FC2ブログ

2016.08.30 (Tue)


識者達が民進党の蓮舫代表候補にブーイング


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

身体検査をせよと

 テレ朝ニュースによれば、民進党がまた「何とか追求調査団」を編成して安倍政権に揺さぶりを掛ける積りらしい。
また役人を呼びつけて色々聞きまくってトンチンカンな批判をするのだろう。
 
 リオ五輪の閉幕式で安倍首相がマリオの扮装で表れたサプライズが大好評だったので頭に来たらしい。
閉幕式に12億円も掛けてケシカランと言いがかりをつけようというのである。

テレ朝ニュース(2016/8/30)
リオ五輪閉会式の12億円…民進が臨時国会対策チーム

2016083101.jpg


 民進党は、来月に召集される臨時国会に向けた対策チームを立ち上げました。安倍総理大臣が出席したリオデジャネイロ・オリンピック閉会式の費用についても調査します。
 対策チームは政府が提出する補正予算案のほか、TPP(環太平洋経済連携協定)や自衛隊の駆けつけ警護など臨時国会の追及材料となるテーマについて調査を進めます。
安倍総理がマリオに扮して話題を呼んだリオデジャネイロ・オリンピックの閉会式の演出に12億円の費用が掛かったとされる問題についても担当者からヒアリングを行う予定です。その結果は来月に決まる新執行部に引き継がれ、速やかに政府を追及する態勢を整えます。


(引用終わり)

 朝日新聞は民進党の疑惑追及に期待しているようだが、左翼メディアについて、今朝の「虎ノ門ニュース」に出演していた高山正之氏と百田尚樹氏がこう言っていた。

「TBSや毎日新聞のトップには在日が居るが、通名を使っているから分からない」

今迄、ネットの世界ではよく指摘されているが確証が無いので、噂話としか思っていなかった。
しかし高山氏や百田氏が言うからには単なる噂話ではないだろう。
だれか真実を暴いて欲しいものだ。

 話は戻って、この民進党。代表選は蓮舫議員と前原誠司議員の一騎打ちになりそうだが、外野が盛り上がっている。
蓮舫は青い、前原は賞味期限切れ(伊藤惇夫)とか。
どちらにしても日本の政治にとって何の痛痒もない。コップの中の嵐である。好きにしてくれ。

 蓮舫議員については台湾の国籍を抜いていないのではないかと疑念がもたれている。
いまだに蓮舫で通し、村田蓮舫とは言わない。
子供には日本人ではなくて台湾人の名前をつけているとかで、本当に日本人になりきっていないという批判がある。
日本に帰化するときに嫌がって泣いたというのはネットの噂だが、事実ではないとされている。
しかしこのような振る舞いを見ると、本当に日本人として政治にかかわっているのかという疑念が湧くのは致し方ない。

その上、二重国籍ではないかという疑念も持たれている。

⇒アゴラ言論プラットフォーム(2016/8/29)
「蓮舫にまさかの二重国籍疑惑」八幡和郎


「そもそも、生まれながらの日本人でなく、少なくとも18歳まで中華民国人謝蓮舫として育った人をなにも首相候補たる野党第一党の代表にするベキでないと考えるのが世界の常識だ。
さらに、村田蓮舫という本名があるのに、頑として村田姓を使わないし、子供にも中国人らしい名前しか付けなかった華人意識のかたまりである。」


同じアゴラで仲村 仁氏はなぜ旧台湾人の蓮舫を担ぐのかと民進党に疑問を投げかけている。

アゴラ言論プラットフォーム(2016/8/30)
旧台湾人の蓮舫氏を担ぐ民進党の不可解(仲村 仁)

「恐らく、当分の間、安倍一強政権に太刀打ちできず、代表になったところで、キャリアに傷がつくだけなので、有力候補は逃げてしまい、つなぎのつもりで蓮舫氏を立てておこうというのでしょうか。そうだとすれば、民進党は最初から勝負から逃げているのです。こんな政治姿勢ではいつまで経っても、政権交代のチャンスはめぐってきません」


(引用終わり)

八幡和郎氏は蓮舫の身体検査をすべきだとZAKZAKで主張している。

⇒ZAKZAK(同上)
蓮舫氏は「将来の宰相」として適格か 民進党は“身体検査”すべきではないか
八幡和郎氏


民進党は改めて、蓮舫氏の「国籍放棄の証明」を、放棄日も入った文書で、党員や国民に対して示す責任がある。

 政治指導者にとって、何よりも大切なのは「国家への忠誠度」だが、私は不安を感じる。沖縄県・尖閣諸島などをめぐり、日本と中国が緊張状態になる可能性もあるときに、自衛隊最高指揮官にふさわしいのか。


(蓮舫が総理大臣になる筈がないから大丈夫)

民進党は少なくとも、蓮舫氏の前述した疑問点や過去の職業活動、閣僚時代の醜聞などを明確にすべきだ。それをせずに代表にするのは無責任だし、問題が出てくれば党として責めを負わねばなるまい。「代表に当選してからチェックすればいい」なんて、愚かな議論はあり得ない。
 東京都知事選で、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏を担いだ失敗から何も学んでいないことになる。


(引用終わり)

たしかに鳥越俊太郎の愚を繰り返すことになるかもしれない。
それが民進党の性だから致した方がないとも言える。

蓮舫議員が民進党代表になれば、安倍首相との対決で国会が喜劇の劇場に変わることは間違いない。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

19:00  |  民進党の正体  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |