FC2ブログ

2016.09.13 (Tue)


民進・蓮舫議員はやっぱり二重国籍だった!


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

それでも代表戦から降りないのか?

 今日、民進党の蓮舫議員が記者会見でついに自ら台湾籍であり日本国籍との二重国籍であると告白した。
ここまで蓮舫の説明は二転三転し、嘘の上塗りを続けてきた。

「私の記憶の不正確さで混乱を招いたのは申し訳ない」と詫びることで事態が収拾されたわけではない。

二重国籍であるならば、「日本に帰化した」と平成16年の選挙公報で虚偽の記載をしたことは明らかに公職選挙法違反であり、経歴詐称のかどで議員辞職しなければならない。

それを記者会見で「日本のためにしっかり仕事をしたい」とまだ立候補するつもりでいるのは鉄面皮であり、それを許す民進党も、気勢を上げる共産党と共に明らかに同罪である。

いずれにしても、あれほど嘘を重ねても反省の色も見せず、いけシャーシャーと笑いながら二重国籍を報告する蓮舫にますます憎悪の念が湧いた。

産経ニュース(2016/9/13)
民進・蓮舫代表代行、台湾籍認め謝罪 党代表選辞退はせず

 民進党の蓮舫代表代行は13日午前、国会内で記者会見し、日本国籍と台湾籍とのいわゆる「二重国籍」疑惑について「17歳のときに抜いたという認識だった台湾籍が残っていた」と明らかにし、「私の記憶の不正確さによって、さまざまな混乱を招いたことは、本当におわび申し上げたい」と謝罪した。
 蓮舫氏側は今月6日に台北駐日経済文化代表処(東京都港区)で台湾籍を放棄する書類を提出しており、手続きが進められている。
 立候補している党代表選(15日投開票)については「日本のためにしっかりと仕事をしたいという思いは変わらない」と述べ、辞退しない考えを示した。
 蓮舫氏は昭和60年1月に日本国籍を取得し、代表処で台湾人の父と放棄の手続きをしたと説明。関係者が今月6日に代表処で台湾籍の除籍を照会したところ、確認が取れず台湾籍を放棄する手続きも行った。蓮舫氏によると、12日夕に代表処から籍が残っている連絡があったという。
 蓮舫氏は会見で「17歳当時、父に確認すればよかった」と釈明。平成22年の菅直人内閣での行政刷新担当相就任や今回の代表選出馬に際して確認しなかったことに関しては「日本人だから、そこに制限はないと認識している」と述べた。
 この問題で、蓮舫氏は当初「生まれたときから日本人」と主張し、その後「法律的には昭和60年から日本人だ」と修正するなど、説明が二転三転。台湾籍の放棄が完了していたのか疑問視されていた。
菅義偉(すが・よしひで)官房長官は13日午前の記者会見で、蓮舫氏が台湾籍が残っていると明らかにしたことについて「議員自身で説明する問題だ」と述べた。


(引用終わり)

 この偽民進党の蓮舫議員の告白に、本物の台湾・民主進歩党の管碧玲立法委員(国会議員)が、「台湾は国家ではない」二重国籍ではないという自己弁護をしたことに腹を立てて、フエイスブックで「「冷酷すぎる女だ」と批判したが、すぐ削除した。

産経ニュース(同上)
【蓮舫「二重国籍」】
父親の“祖国”から「冷酷すぎる女」と非難された蓮舫氏

 【台北=田中靖人】民進党の蓮舫代表代行が台湾籍の保有を明らかにしたことを受け、台湾の中央通信社は13日、日本の報道を引用する形で、東京の台北駐日経済文化代表処(大使館に相当)が「中華民国籍をいまだに保有していることを伝えた」と報じた。
 記事は、蓮舫氏を15日の民進党代表選で「最も呼び声が高い」とした上で、「ただ、メディアやネットで『にせ日本人』だと疑われている」と問題の背景を説明。蓮舫氏が台湾籍の放棄手続きを取っていることも紹介した。
 一方、与党、民主進歩党の管碧玲立法委員(国会議員)は12日、フェイスブックで、蓮舫氏が11日の記者会見で「一つの中国」原則に基づき「台湾は国家ではない」と発言したと主張した上で、「冷酷すぎる女だ」と批判した。聯合報(電子版)が13日朝、報じた。
 管氏は13日午後現在、「誤解の可能性がある」として書き込みを削除しているが、情報は拡散。野党、中国国民党の寥国棟立法委員が13日の立法院(国会)の本会議で、「政府は抗議すべきだ」と問いただすなど、蓮舫氏の発言への関心の高さを示した。


(引用終わり)

今日の日本テレビ「情報ライブみやねや」は全員が蓮舫を擁護するトーンだった。
9月3日の同局の「ウェークアップ!ぷらす」での蓮舫の発言VTRを取り上げたが・・・

辛坊治郎
「分かりました。これに関してはデマだという事はお伝えしたいと思います」
の部分はカットした。
辛坊の「デマ」発言は間違っていたからである。
日テレずるいぞ!!

TBS「Nスタ」は蓮舫の会見ニュースを完全スルー。

テレ朝「スーパーJチャンネル」は冒頭に取り上げたが、「日本国籍を取得していれば日本での政治活動は法律上問題ない」(レイ法律事務所高橋知典弁護士)と説明。

現地レポート
「民進党内には『大臣までした人にこんな問題が起こるとは』『説明が二転三転して批判は免れない』という声が上がっています。
ただそれでも蓮舫氏の優位は変わらず、党員・地方議員などの票で大きくリードしています。

ただ蓮舫陣の幹部は『代表にはなれても、その後が大変だ』という嘆きの声も上がっています。
本来であれば蓮舫さんが先頭に立って舌鋒鋭く政府与党を徹底追及する戦略でしたが、まずは釈明から始めざるを得なくなりそうです。
普通は新体制になればお祝儀相場と言って支持率も上がることが多いのですが、党内からは今回はそれも期待できなくなったという恨み節も出て来る状況です」


当たり前である。

テレ朝「報ステ」(同上)

後藤謙次(ジャーナリスト)
「少なくともこれまで2回、蓮舫さんはこの問題を回避するチャンスがあった。一回目は国会議員に立候補する際、その時にキチッと調べておくこと。二回目は民主党政権で閣僚になった時。
この時は民主党の幹部も含めてそこに注意が行かなかった。
ある面で未熟さが露呈した。
 
 もうひとつ注目したのは、日本政府がこの問題についてずうっと沈黙を守っていた点だ。
ひとつは日中国交正常化が実現した時、日中共同声明に『ひとつの中国』というのが厳然と謳われている。
この問題を突き詰めていくと、この日中間の外交問題に発展しかねないということがあって政府は沈黙している。

もうひとつは、台湾の人達は非常に紳士的である。
東日本大震災の時、多大の義捐金を日本に贈ってくれた。こういう台湾の人達を大切にしたいという政府内の空気が今回の問題に投影されてたのではないか。
逆側から見ると日中関係そのものが非常に微妙な状況にあるということが浮き彫りになった」


なんだか曖昧な話にもって行きたいようだ。
蓮舫個人の経歴詐称と日中関係とは直接関係がない。
二重国籍について政府がいま静観しているのは、蓮舫が民進党の代表になったら徹底的に追求しようと手ぐすね引いて待っているからだろう。

10分後から始まるTBS「News23」がこの問題を果たしてどう報道するか見ものである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:02  |  民進党の正体  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2016.09.13 (Tue)


お宮を蹴飛ばした貫一は女性蔑視か?


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

日本は外国に安易に迎合するな

 民進党蓮舫議員の二重国籍騒動が起きたためにアップするタイミングを失した古ネタをご紹介する。
テレ朝「羽鳥慎一モーニングショー」で熱海のあの有名な金色夜叉の貫一がお宮を足蹴にしている「寛一お宮」の像は女性の人権蔑視だというのである。

テレ朝「羽鳥慎一モーニングショー」(2016/9/2)
意外 熱海名所「貫一お宮像」男尊女卑?
外国人見た ここが変 


2016091306.jpg

静岡県熱海市は街のシンボル「寛一お宮像」に外国人に理解してもらうために英語の解説文が設置されたという。

英語の説明文
「2人の心のすれ違い、愛情、悲しみが詰まった象徴的な場面であるため、物語を忠実に再現視したもので、決して暴力を肯定したり助長したりするものではありません」


 ご存知のように「寛一、お宮」が登場する明治の文豪尾崎紅葉の名作「金色夜叉」は貧乏学生の貫一と芸者のお宮が恋に落ちて結婚を約束するが、お宮は貫一を裏切って金持ちの男と結婚してしまう。
貫一はお宮の婚約を打ち明けられた熱海の夜に・・・

「来年の今月今夜、いや再来年の今月今夜も、僕の涙で必ずこの月を曇らして見せる!」

と怒ってお宮を朴歯(桐の高下駄)を蹴倒した。

原文は・・・

「吁(ああ)、宮(みい)さんかうして二人が一処に居るのも今夜ぎりだ。お前が僕の介抱をしてくれるのも今夜ぎり、僕がお前に物を言ふのも今夜ぎりだよ。一月の十七日、宮さん、善く覚えてお置き。来年の今月今夜は、貫一は何処(どこ)でこの月を見るのだか! 再来年(さらいねん)の今月今夜……十年後(のち)の今月今夜……一生を通して僕は今月今夜を忘れん、忘れるものか、死んでも僕は忘れんよ! 可いか、宮さん、一月の十七日だ。来年の今月今夜になつたならば、僕の涙で必ず月は曇らして見せるから、月が……月が……月が……曇つたらば、宮さん、貫一は何処かでお前を恨んで、今夜のやうに泣いてゐると思つてくれ」

その後、貫一は復讐のため高利貸となり、成功する。結婚後お宮は夫を愛せず、産んだ子にもすぐに死なれ不幸な毎日を送っている。ある日、お宮から手紙が届き・・・
というところで尾崎紅葉が亡くなり連載は中止となった。

 お宮を蹴倒した下駄は「朴歯」と呼ばれ、その昔、一高生(今の東大生)が学生坊にマントを羽織り、腰に汚い手ぬぐいを挿して「朴歯」をカラコロと鳴らしながら「♪ああ玉杯に花受けて・・・」と歌いながら歩いていたのである。

2016091305.jpg

Ponkoの父もマンドリンを片手に「♪俺は川原の枯れススキ」や「♪貫一、お宮の2人ずれ」と歌っていた。

⇒「詳細は「金色夜叉のあらすじ」

ドイツの観光客
「よく見ると暴力的というか『なんかひどいな』という感じがしますね」

アイルランドの観光客
「女性が服従しているようです。男性が暴力を振るっているようです」

「男は女より力を持っているわ。彼女は何もしないようね。蹴られ続けている」


2016091304.jpg

お宮を蹴っている貫一は朴歯でなくて革靴なのが笑える。

日本に住むフランス人
「別れのシーンを象徴的にするのはわかるけど、なんで蹴る瞬間をとったか疑問です」

日本に住むイラン人
「他にも違う形で恋愛をあらわすことは出来なかったのかと思います」


スタジオでは・・・

宇賀なつみ(アシスタント)
「いやあ、蹴らなくていいでしょうと思いますけどね」

玉川徹
「そうなんだよね」

態度が生意気だと評判が悪い玉川徹が横から相槌を打つ。

宇賀
「物語としてこういうものがあるのはいんですけど、あえて強調するような物を造る必要があったかなと」

玉川
「プレートに違う文章を書けばいい。『日本は100年前は男性がこうやって女性に暴力を振るような国でした』って入れればいいんじゃないですか」


お前はマゾヒストか!
これだから日本の歴史は歪曲される。

羽鳥慎一
「なるほどね。昔、明治時代はこういう時代だったわけですよ」

長嶋一茂
「みんながみんな、全員蹴ってるワケじゃない。フォローする英文はよろしくない。勘違いさせる気がする。男性が女性に暴力を振るうのは間違いでしたと書けばいい」


馬鹿な一茂といわれるけども、時々風変わりなことを言う。

羽鳥
「よく見るけど、この人なんで蹴ってるかなと思う人一杯いますよ」


そう思ったら尾崎紅葉の「金色夜叉」を読めばいい。

長嶋
「外国なんて夫婦間であっても、男と女が路上でガアッと怒鳴り合いしてたら警察に捕まるからね」

玉川
「外国だけじゃないかもしんないよ。例えば子供がこの像を見て『何でこの人、女の人蹴ってんの』と言われて、この貫一お宮の話をしたとしても、『ええっつ?』って子供言っちゃうじゃない」

宇賀
「理解できないですよね」


こうして日本の名作は阿呆な現代の若者達に足蹴にされて失われていく(悲)

日本にて54年にもなるC.Wニコルソンも大変怒っているという。

C.Wニコル
「たとえ文学作品だとしても男性が女性を蹴ることは許せない。外国人に説明するのではなく撤去した方がいい」


ニコルよ、54年も日本に住んでいて日本というものが分かっていないのか。

西川千鶴子(熱海芸妓置屋連合組合長)
「熱海は金色夜叉のおかげで発展してきた。貫一お宮の像は日本の歴史。それぞれの国に文化がある。決しておかしいとは思っていない」


西川姉御の言う通り。
日本固有の文化を現在の価値観で切り捨てるのは間違っている。

羽島
「この人は今ままでみなさんが言っていた経緯を全部理解しているからこういう発言になるわけです。だからもうちょっと説明書きを、ドンダケ長くなるか分かりませんけど・・・」

長嶋
「だから端的にしちゃいけない。端的にすると結局振られた男の腹いせということになっちゃう。それだけのことで、ニコルさんは日本はそんな人種じゃないよということを言いたいんじゃないの?
だったら撤去した方が外国の人に変な勘違いを生む(生まない)、僕は(ニコルソンは)日本的な考え方だと思う、日本側のね」

野上慎平(レポーター)
「外国の人にこれから理解させることが必要かな思うのが二宮金次郎像。
薪を背負って本を読んでる。子供に薪を背負わせて働かせるなんてとんでもないという意見だったりとか、歩きスマホほ助長するから撤去した方が良いなんて意見があったりして・・・」


戦前は小学校の校庭には必ず二宮金次郎の像があったものだ。
それが戦争末期になって金属が不足したために兵器の材料にすると次から次へと徴集されたのだ。

それまでずっと黙っていたサヨクコメンテーターの吉永みち子も若者の暴走にさすがに耐えかねたか・・・

吉永みち子(ノンフィクションライター)
「やっぱり長い物語の経緯があるわけですよ。その部分だけ取り出して像にしちゃうと尾崎紅葉さんもびっくりしちゃうね。『ここじゃないよ』てのがあるかもしれないし」


そんなこと尾崎紅葉に今更確認するわけにもいかないし。
古い時代の文明や文化はその当時の環境と併せて理解すべきであるし、それを今の価値観で断罪しても何の役にも立たないという好事例の番組であった。

 また日本の文化を紹介するのに、何も外国人に媚を売らなくてもいいということだ。
自国の歴史や言語に愛着と誇りを持っている誇り高きフランス人は、メトロの案内版でもフランス語以外は使わない。
(多分今も)

 一方、日本はハングルや中国の省略文字が公的機関に溢れかえり、京成線の成田発特急では朝鮮語と中国語の車内アナウンスが流れてうんざりする。

観光客を日本に呼び込む事はいいが、観光客の便宜を重視するあまり外国人に媚びるのは止めた方がいい。

たとえばあなたが、パリやギリシャやその他の辺鄙な観光名所を尋ねた時、「便所」などと日本語が書いてあれば嬉しいか?
そんな事はないだろう。
辞書を片手に(今はスマホを片手にか)その意味を調べたりすることこそ外国に来たという気分になるはずである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

18:10  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |