FC2ブログ

2016.07.07 (Thu)


国歌を歌えない代表は日本選手ではない発言の波紋


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

「注文つけたわけではない」と森会長が弁解

リオ五輪への選手結団式で国歌を歌わなかったと森会長が批判したことについて今日、一悶着あった。
理事の一人が森会長の批判を糾した。

渡辺守成(日本体操協会専務理事)
「各選手がお叱りを受けたということは、これは大変不名誉なことであり、お互いがギクシャクしたなかでスタートを切りたいとは思っていません。
森会長の結団式での発言の趣旨を是非この場で恐縮ではございますがご説明していただければ幸いと思います」


言葉遣いは丁寧だが、明らかに森会長を詰問している。

森会長は「注文をつけたわけではない」とした上で・・・

森喜朗会長
「注文を日本代表選手団の行動規範によれば結団式やメダルセレモニーなど公式行事では脱帽し、姿勢を正し、日の丸を直視し、君が代を斉唱することとなっている」


と反論した。

結団式の案内状は国歌斉唱となっていたのに、当日になって国歌独唱となったのが問題の発端だ。

朝日新聞(2016/7/7)
君が代発言「お願いしたわけで、文句ではない」森喜朗氏

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は7日、リオデジャネイロ五輪へ向けた代表選手の壮行会で、選手たちが君が代を歌わなかったことに苦言を呈したことについて、「お願いをしたわけで、文句や注文を言ったわけではない」と述べた。
 3日の壮行会で森会長は、直前の国歌独唱時の選手団の様子を見て、「どうしてみんなそろって国歌を歌わないのでしょうか」「国歌を歌えない選手は日本の代表ではない」と問いかけた。場内ではみんなで声を合わせて歌う「斉唱」ではなく「国歌独唱」とアナウンスされていた。
 森氏は7日、組織委と国内競技団体の会合の冒頭で、発言の真意をただす質問に対し、「事前に受け取った案内には国歌斉唱と書いてあった。当日なぜかそれが独唱になり、疑問に感じていた」などと答えた。
 日本オリンピック委員会(JOC)は代表選手の行動規範で、結団式やメダルセレモニーなど公式行事では脱帽し、姿勢を正し、日の丸を直視して君が代を斉唱するよう定めている。JOCの平岡英介専務理事は「急に独唱に変わった経緯は未確認だが、本来なら斉唱で、司会からご一緒に前奏に続いて(歌おう)という話があってしかるべきだったと思う」と話した。


(引用終わり)

武道館や千葉幕張メッセで大会があるとき、国歌独唱と称してオペラ歌手が登場して君が代を歌うのを聴いているだけでは意気が上がらないものだ。
結団式で独唱というやり方が間違っている。
まして案内状は国歌斉唱になっている。
急に独唱に変わった原因を突き止めるべきだ。

 録画によれば確かに会場のアナウンスは「引き続きまして国歌『君が代』の独唱を行います」と言っている。
そしていきなり女性ヴォーカルの君が代が始まる。
これはおかしい。
これほどの大会ならば必ず有名なゲストヴォーカリストの紹介付きで独唱を行う。
君が代が嫌いな連中が何かワルサをしたのではないかという疑いを禁じえない。

【追記】国歌を独唱した女性はテレビに良く出る自衛隊の隊員だったらしい。
ならば司会者は独唱者の所属と氏名を紹介すべきだった。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:42  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

2016.07.07 (Thu)


小池百合子都知事選より参院選挙


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

自民党をぶっ壊す二番煎じか

 小池百合子は大事な参院選の真っ最中に自民党の承認も得ずに突然と知事選出馬を表明した。
もし桜井パパこと桜井 俊氏が手を挙げれば行政能力に長けた都知事として期待することができたが、先手を打って出馬を表明して桜井都知事誕生の芽を潰した。
そして自民党は離党しないと言いながらマスメディアを集めて都議会の解散、舛添の追求を主張した。
敵を作って民衆を煽る小泉元首相のポピュリズム戦略を踏襲したのはミエミエである。

その結果、自民都議連会長の石原ノビテルの無能を批判する者は居ても小池の謀略を批判するものは一人も居ない。
都議連を敵に回したヒロインとしてメディアは大歓迎だ。

 しかし今と参院選の真っ最中、というより終盤戦だ。
都知事選より国政選挙に目を向けるべきであり、小池も自民党員ならばメディアを相手にゴタクを並べている時間があったら自民党候補者の応援に一時間でも一分でも長く時間を費やすべきだろう。
今日は池袋で自民党候補の応援をしたらしいが、自民党にとってはマイナスでしかない小池の言動である。

 小池は都議解散の次に舛添問題の追求を挙げたが、最早どうでもいい。過ぎたことだ。早く忘れたい。
都民を煽って既に辞任した舛添をリンチして何になる。
民進党議員が何かというと「○○追求ブロジェクトチーム」とか称して自民党批判のために官僚を呼びつけて説明させ、葛飾北斎の浮世絵の中のボリスジョンソンを安倍首相だと勘違いして安倍批判をしたことを思い出す。

 反日マスメディアは「小池の乱」と称して自民党の分裂を期待している。
反日メディアTBSの2人のキャスターは自民党の内輪もめだと決め付けて安倍政権に揺さぶりを掛けようとしている。

TBS「Nスタニューズアイ」(2016/6/7)
権力闘争 都民置き去り

2016070701.jpg

竹内明
「こんばんは。出馬を強行する小池百合子さんが、あの都議会自民党と全面対決となりそうです。
あの都議会自民党と言えば舛添さんの問題の時にギリギリまで引導を渡せませんでした。
そして問題解決についてもウヤムヤにしたということを忘れちゃいけませんね」

佐古忠彦
「そうですよね。前知事のみならず、この都議会の姿勢というのは大いに問われるべきだと思いますよね。
そして候補者選びで都民置き去りのいわば内輪もめを見せられている状況は一連の問題の反省の上に立ってるとは到底思えません」


 民進党が候補者選びに難航して、小池を支持するという案も出るなど迷走しているからいいようなものの、パヨクメディアの餌食になることはマイナスでしかない。
餌を与えた小池は万死に値する。
とは言え、自民党も一転小池推薦となるかもしれない。

都議連が推奨する増田候補もその思想信条に問題ありだ。

鳥越俊太郎が出馬という噂もある。

千葉県船橋市からは「NHK受信料の回収から国民を守る党」の立花孝志氏代表が立候補した。
例え当選しなくとても、反日NHKが強制的に受信料を徴収することの不当さを国民に訴えるいいチャンスだ。

桜井 誠候補がたとえ当選できなくとも在日特権の問題を政見放送で指摘するだけでも価値があることと同じである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:36  |  東京都知事選  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |