FC2ブログ

2016.05.18 (Wed)


ピースボートが海賊怖い海自助けて!


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

パヨクの身勝手は国を滅ぼす

 民進党の辻清美議員が主宰する若者たちの反戦ボート、ピースボートが海賊の出没する海域を通過するのが怖くて海自の護衛を頼んだという笑い話が随分昔あったが、まだやっているらしい。
いまでもピースボートの「世界一周」のポスターをあちこちで見かけるが、掲示している店はピースボートの正体を知っているのかといつも思う。

安保法制は戦争法制だと喚く連中はピースボートの主催者とまったく同じである。

⇒産経ニュース(2016/5/17)
「『危ないときは守って』はムシがいい」
ソマリア沖で海上自衛隊の護衛艦がピースボートを護衛


2016051801.jpg
アデン湾でピースボートの旅客船(奥)を護衛する海上自衛隊の護衛艦「ゆうぎり」(防衛省・自衛隊提供)

 海賊対処のためアフリカ・ソマリア沖に展開中の海上自衛隊の護衛艦が、民間国際交流団体「ピースボート」の船旅の旅客船を護衛していたことが17日、分かった。ピースボートは海賊対策での海自派遣に反対しており、主張との矛盾に批判も出ている。
 海自の護衛艦「ゆうぎり」は今月3~4日にかけ、ソマリア沖・アデン湾を航行するピースボートの船旅の旅客船を護衛。船旅の企画・実施会社が国交省を通じて海自に護衛依頼をしたとみられ、ピースボート側は「コメントする立場にない」としている
 ただ、ピースボートは海自派遣に反対の立場なだけに「『危ないときは守って!』というのはムシがいい」(自民党国防族)との指摘も出ている。
 ピースボートは民進党の辻元清美衆院議員が早稲田大在学中の昭和58年に設立。船旅は寄港地のNGO(非政府組織)や学生らと交流を図ることなどを目的としている。


(引用終わり)

海自に護衛を頼みながら「コメントする立場に無い」と偉そうに。
何様だと思っているのだ。

2016051802(1).jpg

 自民党に船田元という議員がいる。
憲法改正推進本部長のくせに安全保障関連法をめぐる昨年6月の衆院憲法審査会の参考人質疑に朝日新聞とベッタリの長谷部恭男早大教授を推薦して憲法学者3人が全員憲法違反だとして安保法制反対の機運が一気に盛り上がった、あの罪深い男である。
当然のことながら即更迭されたが、もはや時既に遅し。いまだに安保法制に反対する動きは止まない。

 しかし、この男、調べてみると夫婦別姓賛成というから保守でもなんでもない。
それを証明したのが、朝日新聞のAERAに載った記事。
安倍首相が提唱する伝統的家族観を根底から否定する発言をしている。
こんな議員は自民党から追い出すべきである。

⇒dot AERA(同上)
自民党の憲法改正草案 24条は「言い過ぎてしまった」?


「改憲」といえば、9条ばかりに目がいくが、論点はほかにもある。自民党の改正草案を見ると、改憲でこの国の形がどうなるかが見えてくる。
 自民党の改正草案には規定が新設された条文がいくつかあるが、その一つが24条だ。自民草案では第1項に「家族は、互いに助け合わなければならない」という規定を新たに設けた。草案Q&Aでは、「昨今、家族の絆が薄くなってきていると言われています。こうしたことに鑑みて」と、理由を説明。さらに、「党内議論では、『親子の扶養義務についても明文の規定を置くべきである』との意見もありましたが、それは基本的に法律事項であることや、『家族は、互いに助け合わなければならない』という規定を置いたことから、採用しませんでした」と書いてある。

 そもそも、「昨今」の家族のカタチで最も多いのが一人暮らしだ。10年の国勢調査では単独世帯が32.4%を占めた。それ以外にも同性婚や事実婚、シングルで出産、LGBTカップルなど家族の形態も機能も多様化してきているが、自民草案はその変化を逆戻りさせるものだ
 安倍首相の著書『新しい国へ』の中にはこんな記述もある。

「『お父さんとお母さんと子どもがいて、おじいちゃんもおばあちゃんも含めてみんな家族だ』という家族観と、『そういう家族が仲良く暮らすのがいちばんの幸せだ』という価値観は、守り続けていくべきだ」

 昨年2月の参院本会議で、安倍首相は同性婚について「現行憲法の下では、同性カップルに婚姻の成立を認めることは想定されていない」と答弁。また、昨年12月、夫婦が同じ姓を名乗る民法の規定について、最高裁大法廷は「合理性があり合憲」とする初の憲法判断を示し、選択的夫婦別姓も認めなかった。
LGBT支援法律家ネットワークのメンバーで日野市民法律事務所の加藤慶二弁護士は、LGBTの当事者たちは、相続が認められず、所得税などの配偶者控除が受けられないなど、差別的扱いを受けており、いまだ同性カップルの存在が可視化されているとは言いがたいと指摘する。
「マイノリティーであるがゆえに、社会のインフラからこぼれ落ちる人たちが大勢いる。家族のあり方はさまざまで、国家が生き方を示したり、家族のかたちについて強制したりするべきではないと思います
 東京都健康長寿医療センター研究所研究員の平山亮さんも新しい家族の形態が増えている現状を踏まえてこう話す。

「もし時代に合わせて憲法を改正するというなら、多様な家族を認める憲法にすべきです」

 自民党の憲法改正推進本部で本部長代行を務める船田元・衆院議員に、家族の規定の新設について尋ねてみると、「改正草案は自民党が野党のときにつくったもので、『とにかく政権を奪還しなければ』という自民党内の熱が反映されすぎて、党内でも右寄りという印象で、言いすぎてしまった部分が何カ所かある。その一つが『家族』の規定。私たちはこの草案をそのまま押し付けるつもりはなく、これを材料にして、野党ともよく話し合っていきたい」
「改憲」の足音はたしかに近づいてきている。私たち一人ひとりが、その内容について無関心ではいられない。(アエラ編集部)


(引用終わり)

安倍首相の考え方に100%賛同する。

祖父母から孫までの三世代住宅を新・改築した場合に国が補助金を出すという政府案があったが、パヨクメディアが一斉に反対していた。
そんな金持ちに補助金を出す必要は無いというルサンチマン(怨嗟思想)。
玄関が二つ、台所が二つなどとは贅沢だとか。

パヨクは「そもそも、『昨今』の家族のカタチで最も多いのが一人暮らしだ」などと意気がっている。
なぜ一人暮らしが増えたのか?
それは家族のカタチの多様化などというものではなくて、家族の絆が壊れてしまったからだ。
AERAは一人暮らしの末の孤独死を歓迎するのか?
「多用な家族の形態を認めるべき」などと馬鹿なことを言っているから日本の家族の絆が失われ、ひいては日本の活力、国力が失われていくのだ。

どうして日本はこんなことになってしまったのか。
おそらく中国などの反日国家の裏工作が効を奏しているのである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:50  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |