FC2ブログ

2016.03.06 (Sun)


岸井成格「電波停止」に怒りまくったとサンモニで放言


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

懲りない面々の電波は停止すべし

 テレビのニュースキャスターやコメンテーターたちが高市総務相の電波停止に「私たちは怒っています!」と横断幕を広げて抗議集会を開いたのには笑えた。
本人達が一所懸命であればある程、滑稽に見えてくるのはなぜなのか。
それは彼等がいまやその発言の影響力をまったく失った過去の亡者であり、日本の戦後体制をいたずらに長引かせた張本人だからでもある。
しかし、岸井成格はまだ反省する気もなく、「サンモニ」で気勢を上げた。

TBS「サンモニ」(2016/3/6)
高市総務相の"電波停止"に抗議

反日0088

関口宏(司会)
「同じく2月29日の月曜日、政治的公平性を欠く放送を繰り返したテレビ局に電波停止を命じる可能性について高市総務大臣が言及したことに対し、ニュースキャスターらがこの日、抗議のアピールを行いました」

反日0089

鳥越俊太郎(VTR)
「電波停止発言は憲法、放送法の精神に反している!
これはある種の恫喝だと思いますね」

そんなことぐらいで「恫喝された!」とは戦後の左翼も随分ひ弱になったものだ。

関口
「そして高市大臣」

高市早苗総務相(VTR)
「私自身がですね、電波を止めるという発言をしたことはございません。(放送法・電波法の運用は)厳格な用件の下で行われるとされていることから、憲法上の問題はないと思っております」

高市大臣に「電波を止めるぞ」と言って欲しかったが、「私の在任中、そのようなとはないと思う」と答弁して落胆したほどである。
それを馬鹿な左翼が空騒ぎ。


関口
「岸井さんも入ってましたね」

反日0090

岸井成格
「はい。もう呆れただけじゃなくて怒りまくっちゃったわけですよね。今の高市大臣のねえ、あの反論も反論になってないでいですよね。言ってることは同じで、鳥越さんが言ってたように、あのう~、なんて言うのかな?報道に対して、こう、威嚇をしてね、萎縮をさせるという目的がはっきりしてますよね。
 つまり、放送法てのは、議事録が全部残ってますけど、戦前の反省から権力が放送に介入することを極力排除すると、それが放送法の最大の目的なんですよね。
それを知ってるのか知らないのか、分かってなけりゃ、もう大臣失格ですよね。
分かってて、あえて曲解してるとすりゃ、こりゃ大問題だ、ということで怒りの声をあげたんですよね」

関口
「こりゃあ、あんまり広がり過ぎると、視聴者の知る権利にもね・・・

岸井
「勿論です」

関口
「影響してくるんですよね」

岸井
「はい。権力が介入しちゃあいけないっちゅうことが根本にあるんですね」


 放送法のどこにも権力の介入を警戒する文脈はみられないのだが。
百歩譲ってそうだとしても、今度は米軍の占領体制、いわゆる戦後体制を憲法も含めていつまでも変えたくない左翼たち。

 民主党政権時代に平岡秀夫総務副大臣がまったく同じ答弁をしたのを一向に咎めなかったくせに、安倍政権になると大騒ぎするのは実に見事なダブルスタンダードである。
彼等は要するに安倍政権が気に入らないから潰したいだけの話なのだ。

それと岸井成格は公開質問状に対して「バカらしい」と回答を拒否した。
言論で飯を食っている人間として失格である。

関口の言う「視聴者の知る権利」はTBS「サンモニ」では一方的な意見だけ聞かせられて、完全に失われている。

小川榮太郎氏は「WILL4月号」で「違法報道を許さない TBSの『社会的不適格性」と題してTBSを滅多切りしている。


「政府による放送支配は極めて危険だが、放送時事業者、とりわけ地上波テレビ局は影響力と独占性において、それ自体も特権的な『権力』である」(73頁)

「ところが、『戦時中の軍部によるマスコミ支配への反省』という便利な符牒を振りかざすことで、戦後は逆に、マスコミは一切の規制、国民的な審判、競争原理の全く働かない特権的な聖域となってしまった
 そのなかでほぼ唯一、放送事業者を規制するのが、この放送法第四条なのである」(74頁)

「甚だ残念という他はない。岸井氏は放送局に属するアナウンサーではなく、毎日新聞の主筆まで務めた『言論人』だからである。言論人は、どこまでも一個人の言葉の力のみ依って立つべきであり、その意味で、岸井氏が無回答という回答さえもTBSに代行させたのは、言論人の衿持を根底から放棄したに等しいだろう。
 一方、TBSからの回答も噴飯物だった(以下略)」(77頁)


小川氏はもはや「偏向報道」ではなくて「違法報道」だと断じている。
放送法違反は徹底的に取り締まり、相応のペナルティを課すべきである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:07  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(15)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |