FC2ブログ

2016.09.12 (Mon)


おんぶされた政務官を批判した民進党にまたブーメラン!!


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

メディアの蓮舫議員「二重国籍問題」隠しか

 内閣府の政務官が革靴で岩手県の台風被害の視察に行った時、革靴だったので職員におんぶされて水溜りを渡ったと批判されている。
詰まらない話だ。
政務官の凡ミスには違いないが、マスコミが寄ってたかって叩くようなことではないだろう。
現地の関係者が政務官の長靴ぐらい用意しとけよと言いたい。

政務官の凡ミスには違いないが、マスコミが寄ってたかって叩くようなことではないだろう。
現地の関係者が政務官の長靴ぐらい用意しとけよと言いたい。

動画を見ると、本人はおんぶされながら「こんなところ映されちゃ困るな」と軽口を叩き、担当者がアハハと笑っている。
むしろ微笑ましいくらいだ。
自民党の官房長官や幹事長は一応火消しのコメントを出したが、民進党は国会で問題にすると息巻いている。

2016091204.jpg

共同通信(2016/9/12)
務台政務官「大いに反省」 豪雨被災地でおんぶ

務台俊介内閣府政務官は12日、台風10号の豪雨被害に遭った岩手県岩泉町を訪れた際、職員に背負われて水たまりを渡ったことついて「大いに反省している。(長靴を)持参しなかったことも反省している」と述べた。官邸での会合後、記者団の質問に答えた。
 松本純防災担当相や今村雅弘復興相から厳重注意を受けたと明らかにした上で「今後、襟を正していく」と語った。

朝日新聞(同上)
務台政務官、長靴持参せず「反省」 被災地視察でおんぶ

台風10号の豪雨被害を受け、岩手県岩泉町を視察に訪れた務台俊介・内閣府政務官兼復興政務官が、政府職員におんぶされて被災現場の水たまりを渡っていた問題で、務台氏は12日、記者団の取材に対して「不適切だったと猛省している」と陳謝した。務台氏は長靴を持参しなかったことについても「大いに反省している」と述べた。
随行した職員におんぶされて水たまりを渡った姿が一部のテレビで報じられ、インターネット上で「みっともない」「何しに来たんだ」などの批判を集めていた

野党側は向井氏を国会に呼んで事情説明を求める考えを示している。

⇒TBSニュース(同上)
被災地視察でおんぶ、務代政務官に与野党から批判


2016091203.jpg

民進党・安住国対委員長
「あんな災害地に国会議員で委員会で視察に行くときに、革靴履いていくような愚かな人は本来いないから議員には」


毎日新聞(同上)
務台政務官
被災地おんぶ批判相次ぐ「信じられない光景」

 務台俊介内閣府政務官が1日に岩手県岩泉町の豪雨被災地を革靴で視察し、職員に背負われて水たまりを渡った問題
 衆院比例東北ブロック選出の井上義久・公明党幹事長は12日の政府・与党連絡会議で「信じられない光景だ。言語道断。緊張感を持ってやってほしい」と批判した。菅義偉官房長官は同日の記者会見で、2日付で務台氏に「緊張感を持って職務に当たるように」と指示し、松本純防災担当相からも「被災者の心情への配慮に欠けて不適切だ」と口頭注意したことを明らかにした。
民進党の安住淳国対委員長は与野党国対委員長会談で、自民党の竹下亘国対委員長に「なぜそんな行動を取ったのか。衆院災害対策特別委員会の理事会で説明すべきだ」と務台氏の出席を求めた。
 一方、務台氏は12日、首相官邸で記者団に「不適切な対応で大いに反省している。(長靴を)持参しなかったことも反省している。襟を正して頑張りたい」と釈明した。【梅田啓祐】


 民進党の安住国対委員長はシメタ!とばかりに「災害地視察に革靴の議員はいない。理事会で説明せよ」と批判したが、これがまずかった。
産経新聞が民進党の岡田代表や枝野幹事長も革靴で熊本地震の被災地を視察したではないかと指摘し、またもや民主党時代のブーメランの再来が判明した。

産経ニュース(同上)
【台風10号】
民進・安住国対委員長にまさかのブーメラン
「災害地視察に革靴の議員はいない」→岡田代表、枝野幹事長が革靴で熊本地震被災地へ

2016091201.jpg
熊本地震の被災地で革靴姿で被災者と握手を交わす民進党の岡田克也代表(岡田氏のブログ「TALK-ABOUT」より)

 台風10号で被災した岩手県岩泉町で長靴を履かず、職員に背負われて水たまりを渡った自民党の務台俊介内閣府政務官を「災害地に革靴を履いていく国会議員はいない」などと厳しく非難した民進党の安住淳国対委員長に、まさかの「ブーメラン」が待っていた。4月に熊本地震の被災地を視察した岡田克也代表、枝野幸男幹事長が革靴で現地入りしている写真が党のホームページなどに公開されていた。
 岡田代表は自身のブログに「熊本地震視察-被災者の方から涙ながらの訴え、きめ細かい対応を」と題して掲載した4月26日付の記事で、熊本県益城町と熊本市を同23日に訪れた際、革靴で被災者と握手する写真をアップ。枝野幹事長は党ホームページの4月27日付のニュースで、革靴姿で熊本県西原村村長から被害状況の説明を受ける写真が掲載されている。
 安住国対委員長は12日、務台政務官について「災害地に視察に行くとき、革靴を履いていく愚かな国会議員は本来いない。誤解を与えてけしからん話だ」と非難した。


(引用終わり)

 見方によっては、岡田代表や枝野幹事長は革靴でも行けるコンクリートの上で被災者を慰労したが、渦中の政務官は革靴では行けない被災地の現場まで行こうとしたとも言える。

しかも写真で見ると政務官は革靴ではなくて他の同行者と同じズック靴を履いている。

2016091202.jpg

マスメディアの報道もレベルが低い。
そのメディアにそそのかされて批判する民進党のレベルも酷い。
こんな事を国会で大真面目に論議するのか?

9月1日の出来事をなぜ11日も経った今頃ニュースにするのか。

 そういえば、このところ民進党の蓮舫議員の二重国籍問題が話題になっているが先週木曜日の週刊文春も週刊新潮もレンホウのレの字も取り上げていなかったのはどういうわけか。

そうか、メディアは民進党の蓮舫議員の「二重国籍疑惑」ではなくて今やもう「二重国籍問題」となったことを忘れさせようという魂胆か。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:44  |  民進党の正体  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |