FC2ブログ

2016.06.15 (Wed)


中国軍艦、今度は日本領海侵犯 朝日はまたも話し合えと


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

海自は警告弾を撃ちこめ

 日本のマスメディアが舛添辞任のニュース一色のなか、中国の情報収集軍艦が日本の領海を侵犯した。
前回は接続水域の範囲だったが、今回は屋久島のサイドを横断した。
明らかに日本の領海である。
今日の午前3時32分から1時間半後の5時1分の間だった。

先月9日尖閣諸島の接続海域に侵入して、日本の反応が鈍かったのでエスカレートして来たのだ。

海上自衛隊は少なくとも中国軍艦に至近弾を打ち込み日本の強い意志を示すべきだった。
物事は最初が肝心である。
初っ端から日本が強い意思を示せば、精神的に戦争に弱い支那人はビビった筈である。
ところが外務省を通じて「懸念を申し入れた」(岸田外相)だけ。

産経新聞は「今後常態化する恐れがある」としている。
安倍首相は決して「常態化」を許してはならない。
なぜなら優柔不断の態度は却って戦争を招くからである。
毅然とした対応こそ戦争を回避できるのである。

産経ニュース(2016/6/15)
【中国軍艦領海侵入】
“わがもの顔”で領海航行 常態化の恐れ、見送られた「警備行動」と「抗議」


日本政府は15日、中国海軍の情報収集艦による領海侵入に対し、「抗議」ではなく、「懸念」を伝達するにとどめた。軍事的な選択肢として自衛隊への「海上警備行動」の発令も想定される事態だったが、これも見送った。その理由は、国際的に認められる「無害通航」に該当する可能性があるからだ。だが、無害通航を盾に同様の事態を再び許せば、今後も中国軍艦が日本領海を“わが物顔”で通過することを常態化させる恐れがある
 国際法上、領海内では他国の軍艦であっても、平和や秩序、安全を害さない限り、自由に航行できる無害通航が認められている。だが、情報収集艦は電波情報の収集を任務とし、今回の領海侵入は沖縄周辺海域で実施中の日米印海上共同訓練「マラバール」に参加していたインド海軍艦を追尾する形で行われた。つまり、日本領海で情報収集という「軍事的行為」を事実上、許したともいえる
 中国海軍が9日未明に尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の接続水域にフリゲート艦を侵入させた際、外務省は中国側に抗議した。世耕弘成官房副長官は15日の記者会見で、今回の対応を懸念伝達で済ませたことについて「尖閣諸島を自分の領土という独自の主張をしている中での接続水域入域とは、対応に差があって然るべきだ」と説明した。

だが、無害通航だからといって事態を放置できない理由は他にもある。
 9日の接続水域侵入で中国海軍は、ロシア艦隊が尖閣諸島の久場島(くばじま)と大正島の間を通過するのに乗じてフリゲート艦を接近させた。海自幹部は「中国はこれを一つのパターンにしようとしている可能性がある。非常に狡猾(こうかつ)だ。こういった動きの常態化には注意が必要だ」と警鐘を鳴らす。
 九州南端から沖縄県与那国島まで連なる南西諸島は、ほぼ本州に匹敵する広大な範囲に点在する。中国海軍は太平洋に進出する際、自衛隊と米軍が共同で警戒する南西諸島の海域を通過する。中国から見れば、南西諸島は太平洋進出を阻害する「蓋」のように映る。
 今回の領海侵入のような事態を常態化することを許せば、この「蓋」が無力化する恐れがある。中国軍艦が鹿児島県口永良部島(くちのえらぶじま)や屋久島付近の海峡を通過するのは初めてで、中国が「穴」を開けようとした狙いも透ける。日本政府には厳然とした対応が求められる

(引用終わり)

テレ朝「報ステ」(2013/6/15)
中国軍艦が領海に侵入
日米印合同訓練を意識か


テレ朝はなぜ「日本領海」と明記しないのだ。

2016061501.jpg
中国の情報収集艦

2016061502.jpg

海上自衛隊のP3C機が領海内にいることを呼びかけ「目的や意図」を再三問い掛けたが応答は無かった。

中国の情報収集艦は日米印の合同訓練(マラバール)中のインド軍艦を追尾した。
中国外務省は「国際的に航行可能な海域だ」と反発した。

日本の領海内を許可も得ずして侵入しておきながら「航行可能な海域だ」とは日本も随分舐められたものだ。

「中国海軍は遠洋訓練をしていただけだ」と。


日本の領海で訓練か。

後藤健二(ジャーナリスト)
「中国の苛立ちの反応だと見ることが出来る。南シナ海で中国が非常に海洋進出しているのに対してアメリカが『航行の自由作戦』を展開して、中国はやや押されているという状況の中で、日米印の合同作戦に非常にナーバスになっている。
米軍がどういう動きをするのか。それにつれてインドの艦船を追いながら日本の領海に入ってしまった。
アメリカに対する苛立ち、警戒感がこういう問題を起こした。
今後とも起こる可能性が極めて高い。
そのためにはやはり海洋連絡メカニズムのような中国と日本との外交上の交渉をキチッとやり続ける必要がある


まるでアメリカが原因であるかのようなコメントだ。
アメリカの「航行の自由作戦」など中国は屁とも思っていない。

話し合いで解決せよという朝日新聞社説のとおりである。
前回の接続水域侵入に対して産経、読売、そして毎日ですら社説で中国を非難したのに、朝日は一日遅れて「話し合え」と書いた。

「中国軍艦の尖閣侵入 話し合いで解決せよと朝日社説」(2016/6/11)

後藤
「今回の政府側の発表で、ひとつ分からないのは日本の護衛艦がどこの位置に居たのかという発表が無い。
これを言ってもらわないと、どういう状況か客観的な評価が出来ない。
ロシア艦船が入った時も三つ巴の状況だったと防衛省は言っているが、どういう状況だったか発表が無い。
そこは日本側も国民が開示してもらいたい」


バカな。
日本の海自のP3C哨戒機の配置関係などの機密情報を開示する必要などさらさら無い。
「護衛艦」の場合も同様である。

朝日新聞が日本人のための新聞ではないことがよく分かるテレ朝「報ステ」であった。

【追記】
なお毎日新聞系のTBS「News 23」はこのニュースを完全スルーした。
毎日新聞も日本人の新聞ではない。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:48  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2016.06.15 (Wed)


舛添要一氏にエールを贈る7人の男たち


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

舛添氏を攻撃するのは無知なジジババである。

一夜明けた今日、舛添都知事が辞職を申し出た。
最後まで粘って都議会解散かと思ったが、意外な結末となった。
この所のマスメディアの加熱ぶりは凄まじい。

ところで、この舛添要一氏を擁護する7人の男が居る。
実際にはもっと多く居るが・・・
以下、7人の男の言い分をご紹介する。
それが誰であるか当てて頂こう。

1.ハーバー・ビジネス・オンライン(2016/6/14)
「舛添叩き」愚衆の極みである理由


「舛添氏のように政治資金を家族や自分の趣味のために支弁するのは確かに見苦しい。おそらくそうした行為は、選挙における得票数の拡大につながらぬであろう。だがそうした「非効率な政治資金の使用」の結果は、「当落」という形で、舛添氏個人が受け止めるべき代物に過ぎない。純然たる自己責任論の範疇でしかなく、他人がとやかく言う問題ではないのだ

(有権者は「他人」か。次の都知事選まで待てというのか)

「叩くとなったら、根拠不明でも叩く。法令違反を犯しているわけでもないのに、政治家を叩く。たかだか百数十万の、そして百数十万レベルだからこそ「庶民感覚」なるものに近い「他人のカネ遣い」で、政治家を屠る」

「こうした集団リンチ(法によらずに社会的な制裁を加えているのだから、狭義のリンチにさえ相当する)に熱狂するのも気持ち良いのだろう。しかし落ちた犬を叩いて溜飲を下げ快楽を貪っている傍で、景気対策や改憲など、極めて重要なイシューが争点となる参院選が刻一刻と近づいている。
 セコいオヤジを叩いている側こそが、極めてせこいレベルに陥っているように思えて、ならない」


(ネットではセコイ話よりも韓国人学校への土地貸与、韓国を中心とした「都市外交」を問題にしているのだ。
ちなみにハーバードビジネスまがいのこのサイトはリベラルサヨク系)

2.Blogos(2016/6/14)
舛添知事をギロチンにかけよと熱狂する民衆


「舛添都知事をギロチンにかけよという民衆の声が静まらない。
都議会でもマスコミでも、集団リンチが続いている。
ケチな追及を政治家や民衆が大真面目にやっている」

「テレビに識者で出てくる者も、辞任の必要はないなどと言おうものなら炎上して、次のテレビ出演はないだろう。
そもそも集団リンチに加わらない識者などメディアには声もかからない」

「石原元都知事のように、週3日しか都庁に出て来なくて、 舛添とは比較にならないほどの公私混同の贅沢三昧をして、 新銀行東京の設立に都税1400億円を突っ込んで失敗しても、民衆は全然怒らない。
民衆とはそうした愚昧な連中なのだ。
『民主主義という病い』はもう脳髄に達していて、
治療不可能である」


(元石原都知事が憎いのね)

3.ヤフーニュース(2016/6/14)
舛添知事騒動に陰謀説 政権与党がスピンコントロール


「混乱を作り出した原因は舛添さんですが、中身はかわいいもんですよ。『セコい』の一言で終わり!」

「事務的な力はすごく高い方、仕事はちゃんとする人です。私物化をしたことは責められて当然ですが」

「舛添さんには続けていただく。公私混同にかんしては返還していただくとして、あまりに叩かれすぎている。」

「甘利さんはなぜ叩かれないのだ!」


(ヒント: 自民党が嫌いなアホな素人政治家)

4.共同通信(2016/4/25)

「もともと国連平和維持活動(PKO)協力の推進などタカ派的立場だった舛添氏が降って湧いたような攻撃にさらされ、いつの間にか左翼扱いされている。非常に違和感がある」

(韓国人学校への土地貸与」の韓国寄りや「身勝手な都市外交」問題は無視。
共同通信ですから)

5.Blogos(2016/6/15)
「せこい都知事を攻撃したのは、もっとセコイ高齢者だったんじゃないのか」


「まあ、平日のワイドショーとか見てるのも、リタイアした暇な人が多い。この手の世論なんてその程度だ。そして、マスコミはヒマな高齢者に迎合して、くだらない質問をする。もっとも、その答えも相当に酷いようだが。
そして都議が聞く「世論」も年寄り中心なわけで、あっという間に知事を追い込んでしまった。


(中略)

高齢化が進むとはいえ、東京はまだ平均年齢はまだ若い方だ。投票行動次第では、シルバー民主主義に一矢報いるいい機会だと思う。

(ヒント)ネット右翼とレッテル張りした本を書いてでメシを喰っている男。

6.Netgeek(2016/5/16)
「舛添都知事の辞任は阻止しないといけない唯一つの理由」


「まあ叩くのはこれくらいにしといて仕事してもらいましょうや。しっかりと。叩いて辞任したらまた無駄金が使われるんだし。というわけでフルボッコにされても舛添さんやめないで下さい

「舛添さんをフルボッコして、50億円かけて選挙やって、つぎの都知事は、反原発で名を馳せた山本太郎さんとか、人気実力ともに申し分ないそのまんま東さんとか、元内閣総理大臣の鳩山由紀夫さんとかになるんでしょ?」


(小池百合子とか桜井俊総務事務次官とか居るでよ。もっとも桜井氏は固辞したが)

7.BLOGOS(2016/6/14)
 舛添都知事を辞任に追い込む有権者の行動の危うさ


「甘利大臣や石原都政への批判は大マスコミはほとんど報じず仕舞い」

「私たちは、舛添氏を辞職に追い込むだけでなく、それが何故、今回、このような舛添氏への批判の嵐になったのかを自らにも問うべきです。
 ただの自己満足だけの行動ではあってはならないということです」


(リテラを引用しているだけでアウト)

正解は・・・




1.菅野 完
2.小林よしのり
3.山本太郎
4.山本直人
5.古谷経衡
6.堀江貴文
7.猪野 亨

まあこうしてみると、チヤランポラン堀江を除いて、みんな左側の人たちである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

20:53  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |