FC2ブログ

2016.06.09 (Thu)


本日のお笑い政治ニュース


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

岸井成格、谷亮子、枝野幸男の愉快な面々

 朝日新聞並みの反日偏向ニュースを配信する共同通信社が、岸井成格センセイが「報道の自由が危ない」と相変わらずの被害妄想狂ぶりを発揮していると報じている。

言うに事欠いて「文明の転換点だ」と(笑)
安倍首相も大したもんだ。
日本の文明の転換点に立った大政治家である。

いや、実は別の意味でそうかもしれない。
戦後70年間誰しも指1本触れることの出来なかった不磨の大典「日本国憲法」、実はアメリカの占領軍が素人の書き手に僅か2週間で書き上げさせたという日本国憲法を変えてしまおうとしているのである。

戦後利得者と中国や韓国、および在日工作員にとっては一大事である。

共同通信(2016/6/9)
報道の自由、岸井さん強い懸念
集会で「状況は深刻」


 「安倍政権と報道の自由」と題した市民集会が9日、東京・永田町の参院議員会館で開かれた。TBSの報道番「NEWS23」を今春降板した岸井成格さんが講演し、「政権与党への批判を許さない空気が広がっている。文明の転換点にあるといえるほど、政治とメディアの状況は深刻だ」と強い懸念を訴えた。
 「改憲問題対策法律家6団体連絡会」の主催。岸井さんは、政権与党からの要請などをテレビ報道の現場が忖度し「自粛や自制で萎縮している」と指摘。TBS「報道特集」キャスターの金平茂紀さんも「良心的ジャーナリストが孤立して、自信を失っている」と実情を報告した。


(引用終わり)

花田紀凱編集長が言っていたが、どのキャスターも政府から圧力を受けたとは言っていない、仮に受けたとすれば上役や経営者だろう。だから文句を言うなら上役に言えと。
金平氏は制作者側だからおかしいだろうとも。

岸井センセイは圧力を受けたと言いながら、現在TBS「サンモニ」では言いたい放題。
小川榮太郎氏からの公開討論の呼びかけにも逃げ隠れして出て来ないくせに、こんな所でオダを上げている。
まことに恥かしい男である。

 柔ちゃんこと谷亮子氏が政界引退の危機に陥っている。
どういうわけか元々あまり好感を抱いていなかっ女子柔道の谷亮子氏が政界入りすると言ったとき違和感を覚えた記憶がある。
政治の世界に入るよりも柔道界で後輩を育てた方が、その名声を長続きさせることが出来るのにと思った。
しかも組んだ相手は小沢一郎氏である。
その行く末は十分想像できた。
谷議員は鳴かず飛ばずの末、小沢一郎氏と共に政界の隅に追いやられた。
そして今回「生活の党とナンタラカンタラ党」からの参院選出馬はしないと表明した。
落選することは間違いないからである。

産経ニュース(2016/6/9)
【2016参院選】
谷亮子氏 生活からの参院選不出馬表明 今後は与野党問わず「柔軟対応」


2016061001.jpg

 生活の党と山本太郎となかまたちの谷亮子副代表(参院比例)は9日、国会内で記者会見し、改選を迎える今回の参院選に同党から出馬しないと表明した。すでに小沢一郎代表に不出馬を伝達した。他党からの立候補の可能性については、与野党を問わず「お話があれば柔軟に対応する」と述べ、政治活動の継続に含みをもたせた。

(引用終わり)

産経ニュースの「柔軟に対応」は「柔ちゃん」に掛けたのかもしれない(笑)
「政治活動の継続に含みを持たせた」というが、誰も声をかけないだろうと書いていたところがあった。
いまそのソースを確認しようとしたが不明。

「民進党の岡田克也代表(62)は、この日の会見で『我々の参院選の公約を受け入れるという前提で、民進党の比例名簿で他党の方が出ることには門戸を開けている』と言及」(スポーツ報知)というから、小沢一郎氏と飛び出した民主党(民進党)に戻るかも知れない。

彼女が6年間何をしたのか一向に分からないから、また議員になっても税金の無駄遣いだろう。

朝日新聞が枝野幸男民進党幹事長氏の街頭演説を紹介して民進党のPRをしている。
まあ産経新聞も安倍首相の地方遊説を詳細に紹介しているからどっちもどっちだが。

朝日新聞(同上)
「自民党は盗っ人たけだけしい」 民進・枝野氏


■枝野幸男・民進党幹事長

 安倍首相は、野党民進党には対案がないとおっしゃっています。冗談じゃありません。私たちにはしっかりとした対案がある。消費を伸ばすため、子育て支援の充実や老後の安心、あるいは雇用の安定と賃金の底上げ、これが必要だと訴えている。介護職員や保育士の処遇改善の対案を国会に示している。無視し続けてきたのは安倍首相ご自身です。しかも選挙が近くなって、どうも民進党の言っていることの方が国民の理解を得られそうだ。そうなったら何をやったか、自民党の公約に、例えば同一労働同一賃金とか、介護、保育士さんの処遇改善とか、私たちがずっと対案を示して訴えてきたことの見出しだけを盗んで、なんとなくそっちに進むような印象を有権者に与えようとしています。(それなのに)対案がないと批判する。盗っ人たけだけしい。(9日、金沢市内の街頭演説で)


(引用終わり)

 対案という以上、お題目を上げるのではなくて具体的な実現方法まで提案しなければ対案とは言えない。
民進党は「安保法制に反対することが対案」などと馬鹿なことを言っている。
有権者受けのする政策などいくらでも言える。
それを実現できるかどうかだ。

かつて民主党政権は調子のいい事を言って「一度は民主党に任せてみようか」という実に無責任な有権者が民主党政権を実現してしまい酷い目にあった。

民主党政権時代のマイナスイメージを払拭しようとして「民主党」の看板を「民進党」に変えただけの話。
共産党と共闘するなどと言い出してますますマイナスイメージを増幅させている。

「安倍政治を支えている人たちは、安倍自民党が『保守』だと勘違いしている。ここを引きはがさなければ勝てない。われわれこそが保守なんだと言わないと勝てません」(6月5日枝野幹事長)

と言ったって、誰が見ても安倍自民党はとりあえず「保守」だろう。
保守とは日本の正しい歴史観や伝統的な文化を守ろうとすることである。
もっとも憲法を改正しようというのだから革新とも言えるし、それを死守しょうという反日民進党は保守とも言える。

「我が党は保守だ」と言えば勝てると思っている枝野クン哀れ!

政治家達の言葉に騙されないで参院選挙に臨みたいものだ。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:26  |  2016参院選  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑

2016.06.09 (Thu)


中国の日本侵略に気づかぬ有権者哀れ


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

中国と日本共産党にご用心

 鈴木宗男氏の娘貴子氏は民主党からの脱党を表明して除名されたが今年3月、「共産党は公安調査庁の『破壊活動防止法案(破防法)』に基づく調査対象団体として指定されているか」という質問趣意書を政府に提出し、安倍内閣総理大臣名で「日本共産党は、現在においても、破壊活動防止法に基づく調査対象団体である」という答弁を得た。

これで初めて日本共産党がまだ破防法の対象であることを知った諸兄姉も多いと思う。
実はPonkoもその一人である。

こんな恐ろしい政党と党勢衰退のためとは言え民進党が組もうとしていることに危機感を抱く有権者や、それを指摘するマスメディアは極めて少ない。

天皇制(共産党用語であり、そんな制度はない)を否定する共産党が皇室行事に参加したり、北海道5区の補選でも・・・

小池晃書記局長
「私の顔を見てほしい。暴力革命の党に見えますか?」(2016/4/21)


と訴えた。

しかし騙されてはならない、共産党が市民権を得たら大変な事になると警告を発する言論人も居る。

JBpress(2016/6/8)
ひた隠す爪をむき出しにされる日本共産党 
顔では分からない暴力革命政党の裏側
(森 清勇)


「日本が支那事変を戦ったのは主として共産主義の脅威があったからであるが、米国は日本ではなく蒋介石の支那を支援し日本と戦わせて疲弊させ、結果的に毛沢東の政権獲得を助けたことになる。それが今や巨竜と化しつつある共産中国の出現につながっていることは言うまでもない。」

 大東亜戦争に突入した過去の日本をいたずらに批判する左翼の策略に騙されてはならない。
それは日本にいつまでも謝罪を求める中国の外交戦略の手先だからである。
9条信奉者はその手先と、手先に騙された人たちである。

【民共合作は吉か凶か】

 共産党の主導で、民進党との間で「民共合作」なる言葉で言い表されている参議院選挙の協力が実現している。合併しても支持率が思うように上がらない民進党としては、藁をもつかむ思いの握手に違いない。


(中略)

基本理念が根本的に異なるにもかかわらず「戦争法反対」を「参院選挙に限ってならば」というくらいの気持ちで共産党からの呼びかけに応じたと言いたいに違いない。
 そうでも繕わなければ、日本の国家体制の在り方で全く異なる政党と協力関係を結ぶということは「野合」以外の何物でもなく、支持している団体からさえ支持されなくなりかねないからである。
 しかし「民進党の会合にも共産党の活動家たちは堂々と顔を出せるようになり、民進党の地方組織は共産党によって取り込まれていくことになるだろう」として「民共合作」の怖さを述べるのは評論家の江崎道朗氏(『正論』2016.5)である。(江崎氏は民進党となって以降も敢えて民主党と記しているが、筆者がここでは民進党と記した)。

 ただ、筆者には「民共合作」という言葉から、隣国における1920年代から30年代にかけての「国共合作」が連想されて仕方がない。対日統一戦線が目的であったにことは確かであろうが、共産党の巧みな戦術で、国民党が辛酸を舐め、窮地に追いやられてしまった教訓である。」

(引用終わり)

 筆者の言う「民共合作」とは蒋介石の国民党が毛沢東の中国共産党の誘いに乗って協力して日本と戦ったが、日本が満州から手を引くと毛沢東は蒋介石を台湾まで追い落としてしまったという史実を指す。
筆者は最後に小池晃書記局長は「だいたい、志位委員長とか、私の顔を見てほしい。暴力革命の党に見えますか? 極めて平和的な人間だ」と言っているとし・・・

「共産党は一切れの権力でも手に入れたら、普段の国民向けの微笑はかなぐり捨てて、実力行使に及ぶと考えておいた方がよい。共産党に市民権を与えてはならない」という元共産党員だった藤岡信勝拓大客員教授の言葉(『正論』2016.6)を引用して結語としている。

共産党や中国に甘い顔をしてはダメだということである。

 中国にいい顔をして漬け込まれているのはオバマ大統領のアメリカである。
南シナ海で中国が着々と人工島を造り軍事基地化しているにも関わらず阻止できないアメリカである。

同じJB pressで米海軍関係者の反対にも関わらず、今年も中国が堂々とリムパックに参加すると批判している。
前回は中国がスパイ艦を送り込んで情報収集したにも関わらずである。

JBpress(2016/6/9)
大迷惑な中国海軍、またもリムパックに堂々参加
前回はスパイ艦で情報収集、それでも招待する米国
北村 淳


その中国の軍艦が今日、尖閣諸島周辺の接続水域に侵入した。
日本が外交ルートで抗議したのは勿論だが、自衛隊の統合幕僚長が「日本の領海に侵入したら相応の対応をする」と述べた。
しかし「相応の対応」とは、まず海上保安庁が対応し、対応できなくなったら海上自衛隊が出動するということである
敵が大将を出して来たのにこちらが先鋒では勝てる筈がない。
たいした火器を持たずに中国海軍と戦う海保が哀れである。
こんなところ戦後平和主義の歪んだ様相が見て取れる。

産経ニュース(同上)
自衛隊トップが“警告” 「中国艦、領海侵入なら相応の対応」


民進党が共産党と組んで安保法制反対、憲法改正反対を叫んでいる間に、中国の日本侵略作戦は着々と進んでいる。
それに気づかぬ日本の有権者は哀れである。
いや「哀れ」などと言っているヒマはない。日本が無くなってしまう。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

20:43  |  2016参院選  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2016.06.09 (Thu)


安倍首相の赤ワイン山梨県遊説が絶妙!


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

結集できない野党哀れ

安倍首相の今日の山梨県での地方遊説演説の内容を読むと、思わず引き込まれてしまう、実に上手い演説だなと感心する。

⇒産経ニュース(2016/6/8)
安倍首相「民進党は共産党と一緒になってどんな経済政策を考える? 答えは何もない。無責任だ」 街頭演説の詳報


 野党がアベノミクスは失敗だというが、民主党政権時代に比べて全国の有効求人倍率は山梨県を含む全ての地方で1以上になった、山梨県のパートの最低賃金も時給も3年間で42円上がった、110万人の新しい雇用を生んだ、民主党政権時代は逆に10万人減った等々。
しかしアベノミクスはまだ道半ばだからこれから強い経済を作りデフレから脱却する

山梨県出身のノーベル賞受賞者を褒め称え、地方の活性化に尽力するとし、伊勢志摩サミットで山梨県産のワインを出したら、キャメロン英首相、メルケル独首相、オランド仏大統領が美味しそうに飲んだ、世界ブランドになったと山梨県民の心をくすぐる。オバマ大統領の名前は出て来なかったが、やはりワインと言えばヨーロッパが似合う。(アメリカにはバーボンがお似合いか)

 一方で民進党が共産党と共闘するのは無責任だ、なぜなら共産党は日米同盟廃棄と自衛隊の解散を主張していると有権者の共産党アレルギーを刺激する。
山梨県の雪害で孤立した家を回って救出してくれたのは自衛隊だ、熊本地震でも活躍してくれたと分かりやすく直訴。
この選挙区は全国で最も厳しい選挙区だが、この選挙区から世界に向かって日本は前進を選んだと発信をしていこうと結んだ。

山梨県はご存知の通り山梨日教組の組織力が全国でトップクラスだと言われている。
反日教育は勿論のこと、教師は生徒をほったらかしにして左翼候補の選挙運動に出掛ける。
日教組の新年会で「教育に中立はあり得ない」と豪語した民主党の輿石東幹事長(当時)は参議院のドンと言われ山梨県選出だ。今年の参院選には出馬せず政界からの引退を表明した。

赤の大地北海道や赤ワインの山梨県で自民党がパヨク政党を駆逐できれば、「日本は前進を選んだ」と言えよう。

 前記事でマニフェスト(最近では死語になったが)と書いたが、どうやら民進党はマニフェストという言葉を使わないことに決めたらしい。
新しくは「重点政策・国民との約束」というカッタルイ呼称だそうだ。

産経新聞は「看板倒れに終わった旧民主党政権のマニフェストのイメージを払拭する狙いがありそうだ」とズバリ見抜いている。

⇒【2016参院選】民進が「マニフェスト」やめます!(同上)

民進党は8日、参院選公約について、従来の「マニフェスト(政権公約)」の表現を使わず「重点政策・国民との約束」との標題にすることを決めた。
 党幹部は「政権選択選挙ではないので『政権公約』の表現はなじまない」と説明するが、看板倒れに終わった旧民主党政権のマニフェストのイメージを払(ふっ)拭(しょく)する狙いがありそうだ。岡田克也代表らが15日に記者会見して発表する。
 参院選ポスターのキャッチコピーは、改憲勢力による3分の2以上の議席獲得阻止を訴える「まず、3分の2をとらせない」などを軸に最終調整する。


 なにせ民進党の選挙基盤である連合の会長が民進党を軸に比例代表の統一名簿を作ろうとしたが、「みんなが寄る兆しがないので止めた」と匙を投げたほど民進党の人気は地に落ちている。
この場合、「みんな」とは共産党、社民党その他の野党連合である。

⇒産経新聞(同上)
連合会長、統一名簿構想を断念 「『民進』にみんなが寄る兆しない」


連合の神津里季生会長は8日、夏の参院選比例代表で民進党を軸に統一名簿をつくる構想を断念する考えを示唆した。
 東京都内で記者団に「『民進』という名前の統一名簿に(反自公勢力の)みんなが寄るべきだが、そうなる兆しは今のところはない」と語った。


 政治団体「国民怒りの声」代表の小林(変)節センセイも「寄らなかった」一人で、連合の神津里季生会長が6日、民進党の比例名簿に登載して比例票の底上げを図ったが、アッサリ断られた。

⇒東京新聞(2016/6/7)
民進との共闘を小林節氏が拒否 連合会長と協議決裂


 連合の神津里季生会長は六日、政治団体「国民怒りの声」代表を務める小林節慶応大名誉教授と東京都内のホテルで会談し、参院選比例代表での民進党との共闘を提案した。民進党の比例名簿に小林氏らを登載し、比例票の底上げを図る狙い。小林氏は「民進党とは目指すところが違う」として拒否した。複数の出席者が明らかにした。
 出席者によると、神津氏は会談で「全野党が一つになって戦うべきだ。民進党の名前に結集してくれないか」と打診した。これに対し小林氏は「政策を打ち出せない民進党と一緒にやっても意味がない」と述べ、協議は決裂したという


とはいうものの、小林センセイも果たして 選挙運動が認められる10人以上の候補者を22日の公示までに準備できるのか極めて疑問である。
魑魅魍魎の蠢(うごめ)く政治の世界から足を洗って象牙の塔に引きこもったほうが身のためだと申し上げる。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

00:06  |  2016参院選  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |