FC2ブログ

2016.06.28 (Tue)


民進・共産では国民を守れない


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


稲田朋美政調会長 月刊Hanadaで

 共産党の政策委員長が公共のテレビ放送で「防衛費は人殺し予算」と発言して民共統一戦線の危うさを証明したが、自民党の稲田朋美政調会長は前掲の言論誌「Hanada」で既にその危うさを指摘していた。

「民進・共産では国民を守れません」(稲田朋美)

2016062801.jpg

共産党の「自衛隊は違憲、日米安保破棄」の主張には賛成できないが、「尖閣、北方領土は日本の領土だ」とある意味ブレないことは評価できるとし、一方、民進党は共産党の票を取り込んで政権を自民から奪いたいだけだと批判。

TPPは菅政権の時言い出して、しかも聖域無き丸裸の開国を唱えた。
憲法改正派には前原誠司長島昭久松原仁渡辺周野田佳彦らが居るが、なぜ共産党との共闘に黙っているのかと批判。
そういえば、前原誠司など最近、共産党を賛美していたな。
民・共は選挙に勝って政権を取ったら何をしたいのか(安倍首相も最近同じ事を応援演説で言っていた)

民進党の綱領には「時代の変化に対応した未来志向の憲法を国民とともに構想する」と書いてあるそうである。
民主党の綱領など読んだことが無いので初めて知ったが、それにしては枝野幹事長の松本市での街頭演説はおかしいのではないか。

朝日新聞(2016/6/27)
「改憲の対案出せ? 現行憲法こそ対案」 民進・枝野氏

 自民党の憲法改正草案。これまでの平和主義も基本的人権も、なんにも分かっていないんだ。自衛隊を軍隊にして、基本的人権を一時の権力で制約できる。彼らは口を開けば「対案(を出せ)」と言います。あんなにひどい案を出されたら、いまの憲法の方がずっといいじゃないですか。現行憲法こそが、我々の堂々たる対案であります。(長野県松本市の街頭演説で)


(引用終わり)

「時代の変化に対応」しないと自分で白状している。
70年前には中国も台頭していないし、ソ連も眠っていた。朝鮮戦争も起きていない。
枝野クンの頭の中はその時以来思考停止しているようだ。

民進党の綱領は改憲なのか護憲なのか判然としないと稲田朋美氏。

「おそらく党内に様々な立場の議員がいるため、明記することが出来ないのでしょう」(44頁)

 稲田氏は民進党の岡田代表が稲田氏の予算委員会での安倍首相への質問は安倍首相と組んだヤラセだと言った事にも『安倍首相からの指示はなく明らかな虚偽だ」と非難している。
岡田氏も下らない難癖をつけたものだ。おつむの程度が知れる。

ところが辻元清美役員室長は「公党の党首を嘘つき呼ばわりした」と抗議文を送って来たそうな。
社民党では喰っていけないので民主党に鞍替えしたピースボートの辻元など稲田氏と役者が違うわい。

稲田氏は参院選の争点に次の三つを上げている。

1.経済
 自民党の政策で経済が好転したことを種々の数字を挙げて立証。

「総理自ら経済界に賃金アップを要求するという、前代未聞の試みが効果をあげたのです」

あれにはホントに驚いた。本気だと思った。いままでそんな総理は見たことが無い。

2.社会保障

「岡田代表は安倍総理との党首討論で社会保障費の財源は赤字国債で補うと述べましたが、議事はどよめきました。
将来にツケを回す赤字国債を臆面もなく述べたことには、驚くばかりです。
公党でこんな不道徳なことを言っているのは民進党だけです」(48頁)


3.安定した政権が国益に適う

安倍総理は昨年安保法制を成立させたが、今年になって中国は軍艦を尖閣諸島雌雄へ間の接続水域に航行させ、口永良部島の領海に侵入した。

「このような状況下で、国民の平和と安全、領土を守るための政治を行うことは急務です。にもかからず、野党の掲げる参院選挙の一番の争点が『安保法制廃案』『自民党に三分の二を取らせない』『9条守れ』では話になりません」

安保法制は施行されたから「廃案」ではなくて「廃止」の間違いか?

「自衛隊違憲」「日米安保破棄」の共産党と共闘する民進党は本当に政権を担う意思があるのかとして・・・

「経済をはじめ、様々な政策の手法は違いますが、自民党と民進の間で最も違うのは『国民を守る』というその根幹の意志と決意なのではないでしょうか」

と結んでいる。

尖閣諸島で日本の海上保安庁の船に体当たりしてきた中国漁船(おそらく中国の先兵)の船長を釈放してしまったのは民主党政権時代の菅首相と仙谷官房長官だった。
船長は英雄として中国に帰国した。
隠蔽する民主党政権を不満として衝突ビデオを公開して職を追われたのは一色海上保安官であった。
日本が中国に舐められるきっかけとなったことを忘れはしない。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:48  |  2016参院選  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |