FC2ブログ

2016.08.01 (Mon)


小池都知事誕生を各紙社説はどう報じたか


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

垣間見える各紙の立ち位置

都知事選挙から一夜明けた今日の各紙朝刊の社説は都知事選をどう報じたか検証してみた。

⇒【産経新聞社説】
【主張】小池都知事 混乱から安定へ変貌せよ


小池百合子の手法を劇場型と断じ・・・

「約1100万人の有権者を相手にする都知事選は『人気投票』となる要素が大きい。他の有力候補は『劇場型』選挙に対して十分な存在感を示せなかった。
 ただし、山積する都政の課題の解決は、こうした手法が通用するほど簡単なものではない。」


と皮肉たっぷり。

少子高齢化対策、直下型地震対策、東京五輪・パラリンピック成功などの諸問題を解決するために国や周辺自治体との信頼関係を築けと注文し・・・

出馬経緯をめぐる都連との間の遺恨などは、都民とは無関係である
都政を前進させる諸制度の改革のような、具体的な政策をめぐって抵抗勢力と対決するなら、有権者も望むところだろう。」


・・・と加熱するマスコミの遺恨ニュースに釘を刺した上で、敗者の敗因を次のように冷静に分析した。

「自公が推した増田寛也氏は、岩手県知事などを務めた実績などから『実務型』と安定性をアピールしたが、知名度不足が響き、支持は広がらなかった。首相官邸側の支援も積極性に欠けていた。
 野党4党推薦の鳥越俊太郎氏は知名度こそ高かったものの、憲法問題など国政への言及が目立つ一方、都知事になって何をしたいのかが伝わらなかった。
 参院選の延長線上で、都知事選を野党連携の場に位置付けた民進党などは失敗を繰り返した。」


最後は共産党と連携した民進党を批判した。
産経新聞の立ち位置がよく分かる社説である。

【読売新聞社説】
東京都知事選 小池氏は地道に重責全うせよ


誰でも言える増田と鳥越の敗因を示した上で・・・

「小池氏も、『改革』『エコ』といったキャッチフレーズ先行の演説が少なくなかった。今後、何より求められるのは、地に足の着いた政策の遂行である。」

と小池にも苦言。

東京五輪・パラリンピック、少子高齢化対策、保育・介護施設、首都直下地震、政治とカネの問題について産経同様の注文をつけた。

⇒【朝日新聞社説】
小池新都知事 都民本位の改革実行を


「初の女性都知事の誕生だ。日本の首都の顔として、持ち前の発信力を生かしてほしい。」

と産経・読売に比べて前のめり。

「自民党の意向に逆らった末の勝利である。都民の胸中には、党による「組織の論理」に対する反発が色濃くあったはずだ」

・・・と憎っくき自民党をやっつけたという快感に溢れている。

その一方で、自虐史観の克服を訴えて小池を支持した「新しい歴史教科書をつくる会」のような・・・

「特定の価値観ではなく、自らが公約とした「多様性」を認める教育をめざすべきだ」

と釘を刺した。
さすが亡国の朝日新聞。

⇒【毎日新聞社説】
小池東京都知事 変化への期待に応えよ


「舛添要一前知事の辞任に伴う急な選挙で模様眺めをする政党をよそに、小池氏は自民党の了承を得ず出馬に踏み切り『やる気』をアピールした。 」

と周到な計算づくで「崖から飛び降りた」小池を激賞。

除名処分の通達が追い風になったなど当たり前な分析をした上で・・・

「都議会を敵と決めつけ、劇場型の対立をあおるような手法で成果は得られない。」

・・・と注文をつけた。
しかし小池が当選したのはその「劇場型の対立をあおる手法」を使ったからだ。

自民党は反省せよ、野党4党は保守分裂の好機を生かせなかったと結論。
最後に・・・

「(民進党は)党全体で野党共闘のあり方を議論し、選挙結果を真剣に検証すべきだ」

とある意味エールを送った。

【東京新聞社説】
新都知事に小池氏 愚は繰り返すまい


「大勝したのは、古巣の自民党に反旗を翻して、独りで挑んだ小池氏だった」

と小池劇場を満喫。

【嫌われた既成政党】というサブタイトルで・・・

「宇都宮健児氏の思いを切り捨てた。政党の思惑を優先させ、草の根の声を踏みにじってしまった」

・・・と自民と民共を両成敗。

【市民感覚の錬磨こそ】というサブタイトルで・・・

「都民が決める。都民と進める。東京の未来」。それが小池氏が掲げたスローガンである。
真意ならば、他の候補二十人に投じられた票の重みも忘れてはならない。
おごらず、いつも市民感覚を磨き続ける。そんなリーダーであってほしい。」


・・・とカッコ良すぎ。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:38  |  東京都知事選  |  TB(0)  |  CM(28)  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.01 (Mon)


予想通り小池が圧勝した都知事選


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

所詮は人気投票だが

 都知事選は予想通り小池百合子候補が当選した。
消去法で行けばそれしかなかったとも言える。
マスメディアが取り上げた小池、増田、鳥越の誰もお勧めでなかったので、いっそのこと鳥越に入れて数ヶ月で鳥越ダウン、もっといいタマを探して再選挙という奇策を考えたが、違った結果になった。

せめて小池になったからいいようなものを、(矛盾するようだが)間違えて鳥越が都知事になったとしたら、自民分裂の原因を作った小池の責任は免れないところだった。

 最終日には、小池は「私は焼き殺されてもいい」とジャンヌダルクに己れを擬して劇場型パフーマンスを完結して都民の同情を買った。
ところが当選した途端、劇場型はいけないと小池が言ったから呆れる。
こういう所が小池を嫌う理由の一つでもある。

地方からの出身者が多い都民の浮動票は無責任な人気先行の投票行動を示すことは、過去に青島幸男を選び、都知事選ではないが、蓮舫や山本太郎を当選させる行動からも示される。

政策だの何だのと言っても、都知事選は所詮は人気中心、知名度中心の選挙なのだ。

 有力者に寄り添って政党を渡り歩き(本人と一部支援者は渡り歩いたのではなくて、政党や党首が変わっただけと言っている)、自民党に居られなくなって「崖から飛び降りたら」都知事という次の栄誉ある地位が待っていたという誠に幸運な女性である。

タマが悪かったこともあるが、都知事選に組織票は効かないという証明にもなった。

鳥越を担いだ民進党、共産党などの野党4党は懺悔すべきだ。
特に投票日前に突然、次期代表戦に不出馬を表明した岡田党首は敵前逃亡と言われても仕方が無い。
共産党の小池書記長は負けても共同作戦は気持ち良かったと言っているから付ける薬は無い。

⇒産経ニュース(2016/7/31)【東京都知事選】
共産・小池晃書記局長「気持ちいい野党共闘関係できた」完敗なのに満足感たっぷり


一方、増田を担いだ石原伸晃もドン内田も当然責任を取るべきだ。

そして11万票で5位につけた桜井 誠候補の健闘が何より明るい話題となった。

【追記】
自民党の幹事長は二階俊博総務会長に決まったようだ。
親中派の二階は獅子身中の虫だが、今のところ安倍支持を表明している。
岸田外相を充てて次期首相の力を付けさせるよりも安泰かもしれない。
岸田外相が動かないとすると、稲田朋美外相は見果てぬ夢か。

谷垣氏続投を報じた毎日新聞は誤報となった。
「自民党:谷垣幹事長続投へ」(古本陽荘)のウェブ記事は削除された。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

09:46  |  東京都知事選  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |