FC2ブログ

2016.02.18 (Thu)


オバマを馬鹿にするなと怒る野党と左翼メディアの不思議


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

米国への尊敬の念だと丸山和也議員

自民党の丸山和也参議院議員が17日、「オバマ大統領は黒人奴隷の血を引いている」と発言したことについて、野党と左翼メディアが人種差別だと追求している。

朝日新聞は・・・

「オバマ米大統領は、アフリカ系(黒人)初の大統領だが、ケニアから米国に留学した黒人の父と白人の母との間に生まれており、奴隷の子孫ではない」

と報じ、テレビでも「オバマ氏の祖先は奴隷ではなかった」と学究らしい薀蓄を傾けて解説する学者を見かけた。

滑稽である。
アメリカの建国の歴史をみれば、ヨーロッパで喰いっぱぐれた白人達が新大陸に乗り込んで来て「Go West!」と叫びつつ先住民のインディアンを追い払って住み着いたのである。
そのあとアフリカ大陸その他の黒人達の多くを奴隷として連れて来た。

オバマ氏の祖先が奴隷であろうと無かろうと、白人中心の社会で黒人を大統領に選んだアメリカの懐の深さに驚嘆するだけである。

もっとも民主党政権と言うだけでその将来を危ぶんだが、現実は予想通りになった。

笑ってしまうのは、オバマ大統領も安倍首相も大嫌いな野党と左翼メディアが丸山氏の発言を人種差別だと追及していることである。

連中は政権に打撃を与えるためにはダボハゼみたいになんでも食いつく連中なのだ。

と、ここまで書いて、丸山氏が「米国への尊敬の念がほとばしった言葉だ」と釈明したという産経記事を読んだ。

それはそうだろう。
元弁護士がそうやすやすと失言するわけがない。
とはいうものの、ダボハゼに喰い付かれた丸山氏の発言が軽率だったとの謗りは免れない。

産経ニュース(2016/2/18 19時18分)
「米国への尊敬の念がほとばしった言葉が、なぜ人種差別の言葉になるのか」
批判は「不条理」とも

 参院憲法審査会でオバマ米大統領への人種差別と取られかねない発言をした自民党法務部会長の丸山和也参院議員は18日、記者団に「人種差別の意図はまったくない。批判されることは不条理で残念だ」と述べ、議員辞職を否定した。「あえて政局という意味で(発言の意図を)無視して批判するということであれば怒りも覚える」とも語った。
 党の役職の辞任については「党の運営のことだ」として明言を避けた。
 丸山氏は、17日の審査会で、オバマ氏について「今、米国は黒人が大統領になっている。黒人の血を引くね。これは奴隷ですよ」などと述べた。だが、丸山氏はこの発言について、奴隷制度の歴史を乗り越え、黒人であるオバマ氏が大統領に就任するに至った米国をたたえたつもりだった、と釈明。「自己変革を遂げた米国への尊敬の念がほとばしった言葉が、どうして人種差別の言葉になるのか。驚きだ」と語った。


(引用終わり)

一方、朝日新聞は丸山氏の釈明はスルーして、野党が辞職勧告決議案を提出したと報じた。

朝日新聞(同上18時40分)
「奴隷が大統領」発言、丸山議員の辞職勧告決議案を提出

 民主党と社民党、生活の党と山本太郎となかまたちの野党3党は18日、参院憲法審査会で「アメリカは黒人が大統領になっている。これ、奴隷ですよ」などと発言した自民党の丸山和也参院議員に対する議員辞職勧告決議案を参院に提出した。丸山氏は同日、審査会幹事と委員を辞任した。
 丸山氏は17日の参院憲法審査会で発言。その後、釈明会見を開いて議事録からの削除を求めていた。


(引用終わり)

また毎日新聞は・・・

「安倍政権では、甘利明前経済再生担当相の金銭授受問題や、国の除染に関する長期的目標を巡る丸川珠代環境相の発言、宮崎謙介元衆院議員の女性問題(自民党を離党)など、閣僚や自民党所属議員の失言や不祥事が相次いでいる」

と、どうしても安倍政権のドミノ倒しの再来を願っているようだ。

共同通信は・・・

「まさか米国の建国当初には、黒人、奴隷が大統領になるとは考えもしない。ダイナミックな変革をしていく国だ」とも語った。

と丸山氏の発言の後半も報じている。
朝日新聞とはずいぶん違う。

オバマ氏が大統領になった時、世界中が驚いたことは間違いない。
しかし、アメリカでは地方によって黒人に対する人種差別がまだ存在していることも事実である。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:09  |  -アメリカ  |  TB(0)  |  CM(14)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |