FC2ブログ

2016.06.13 (Mon)


舛添都知事は辞任すべし


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

今日の都議会を見て

2016061401.jpg

 今日の舛添都知事に対する都議会の模様はタフで破廉恥な桝添氏とそれに挑戦する各党の質問の対決が鮮明になった。
冒頭の自民党鈴木隆道委員の質問は観ていて歯痒いものであった。
舛添氏を追い込むというより、申し開きを許すための質問としか聞こえなかった。
善人なのであろう。被疑者を問い詰める検事のような迫力に欠けていた。
この場合、人の良さは不要である。
あるいは舛添氏を都知事選挙で応援したという自民党の負い目が追求を鈍らせたのか。

 しかし官邸はもう舛添氏を見捨てているに違いない。
これ以上、彼が連綿として都知事の座にしがみついては、参院選挙戦で野党の格好の攻撃材料になることは目に見えているからである。
会議後の取材で民進党の岡田代表は早くも自民党の責任を追求して参院選に向けた攻勢を強めている。

 自民・鈴木委員の次に質問に立った公明党の松葉多美子議員の追求は厳しかった。
都内の一部で豪雨による避難勧告が出て被害が発生した時にも公用車で湯河原の別荘に行ったと暴露。
政治資金で購入した多数の美術品を収支報告書に記載していないのは資産隠しではないかと追求し、最後に辞職を要求した。

 共産党・曽根肇議員の追求は更に厳しかった。
自ら木更津のホテル三日月に宿泊して手に入れた領収書を示して、明細が切り離されたのは証拠隠滅だと糾した。
巨人戦に公用車で家族と観戦に出かけたのは、主催者ではない団体から家族と来てくれと招待されたが団体名は言えない、プロ野球を観に行ったのは東京五輪で野球が競技種目になるかもしれないからと苦しい答弁。
自民党の質問者の時には余裕綽々だった桝添氏の顔は緊張の色が浮かび始めた。
共産党はこういう時は怖いのである。

 民進党が質問したときにはテレビ各局は別の番組を流し東京MXだけが放送していたが、カメラの位置が悪く質問者の顔が助手の掲げるボードの陰で見えなかった。(NHKは放送していたのかも知れない)

 自民党を除く各会派が辞職を求めたが、舛添氏はリオ五輪が終わってから検討したいと延命を申し出た。
前回までは給与の一部返還を約束していたが、今回は全額返還を約束したがもう遅い。
(舛添氏が「私は全ての給料をご辞退申し上げて全身全霊・・・とまで言った時、議場に「アハハハ」という笑い声が沸き起こり、議長が「静粛に願います」と注意した)

 官邸は一刻も早く、かつて自民党が下野して一番苦しいときに後足で砂を掛ける様にして自民党を離党した裏切り者舛添要一のクビを取るべきである。

後任には小池百合子石原伸晃、民進党の似非?保守・長島昭久の各氏の名前が挙がっている。
安倍政権のお荷物、石原大臣が適任だと思うのだが。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:59  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(16)  |  EDIT  |  Top↑

2016.06.13 (Mon)


朝日新聞 吉永小百合の「武器より対話」を激賞する愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


ナパージュの国の二の舞になる

 清純派女優されている吉永小百合は年老いても心は清純そのもので、武器を持つから戦争になるのであるからして、対話が必要だと訴えたと朝日新聞が伝えた。

まったく年老いて世間に悪さをなす女優である。
誰か吉永小百合に現在の国際状況と日本の安全保障問題を御進講して、いつまでも乙女チックなお花畑で目が覚めないオバカさんの頭をゴツンとやってもらえないものか。

参院選を前に若者に訴えるそうだが、いまどき吉永小百合を知っている若者はいないだろう。
タモリが熱烈なサユリストだとは聞いているが、せいぜいこの年代までだ。

朝日新聞(2016/6/13)
吉永小百合さん「武器より対話を」 若者に投票呼びかけ

 安全保障関連法の廃止や投票率向上などを掲げる「関西市民連合」が12日、大阪市内で意見交換会を開き、聴衆約700人(主催者発表)が集まった。「戦争をする国になってはいけない」と訴え、若者に投票を呼びかける俳優の吉永小百合さんのメッセージが読み上げられ、会場から大きな拍手が送られた。
 吉永さんは「憲法9条を守って、武器ではなく対話で平和な世界を作っていきたい。私は強くそう思います」とつづり、10代の若者に「あなた達(たち)の思いを考えを一票に託して下さい」と語りかけるメッセージを寄せた。メッセージはリーフレットに印刷され、会場で配布された。
 関西市民連合メンバーの岡野八代・同志社大大学院グローバル・スタディーズ研究科教授が、吉永さんの所属事務所を通じ、手紙で意見交換会への出席を依頼したところ、吉永さんの自筆のメッセージがメールに添付されて届いた。岡野さんは吉永さんとは面識がなく、「まさか返事が来るとは」と驚いた。所属事務所からは「若者たちが、日本の政治に対して動いていることを応援します」と説明されたという。
 関西市民連合は、学生団体「SEALDs(シールズ) KANSAI」や「安保関連法に反対するママの会@大阪」などの有志が設立。参院選で野党統一候補の当選を目指している。意見交換会では憲法や福祉、経済をテーマに、市民や識者、国会議員ら計11人が登壇し、思いを訴えた。(吉川喬)
   
■吉永小百合さんのメッセージ(原文のまま)

 今、私達はしっかり考えて行動しなければいけない時です。
 戦争をする国になってはいけない。憲法9条を守って、武器ではなく対話で平和な世界を作っていきたい。私は強くそう思います
 初めて選挙権を持つ十代の皆さんもぜひ投票して、あなた達の思いを考えを一票に託して下さい。吉永小百合


(引用終わり)

いい年をして、まだこんな阿呆なことを言っている。
敗戦記念日の夏になれば、このオバカさんが登場して平和を祈る詩を朗読する。

先に当ブログの「お勧めの本」でご紹介した百田尚樹著「蛙の楽園」を贈呈したいものだ。

デイブレイクその他のパヨクご用達の吉永小百合は、今年の夏は「蛙の楽園」の一節でも朗読したらどうだ。

お玉杓子の尻尾がまだ残っている若い蛙は、小百合婆さんの説法に騙されては駄目だよ。
ウシガエルに滅ぼされるナパージュの国にならないために。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

13:39  |  バカ女シリーズ(続)  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |