FC2ブログ

2016.09.01 (Thu)


10億円払ったが手の平返す算段の韓国


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

野党の次期大統領で日韓合意破棄か

 昨年暮れの日韓合意に基づき、日本は不可逆的な慰安婦問題解決のために10億円もの大金を韓国に払ってしまった。
もとはと言えば、朝日新聞が捏造報道を世界に撒き散らしたために、単なる追軍売春婦を「性奴隷」と名付けて日本を貶めようとする反日勢力に利用されてしまったのである。

 本来ならば朝日新聞が社費で10億円を負担すべきであり、われわれ国民の税金で支払うべきものではない。
韓国の自称元慰安婦とそれを利用する韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)などの反日団体はこの10億円を受け取るべきではないと反対してきた。

産経ニュースによれば、韓国は次期大統領選で野党が勝利する可能性もあり、いつでも日韓合意を覆す態勢にあるという。

10億円は貰ったが約束は守らないでは、いまでも高い日本人の嫌韓感情はいやがうえでも爆発することだろう。
だから言ったじゃないかと日韓合意に最初から反対していた人達は怒り心頭に発することであろう。

日本政府は今から韓国側の国際合意違反の実情を世界に喧伝する準備をしておかなければならない。
韓国内はもちろん、海外での偽慰安婦像の設置に政府自らが阻止する行動を起こすべきである。

元衆議院議員の杉田水脈氏や山本優美子氏ら民間人のなでしこアクションに任せているべきではない。
韓国という国がどういう国であるかを腰抜け外務省も世界にアピールしなければ、国民が黙っていまい。
世界と言わずとも、まず同盟国のアメリカに韓国を非難するアピールをすべきではないか。
なぜなら、韓国と仲良くしろと日本に圧力を掛けてきたアメリカだからである。

⇒産経ニュース(2016/9/1)
10億円は拠出されたが…韓国で渦巻く慰安婦合意「無効」の主張
元慰安婦女性は「像撤去は受け入れない」
 


 【ソウル=名村隆寛】慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した日韓合意に従い、日本政府は元慰安婦を支援する韓国の「和解・癒やし財団」に10億円を拠出し、国としての責務を果たした。だが、韓国国内ではいまだに拠出金の受け取り拒否や、日韓合意の無効を訴える声が渦巻いている。
 合意にならえば、今後、日本政府が拠出した資金で、「元慰安婦尊厳の回復、心に傷の癒やしのための事業」を行う。また、「日本政府が公館の安寧・威厳の維持の観点から懸念していることを認知」している韓国政府が、ソウルの日本大使館前の(違法に設置された)慰安婦像の問題が「適切に解決されるよう努力」することになっている。

 しかし、国家間の交渉の末に韓国政府が固く約束したことを根底からひっくり返すようなことが、現在も韓国では続いている。
8月29日にソウル市などが市内の「韓国統監官邸」の跡地で造成していた公園「記憶の場」が完成し、記念式典が行われた。公園は「慰安婦問題を後世に伝えるため」のものというが、朴元淳市長や市民団体など関係者、元慰安婦の女性らが式典で語った言葉は、日本との合意を否定する内容だった。
朴市長は、「日本はドイツのように誠意ある謝罪や反省に立った賠償、再発防止策を取っていない」「それどころか、軍国主義復活を予告する動きを見せている」と批判した。
 市民団体の幹部は、日本大使館前の慰安婦像を「記憶の場」に移すことが取り沙汰されているとし、「日本が追い払おうとする少女像(慰安婦像)を隠す所ではない」と訴えた。また、元慰安婦の女性も日本大使館前の像の撤去を「受け入れない」と主張した。
 予定されていた式典でのこうした発言は予期されたものだった。しかし、韓国の政界でも日韓合意に反した慰安婦問題の蒸し返しが起きている。左派系野党、正義党の議員が8月30日、韓国政府に対し、日本政府からの10億円の拠出金の受け取り拒否と、日本大使館前の慰安婦像を撤去しないよう求める決議案を連名で国会に提出したのだ。
決議案は日韓合意を、「両国外相会談の結果を口頭で発表したもので、国会の同意も政府代表の署名もない」とし、「合意は無効」と断じた。さらに、日本政府が求め続けている慰安婦像の撤去を、「歴史を歪曲(わいきょく)し、戦争犯罪の責任を逃れようとするものだ」と非難した。

国同士の公式な合意を、「署名がないから」といって、なかったものとし、慰安婦像は絶対に撤去しないという。この決議案には最大野党「共に民主党」と第2野党「国民の党」の議員ら26人が名を連ねている。野党勢力が多数の韓国国会で審議されれば、可決する可能性がある。
 また、韓国では来年末に大統領選挙が控えている。野党勢力から次期大統領が当選すれば、日韓合意は一方的にひっくり返される危険性さえある。野党議員による決議案はまさに、一方的に「合意を破棄する」と宣言しているのだ。
 韓国政府は日本と合意したが、これが韓国社会の現状だ。日韓合意に基づく「日本側の責務は果たした」(菅義偉官房長官)今、合意に従い韓国政府が努力しかない。しかし、日韓合意に反対する元慰安婦や市民団体はもちろん、韓国の政界、自治体、メディアの間では「いつでも合意をひっくり返す」と、タイミングを虎視眈々とうかがっている雰囲気さえ感じられる


韓国からはこんな声も・・・

⇒Record China(同上)
日本が10億円送金、元慰安婦は「100億円でも歴史は変えられない」
=韓国ネット「一番悪いのは受け取った韓国政府」「もう十分戦った…」


 2016年9月1日、韓国・京郷新聞によると、韓国の市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶財団」は、元慰安婦を支援するために韓国政府が設置した「和解・癒やし財団」に日本政府が10億円を送金した先月31日、ソウルの慰安婦像前で記者会見を開いた。
 市民らは会見で、「日本政府自ら、10億円は賠償金ではなく、法的責任を認めたのではないと宣言した。日本政府の責任はまだ残っている」とし、「韓国政府は間違った合意をすぐに無効化し、『和解・癒やし財団』を解散させるべき」と主張した。また、会見に参加した元慰安婦のキムさんは、慰安婦像の撤去問題について「10億円ではなく100億円を送金しても歴史は変えられない」とし、「植民地時代でもないのに、韓国の土地に建てられたものを撤去しろだなんて話にならない。私たちは最後まで戦う」と強調した。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「日本が過去の犯罪を認めていない状況でなぜ10億円を受け取ることができる?」
「日本政府が本当に反省しているのなら、慰安婦像の前でひざまずいて謝罪するべき」
「すべては国力の弱さが原因だ。謝罪を要求することよりも、国力で日本を超えることの方が重要」

「一番悪いのは10億円を受け取った韓国政府」
「もう十分戦ったよ。慰安婦被害者の多くは日韓合意に納得している」

「1兆円を受け取っても歴史は変わらない。だから安心してお金をもらい、デモを終わりにしよう」
「もう終わりにして。被害者は慰安婦だけじゃない。あの時代に生きていた国民全員が苦痛を味わったのだから…」
「韓国国民は絶対に慰安婦の歴史を忘れない。だからもう日本を許し、前へ進んでほしい。その方が韓国のためになる」(翻訳・編集/堂本)


(引用終わり)

10億円の「癒し金」の受け取りを拒否しているのは、抗日団体である挺対協に洗脳された自称元慰安婦の老婆5人と1人の家族である。

「日帝の被害に遭ったと言われる女性は韓国人発表20万人、韓国政府発表245人、いまだに叫んでいるのは5人。
これが現実です。
元慰安婦らが共同生活を送るソウル近郊の「ナムルの家」は元慰安婦5人、遺族5人などが緊急会議を開き、生存者5人と1人の家族が現金を受け取らない意思を表明した。

そうですか。
残念なことですが、日本はもう関係ありませんから、関与しませんから。終わったことですから、ご自由にお好きな様に、韓国政府と戦ってください。(中略)もうこれ以上日本にかかわらないでください」(某国のイージス)


手切れ金を貰っておきながら、ああだこうだ言うのは止めて欲しいものだ。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:12  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(20)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |