そういった状況のなかで、子ども手当を付けるのであれば、防衛予算を増額すべきではないかということをこの場で指摘をしているということでございます」

稲田
「先ほど何度も指摘をしていますように、その当時、民主党の防衛、安全保障に大変危機感を持っておりました。そのなかで、マニフェストに掲げられた子ども手当等の財源も結局は見つからなかった。そういった状況のなかで、こういう発言をしたということです。私は、社会保障の政策、子育て政策、大変重要だと思っています。財源を見つけて、充実をさせていくべきであります。また、防衛についても安倍政権になってから、日米同盟は強固になっております。しかしながら、日本を取り巻く環境も厳しいなかで、しっかり我が国を守るための防衛は、質も量も万全を期さなければならないと思っています」

蓮舫
「政権が変われば、野党時代に言ったことは関係ないということでしょうか。同じ雑誌で、稲田大臣は、日本独自の核保有を単なる議論や精神論ではなく、国家戦略として検討すべきではないかとおっしゃっている。今もそう考えていますか」

稲田
「同じ時の対談ですので、その当時の日本の安全保障、防衛に関する大変な危機感のもとで対談をしております。今、私は安倍内閣の防衛大臣として、非核三原則をしっかりと守り、唯一の被爆国として核のない世界を全力あげて実現するために、尽くしていく所存でございます」


(中略)

蓮舫は民主党政権の時、野党の自民党議員として稲田朋美氏が当時抱いた危機感、民主党への不信感で発言したと繰り返し言っているのに、自分の投げたブーメランが自分に突き刺さっていることに気付かない愚かな蓮舫。

蓮舫
「当時は、核保有を国家戦略として検討、いまは非核三原則を守る、なぜ変わったのですか」

稲田
安倍政権になって、かつてないほど、日米同盟も強固になっています。当時は日米同盟がガタガタで、憲法9条の有す必要最小限度の防衛力とは何かを議論しなければならないということでございます。私の核に関する見解については、先ほど述べたとおり、核のない世界を実現するために全力を尽くしてまいります」

蓮舫
「気持ちいいぐらいまでの変節ですね」


勝ち誇ったような蓮舫。
でも頭には自分の投げたブーメランが・・・

(以下略)

最後まで「気持ちいいぐらいまでの」アホウなレンホウであった。
ただ、稲田防衛相はいまのところ、アメリカの手前もあり、核武装否定のタテマエを表明しているが、本音のところはわからない。
日本の安全保障にとっとて核保有が最善策ならばその道を取るかもしれないと期待している。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:18  |  国会論戦の見どころ  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.05 (Wed)


憲法に家族の助け合い要らないと蓮舫がアベ批判


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

日本の家族制度崩壊狙うサヨクの陰謀

 今日の参議院予算委員会で蓮舫民進党代表は安倍首相に対して自民党の憲法草案に「家族は助け合わなければならない」となぜ書いたのかと詰問した。
まったくの愚問である。

⇒TBSニュース(2016/10/5)
参院予算委で補正予算案審議、蓮舫代表が安倍首相と論戦


2016100501.jpg

 国会です。今年度の第2次補正予算案は参議院に舞台を移して審議が始まりました。民進党の蓮舫代表は代表に就任して以来2回目の安倍総理との直接対決に臨みました。国会記者会館から報告です。
 参議院予算委員会で民進党の蓮舫代表は、自民党の憲法改正草案で「家族は助け合わなければならない」などと規定した理由について安倍総理を質しました。

 「助け合わなければならない、これを憲法に規定するというのは具体的にどういう意味合いなんでしょうか」(民進党 蓮舫代表)

 「我が党の草案についてですね、逐条的にお答えする、これは行政府の長としては立場にはないということを申し上げているところでございます」(安倍首相)

 「いや逃げないでいただきたいんですが。なんで家族を憲法にあえて入れたんですかと聞いてるんです」(民進党 蓮舫代表)
 「その議論そのものについては私は本来議論する場はですね、憲法審査会でこの議論をぶつける場であろうと、私はここで自民党の憲法改正草案についてそれを解説する立場にはないと」(安倍首相)

 蓮舫代表が何度も、自民党憲法改正草案の24条で「家族は助け合わなければならない」なとど規定した理由について質しましたが、安倍総理は、行政府の長であるので解説する立場にないとして、重ねて憲法については憲法審査会で議論すべきという考えを示し、議論は平行線のままでした。
 また、これに先だって蓮舫代表が永田町で取り沙汰される来年1月の衆議院解散について質したのに対し、安倍総理は「現在全く考えていないが、その時に適切に判断したい」と述べました。


(引用終わり)

自民党が家族の大切さをいちいち憲法に記入しなければならないという日本の現状がむしろ問題である。

戦前の家族制度は日本の文化を継承してきた。
日本の底力は家族制度に源泉があると気付いたマッカーサーの命令で戦後、日本の家族制度を崩壊させようとした。
コミンテルンがこれに乗じて加担した。

いま日本で起こっている悲しい社会現象の大部分は伝統的な家族制度の崩壊によるものである。

●家族から離脱したホームレス(無職のルンペン)
●彼らの不法行為の見逃し(公園や河川敷の不法住居)
●家族から見放された孤独死の増加
●安易な親殺し、子殺し、友達殺しの増加
●安易な男女関係と愛人殺し、私生児殺しの増加
●シングルマザーの称揚(テレビメディアが持て囃す)
●安倍政権の「女性の社会進出」の過度な強調
●家庭を守る主婦を軽視
●その結果の配偶者控除の廃止(【追記】10月6日見送り決定)
●婚外子と正嫡子の遺産相続の平等化判決(司法の左翼化)
●夫婦別姓推奨
●戸籍制度の否定
●同性婚の承認(東京渋谷区などでの市民権付与)
●LGBTの不必要な強調


などなど。
順不同で思いつくだけでもこんなに沢山ある。
自民党が三代一緒に住める家を新築した場合は税制の優遇措置をすると提案したら、贅沢だと野党が批判した。
玄関が二つあるとは何事だと。
折角の妙案を野党が潰した(らしい)。
その後。、この話はとんと聞かない。
ウチの近所では入居当時は若かった夫婦も今は年老いて、二世帯住宅に改築して玄関が二つあるのをよく見掛ける。
ジジババと若夫婦と孫の三世代が居間で一緒にくつろぐ姿は想像しただけでも微笑ましいではないか。

「家族制度の崩壊」でググッたら過去の自分のブログ記事が出てきてしまった。

⇒「家族制度崩壊狙う朝日新聞」(2015/2/24)

「家族は助け合わなければならない」どという当たり前のことを、いちいち憲法に書かなければならないこと自身が誠に情けないことなのである。

明治天皇の教育勅語・・・
「汝臣民、父母に孝に、兄弟に友に、夫婦相和し、朋友相信じ・・・」
をマッカーサーが日本の学校教育から奪い去ってしまったことに全て起因する。

家族の崩壊を狙うのは日本をダメにしようとする反日勢力の工作員であると見て間違いない。
二重国籍の責任をいまだ取らずに、アゴラの公開質問状にも答えようとしない非日本人の蓮舫だけには言われたくないものである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:15  |  民進党の正体  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.04 (Tue)


安倍首相「お詫びの手紙」拒絶に怒る韓国の愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

韓国 またゴールポスト動かす

 安倍首相は3日の予算委員会で、韓国が求めている安倍首相直筆の「慰安婦へのおわびの手紙」を書くことは「毛頭考えていない」とキッパリ拒絶した。
当然の事である。
昨年暮れの慰安婦問題に関する日韓合意は安倍首相の失策と批判する声が多いが、「最終的かつ不可逆的な解決」としたことに意味があると静観する構えを取る向きもある。
これで韓国がまだ何かを言い出したから、韓国側の一方的な失点になるという計算である。

産経ニュース(2016/10/3)
【衆院予算委】
安倍晋三首相、慰安婦へのおわびの手紙「毛頭考えていない」

 安倍晋三首相は3日午前の衆院予算委員会で、昨年末の日韓合意を受け元慰安婦支援のためにつくられた「和解・癒やし財団」が安倍首相名義の「おわびの手紙」を要請しているとの報道を踏まえ、手紙を出すかどうか問われ「われわれは毛頭考えていない」と明言した。


(引用終わり)

ところが、韓国はソウル日本大使館前の慰安婦像を撤去しないばかりか、安倍首相の謝罪の手紙拒否に反発が広がっているという。
予想通りのエンドレスが始まった。

産経ニュース(2016/10/4)
【「慰安婦」日韓合意】
「外交的欠礼だ」 謝罪の手紙拒否、韓国に当惑と反発広がる

 【ソウル=名村隆寛】安倍晋三首相が3日の衆院予算委員会で、慰安婦問題での日韓合意に関し、韓国の元慰安婦支援財団が求める首相による謝罪の手紙を出すことを「毛頭考えていない」と表明したことに対し、韓国で当惑と反発がくすぶっている
 韓国外務省報道官は4日の定例記者会見で、安倍首相の発言に関する報道陣の質問に、「言及は自制する」と答えた。報道官は先月29日の会見で、「韓国政府としても、日本側が慰安婦被害者の方々の心の傷を癒す、感性に訴える追加的な措置をとるよう期待している」と述べ、謝罪の手紙を事実上求めていた。
 このため、4日の会見では、安倍首相の発言を「外交的欠礼だとの評価も(韓国では)ある」と韓国メディアの記者が指摘し、韓国政府の立場を何度もただした。報道官は、「(日韓の)合意の精神と趣旨を尊重し、被害者(である元慰安婦の女性)らの名誉と尊厳の回復、心の傷の癒しが速やかになされるよう、日本側と協力していく」と繰り返し答えるにとどめた。
 韓国政府としては、国内で高まる反発に日本政府が理解を示すよう期待しているとみられる。韓国メディアからは、安倍首相の発言に「合意に基づく謝罪の真意を疑わざるを得ない」などと反発も出ている。

日韓合意では、安倍首相の「心からのおわびと反省の気持ち」が表明されたが、謝罪の手紙を出すことは盛り込まれていない。韓国政府も「合意文にあるそれ以上、以下でもない」(韓国外務省報道官)との立場だ。
 日韓は慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認済みだ。問題が蒸し返されるのを日本が懸念していることは韓国政府も分かっており、国内世論との板挟みとなっている。


(引用終わり)

韓国がこういう反応を示すことは十分予想されていたことである。
このブログを書きながら、なぜかデジャヴー(既視感)に捕らわれている。
確か何年か前にも当ブログで同じことを書いたことがあるような・・・

だから言ったじゃないかと安倍首相を批判するか、韓国の性懲りもないおねだりを世界に示すことができたというべきか。
いずれにしても、そこにアメリカの存在があることを忘れてはならない。

韓国はまた日韓通貨スワップを日本に要求し、日本政府はそれを呑むかの情報が流れている。
そこにもアメリカの影がある。
しかし、この上、日韓スワップを受け入れたら、さらに安倍首相を見限るコアな保守派も出てくるのではないか。

【追記】
売国人・紅の傭兵は謝罪の手紙を拒否した安倍首相を「人間性の問題」と批判した。

「昨年12月の慰安婦問題に関する日韓合意をめぐり、韓国の元慰安婦支援財団が首相による謝罪の手紙を求めていることに関し、首相は『毛頭考えていない』と応じない意向を示しているが、河野氏は『もっと寄り添った言い方があった。人間性の問題』と批判した。」(産経ニュース(2016/10/4 23時04分)


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:54  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.04 (Tue)


卑怯者・蓮舫は果たして逃げ切れるのか?


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

日本維新の会が蓮舫追求の急先鋒
 
 前エントリーでTBS「テレ朝」やテレ朝「報ステ」は今日の予算委員会のキモの部分を報道しなかったと書いたが、産経ニュースがしっかり報道していた。
しかし、フジテレビはフジ・サンケイグループだが、朝日新聞=テレ朝、毎日新聞=TBS のような緊密な体制でない事は残念だ。

産経ニュース(2016/10/3)
【衆院予算委】
日本維新の会 民進批判で大攻勢 蓮舫代表「二重国籍」などを追及

 日本維新の会が3日の衆院予算委員会で、民進党への攻勢を強めた。蓮舫代表による日本国籍と台湾籍のいわゆる「二重国籍」問題などを徹底追及し、安倍晋三首相在任中の憲法改正の実現を求めるなど、民進党を次々と牽(けん)制(せい)。民進、共産両党などによる共闘路線とは一線を画し、責任政党をアピールする狙いがあるようだ。(山本雄史)

 「安倍首相は7回内閣改造をしているが、閣僚を選ぶ際に、『二重国籍』についてチェックすることはあるか」

 維新として最初に質問に立った下地幹郎国会議員団政調会長は審議の冒頭、蓮舫氏の二重国籍問題を執拗に質問した。下地氏は、蓮舫氏が台湾籍を持ったまま平成22年に菅直人内閣で行政刷新担当相として入閣したことを念頭にあてこすったのだ。
 これには首相も「ことさらチェックしていないが、基本的にわが党の議員は二重国籍ではないという認識に立っている」と答弁。9月の党代表選まで国籍問題の確認を怠った蓮舫氏の甘い認識を際立たせた。
 下地氏の後に質問した足立康史政調副会長も、蓮舫氏の国籍問題を追及した。足立氏は、日本国籍の取得には「日本国籍の取得」「国籍の選択」「外国籍の離脱」の3段階があると指摘し、蓮舫氏はこのうち「国籍の選択」をしていない疑惑があるとした。足立氏は「もし(選択を)やっていなかったら嘘つきだ」とも語り、蓮舫氏に説明責任を果たすよう求めた。
維新が「反民進」の姿勢を際立たせたのは、今国会で再開する憲法改正議論を「改憲勢力」として主導し、憲法改正の条文絞り込みなどの議論に抵抗する民進党との違いを際立たせる狙いもある。

 足立氏は3日の質疑で、7月の参院選で自民党などの改憲勢力が発議に必要な「3分の2」を確保したことを「民意だ」と強調。「(岡田克也前代表の)民進党は3分の2を阻止するといってポスターを貼りまくったが、実現できなかった」と指摘した。
 足立氏は「なんとしてでも、首相がいる間に憲法改正を実現していきたい、個人的には深くそう思っている」とも訴えた。首相も「われわれはまさに3分の2を確保した。ぜひ(衆参の)憲法審査会の場で積極的な議論がなされていくことを期待している」と応え、維新と足並みをそろえる姿勢をアピールした。


(引用終わり)

蓮舫二重国籍問題の発端となったアゴラ編集部が既に蓮舫民進党代表宛に次のような公開質問状を出している。
常識的には蓮舫もこれに答えないわけには行くまいが、情報開示すれば代表失墜あるいは議員失格は間違いないからスルーする可能性が極めて高い。

【公開質問】蓮舫さんへの情報開示のお願い
2016年09月29日

アゴラ編集部

参議院議員・民進党代表 蓮舫殿

蓮舫さんの二重国籍問題については、8月29日に八幡和郎氏がはじめてその疑いを指摘して以来、八幡氏や当サイト主宰の池田信夫をはじめ多くの筆者が当サイトで議論を展開しているところです。

しかし、残念なことは、事実関係が明らかにされず、たとえば、日本の国籍制度の今後とか、蓮舫さんの政治的責任の処理といった議論に進めず、事実解明をめぐる論争が続き、さまざまな可能性の指摘も続いています。とくに、これまで、私どもの指摘を蓮舫氏が否定されたにもかかわらず真実であったことが多くある以上は、現状の説明をそのまま真実として了解できないのは、遺憾ながら当然のことです。

このような状況は私たちの望むところでありませんが、事実関係は蓮舫氏がすでに持っておられるか容易に入手できる証拠書類とともに説明されることで容易に明らかに出来ることばかりです。

もし、蓮舫さんがこうした疑惑を追及する立場だったら舌鋒強く「なぜ証拠書類を出さない」と仰っていたであろう、と多くの国民が感じているところです。

とくに、

①国籍選択の日付の戸籍関係書類の開示による証明(されてなかったのなら9月23日に届けられたことを証明する書類)

②9月6日に台湾の代表処に出された台湾旅券を含むすべての書類

③9月23日に台湾の当局から受け取られた国籍喪失証明書

については、是非とも公開されたいところです。なぜなら、現状では、国籍選択をされたのか、本当に二重国籍状態は解消されたのか、蓮舫氏の一方的な説明に過ぎないからです。

私どもの質問の一部については、9月7日に質問をお届けしたところですが、あらためて、ほかの諸点とともにお届けし、当方への書面(メールはこちら)、記者会見、当方のサイトへの寄稿のいずれでも結構ですので、明らかにしていただくことを希望します。

とくに、当方のサイトでの自由な投稿の機会をご用意してきたし、今後もできることは、在来の新聞、雑誌、放送とはまったく違う公正なものであるという自負をお伝えしたいと思います。(項目ごとのカッコ内は当方の見解です)

2016年9月28日
アゴラ編集部


(引用終わり)

蓮舫の言っていることには何の裏づけもない。
証拠書類を提示しないから本当か嘘か分からないのである。
身にやましいことがなければサッサと情報を開示する筈だから、このまま逃げ切るつもりなのだろう。
果たして逃げ切れるのか?
田原総一朗の爺サマが賢明に蓮舫を庇っているが、田原もずいぶん耄碌したものだ。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

00:16  |  民進党の正体  |  TB(0)  |  CM(12)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.03 (Mon)


「総立ち拍手」をテレ朝「報ステ」も批判の愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

下地・足立日本維新の会議員の質疑をスルーする反日テレビ

 TBS「サンモニ」に続いてテレ朝「報ステ」も海保・警察・自衛隊への自民党議員全員の「総立ち拍手」を批判した。
民主党政権初のルーピー鳩山の国会演説の後の民主党議員の「総立ち拍手」の時は自民党もメディアも一切問題にしなかったのに、なぜ安倍政権での「総立ち拍手」を批判するのか理解できない。

やはりTBSが批判したように「暴力装置」の日頃の貢献を賞賛したことが問題であるらしい。

テレ朝「報ステSunday」(2016/10/2)
"総立ち拍手"批判に総理は


 民進党のモナ男は衆院予算委員会での質問の冒頭に「民進党は批判だけにとどまっていると国民にみられている側面がある。変わらなければならない」とイイカッコシイをしたのも束の間、「総立ち拍手」を執拗に批判した。
そして終わってから「『民進党ここにあり』というのを示せた一日だった」と記者会見で威張って見せたのはお笑いだった。

平石直之(サブキャスター)
「この立ち上がっての拍手ですが、結構長い時間続いたんですけどねえ。後藤さん、どう思いますか?」

後藤謙次(ジャーナリスト)
「この拍手はですね、総立ち拍手ですけども、違和感を感じるのは拍手を送っている先なんですね。あの自衛官や海上保安官のみなさんに送ってるというよりは、安倍総理に送ってる拍手という所に多分みんな違和感を感じていて、議員てのは一人ひとりが多くの票を獲得して国会に出て来てるんですね。ところが、あの姿を見ると主体性というものがまったく感じられないですね。
それが自民党には全く対立意見が出ない。自民党の空気というか弛緩した多数を制した自民党の緩んだ空気て言うのがあの議場に反映された
その意味で違和感を持っていてですね、もっと民進党もうまく攻めなきゃいけなかった場面ですね、あれは」

久富慶子(キャスター)
「あー」

平石
「ねえ」


 安倍総理に起立拍手していると勘違いしてるのは、安倍総理に対する「劣等感」のせいだと後藤謙次の解説で初めて分かった。
だから劣等感を持つモナ男も「どこかの国のようだ」と批判したが、安倍総理に「どこかの国とはどこの国か」と逆襲されて答えに詰まってしまった。
「北朝鮮とか中国」と答えればよかったではないか。

TBSは国会論議の本質的な部分を視聴者に伝えようとせずに、面白おかしい部分だけ取り上げて報道している。

TBS「Nスタ」(同上)
自民党憲法草案で激論
「僕ちゃん知らない」で応酬

長妻昭(民進党)
「自民党の責任者としてなぜこういう草案を出されたのか」

ナレーション
「長妻議員は『より人権が制約される』と心配を持っている方がたくさん居ると批判」

安倍総理
「まず事実誤認がありました。私が自民党憲法草案を出された。どこに出したんですか?」

民進党席からの野次
「世に出した!」

安倍総理
「世に出したのは私ではありません。谷垣総裁の時に出した・・・」

長妻
「何だかよく分からない答弁でございました。これ総理ですね、谷垣総裁の時に作ったものだから、世に出したものだから『ボクちゃん知らないよ』と・・・」

安倍総理
「『谷垣さんの時に決めたんだから僕ちゃん知らないよ』なんて私一言でも言いました?まったく言ってないことを言ったのごとく言うというのは、これはデマゴーグなんですよ」

ナレーション
「安倍総理は自民党法案に付いて、『基本的人権については全く立場が変わらない』と強調した上で逐条的な解釈は憲法調査会でご議論頂きたい』と改めて述べたのに対し、長妻議員は『説明できないならデマゴーグという誹謗中傷は撤回してください』などと迫るなど、激しいやり取りが続きました」


長妻議員も言い方がゲスの極みである。
論議の本質からはずれたところで応酬している。
テレビのライブ放送で視聴者を意識した民進党得意のスタンドプレイである。

憲法問題の逐条的な論議は予算委員会ではなく、憲法審査会で行うという安倍総理の答弁は正しい。

こんなことより、下地幹郎議員(日本維新の会)が民進党の蓮舫代表の名前を引用して、二条国籍がなぜ問題なのか分かりやすく説明したことの方が大切である。
二重国籍者は日本のパスポートで例えばアメリカに行き、そこから中国や北朝鮮にそれぞれのパスポートで入出国して、また日本のパスポートを使って日本に帰国した場合は、この二重国籍者がどこの国に行ったのか分からないという例を説明した。
スパイには絶好の条件である。

⇒衆議院インターネット審議中継(20106/10/3)

2016100301.jpg

民進党殺しの足立康史議員は・・・

「日本維新の会は憲法改正を掲げて改正に必要な3分の2の議席を獲得した。
逆に言うと岡田民進党は『3分の2を阻止する』と言ってポスターを貼りまくった。
あのポスターを実現できなかったのは民意だと思う


と発言。
第一、「3分の2を阻止する」なんて政策でも何でもない。
民進党のアホさ加減丸出しというところである

足立康史(日本維新の会)
「何としても安倍総理がいらっしゃる間に憲法改正を実現していきたいと個人的には深く思っています」


こういう質疑を何故テレビで放映しないのか。
インターネット審議中継かユーチューブでしか見られないのである。
反日既成メディアを打ち砕くのはまさしくネットメディアである。

【追記】
門田隆将氏も産経新聞で次の様に書いている。
蓮舫の発言が二転三転したことを簡潔にまとめて、それを擁護する朝日と毎日を批判している。

産経新聞(2016/10/2)
【門田隆将の新聞に喝!】
新聞は蓮舫代表の二重国籍問題を正確に報じたか? 重要なファクト隠し論点をすり替えた「朝日」「毎日」 

 新聞は、ファクト(事実)を正確に伝えているだろうか。それとも論点をすり替えることに加担しているのか。
 久々に、そんな興味深い考察をさせてくれたのが、ネットから発信されて広がった蓮舫氏の二重国籍問題だった。国会が開会となり、与野党の論戦が始まった今、その視点でもう一度、この問題を振り返ってみたい。

 言うまでもないが、日本の国籍選択は、国籍法第14条によって規定されており、「二重国籍」は認められていない。また、外務公務員法には「外務公務員の欠格事由」の項目があり、二重国籍は厳しく戒められている。
 しかし、蓮舫氏は、二重国籍を隠したまま、参院議員に3度当選し、平成22年には、行政刷新担当大臣という閣僚の座にもついていた。16年の参院選の選挙公報には「1985年、台湾籍から帰化」と書かれており、これは公職選挙法の経歴詐称にあたる。また、ネットの告発を契機に過去の蓮舫氏の発言も次々と明らかになった。

「(日本の)赤いパスポートになるのがいやで、寂しかった」(朝日 4年6月25日付夕刊)

「そうです。父は台湾で、私は二重国籍なんです」(週刊現代 5年2月6日号)

「在日の中国国籍の者としてアジアからの視点にこだわりたい」(朝日 5年3月16日付夕刊)

「だから自分の国籍は台湾なんですが、父のいた大陸というものを一度この目で見てみたい、言葉を覚えたいと考えていました」(「CREA」 9年2月号)


 …等々、かつて、蓮舫氏は、二重国籍を隠すことはなく、堂々とこれを表明していた。つまり、蓮舫氏は、「うっかり手続きを怠っていた」のではなく二重国籍を認識し、その上で国会議員となり、閣僚となっていた。そして今回の告発がなければ、二重国籍のまま自衛隊の最高指揮官であり、外交責任者たる「総理」を目指す野党第一党党首となっていたのである。問題の核心は、ここにある。

 では、新聞はこれをどう伝えただろうか。この核心をきちんと報じていたのは、読売と産経2紙だけで、ほかはこれらの重要なファクトを隠した上で、〈「純粋な日本人」であることは、それほど大切なのだろうか?〉(朝日 9月25日付)〈根底には純血主義や排外主義、民族差別意識があると感じる〉(毎日 同21日付)といった具合に論点はすり替えられた。
過去の蓮舫氏の発言を紹介し、二転三転する同氏の発言を正確に報じなければ、読者に論点は見えてこない。今回もそれらを補い、本質的な論争は、すべてネット上でくり広げられた。そこに生じたのは、ネットでも情報を取得する層と、新聞やテレビのみにこれを頼る層との圧倒的な意識の乖離(かいり)である

 国民にとって、新聞は、もはや必要不可欠な存在なのか。そんなことまで考えさせてくれた蓮舫氏の二重国籍問題だった。


(引用終わり)

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:26  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.02 (Sun)


危険な組織に起立拍手は政治の劣化だとTBS「サンモニ」


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

アベ一強政治は怖い?

 安倍総理が国会で海保・警察・自衛隊に感謝しようと発言し、自民党員が全員起立拍手したことをパヨクが批判している。
案の定、今日のTBS「サンモニ」でも取り挙げてコメンテーター達が一斉に批判した。

心の中に踏み込むな、心の自由を奪うな、暴力装置は怖いというおなじみのパヨクの考え方である。

TBS「サンモニ」(2016/10/2)
”起立拍手” に波紋
臨時国会始まる

西崎文子(東京大学大学院教授)
「自民党の議員立ち上がって拍手したという件は、非常に大きな問題が潜んでいる。
ひとつは安倍総理あるいは安倍政権にあることだけども、心からの敬意を表すというのであれば心でやればいい。
それをみんなにあたかもみんなに強制するような形で立ち上がらせるというのは、心の中に踏み込んでくる行動だと思う
森元首相がオリンピックの選手団に大きな声で君が代を歌えというのと凄く似た所があって、それぞれ国に対して心を表明すればいいであって、強制があってはいけない。
もう一つは拍手の対象が自衛隊、警察、海上保安庁と制服の方々だ。
確かにこの人達は大変な仕事をしているが、だったら病院に勤務している人達も同じように日本の国を守っているわけだ
そこに差別が出来はしないか。
そこも注意していかないと、やはり異様な事になってしまうと思う」


「心でやればいい」というが、形に表さなくて何の意味がある?
全員黙祷せよとでもいうのか(笑)
安倍総理は「全員立ち上がれ」と強制的に言ったわけではない。
「心の中に踏み込む行動だ」という表現は、君が代斉唱に反対して立ち上がらないために罰せられた日教組のサヨク教師が裁判で使う言葉である。

「差別」ということを言い出したらキリがない。
当ブログにも「海保、警察、自衛隊だけでなくて国民も日本を守っている」といコメントを頂いたが削除させていただいた。彼らを我々の税金で養っているという意味だったらしい。
西崎センセイも同じ事を言っている。
しかし、安倍総理は日本の治安を守る団体ということで挙げたのであって、もし文句を言うのであれば消防隊ぐらいのものだろう。

関口 宏
「あれは、岸井さん、強制的だったの?」

岸井成格
「強制的ではないと公然とはみんな否定している。自民党幹部も小泉進次郎さんの言葉も紹介されたが、ちょっとおかしかったなと。自然じゃなかったということだ。
内々、官邸幹部が一番前の若い人達にちゃんと応えろよという指示はしている。
『立たなかった人は何なの』と批判されるということだ。
心の問題では無い」

青木理
「自民党の中が一色になっちゃったという批判もある。
いま西崎さんが言った通り、あの瞬間、挙げたのは警察・自衛隊・海上保安庁と制服であると同時に物理的な力を持った実力装置だ。
だからこそ大切な機関であると同時に、政治が一歩コントロールを誤ると危険な組織でもある。怖い組織でもある
勿論、個々の自衛官、警察の方々は一所懸命やってるが、そういう善悪の問題ではなくて、非常にコントロールするのが難しくて怖い組織を殊更に美化したり称揚するのは政治として非常に安易であり、政治の劣化だと思う
だからこういう組織は大切であって物理的に力を持って怖いが故に、むしろ普段慎重にコントロールして理性的に政治の側が見なくちゃいけない組織を敢えてここで組織を挙げて称揚するのは僕は非常に気持ちが悪いというか怖いし、政治の側の衰えを強く感じた


みなさんは自衛隊や警察や海自を「怖い」と思ったことがあるだろうか?
心にやましいことがなければ、むしろ「怖い」どころか「感謝」し「尊敬」する対象だと思うのだが。

2010年11月18日の参院予算委員会で民主党政権の仙谷由人内閣官房長官が「自衛隊は暴力装置」だと言って問題になったことがある。
暴力装置というのは社会学の用語らしいが、われわれ一般人には「ヤクザ」しか思い浮かばない。

「怖い」と感じるのはやはりリベラルサヨクのトラウマか。

涌井雅之(造園家・東京都市大学教授)
「やっぱり一国の総理が力強い言葉で全てを引っ張るのは悪いことではないが、その力強さの陰に総理自身が『百の言葉より一の結果だ』と言っている。
一つの言葉で百の事象を隠してしまうようなことがあっては決してならない。
つまり力強さイコール乱暴であっては決してならない。
現実には物凄い格差が進んでいる。実質賃金も個々3年はマイナスの方向だ。前は少しでもプラスだった。
こういう事象のなかで、今もっともっと『静かなリーダーシップ』というものの中でみんなが客観的に議論できるような雰囲気が醸成されていかないと非常に危ないなと感じる」


当番組のコメンテーター達は何を危ないと怖がっているのだろうか。
アべ一強政治が怖いというのか。
みんな言いたい放題で安倍政権をこき下ろしているではないか。
視聴者の不安を煽るような言い方は止めてもらいたい。

それよりも民進党などの野党の劣化を批判すべきだろう。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

19:05  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(23)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.01 (Sat)


民進党 蓮舫の提案型は真っ赤な嘘と産経新聞


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

モナ男「初日は民進党ここにアリだった」(プッ!)

 予算委員会の一日目が終わって、反日マスメディアは民進党のモナ男が安倍総理をトッチメた、辻元清美が稲田防衛相を泣かせたと大喜びのようだが、産経新聞は民進党の揚げ足取りは変わらないと嘆いている。

野党第一党の民進党がこのテイタラクでは国会論議は深まらない。
まったく税金の無駄遣いである。

そして何より産経新聞を除くメディアがいけない。
蓮舫が提案型の民進党にすると大見得を切ったのに、一向に変わらないではないかと批判したメディアはゼロ。
テレビメディアはむしろ揚げ足取りの民進党に加勢して、与野党の対立を面白おかしくとりあげるだけ。
やはり、民進党とマスメディアが日本の癌である事がはっきり分かった。

⇒産経ニュース(2016/10/1)
民進党の提案路線はどこへやら…批判体質は変わらず
安倍晋三首相は憤慨「民進党は侮辱に明け暮れている」
補正予算案の議論深まらず


 衆院予算委員会で30日に始まった平成28年度第2次補正予算案をめぐる論戦で、民進党は蓮舫代表が掲げた提案路線をよそに政権攻撃を過熱させた。細野豪志代表代行が安倍晋三首相による所信表明演説の際に多くの自民党議員がスタンディングオベーション(立ち上がっての拍手)をして演説が中断されたことを批判し、首相が憤慨する場面も。建設的な議論にはほど遠かった
 細野氏は質問の冒頭、「民進党は批判だけにとどまっていると国民にみられている側面がある。変わらなければならない」と豪語した。だが、次に口から出てきたのは批判だった。
 26日の所信表明演説では、首相が自衛隊員らをたたえ、自民党議員が同調して起立し、拍手した。これに細野氏は「首相に促されて拍手するのはどうなのか」と違和感を表明。「自民党議員は安倍首相に拍手しているように見えた」「この国の国会ではないような錯覚すら覚えた」と主観を交えて首相に迫った。
 すると首相は「促していない。どうしてこれが問題になるのか、よく理解できない」と反論。また「『批判だけに明け暮れない』という言葉とは全然違う」「単に侮辱に明け暮れているとしか思えない」と声を荒らげて細野氏を批判し、「補正予算案の建設的な議論をしよう」と訴えた。

憲法改正では、衆院憲法審査会幹事でもある辻元清美氏が自民党憲法改正草案について「丸ごと憲法改正案を出している国を知らない。異例であり異常であることを首相は認識したほうがいい。押しつけ草案だ」と撤回を求めた。
 首相は各党が案を持ち寄り憲法審査会で議論するよう提案している。辻元氏の発言は「事実上の“民進党改憲案”取りまとめ拒否だ」(自民党中堅)と受け止められた。

(中略) 

 民進党はこの日の質問に計7人を投入。細野氏は質問後の記者会見で「『民進党ここにあり』というのを示せた一日だった」と胸を張ったが、従来通りの「批判型」に終始した印象はぬぐえなかった


(引用終わり)

モナ男は海保・警察・自衛隊への感謝の拍手を「どこかの国のようだ」と批判した。
ネットではパヨクが独裁国家の北朝鮮や中国のようだと言っている。あるいはナチスのようだとも。

だから安倍総理は執拗に「どこかの国とはどの国のことだ」とモナ男に逆質問したが、勿論モナ男に回答する勇気も胆力もない。

安倍総理もご苦労なことではある。
しかし、労をいとわず民進党の愚問に逆襲して欲しい。
そうすると、いままでマスメディアやバヨクは安倍総理を「大人気ない」とか「アベ1強でいい気になっている」とか非難するが、構うことはない。
ガツンとやるべき時はやるがよろしい。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

02:20  |  民進党の正体  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑

2016.10.01 (Sat)


反日辻元清美が稲田防衛相泣かせたとパヨク大喜びの愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

安倍総理には謙虚さが必要だとTBS竹内 明

TBS「Nスタ」はモナ男の拙劣な国会質問に続いて、社民党から民進党に逃げ出した辻元清美が稲田防衛相に食って掛かった模様を伝えた。

TBS「Nスタ」(2016/9/30)
国会論戦 稲田防衛相が涙?
全国戦没者追悼式欠席で
民進。辻元議員が追求

ナレーション
「そして続いて質問に立った民進党の辻元議員は稲田防衛大臣に追及の鉾先を向けました。
終戦記念日に行われた全国戦没追悼者式を稲田氏は部隊の視察の海外出張で欠席していたのです」

辻元清美
「あなたですね、いつもですね、『命を捧げた方に感謝の心を表すことができない国家ではなりません』と言っているにもかかわらず、言行不一致じゃないかと思いますよ」

稲田防衛大臣
「残念ながら出席をしなかったということでございます」

辻元
「こうも仰ってますよ。『いかなる歴史観に立とうとも、国のために命を捧げた人々に感謝と敬意をあらわさになければならない』」

稲田
「今までの私の発言、読み上げられたとおりです。その気持ちに今も変わりません」

ナレーション
「厳しい追求に涙を浮かべたように見える稲田大臣。波乱の論戦となりました」


稲田防衛大臣も「お前にだけは言われたくない」と悔しい思いをしたことだろう。
だって国家観もなく、自衛隊を忌避するくせに地中近辺を通過する自分の企画したピースボートの護衛を頼むという破廉恥な女だからである。
もう一つのネットで有名な破廉恥行為は恥ずかしくてここでは言えない。

稲田氏も「じゃあ、アンタなら靖国神社に参拝するのか、英霊に感謝の気持ちがあるのか」と逆襲すればよかったが、そこは大和撫子、辻元のような下種な反論はしなかった。

安倍首相らに総立ち拍手について・・・

竹内 明(キャスター)
「各国見るとあるわけなんですね。
例えばアメリカ議会の大統領演説でも総立ちの拍手は何度も繰り返されるわけです。
これは安倍総理の言うとおりなんです。
そしてカナダもご覧の通り、あります。
そしてイギリスでもキャメロンさんの最後の演説では立ち上がって拍手というのがありました。
そしてドイツも立ち上がっていることはない様なんですけども、演説中の拍手というのはよくあります」

アシスタントアナ
「結構あるんですね」

竹内
「そういうことですよね。
ただですね、安倍自民党の一強体制で総裁任期の延長という話がいま出てますね。
だから、今だからこその謙虚さとか配慮が必要だと私は思いますね


竹内もモナ男のように安倍総理がスタンディングオベーションを受けたと思い違いをしている。
正しくは、思い違いをしたフリをしている。

安倍一強体制が余程お気に召さないらしい。
それは日本を駄目にしたいパヨク野党4党や反日マスメディアの一貫した姿勢である。

「だから、いまだからこそ」安倍一強体制でデフレから脱却し、力強い日本を取り戻す必要があるのである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

00:55  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |