FC2ブログ

2016.07.16 (Sat)


鳥越俊太郎を都知事に


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

消去法、そして誰も居なくなった

 日本軍の兵隊でない一般市民が「戦争体験者」という言葉を使う場合は、広島・長崎の被爆者かあるいは東京大空襲や地方都市の空襲でアメリカのB29爆撃機から雨あられと落ちてくる焼夷弾の中を逃げまわった経験者以外は使うべきではないと思う。
石原慎太郎が小学生の頃、米海軍の艦載機に狙われて逃げ回った体験までが辛うじて戦争体験者と呼べると思う。

 都知事候補の鳥越俊太郎が戦争体験を話してその体験年齢の間違いをネットで批判されたが、真の意味の戦争体験をしている人間ならば、たとえ子供でも自分が何歳の時の体験だったか忘れることはない。
それを20歳の時だったと間違えることはあり得ない。
その後訂正することもないとしたら、もう彼には痴呆症が始まっていると断言して間違いない。

 そんな半病人の鳥越を担ぎ出した民進党はいま流行りの「人殺し」政党だと言われても仕方あるまい。
しかも、民進党の長妻 昭議員は鳥越の応援演説で「自分はもう疲れてヘトヘトなのに、鳥越さんはまったく元気だ」と健康不安説を打ち消そうと必死だったのが、却って異様に見えた。

鳥越は宇都宮と談合して立候補を断念させたが、宇都宮の公約を二つも無視した。
今頃宇都宮は地団太踏んでいるのではないか。

産経ニュース(2016/7/16)
鳥越氏、ようやく公約を発表 宇都宮氏の「築地市場の移転中断」などは盛り込まず

 野党4党の統一候補でジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)は15日午後9時半ごろ、自らのホームページ(HP)で選挙公約にあたる「政策集」を発表した。12日の出馬表明時には「告示まで」(鳥越氏)に示す方針だったが、ずれ込んでいた。
 政策集は「都政への自覚と責任」「夢のある東京五輪の成功へ」など6項目。
 舛添要一前知事の問題に関しては、海外視察費や公用車利用のルールを見直し、「第二の舛添問題を起こさせない体制をつくる」と明記した。2020年東京五輪・パラリンピックについては「経費の徹底したコスト縮減」で五輪を成功させるとした。また、職人文化をマイスター制度で育む▽首都サミットの開催▽憲法を生かした「平和都市」東京を実現-なども盛りこんだ。
 数値目標では、がん検診の受診について「まずは50%、最終的には100%を目指す」とし、住宅耐震化率を100%、再生可能エネルギーの割合は30%まで高めるとした。
 野党共闘のために出馬を辞退した元日弁連会長の宇都宮健児氏(69)の公約とは、すべての子供に学びの場を提供▽男女平等、LGBT施策など人権施策を推進-などで一致しているが、「築地市場の移転中断」「都独自の子ども手当導入の検討」などは盛り込まれなかった。


(引用終わり)

「首都サミットの実現」など出来るわけはない。大島か皇居内でもやらない限りテロリストの標的になることは間違いない。
「憲法を生かした平和都市東京」などと相変わらず馬鹿なことを言っている。
いまでも地方都市では「平和宣言都市」「非核宣言都市」などと馬鹿げた看板を駅前や役所前に掲げている所があるが見るたびに失笑してしまう。
おそらく共産党が自治体に深く食い込んでいる証拠だろう。

「本人のやりたいこという意志は仕方ありません。むしろ選んだ側が無責任じゃないですか!? 民進党は病院に問い合わせるなどしたのでしようか?都知事の任期は4年もある。民進党が何を考えているのかわかりません」(病院理事長 東スポ)

 大方のお叱りを受けることは百も承知で敢えて申せば、ここは民進党推薦の鳥越俊太郎氏を当選させてあげたらどうだろうか。
就任早々、行政能力不足で立ち往生することは間違いない。
そして激務に耐えかねて1年以内に辞職することは間違いない。
鳥越候補を立てた民進党はさらに信用を失墜する。

そこでもう一度、選挙をやり直すという案である。
現状では誰が当選しても東京のため、ひいては日本のためにならない。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:37  |  東京都知事選  |  TB(0)  |  CM(30)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |