FC2ブログ

2016.08.24 (Wed)


韓国は日韓通貨スワップ再開の前にすることがある


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

麻生財務相が余計な一言

 米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の国内配備を朴政権が決定したので、中国は途端に手のひらを返したように韓国に冷たくなった。
予定されていた中韓文化交流イベントは中止され、中国への輸出も制限され始めて韓国が慌てふためいている。
日米の懸念も構わず習近平と並んで抗日戦勝記念軍事パレードを見学したのはついこの間の話だ。

今に始まったことではないが韓国の学生の就職は大氷河期。
韓国の財界は悲鳴を上げて日本の援助を待ち望んでいる。

そんななか、27日に予定されている日韓財務対話で、韓国側から中止を申し入れてきた日韓通貨スワップを再開しい欲しいという話が出る可能性が十分にある。

日本側にとっては日韓通スワップの必要性などさらさらないことは下図でも明らかである。

2016082401.jpg
     日韓通貨スワップの仕組み(産経新聞2016/1/14)

ところが、麻生財務相は韓国側から要請があれば検討すると早くも受け入れ態勢があることを示した。
黙っていればよいものを何でこちらから言い出すのだ。
もっとも記者が無理矢理言わせたのかも知れない。

産経ニュース(2016/8/24)
日韓通貨協定の復活、麻生太郎財務相が「向こうから話出れば検討する」 
27日の日韓対話で 関係冷え込みで昨年終了

 麻生太郎財務相は24日の閣議後の記者会見で、27日に韓国・ソウルで開く日韓財務対話で通貨交換協定の復活について「向こうから話が出れば検討する」との考えを示した。
 通貨交換協定は外貨不足に陥った場合、自国通貨と引き換えに締結相手国が持つ米ドルを融通してもらえる仕組み。
 日韓両政府は平成13年に通貨スワップ協定を締結したが、24年に当時の李明博大統領が竹島(島根県隠岐の島町)に上陸するなど日韓関係が冷え込んだ影響を受けて規模が縮小。協定期限を迎えた27年2月、韓国側から延長要請がなかったため終了した。
 27年5月に東京で開催された日韓財務対話の際に協定復活が取りざたされたが、議論はされなかった。
(引用終わり)

向こうから頭を下げて・・・

「申し訳ありませんでした。朴槿恵大統領は日本様の悪口を世界中に言い触らして回りましたが、今後、このような馬鹿な真似は一切しませんから協定を結んでください。ちなみに日本大使館前の慰安婦像も即刻撤しますから。頂いた10億円は日本政府の指示に従って適正に使用し、今後一切慰安婦のイの字も言いませんから。
竹島もお返ししますから」

とでも謝れば通貨スワップの再開も検討しないでもない、くらいの態度を日本政府は示して欲しいものだ。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

15:41  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(17)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.24 (Wed)


NHKの貧困学生騒動で浮かび上がる反日勢力


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

反日勢力との闘いである

 NHKが実名の貧困学生を捏造して物議を醸している。
片山さつき議員がNHKを追求して報告すると約束した。
この議員は基本的に好きな議員ではないが、この際働いてもらおう。

 しかしこの片山議にNPOの渡辺由美子という女性がハフポストで噛み付いたことは前記事でご紹介した。

⇒ハフポスト(2016/8/22)
片山さつき議員の「子どもの貧困」報道批判は、政治家の恥さらし


ずいぶん反響があったらしく、すぐに一部を訂正謝罪したが言い訳に過ぎず説得力ゼロだ。

⇒ハフポスト(2016/8/23)
騒動に私が噛み付いた理由


 私も言葉が強く、片山議員に対して失礼な発言であったことはお詫びいたします。
片山議員が「NHKに調査する」というのは、NHK に「捏造」があったかどうかの調査であるので、私の指摘は筋違いであるというご意見もいただきました。
しかし、私は、この取材の何を持って、「捏造」と思うのか?それを皆さんに問いたいのです。
NHKの「捏造」だと騒いでいらっしゃる方がたくさんいますが、その捏造というのは、彼女のテレビで放映されたあの暮らしぶりを見てもなお、「高校生で1000円以上するランチ食べるなら、スマホ持っているなら貧困じゃない。」という彼女を責めるものであると感じました。
それは、経済的に厳しい中で、頑張っている他の多くの子どもたちを大変傷つける行為です。


(以下略)

なんたらNPOとかは貧困ビジネスのひとつではないのか?

貧困のレベルが昔とは随分違う。
貧困とは「飲まず食わず」の状態だ。
いまどき街を歩いていて乞食(いわゆる差別用語)を見掛けるか?
存在していないのだから差別用語ではなく死語である。
河原にバラックを建てて生活しているのは、乞食ではなくてかっこいい英語のホームレスだ。
なかにはソーラー発電を使って電化生活をしているホームレスもいる。
不法に河川を占拠していても地方自治体は追放することができない。

 いまどきの日本人は贅沢になりすぎた。甘えすぎる。
本当の貧困を知っている曽野綾子にドヤしつけてもらいたい。

「清貧」などという表現も見かけたことが無い。
足りないものがあると、すぐに政治が悪いと不満を言う。
悪いのは自分ではなくていつもお上だ。

親が貧しくて学校に行けないなら諦めろ。
返さなくてもいい奨学金なんて貰うな。
借りた金は返すのか常識だ。
いま、政府が返さなくてもいい奨学金を検討しているという。
国民を甘やかすな。

こんな豊かな時代に貧困ビジネスが成立するほど貧困が売り物になっている今の日本はおかしい。

反日メディアの日刊ゲンダイが片山さつきをコキ下ろしている。
ということは、間違いなく片山さつきは正しいことをしている。

⇒日刊ゲンダイ(2016/8/23)
貧困JK騒動に便乗 懲りない片山さつき氏のスタンドプレー


NHK「NEWS7」で紹介された“貧困JK”をめぐる騒動に片山さつき参院議員(57)が首を突っ込み、コトを大きくしている。「次長課長」河本準一(41)の生活保護費問題でも火ダルマになったくせに、懲りていないようだ。
 18日放送の特集「“貧困の現状知って”進路悩む高校生」で取り上げられたのが・・・(中略)
とのエピソードを明かした。

 反応したネット住民が映り込んだ自室内の様子にカミつき、〈貧乏ならこんなに雑貨があふれていない〉〈貧困どうのではなく、無駄遣いしすぎ〉などと批判。家電をリストアップしたり、ツイッターのアカウントを探り当てて私生活を暴露。自宅を割り出すなどの騒ぎになっている。
素人の女子高生を袋叩きにする連中のバカさ加減はもはや異常だが、これに便乗しているのが片山氏だ。

(中略)
政治評論家の伊藤達美氏は言う。

「東大卒の元財務官僚という優れた経歴を持つ片山議員がネットの書き込みを真に受け、あおるような行動をとるのか、はなはだ疑問です」


(中略)

 スタンドプレーにみなうんざりしている。

(引用終わり)

たしかにスタンドプレーかもしれない。
議員になる前の防衛担当主計官時代に防衛費を削減したことは過去記事で取り上げた。
夫婦別姓の賛同者でもある。
好きな議員ではないが、この際大いに働いてもらおう。
敵はNHKである。

中指を立てる香山リカや元志位ルズも貧困学生=NHKを応援しているというから、この問題はますます反日勢力との戦いということになる。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

14:22  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |