FC2ブログ

2016.06.08 (Wed)


TBS「サンモニ」参院選前に安倍叩き!!


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

安倍首相がマニフェストの最後の一行を実現!

TBSの安倍政権批判オンリーの偏向報道は続く。

TBS「ひるおび」(2016/6/5)
風をよむ
この国のわかれ道「参院選」

関口 宏
「みなさんにとっての参院選、どうでしょう」

姜尚中
「安倍さんの言葉でやっぱり一番気になるのは『国民の信を問う』ということですね。
国民の信を問うというのが経済政策だけに限ったことなのか、結果としてこれは政権の信が結局、皆さんから承認されたと。だから全権委任だということで、そうすると、経済政策以外のテーマを自分がやっぱり自発的に、まあ正直言うと、自分の、まあ腹積もりで全て決めていいんだとなるとですね、これが非常に問題で、ですから安倍さんは一言も『国民の信を問う』というその何を問うのかと言ってない
ですからこれまでの安倍さんの選挙のパターンを見ると、結局アベノミクスを出して、それで信が問われて承認を受けると全権委任だ、ある種のやっぱり独裁てのはまあちょっと過激な表現ですけど、安倍さん独りで全て決めていいという。
自民党の中にも政権中枢の中にもチェック機能が無い。
ですからはっきりと、何の信を問うているのかということを明らかにして欲しい」


 選挙を戦うには選挙演説があり、いわゆるマニフェスト(最近では死語になったが)を示して与野党が戦うわけだから、勝てば信を得たと考えることのどこが悪いのか。
それが民主主義というものだ。
公約も無い選挙をしたとでもいうのか?
与党内にチェック機構が無いなどとはとんだ認識不足だ。
党内の権力争いは熾烈を極めている。
ただ今のところ安倍一強になっているだけだ。
安倍首相の人心掌握術なのか、正論が説得力になっているのか。
内閣支持率が高いことも要因になっている。

 いままで安倍首相ほど国際政治の中で活躍している総理大臣は見たことが無い。
日本の国際的な信頼は高まっている。

関口 宏
「野党がその辺を追及しなきゃいけない」

幸田真音(作家)
「今年は選挙の年ですね。アメリカも選挙あるし、今月イギリスでEU離脱かも投票ですけど。
見てるとみんな人気取り。世界中が人気で選挙を勝とうというのが物凄くカラーとして出ている。
これ危ないんですよね。
参議院は忘れちゃいけないのは6年ですよね、任期が。
てことは決めた人が6年続くということなので、18歳の子達は今日本が借金の残高が今年一年間のGDPの2.5倍に積み上がってる。
100%超えてるのは日本とギリシャとイタリアとアメリカはまあ100パーぐらい

これみんなこの若い人たちの将来に関わることなので、この辺も是非、経済対策は政治家が一番票が取れるとこなのでいいんですけどね、長い目で見てということを考えて欲しいと思いますね」


日本をギリシャやイタリアと一緒にするオバカさん。
いまどき、もうそんなことを言ってる人は誰もいない。

財務省の手先か。

菅直人が首相だったとき、外国の会議から帰国して成田から「大変だ!日本がギリシャの二の舞になる」と民主党の幹部に電話したというのは有名な話。

谷口真由美(大阪国際大学准教授 全日本おばちゃん党)
「さっきのVTRで3月の安保論争の時にあったんですけど、安倍総理が なものだからもう議論しなくていいんだみたいな事仰ってたんですけど、国会は最高機関で国会で大事なことを決めると、それと立法機関なんだと言うのですけど、大事な事を決めるということから自分達のやった事はベストなんだからもう議論しなくていいというあの姿勢がまったく立法府というか国会が体を成してないと思うんですよね。
それはひいては自民党が中でもうちょっと、ちゃんと批判勢力というものが無かったら駄目だと思うんですけども、自民党の中から異論が出てないように見えているのが物凄く気持ち悪くて、で、最近学生とかと接して思うんですけど、権力を批判することが例えば反日だとか売国奴だと言われるんですけども、権力を批判することは非常に大事なことなんでね、非難とは違うということをキッチリと分かった上で、議論しなきゃいけないですよね」


谷口オバさん、あなたのは批判ではなくて明らかに根拠の無い「ためにする」非難です。
反日でありむ売国奴です。


「総理の会見聞いてて、冒頭のところで『有効求人倍率が全国で1.1倍にになったと誇らしげに言ってたんですけど、いま少子高齢化で働き手の人口が減ってるので、政府が何にもしなくても有効求人倍率は増えて行くわけですね
むしろ今回の自民党の公約の中でも、保育の受け皿50万人、介護の基盤を50万人増やすと数字だけはフカしてるわけですけど、この間で現実問題で言うと人材の奪い合いが起こっていく。
出来もしないことを数字でそれぞれフカしていって、それで信を問われてもそれは困るわけで、さつき姜さんがおっしゃったように、この信を問うとうのは何を問おうとしているのか、もう一回キチンと言ってほしい。
あの会見全体でボンヤリとした信ではない、そこを野党もあなたは何を信を問うとしているのかをもう一回言ってくれとやるべきですね」


無茶苦茶である。
求人倍率が 1.0 より高いということは、仕事を探している人の数よりも求人のほうが多いということであり、労働人口が減っていくこととはまったく関係ない。

ここでお約束のチャイムが鳴ってCM

岸井成格(メインキャスターよろしく)
「今日、何信を問うのかというのが問題になりましたけど、ヒジョーに私、気になってるのはね、アベノミクスが失敗したのかどうかというひとつのアレもあるかも知れないけども、一番大きいのはね、いま自民党内、あるいは政府与党内で何を一番問題にしてるかというと、安保も憲法も票にならない、票が逃げるから争点化しないという争点隠しなんですよね。

 これで思い出すんですけどね、三年前の選挙の時はアベノミクス、三本の矢ってやったんですよ。
終わったとたんに国会でやったのは特定秘密保護法、一気にやっちゃったですよ。
それで一年半前の総選挙の時は何を訴えたかって言ったら、まさに消費増税の先送りだったんですよ。
これで信を問いますって言ったんですよ。
そしたら、終わったら安保だったわけでしょ。
これはね、どうも安倍戦略ちゅうかな、安倍内閣のまったく基本的な戦略なんでね。
選挙でアベノミクス、経済、景気、だけど終わったら違いますよって。
じゃあ今回なにやるのかな。
憲法改正、隠していいんですかねというのがひとつの大きな問題ではないでしようかねえ

関口
「マニフェストてのは注意して見なきゃいけませんねえ」

岸井
「必ず最後には一行書いてはあるんですよ。書いてはあるんですけどね」


他のコメンテーター達は安倍総理が「信を問う」と言っても何の信を問うのか分からないと盛んに言っていたが、矛盾しているではないか。

安倍さんがいろいろ公約して選挙に勝ったらマニフェストの最後の一行に書いてあった憲法改正をやってしまうなんて素晴らしいことではないか。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2


テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

01:34  |  2016参院選  |  TB(0)  |  CM(7)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |