FC2ブログ

2016.07.15 (Fri)


安倍首相 国際秩序を乱す中国に直にクレーム


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

アンチ安倍は日本に要らない

 安倍首相は国際舞台でも日本の主張を通して頑張っている。
今日、中国の李克強首相と会談し、南シナ海の中国に関する仲裁裁判所の判決を受け入れろと迫ると同時に東シナ海での中国の日本海域侵犯についても抗議した。
アッパレ!
当然のことながら李首相は不快感を示して反発した。

毎日新聞(2016/7/15)
安倍氏、判定受諾を要請 中国不快感…南シナ海

 【ウランバートル田所柳子、西岡省二】安倍晋三首相は15日、中国の李克強首相とモンゴルの首都ウランバートルで会談した。南シナ海問題を巡る仲裁裁判所の判決を受け、安倍首相は「法の支配と紛争の平和的解決が重要だ」とする日本の立場を伝えるとともに、判決を受け入れるよう求めた。中国外務省によると、李首相は南シナ海問題について「中国側の立場は完全に国際法に符合している。日本は当事国ではなく、言行を慎み、問題を騒ぎ立てたり、干渉したりすべきでない」と強い不快感を表明した。
 両首相の会談は昨年11月にソウルで行われて以来。約30分の会談で安倍首相は、南シナ海問題のほか、先月に中国海軍の艦船が尖閣諸島周辺の接続水域に入ったことなどを念頭に東シナ海問題でも日本の立場と懸念を伝えた。日本政府高官は南シナ海と東シナ海の問題を巡る両首相の発言の詳細を明らかにしていないが、双方は原則論の応酬に終始したとみられる。
 中国外務省によると、李首相は東シナ海問題を巡り、「対話と協議を通じて意思疎通を深め、誤った判断を防がねばならない」と述べた。また、関係改善を確かなものにするため、「両国が高度な責任感を持つべきだ」とも呼びかけた。
 日本側の説明では、会談は両国の希望で実現した。両首相は英国の欧州連合(EU)離脱問題で不透明感が漂う経済面で協力し、9月に中国で開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議に向けた連携を確認。バングラデシュの人質テロ事件などを受け、テロ対策での協力を強化することでも一致した。安倍首相は「戦略的互恵関係の原点に立ち、協力・交流に力を注ぎたい」と関係改善に意欲を表明。李首相は「中日両国が協力して金融危機が再来しないように対応したい」と述べ、G20首脳会議に出席する安倍首相の訪中を歓迎する意向を示した。


(引用終わり)

中国に対してこれだけ面と向かって批判した首相はいままで見たことがない。
そもそも外務大臣がガツンというべきなのに、リベラル派の岸田外相は憲法9条の改正は考えていないと公明党や野党4党が喜ぶような発言をしている。

毎日新聞(同上)
岸田外相:憲法9条の改正「今も考えない」

岸田文雄外相は15日の記者会見で、憲法9条の改正は当面必要ないとした過去の発言について「考え方は変わっていない」と述べた。岸田氏は昨年10月の自民党岸田派の研修会で、安全保障関連法の成立を評価したうえで「当面、憲法9条の改正を考えない。これが私たちの立場ではないか」と語り、党内リベラル派の立場を鮮明にしていた。
 一方、会見では憲法改正自体は「それぞれの条項ごとに判断される。国民のしっかりとした理解の下、議論が深まることを期待したい」と述べた。【小田中大】


(引用終わり)

9月の内閣改造では岸田外相を更迭して稲田朋美政調会長に変えたらどうか。

 今回の参院選では民共を中心とした野党4党の候補一本化が成功したと民共の党首は自画自賛しているが、民進党の選挙基盤である連合の会長が「話にならない」と酷評した。

産経ニュース(2016/6/15)
【参院選】
連合の神津里季生会長、民進に猛省促す「全く話にならない」

 連合の神津里季生会長は15日、労働組合員OBでつくる「退職者連合」の会合であいさつし、参院選で32議席獲得にとどまった民進党に対し「全く話にならない」と猛省を促した。連合内は、岡田克也代表ら民進党執行部が進める共産党との共闘路線への評価が割れており、8月中にまとめる選挙総括で厳しい指摘も盛り込まれそうだ。
 神津氏は、民進党への支持について「最悪の時期は脱した」としつつ「大きなうねりにならなかった。各組織の努力が通じなかった」と指摘。同時に「民進党の中は、ほっとした感がある。危機感を持ってほしい」と注文を付けた。
 同じ会合で民進党の枝野幸男幹事長は、3年前の参院選の17議席と比べ「どん底から一歩や二歩は、土俵の真ん中に押し戻した」と振り返った。


(引用終わり)

枝野幹事長が「参院選で2013年(17議席)を上回る32議席を獲得してどん底から抜け出すことができた」と自画自賛して退席した後に連合会長が爆弾を落とした。
まあ仲良くやってくれ。
民主党は政権を失ってもいまだ反省が足りず(反省してもらう必要もないが)、言っていることが甘い。

自民党が政権を奪われた時は政権奪還のために猛省して臥薪嘗胆の日々だったことは稲田朋美政調会長の著書からも伺えるから雲泥の差である。

 都知事選がいよいよ始まったがこれという候補者が居ない。
誰がなっても東京の先行きは暗い。

政治に興味のない家人は小池百合子が好きなようだ。
鳥越俊太郎は年を取りすぎて病人でダメ。
増田寛也は首がない。
花田紀凱編集長の「ちょっと右よりですが。週刊誌欠席裁判」で花田氏の相棒をしている和田賢治氏も「増田さんは首がない」と同じことを言っていたので笑ってしまった。

見てくれもさることながら中身もダメ。

小池候補には以前テレビに良く出ていた髭の弁護士・若狭衆議院議員が応援に駆けつけた。

産経ニュース(2016/7/14)
小池陣営に若狭勝衆院議員登場 「党が除名するというならしようがない」

 東京都知事選が告示された14日、東京・池袋駅西口で行われた小池百合子元防衛相の第一声に、自民党の若狭勝衆院議員(比例東京ブロック)が駆けつけ「小池氏が都知事になれば、都政の利権追及を行う。東京地検特捜部の副部長をやっていた私も、チームができたら間違いなく関与する」と述べ、支持を訴えた。
 自民党は増田寛也元総務相を推薦し、都連は党が推薦していない候補者を応援した場合、親族も含めて「除名などの処分対象となる」との文書を所属国会議員や地方議員に配布。この日の小池氏の演説にも、若狭氏や一部区議を除き、自民党都連所属の議員の姿はみられなかった。
 若狭氏は応援演説後、記者団に「党が除名するというならしようがない。親族を含むというが、例えば、小泉純一郎元首相が応援に来たら、小泉進次郎さんが対象になる。ブーメランにならないか」と指摘。小池氏は「私を応援すると、一族郎党を罰するということだが、それを乗り越えてきてくれた(若狭氏の)覚悟と信念に心から感謝する」と語った。


(引用終わり)

 小池候補の後押しをしたのは石破氏だというし、若狭議員は石破派だというから小池応援はお約束。
小池候補を応援したら除名処分だと言われても、小池候補が当選したら練馬区の地盤はゴッソリ頂きという算盤勘定から怖いものなしだ。

それにしても東京都議会のドン内田も石原ノビテルも除名するぞと脅迫状を出せば小池候補の思う壺だとは思わなかったのか。
早速、小池候補はこのネタを利用して自らをか弱きヒロインに仕立てて都民の同情を買うという劇場型パフォーマンス(増田寛也)を展開した。
猪瀬元都知事もドン内田に自殺に追い込まれたという都議会議員の遺書まで持ち出してドン内田に復讐している。

泥沼の様相を呈してきた都知事選。消去法では小池百合子かと思ったが、石破派が安倍首相を脅かす存在になってはまずい。
まあ誰が都知事になってもそう長くは続かないだろうが。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:55  |  -支那  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |