FC2ブログ

2016.09.08 (Thu)


共謀罪を怖がる室井祐月の愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

先人の戦いを誹謗するな

 蓮舫議員というのも愚かな女性の一人だが、他にも舌足らずの室井祐月などという愚かな女がこの世で幅を利かせている。
蓮舫は悧巧ぶっているところが鼻に付いて可愛くないが、室井祐月は見るからにオバカさんだから読者や視聴者は騙されやすい。
赤旗や朝日新聞と朝日系のメディアで勝手なことを言っている。
テレビメディアがこのオバカさんをコメンテーターとして多用していることが理解できない。

当ブログでもかつて「バカ女シリーズ」によく登場して貰ったが、最近は無視していた。
しかし、再登場してもらう。

 政府が何度も提出してその都度廃案になった「共謀罪」が今度は「テロ準備罪」と分かりやすい言葉に変えてこの秋の国会に提出される。
野党は勿論のこと、公明党も早くも反対している。
ということは、成立させなければならぬ法案だということだ。

朝日新聞系のメディアであるAERA週刊朝日などの記事を載せているサイトのDOTが室井祐月の愚論を載せている。

⇒DOT(2016/9/8)
室井佑月 “共謀罪”に「不安でならない」


2016090801.jpg

 作家の室井佑月氏は、安倍政権が国会への提出を検討している「共謀罪」について持論を展開する。

*  *  *
 ここ数年、ずっとメディア批判を書いてきた。大事なニュースを深掘りせず、どうしても取り上げなきゃならないときは、個人の弱い人間に意見を言わせる。それじゃ、国民が知るべき問題は伝わらない。
 そんな暗い状況の中で、自分にできることもあると思い頑張ってきたが、もう無理なのかもしれない。
 ほんとうに真面目に怖いからである。
 8月27日付東京新聞の1面に、「共謀罪を『テロ準備罪』 名称変え 秋の国会提出検討 東京五輪対策を強調」という見出しの記事が載っていた。
 名前を変えたところで、共謀罪は共謀罪だ。福島第一原発事故で出た汚泥を、スラッジと言い換えても、それが汚染された泥だったように。
 共謀罪はこれまで3度も廃案になった。共謀罪が通れば、盗聴なども合法になる可能性があるし、お互いに監視し合うような、今以上に窮屈な世の中になるだろう。
 もちろん、政府は犯罪性がある事柄だけを摘発してゆくというだろうが、その可能性があるとして、政府に楯突く組織や、自分たちに従わない個人の摘発をはじめるかもしれない。
 東京新聞の解説に書かれてあった。

<共謀罪の本質はテロ対策に名を借りて「心の中で思ったこと」を処罰することにつながる恐れがあるということだ>

 あたしもその通りだと思う。たとえば戦争中、「戦争反対!」とみんな心で思っていても、みんな口に出せなかった。この法案が通れば、同調圧力の効いた、そういう世の中に戻るかもしれないってことだ。
 だから、こんな恐ろしい法案を許してはいけないんだろうけど、東京新聞の解説に、政府高官の言葉として、
「共謀罪と聞くと身構えるが、テロ犯罪防止と聞くと『なるほど』と思う」
 という指摘も書かれてあって、あたしは深いため息をついた。
 だよね、そうなるよね。きっと、「円滑に東京オリンピックを行うために」などといわれれば、「じゃ、必要だ」と考える人が出てくる。
「この法案の負の側面も考えないと」などといったものならば、「非国民!」などと責められたりするんだろう。この国は、東京オリンピックだけが希望みたいになっているからさ。
 東京オリンピックの後もこの国はつづいていくわけで、それはおかしい話だ。だけど、大手メディアもそれに乗っかっている。
 またまた個人に意見をいわせようとするのかもしれないが、共謀罪を通そうという世の中で、誰が声をあげるのさ?
 これまで味方してくれてた人が、そうしてくれなくなるかもしれないし、えげつない誹謗中傷に対し、カウンターをかけて守ってくれていた人たちも、身構えるだろうし。
 この先、取り返しがつかない事態になっていきそう。不安でならない。
※週刊朝日 2016年9月16日号


(引用終わり)

 室井祐月は今まで自由に様々なメディアで喋ったり書いたりしてきたが、共謀罪が成立すると何も言えなくなるかも知れないと怖がって見せる。
しかし、心配することは無い。
共謀罪(テロ準備罪)はあなたのような雑魚のたわ言を取り締まるためのものではない。

東京新聞が「心の中で思っただけでも逮捕される」だって?(笑)
公安には読心術の専門家は居ない。

しかし絶対に許せないのは・・・

「たとえば戦争中、『戦争反対!』とみんな心で思っていても、みんな口に出せなかった。この法案が通れば、同調圧力の効いた、そういう世の中に戻るかもしれないってことだ」

の一節だ。

先の大戦の時に生まれても居ない女が良くぞ無責任に言えたもんだ。
当時の日本国民は一丸となって強大国のアメリカと戦ったのだ。
戦争は嫌いでも日本を守るために何とか勝とうとしていた。
負けるかもしれないと思いつつ戦った。
当時、日本の戦意を削ごうとしていたのは工作員でありスパイだ。

その時代を生きていない人間が書物や伝聞で得た知識で、そして現在の価値観で過去の日本人を断罪することは決して許すことはできない。

日本は甘すぎる。平和ボケした国民が甘えすぎている。
緩んでいる。
蓮舫議員の二重国籍が問題になっているが、日本には何万人もの二重国籍者が居るという。
スパイ天国で、やりたい放題でもある。
もっと国民が引き締まった心を持たなければならない。

 かつて防犯カメラを人権侵害だと騒いで反対する人が多かった。
もちろん人権を侵害するような野放図なカメラの設置は許されないが、最近、防犯カメラのおかげで凶悪犯の検挙率が上がっている事は紛れも無い事実だ。

悪いことをしない人間にとっては、防犯カメラなど怖くない。
いま進められている個人ナンバー制度も、悪いことをしていない人間にとっては何の恐怖感もない。
その利便性を高く評価している筈だ。

【追記】
自白を強要された冤罪を防ぐために、警察の容疑者取調べを録画せよと人権屋が騒いで実現したが、一方で防犯カメラは人権侵害だという。
人権を商売にする奴等はまったく身勝手な連中だ。


室井祐月ごときが「テロ準備罪」で言論の自由が奪われるなどと騒ぎ立てることは笑止千万である。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:42  |  バカ女シリーズ(続)  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |