FC2ブログ

2016.06.24 (Fri)


野田前首相 白鵬引き合いに安倍首相批判の愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

蓮舫議員はダイブ小西を応援

英国のEU離脱をネタにアベノミクスを批判する岡田民進代表も阿呆だが、もう一人の阿呆が民進党には居る。
野田前民主党首相である。

地元の千葉駅前の街頭演説で安倍首相は最近取口が汚なくなった横綱白鵬と同じだと批判した。

日刊スポーツ(2016/6/23)
野田前首相、安倍首相の手法は横綱白鵬と同じ

2016062401.jpg

 民進党の野田佳彦前首相が22日、千葉駅前での街頭演説で、安倍首相の政治手法を大相撲の横綱白鵬にたとえ「王道から外れた邪道、覇道、外道の政治」と痛烈に批判した。
 野田氏は「3年前の参院選で、アベノミクスと言って特定秘密保護法を強行採決。1年半前に衆院を解散して選挙した際も、安全保障関連法を強行採決。今回も争点をごまかし、やりたいのは憲法改正」と批判した。その上で「白鵬は力が衰えた分、立ち合いが汚い。左手を相手の顔に出し、ひるんだところに右ひじでかち上げ、エルボーを入れる。豪栄道は眼窩(がんか)底骨折。安倍政権も同じ。左手でアベノミクスと言い、右手で憲法改正。顔面骨折は、国民がするんです」と訴え、聴衆の笑いを誘った。


(引用終わり)

 Ponkoは白鳳ファンではないが、これで間違いなく白鵬ファンの反感を買ったことだろう。
笑いを取るつもりで票を取り損ねた。
阿呆な男である。

 野田前首相が応援する千葉県には安保法案の採決で自民党の佐藤正久議員に左顎にカウンターパンチを喰らって敢え無く崩折れたあのダイブ小西洋之候補も立候補している。
蓮舫代表代行は小西を応援して次のように演説した。

「改めて経済政策を見直そうじゃないですか。3年半たって結果は出ていません。だったら、この選挙が終わって、皆さんの税金を数兆円、またアベノミクスの土台に注ぐのではなくて、土台を見直して、確かに結果が出る政策に回していく。
 その答えが、人への投資です。次の世代を支えましょう。現役世代の声を救いましょう。人生の先輩方の将来を守りましょう。小西洋之にぜひその政策をやらせていただけないでしょうか」


前半でアベノミクスの効果を一部認めながら、最後は結果が出ていないと批判。
「人に投資することが確かな結果が出る政策」とは恐れ入った。
しかも老人、現役、次の世代の全員のみんなにいい顔をしようというのである。
「成長より配分」だと。

改選3の千葉県は猪口邦子(自民)、小西洋之(民進)、水野賢一(民進)の現職に果たして元栄太一郎(自民新)が食い込めるか。

猪口邦子氏がなんだかなあという感じだから千葉県民は英知を示さないと全国の笑いものになるかもしれない。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:50  |  2016参院選  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2016.06.24 (Fri)


英国のEU離脱 政権批判に利用する岡田民進代表の愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

アベノミクスの宴は終わったと

 イギリスで行われたEU離脱か否かの国民投票は大方の予測を裏切って離脱という結果になった。
EUの中で唯一ユーロを採用していなかったイギリスだったが、難民・移民問題で中高年の反発が多かった。
移民の増加で英国人の職が奪われ、社会保障費が増大し、治安が悪くなるという現状があった。
朝鮮半島有事、中国の崩壊などに備えて日本も他山の石としなければならない。

 日本はいま参院選の真っ最中である。
民進党(ニセ)の岡田党首が早速イギリスのEU離脱を利用して安倍政権を批判した。


産経ニュース(2016/6/24)
民進・岡田克也代表「アベノミクスの宴は終わった」

 民進党の岡田克也代表は24日の記者会見で、英国の欧州連合(EU)離脱が国民投票で確定したことに関連し、円安・株高を背景とした安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」について「アベノミクスの宴は終わった」と述べた。
 岡田氏は英国のEU離脱自体については「非常に残念な事態だ。世界経済に及ぼす影響、EUの統一がこれを機にどうなるかは深刻な問題だと認識している」と述べた。その上で、今回の事態を受けて円高・株安が進行していることを挙げ、アベノミクスを批判した。
 岡田氏は談話も発表し、「世界経済はもとより、国際政治、欧州社会全体に与えるであろう甚大な影響を強く懸念する。円高・株安のショックを緩和するための措置を迅速に講じる必要がある。円安・株高を牽引(けんいん)車とするアベノミクスの宴は終わった。今こそ経済政策の転換が必要だ」と訴えた。


(引用終わり)

「アベノミクスの宴は終わった」と喜んでいる。
日本が窮地に立つことがそんなに嬉しいのか。

「今こそ経済政策の転換が必要だ」というが、どう転換するのか?
「成長と分配の両立」などとノーテンキなことを言っていて日本経済は大丈夫なのか?
「成長」は付け足しで民進党は共産党と同じ「分配」中心の経済思想である。
「成長無くして分配なし」なのに。

 安倍首相はリーマンショック級の経済変動もないのに増税延期に踏み切ったと岡田代表は安倍首相を批判していたが、それに相当する変動が起きた。

イギリスのEU離脱はリーマンショック級になる可能性がある(高橋洋一 6月20日)

岡田代表はそう言いながら安倍首相より先に増税延期を唱えて先手を取ったつもりで居た。
まことに阿呆な男である。

こういう状況では二大政党制など夢のまた夢だ。
二大政党制では互いに政策論争をしていても、国益が危うくなった時は一致協力するのが当たり前だ。
国難にあたって政権政党を批判して参院選挙を有利に運ぼうとする岡田代表のような政治屋やニセ政党は日本には要らないのである。
それにしても野党の質が悪すぎる。
これでは安倍一強政治になっても仕方が無い。

幸い、参院選の序盤戦は各紙が自民党の優勢を伝えている。
しかし油断大敵、終盤戦まで気を緩めることなく民進・共産の野合政党を打ち砕かなければならない。
日本のために。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:44  |  2016参院選  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |