FC2ブログ

2016.06.12 (Sun)


菅野 完「日本会議」の妄想


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

92箇所も間違いのある本を買う?

菅野 完の「日本会議の研究」(扶桑社)がバカ売れしているそうだ。
ウェブ記事の頃、チラリと読んだが要するに自民党の保守的な思想信条を根底から否定するのが目的の雑文であった。
早い話が「日本会議」は成長の家の信者で成り立っているということであった。

 しかし、自民党の選挙基盤であるという生長の家が今年の参院選で自民党候補者を支持しないと表明した。

JCASニュース(2016/6/10)
生長の家、参院選で「自民党不支持」表明 「日本会議」への元信者の関与が影響か



かつては自民党の大物議員を支援してきたことで知られる宗教法人「生長の家」が、16年夏の参院選では「与党とその候補者を支持しない」ことを決め、信者に周知するように求める文書を2016年6月9日付でウェブサイトに掲載した。
文書では、安保関連法案や原発再稼働などを否定しており、比較的野党の主張と近い。安倍政権を支えているとされる「日本会議」に「生長の家」出身者が関与していることには「誠に慚愧に耐えない思い」を表明するという異例の内容だ。

安倍政権は「私たちの信仰や信念と相容れない政策や政治運営」

生長の家は、創始者の谷口雅春氏が日本国憲法の破棄を主張していたこともあって、元々は「反共路線」。「生長の家政治連合」(生政連)などを通じて自民党を支援し、かつては「参院のドン」として知られた村上正邦・元参院議員会長などの大物議員も支援を受けて当選してきたことが知られていた。

(村上正邦なんぞ自民党のはみ出し者であり似非保守だ)


そんな中で発表されたのが「今夏の参議院選挙に対する生長の家の方針 『与党とその候補者を支持しない』」と題する文書だ。文書では、与党を支持しない理由を

「安倍政権は民主政治の根幹をなす立憲主義を軽視し、福島第一原発事故の惨禍を省みずに原発再稼働を強行し、海外に向かっては緊張を高め、原発の技術輸出に注力するなど、私たちの信仰や信念と相容れない政策や政治運営を行ってきた」

などと説明している。生長の家はメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設するなど再生可能エネルギーの活用に積極的で、原発再稼働とは反対の立場だ。安保関連法についても

「安倍政権は民主政治の根幹をなす立憲主義を軽視し、福島第一原発事故の惨禍を省みずに原発再稼働を強行し、海外に向かっては緊張を高め、原発の技術輸出に注力するなど、私たちの信仰や信念と相容れない政策や政治運営を行ってきた」

(立憲主義をケイシね。小林(変)節センセイやパヨクの常套句だ)

などと説明している。生長の家はメガソーラー(大規模太陽光発電所)を建設するなど再生可能エネルギーの活用に積極的で、原発再稼働とは反対の立場だ。安保関連法についても、

「中国や韓国などの周辺諸国との軋轢を増し、平和共存の道から遠ざかる可能性を生んでいます」

などと批判している。

(朝日・毎日の中国と話せば分かるという社説と同じ論調だ)

日本会議は「歴史的役割を終わった主張に固執」

文書では、安倍政権を強く支援しているとされる「日本会議」との関係について研究した書籍「日本会議の研究」(扶桑社)にも言及。日本会議に関与した「生長の家」出身者については「誠に慚愧に耐えない」とまで記している。

「元生長の家信者たちが、冷戦後の現代でも、冷戦時代に創始者によって説かれ、すでに歴史的役割を終わった主張に固執して、同書にあるような隠密的活動をおこなっていることに対し、誠に慚愧に耐えない思いを抱くものです」

こういった方針は団体としての「決定」で、文書は

「ここに会員・信徒への指針として周知を訴えるものです。合掌」

と結ばれている。

「日本会議の研究」については、日本会議が版元の扶桑社に対して「申し入れ書」を送ったことが明らかになっている。扶桑社には雑誌「正論」など保守論壇の一翼を担っているというイメージがあるだけに、「保守の『内ゲバ』」だという見方も出ていた。

(引用終わり)

 生長の家の創始者が憲法改正を主張していたのに、いまでは原発再稼動反対、中韓と仲良くしようなどと、およそ保守派とは思えぬ姿に変節しているのである。
そんな宗教団体の支援などいらないだろう。

それに菅野 完の本が先入観と悪意に満ちた読者誘導の書であることは少し読んだだけで分かるはずだ。
アマゾンの負の書評をみても分かる。

フェイスブックだかツゥィートだから知らないが、ベストセラーになった著者の思い上がった短いコメントに彼の浅薄な人間性がよく現れている。

「この本の中には分かっているだけで92箇所の間違いがある」

と、花田紀凱編集長「ちょっと右よりですが、週刊誌欠席裁判」の相方の⇒和田憲治氏が言っていた

その一部はアマゾンのカストマーレビューでも指摘されている。

なにせこの本のリードが・・・

「彼らは地道な運動を通し、「日本会議」をフロント団体として政権に影響を与えるまでに至った。
そして今、彼らの運動が結実し、日本の民主主義は殺されんとしている。」

というのだから著者の意図は明らかである。

まあ92箇所も間違いがある本など金を出して買う人の気が知れないといえよう。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:34  |  お勧めできない本  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2016.06.12 (Sun)


TBS「サンモニ」安倍政権は争点隠しだと


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

参院選を前に放送法違反だ

 今日のTBS「サンモニ」は相変わらず安倍政権批判。
参院選でSEALDs(シールズ)などの学生を市民運動だと高く評価し、新しい民主主義だと(笑)
その結果は参院選の結果で分かる。

TBS「サンモニ」(2016/6/12)
参院選へ "舌戦" スタート
舛添都知事の疑惑追及は

寺島実郎
「伊勢志摩サミットで安倍さんが『危機が迫っている』と言って他の国の首脳が首を傾げた。
先進国のなかで日本だけがほぼゼロ成長だ。
一部の企業が円安反転と株高である種のメリットを受けている。
しかし国民の可処分所得は横這い、消費もほとんど増えない。
金融をジャブジャブにすれば経済は良くなるという理論に野党が向き合う政策理論を持っているのかも問われる。
国民として3年半、なんとなくアベノミクスの効果はまだ出てないけども、見極めようじゃないかという程度の話でこの問題を見ちゃいけない、というのが今度の参院選の大きなテーマだ」


相変わらず持って回ったような口調でアベノミクスを批判する。
様々な数字を挙げてアベノミクスの効果はそこそこ出ているというのが稲田朋美政調会長をはじめ、自民党の言い分だが、それをどう受け止めるのか具体的にコメントしなければ意味が無い。

目加田説子(中央大学教授)
「野党の政策協定を主導したのは学生を中心にした市民連合側だ。政治家主導ではなくて市民団体主導で実現したことは注目に値する。新しい日本の政治の動きだ
安倍さんは自分が中心で、自分が動けば周りが付いて来るという考え方だが、本来は国民が中心であるべきだ。その事に対するこれまでの安倍政権の三年間を見ていて危機感を募らせている市民側が、このままでは、既存の政党には任せて置けないとこういう新しい動きになったという意味において、新しい民主主義のスタイルが見て取れる


 野党連合は金が無くなって一人区に候補者を立てられなくなった共産党の陰謀だったことは知られている。
安倍さんは民主主義に基づく総選挙で間接的に選ばれた首相であり、国民の民意を得てリーダーシップを取るのは当然である。
その何処が悪い。
「新しい民主主義」とかいうもののお手並み拝見としよう。
参院選挙の結果がその答えを出す。

中国軍艦の尖閣諸島接続水域侵入事件についても「日中の海上緊急連絡メカニズムが必要だ」というだけであっさり終わった。
中国脅威論を論ずる気配はさらさらなし。

【風をよむ】
参院選の「争点」

今回の選挙のテーマは経済だ
と安倍政権は「争点隠し」をしているとサンモニ。
国民は確かに経済再生を中心に考えてるが、民主党の岡田代表は・・・

岡田(VTR)
「前回は『アベノミクス この道しかない』といいながら、選挙が終われで安保法制の議論に熱中して経済の『け』の字も無かった」


安保法制の議論に熱中したのは民主党などの野党のせいだとは言わない。

志位和夫共産党委員長
「これを二度やってきた。三度目は通用しないとはっきり言いたい」


二度あることは三度ある。

ナレーション
「自民党の選挙公約を見ても、アベノミクスや外交の成果を写真つきでアピールしたが、最後にようやく憲法改正の文字が見えてくる」

【国民合意の上に憲法改正】


岸井成格は先週、最後に一行しか書いてないというのは嘘だった。
ちゃんと11行も「憲法改正を目指す」と書いてある。

3年前は経済再生を謳って選挙に勝ったが、その5ヵ月後に特定秘密保護法を成立させた。
翌年にはアベノミクス解散といいながら安保法制を成立させた。

ナレーション
町の人はどう受け止めているのでしょう。

「選挙なんでね、国民受けるように持って行くと思う」

2016061201.jpg

「カモフラージュのような気がします。もう『またか』という感じ」

「最終目的は憲法改正じゃないですか?そのために経済でも何でもくっついてくる」

ナレーション
「自民党のポスターに書かれた『自民党この道を前へ』のこの道とは一体どんな道でしょうか?」


この道はいつか来た道、戦争への道だと言いたいらしい。

関口 宏
「この番組はねえ、何回も何回も選挙を見てきた番組ですけどね。有権者の関心の1位はどうしても経済になるんだよね。だから政治家の方も、そこを何とかしようという気持ちは分からんでもないけれども、選挙が終わってみると違うことが決まっている。これが繰り返されている、最近」

岸井成格
「さっきの街の声もカモフラージュで経済を出してるんじゃないかという声もある。
前回と前々回と特定秘密保護法と安保法制になった。
これは今回またやられることになると、与党は宿願の3分の2の議席を獲得すれば、一気に今度は憲法9条改正に着手する。そういう事はありうるということだ。
こう続いてくると安倍政権のこういうやり方はひとつの選挙戦略になってるんじゃないかという気がする。
一種の争点隠しだ。
一昨日の毎日新聞の社説で大きく書いていたが、どうもこの政権は選挙になると本音を隠す、争点隠しをする、隠れ蓑に使っていると。
今度の選挙はそういう政治そのものを問わなければいけないのではないかと問題提起している。
憲法と安保を与党はどうしても争点にしたくない。選対関係者はそれをやると票が逃げると。
有権者はそこを狙われている」


 今まではピポーンとチャイムがなって「はいコマーシャル」と中断して、再開後、岸井成格がメインキャスターよろしく纏めていたが、Ponkoの再三の指摘を読んだせいか、今回初めてこのパターンを止めて寺島実郎が最後を纏めた(笑)

安倍政権の「争点隠し」を騒ぎ立てるのは、同じことを言っている民主党岡田党首の片棒を担いでいることになる。
まだ公示前だが、果たしてTBSは選挙法と放送法の双方に違反しているのではないか?

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

12:34  |  2016参院選  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |