FC2ブログ

2016.07.12 (Tue)


ハーグ仲裁裁判所 中国の南シナ海不当支配を認めず


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

日本も竹島領有権を提訴せよ

 フィリピンは中国が南シナ海の領有権を主張しているのは不当だとしてオランダ・ハーグの仲裁裁判所に申し立てた判定が3年半かけて今日ようやく下された。
中国の南シナ海支配は認められなかったのは当然である。

⇒産経ニュース(2016/7/12)
【緊迫南シナ海】
中国の南シナ海支配認めず 仲裁裁判所「法的根拠なし」と初判断


 【ベルリン=宮下日出男】南シナ海における中国の主張や行動は国連海洋法条約違反だとしてフィリピンが求めた仲裁手続きについて、オランダ・ハーグの仲裁裁判所は12日、中国が南シナ海の広い範囲に独自に設定した「九段線」には「法的根拠はない」と認定する裁定を公表した。中国の強引な海洋進出に対する初の国際的な司法判断で、「歴史的権利」という中国の主張が否定された。
 裁定は確定的な判断で上訴はできない。中国は一貫して無視する姿勢で、罰則など強制的に裁定に従わせる手段はないが、国際社会が司法判断の尊重を求める圧力を高めるのは必至。中国の立場が苦しくなる一方、南シナ海情勢は一段と緊迫化する可能性がある。
(以下略)

 中国は南シナ海・スプラトリー諸島の珊瑚礁を埋め立てて陸地としたが、裁判所は珊瑚礁に取り返しの付かない被害を与えたと中国を非難した。

産経ニュース(同上)
「珊瑚礁に取り返しの付かない害」と仲裁裁判所

 仲裁裁判所は12日、南シナ海をめぐる裁定で、「中国は、スプラトリー(中国名・南沙)諸島の珊瑚礁の生態系に恒久的かつ取り返しの付かない害を与えた」と指摘した。ロイター通信が伝えた。


 そうなると収まらないのは独裁政権の習近平。
仲裁裁判所の裁定は受け付けないと反発し、今後は航空識別権の設定などにエスカレートする恐れがある。
一方では経済力の弱いアジア諸国に経済援助という形で手なづけて味方にする算段だ。

 安倍首相は「自由と法の支配」を今後も主張し、G7諸国を巻き込んで中国を牽制していく。
その安倍首相、韓国が不当占拠する日本の領土・竹島問題を国際司法裁判所に提訴して欲しいと思うのだが、こちらは両国のうち一方が出頭しなければ成立しないという。
ということは韓国が応じなければ現状維持のまま。

 これでは埒が明かないから自衛隊に頑張ってもらって「法が支配していない」竹島の奪還作戦でもやってもらおうか。
しかし自衛隊を人殺し集団だとする日本共産党がいる限り適わぬ夢か。

【番外編】
本文とは関係ないが、永六輔さんが亡くなった。
ザ・ピーナッツの妹の伊藤ユミさんも亡くなった。
こうして一世を風靡した人達が次々とこの世を去っていく。
永六輔さんには偶然東京駅でお会いしたことがある。
和服姿で飄々とした感じで歩いていた。
時々買い物に行く都営地下鉄浅草橋駅の出口がA6出口で、
その出口を思い出すのに永六輔さんをいつもキーワードにしていた。
ご冥福をお祈りする。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:18  |  -支那  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |