FC2ブログ

2016.01.26 (Tue)


朝日社説が一日遅れで宜野湾市長選に妄言


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

朝日新聞は最低のクオリティだ

天下のクオリティペーパー(笑)である朝日新聞が一日遅れの社説で宜野湾市長選について言及した。
他紙の社説を見てから書くなどということは後出しジャンケン同様の卑怯なやり口であり、ジャーナリズムの風下にも置けない。

「本来は生活に密着した諸課題が問われるべき市長選で、米軍基地の県内移設の是非までが問われる沖縄県民の重荷」

というが、市長選に基地移設問題を持ち込んだのは翁長沖縄県知事と自称「オール沖縄」である。
当選した佐喜真淳市長は選挙戦で「生活に密着した諸課題」を説いた。

一日置いて出した社説は曲解と詭弁に満ちたもので、朝日新聞のクオリティが極めて劣っていることを証明してしまった。

⇒朝日新聞(2015/1/26)
宜野湾市長選 「辺野古」容認と言えぬ


 米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市長選で、安倍政権の全面支援を受けた現職が、翁長雄志知事が支援する新顔を退け、再選された。
 沖縄では一昨年の名護市長選以来、知事選、衆院選と普天間飛行場の名護市辺野古への移設反対を訴えた候補が勝ってきた。今回も、移設をめざす政権と、反対する翁長知事の対立構図が持ち込まれたものの、連勝の流れは止まった。
 翁長知事は、選挙で示された民意を最大の盾として辺野古移設阻止を訴えてきた。それだけに、知事にとって大きな痛手となることは間違いない。
 とはいえ、「これで辺野古移設が容認された」と政権側がとらえるとしたら、早計である。 当選した佐喜真淳市長は「普天間の一日も早い閉鎖・撤去」を主張しつつ、辺野古移設への賛否は明言せず、移設問題を争点化させない戦略をとった。
 朝日新聞社の出口調査では辺野古移設に賛成の有権者が34%だったのに対し、反対は57%いた。本紙の取材でも、佐喜真氏に投票した人にも「県外に移してほしい」「市民としては普天間固定化阻止、県民としては辺野古移設反対」などの声があった。佐喜真氏を推した公明党県本部幹部も「あくまで辺野古移設には反対」と言う
 宜野湾市民の基地負担は重い。市の面積の4分の1を占める普天間飛行場は、市中心部にある。12年前には滑走路そばの沖縄国際大に米軍ヘリが墜落。オスプレイが24機配備され、騒音被害は絶えない。市の「基地被害110番」へ寄せられる苦情は昨年10月、月間で過去最多の100件を数えた。
 だからこそ普天間の閉鎖・撤去は市民共通の悲願なのだ。
 辺野古移設に触れず、「一日も早い閉鎖・撤去」を訴えた佐喜真氏への市民の期待を、そのまま辺野古移設支持と受け取ることはできまい。むしろ、身近で危険な普天間飛行場の閉鎖と撤去を願う、市民の意思と受け止めるべきではないか。
 日米両政府が返還に合意してから今年で20年。本来は生活に密着した諸課題が問われるべき市長選で、米軍基地の県内移設の是非までが問われる沖縄県民の重荷を、一日も早く取り除く責任は日米両政府にある。
 そのためには、政権はまず「辺野古移設か、普天間固定化か」と県民に二者択一を迫るやり方を改める必要がある。
 そのうえで、県外移設など早期の普天間閉鎖・撤去の方法がないか、米政府と改めて協議を始めるべきだ


(引用終わり)

政権は辺野古移設か、普天間固定化かと県民に二者択一を迫るなと朝日新聞は言うが、一旦決められた辺野古移設を引っくり返そうとしたのは民主党のルーピー鳩山であり、現在の翁長県知事が口にする「オール沖縄」である。

公明党幹部が「あくまで辺野古移設に反対」などは引かれ者の小唄に近い。

いまさら米政府と改めて協議を始めろとは妄言でしかない。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

10:30  |  沖縄基地問題  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |