FC2ブログ

2016.08.09 (Tue)


天皇陛下譲位のお言葉 各紙社説の比較検証


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

左翼新聞が安倍内閣の不作為と批判

 昨日の天皇陛下のお言葉を聞いた各紙社説には戸惑いがあり、有識者会議で時間を掛けてという声が多かった。
また、産経と読売は言及しなかったが、朝日、毎日、東京は男系天皇のこだわるべきではないと主張している。
それは皇室の廃絶につながる。

天皇陛下のお言葉を利用して安倍失脚、皇室廃絶を狙う反日勢力の動きがあることに十分注意しなければならない。

⇒産経新聞社説(2016/8/9)
【主張】天皇陛下お気持ち 国の未来に丁寧な議論を


退位には、解決しなければならない課題が多い。
 たしかに歴代天皇のなかでその例は少なくない。だが明治期に制定された皇室典範は天皇の終身在位を前提とし、譲位の規定は置かなかった。それは現行の皇室典範に引き継がれている。
退位を認めることで、天皇の意思に反する譲位など、かえって安定的な皇位継承が損なわれかねないとの考えからだ。」


・・・と退位には様々な問題点がある事を指摘。
「退位」という項目が皇室典範に付加されれば天皇の意思に反する退位もありあるという。
確かに古い過去の歴史の中には武家集団が天皇に退位を迫ったこともあった。

戦後の左翼教育に洗脳されていた青年時代のPonkoは、天皇を御輿にして時の勢力が政権を争う日本の歴史を学んで皇室は不要なりと考えていた時期もあった。

「皇位継承の根幹に関わるだけに、退位を認める皇室典範改正には慎重な意見がある。
 そこで恒久法の改正ではなく、今上陛下の一代に限り、可能にする考え方もある。」


 明治天皇の玄孫の竹田恒泰氏も皇室典範の改定に反対であり、今回の一代限りの特措法がよいと主張しているが、Ponkoもこの意見に賛成である。

 なお竹田氏は産経新聞までもが「生前退位」と苦言を呈し、「譲位」とすべきだとしているが正論である。
「生前」は民間人の「生前贈与」を連想して確かに天皇陛下に対して失礼である。

⇒読売新聞社説(同上)
天皇「お言葉」 象徴の在り方を議論したい


生前退位には、様々な難問があることも否定できない。自発的退位は、『国民の総意に基づく』という象徴天皇の位置付けと矛盾するとの意見がある。高齢を理由とすると、一代限りの話では済まなくなることも考えられる。
 政治的思惑により、強制退位させられる恐れもあるとして、生前退位を否定してきた政府の国会答弁との整合性の問題もある。
 こうした点を国民に周知する必要がある。安倍首相は「どのようなことが出来るのか、しっかりと考えていかなければならない」とのコメントを発表した。有識者会議などで議論を尽くしたい。


(引用終わり)

朝日新聞は小泉内閣や野田内閣が「女性・女系天皇」を検討したのに安倍内閣の「不作為と怠慢」だとアベ批判を展開した。

⇒朝日新聞(同上)
天皇陛下お気持ち表明 「総意」へ議論を深めよう


■政治の怠慢の責任

 改めて思うのは、政治の側が重ねてきた不作為と怠慢だ。 高齢の陛下に公務が重い負担になっていること、その陛下を支える皇族の数が減り、皇室活動の今後に不安があることは、かねて指摘されてきた。
 小泉内閣は2005年に有識者会議を設けて女性・女系天皇に関する報告書をまとめ、12年には野田内閣が、皇族の女性が結婚後も皇室にとどまる女性宮家構想の論点を整理した。


(中略)

だが安倍内閣は、これらの課題に積極的に向きあってこなかった。議論は深まらないまま、先月になって突然、退位の意向が報道で明らかになった。
 陛下が先をゆき、政治があわてふためきながら後を追いかけている。そんな印象を多くの人が抱いたのではないか。
 皇室を支える宮内庁と内閣の意思疎通は十分にはかられてきたのか。象徴天皇制のあり方の根幹にかかわる今回の事態を、政権はしっかり掌握し、遺漏のないように進めていけるのか。そんな疑念を残した。
 首相は自らの責任を自覚したうえで、この問題に正面からとり組む必要がある


(中略)

一連の事態は、象徴天皇制という仕組みを、自然人である陛下とそのご一家が背負っていくことに伴う矛盾や困難を浮かびあがらせた。どうやってそれを解きほぐし、将来の皇室像を描くか。落ち着いた環境の下で冷静に議論を進め、「国民の総意」をつくりあげていきたい。

(引用終わり)

 そういえば、当FCブログに今回の陛下のお言葉に対して安倍首相が不遜な態度を取ったとかデマのコメントを書き込み、アベ批判のタネにしていたのが理解できなかったが、この朝日社説を読んで理解した。
要するに左翼や朝日新聞は天皇のお言葉を利用してアベ叩きをしたいだけなのだ。

なお「国民の総意」というならば、憲法も国民の総意で書き換えるべきである。

毎日新聞も「女性天皇」に話を持っていく。

⇒毎日新聞(同上)
陛下のお気持ち 前向きに受け止めたい


「陛下が退位し、皇太子さまに譲位すれば、継承順位1位は弟の秋篠宮さまになるが、天皇の息子を指す皇太子は不在になってしまう。
 これでは皇位を世代間で引き継ぐ流れが途切れる不安が残る。皇室の将来を考えれば、女性天皇などを含めた皇位継承の議論にもなろう。それは決して不自然ではない


(女性天皇を認めろと毎日新聞)

「お気持ちは陛下の切実なメッセージである。各種世論調査では多くが陛下の意向に共感を示している。国民全体で議論を深めたい」

国民全体で議論などできる訳が無い。

東京新聞も「皇室典範の検討を早急にすべきだ」という。

⇒東京新聞(同上)
陛下のお気持ち 前向きに受け止めたい


 「小泉内閣時代の〇五年十一月には首相の私的諮問機関『皇室典範に関する有識者会議』が、女性・女系天皇を容認する報告書をまとめ、改正案の国会提出寸前まで行った。野田内閣の一二年十月には女性宮家創設案などの論点整理が行われたが、〇六年九月の秋篠宮さまの長男悠仁さまの誕生などで法改正が見送られ、改正議論も沈静化してしまった」

朝日新聞とまったく同じ論調。

「厳格保守派は、男系男子の皇位継承を主張して、女性天皇・女系天皇を認めず、戦後皇籍離脱した十一宮家の復帰をも提言する。だが、男系男子の家系維持はたやすくはない。神武天皇以来今上の百二十五代天皇までの半数は皇后の嫡出以外の庶子。明治天皇も大正天皇も側室の生まれで、昭和天皇によって側室制度が廃止された現代での男系維持には無理がある」

・・・と女性天皇や女系天皇を認めるべきというスタンス。
「厳格保守派」などという言葉は初めて知った。

「◆男系、女系でなく一系こそ

 万世一系の天皇家が千五百年、あるいは二千七百年にわたって統治者であり続けた歴史は世界に類がない。誇るべき内実は一系にあり、男系や女系ではないはずだ
 憲法は天皇の地位は国民の総意に基づくと定めている。天皇のお言葉にこたえ、国民の意思、意向を示し、声にすべきだ」


(引用終わり)

「誇るべき内実は一系にあり、男系や女系ではないはすだ」というのは根本的に間違っている。

⇒「女系天皇を推進している人たちは皇室をなくしたい人たちです」

⇒「女性天皇と女系天皇の違いを教えてください」


なお天皇制(共産党用語)を否定する共産党の志位和夫委員長ごときが、天皇陛下について言及するのは不敬である。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:19  |  -新聞  |  TB(0)  |  CM(13)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |