FC2ブログ

2016.01.25 (Mon)


宜野湾市長選の結果を歓迎した産経と読売


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

基地移設を着実に進めよ(産経新聞)
普天間固定を避けよ(読売新聞)


 前記事でご紹介したように、反日メディアは宜野湾市長選で辺野古移設反対候補が大差で敗北したことにショックを隠せないが、産経新聞と読売新聞はこの選挙結果を歓迎している。

 産経新聞は中国の東南両シナ海への一方的な現状変更という国際情勢から見て辺野古移設は重要だとして市長選の結果を歓迎し、これ以上移設計画を遅らせるなと主張した。

「安全保障政策は、地方自治体ではなく国が担う」という政権の姿勢は当然である。
それにもかかわらず、国の方針に反して基地移転を拒み、訪米して「民族自決」を訴え、「人権問題だ」と演説した翁長県知事と「オール沖縄」に宜野湾市民はNO!を突きつけたのである。

⇒産経新聞社説
【主張】宜野湾市長再選 基地移設を着実に進めよ


米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市長選で、与党が支援する現職の佐喜真淳氏が再選を果たした。
 佐喜真氏が普天間の危険性除去を主張し、名護市辺野古への移設を否定しなかったのに対し、対立候補は移設に反対していた。
 危険性除去には、辺野古移設がより現実的だという判断が示された結果といえよう。
 もとより、日本の平和と安全を守る安全保障政策は、地方自治体ではなく国が担う。
 辺野古移設は日米両政府が交わした重い約束事である。日米同盟の抑止力を保つためにも、政府には引き続き移設を着実に進めてもらいたい。
 
敗れた志村恵一郎氏は「県内移設によらない飛行場の閉鎖、返還を求める」と訴えていた。
 結果次第で辺野古移設がより困難になることも予想されただけに、佐喜真氏が勝利した意味は小さくない。
 最近の沖縄では、知事選、名護市長選、衆院選4選挙区で、いずれも移設反対派が当選した。翁長雄志知事は、これが「沖縄の民意」だと主張し、移設再考を政府に迫っている。
直ちに状況が好転するわけではないが、政府は、志村氏を支援した翁長氏ら反対派に移設の重要性を粘り強く説得するなど、これまで以上に建設促進に向けて積極的に動いてほしい。
 尖閣諸島(石垣市)を抱える沖縄は国の守りの最前線である。とくに、北東アジアをめぐる日本の安保環境が一段と厳しさを増している現状を直視すべきだ。 今年に入り、尖閣諸島周辺で機関砲を搭載した中国海警局の公船が確認された。中国は南シナ海でも国際法を無視した一方的な現状変更を図ろうとしており、その備えを万全にするのは当然だ。
 米空軍は「世界最強」と評されるF22戦闘機を横田基地に飛来させ、核実験を行った北朝鮮も牽制(けんせい)している。
 これらを踏まえた同盟の強化は喫緊の課題といえる。
 日米両政府による普天間返還合意から20年がたつ。集団的自衛権の限定行使を可能とする安保関連法制が整った今、抑止力の実効性をさらに高める辺野古移設の戦略的な重要性は極めて大きい。これ以上、移設計画が遅れることは許されない


(引用終わり)

 読売新聞も選挙の結果は市民が普天間基地移設の原点を再認識したものと好感をもって受け止め、辺野古移設推進派の反転攻勢の足がかりになったとし、政府の基地負担軽減の努力を評価した。
一方で国との対決姿勢を示すだけで具体的な解決案を示さない翁長県知事らを批判し、併せて移設問題を迷走させた元凶の民主党が辺野古移設を党の方針と決めたにもかかわらず反対に回ったのは無責任だと酷評した。

⇒読売新聞社説(同上)
宜野湾市長再選 「普天間固定」を避ける一歩に


 米軍普天間飛行場の危険性の早期除去という移設問題の「原点」について、多くの市民が再認識した結果ではないか。
 沖縄県宜野湾市長選で現職の佐喜真淳氏が、移設反対派が推す元県職員の志村恵一郎氏を破り、再選された。佐喜真氏は、辺野古移設を進める自民、公明両党の推薦を受けていた。
 2014年の名護市長選と沖縄県知事選で移設反対派が勝利した流れを止めたものだ。推進派の反転攻勢の足がかりとなろう。
 佐喜真氏は、自公両党の支持層を固め、無党派層にも浸透した。前回の市長選では「県外移設」を唱えたが、今回は、移設先には言及せずに、移設を実現する必要性を誠実かつ真剣に訴えた。
 普天間飛行場の固定化を避けるには、やはり辺野古移設が現実的な近道だ、との受け止めが市民に広がったのは間違いあるまい。 政府が基地負担軽減に積極的に取り組んだことも功を奏した。
 普天間飛行場東側の土地の返還前倒しにより、交通渋滞を解消する市道整備に道筋を付けた。飛行場返還後の跡地にディズニーリゾートを誘致する構想も、若者らの支持につながったとされる。
 志村氏は、翁長雄志知事と二人三脚で、「3年で普天間飛行場の運用停止の実現」という空疎な主張を繰り返すだけだった。これでは、市民の支持を広げることに限界があるのは当然だ。
 政府は引き続き、より多くの県民の理解を得る努力を尽くしながら、辺野古移設の作業を着実に進めなければならない。
 翁長氏はなお、徹底抗戦の構えだ。自らの埋め立て承認取り消しに関する国土交通相との対立を巡り、総務省の国地方係争処理委員会の却下判断を不服とし、高裁支部に新たな訴訟を起こす。
 だが、具体的な解決案を示さずに、国との対決姿勢を強めるだけの翁長氏の硬直的な手法については、県内でも、保守系を中心に冷ややかな声が高まりつつある。
 翁長氏は、県民の基地負担軽減には何が有効かを再考し、現実的な対応をとるべきだろう

 理解できないのは民主党の対応だ。沖縄県連が志村氏支援に回り、枝野幹事長は「多くの党国会議員が(志村氏に)頑張ってもらいたいという思いだ」と述べた。
 移設問題がここまで迷走した原因は、民主党政権が「最低でも県外」と訴え、反対派を煽あおったことにある。辺野古移設を党方針と決めたのに、安易に再び反対に回るのは、無責任に過ぎよう


(引用終わり)

産経新聞と読売新聞の社説が中庸を得たものと言えよう。
それにしても、朝日、毎日、東京中日、北海道、沖縄二紙のほか共同ニュースの配信を受ける地方紙にも反日左翼がゴマンとある。
読売新聞は時折脱線するので、産経新聞が孤軍奮闘というところである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:13  |  沖縄基地問題  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.25 (Mon)


宜野湾市長選大敗に負け惜しみの反日メディア


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

辺野古移設の民意ではないと強弁

まず、ご当地沖縄の反日メディアの二紙はどう報じたか。

⇒沖縄タイムズの社説「佐喜真氏再選 辺野古外しが奏功した」と題して・・・

「志村氏が『辺野古新基地建設反対』を前面に打ち出したことから、争点は最後までかみ合わず、地元の要望に即した公約を掲げた佐喜真氏に票が流れた。辺野古移設の是非の争点化を巧妙に回避したことが奏功したといえそうだ」

と「辺野古外し」が佐喜真氏の勝因だとした。
果たしてそうだろうか?
宜野湾市民としては普天間基地の返還による危険の除去が最重要課題だ。
辺野古基地移設にいつまでも反対していたら宜野湾市に基地は永遠に残ることになる。
移設に反対するのは基地利権をむさぼる地主や運動家たちであり、一般市民ではない。

「志村氏は選挙戦術を誤ったのではないか。辺野古移設反対を前面に出しすぎたため、市民の身近な関心事に応える姿勢が弱かった。選挙後半になってその事実に気づき、選挙戦術を変えたが、時すでに遅しで、有権者に浸透させることができなかった」

と反省。

「佐喜真氏の再選で政府、与党は沖縄の直近の民意は辺野古新基地を容認した、と宣伝するかもしれないが、佐喜真氏の再選で辺野古移設が支持を得たとまでは言えない」

と釘を刺した(つもり)。

「翁長知事の新基地建設反対の姿勢に変化はないが、志村氏を推した翁長知事や県政与党は夏の県議選、参院選に向け態勢を再構築する必要に迫られている」

はい残念でした。
翁長氏の応援演説に足を止めて聞く人も少なかったという。
「オール沖縄」を絶叫して翁長県知事が前面に出すぎたために市民が引いてしまったのである。

⇒琉球新報社説「佐喜真氏再選 新基地容認ではない」と辺野古移設が認められたのではないと強弁。

「安倍晋三首相は市長選を前に『安全保障に関わることは国全体で決めることだ。一地域の選挙で決定するものではない』と述べた。民意をないがしろにする許されない発言だが、翁長県政与党が支援した志村恵一郎氏が落選したことを捉えて、辺野古移設が支持されたとする可能性がある。曲解は許されない。厳に慎むべきだ」

「安全保障は国のマターだ」は何人も反論できない正論である。
民意をないがしろにするなというが、宜野湾市の市民は辺野古移設に反対した候補者を大差で落選させたではないか。
これを民意でなくして何と言うのだろう。

「沖縄は、基地をめぐる対立をうんざりするほど抱え込まされてきた。なぜ沖縄ばかりが市民を分断されねばならないのか。沖縄の社会を分断してきた国の罪は大きい。もう分断はたくさんだ

と言うが、沖縄社会を分断してきたのは国ではなくて本土から乗り込んだ左翼運動家であり、沖縄二紙のイデオロギーを前面に出した偏向報道のためだ。

 朝日新聞はよほど悔しかったと見えて、いつものように今日の社説ではダンマリーを決め込んだ。明日あたり他社の報道を参考に「大所高所から」御託を並べるであろう。

 毎日新聞は今回の結果は市民が普天間基地移設の返還を求めただけで、辺野古移設に賛成したわけではないと苦しい弁解。
現職市長が勝ったのは政権が総力を挙げて支援したからであり、市民が基地問題より「身近な行政課題の解決を託した」からだと解説。
しかし、辺野古移設反対のオール沖縄と使用して翁長県知事が連日選挙運動に肩入れしたわけだから、民意はオール沖縄にNOを突きつけたに等しい。

逆に新人の志村候補が当選した場合は、「これこそ沖縄の民意だ」とばかりに大騒ぎしたに違いない。

⇒毎日新聞(2015/1/25)
宜野湾市長選 辺野古に直結はしない


「安倍政権は、米軍普天間飛行場の危険性除去と固定化回避のためには、名護市辺野古への移設が「唯一の解決策」と言ってきた。翁長雄志知事が支援する辺野古移設反対派を退けたことで、そうした主張をさらに強める可能性がある。
 だが、今回の結果は、あくまで「世界一危険」といわれる普天間を一日も早く返還してほしいという市民の願いの表れだ。辺野古移設が承認されたと解釈するのは無理がある


苦しい弁解である。
僅差で敗れたのならともかく、大差で敗れたのだから弁解のしようもない。

「辺野古問題は6月の沖縄県議選、夏の参院選でも引き続き問われる。国と沖縄県との裁判も続いている。宜野湾市長選の結果を奇貨として、政権が移設工事をこれ以上、強行することがあってはならない

政権は選挙の結果にかかわらず、粛々と辺野古移設を進めていくだろう。

 ⇒東京新聞社説「宜野湾市長選 辺野古信任とは言えぬ」と苦しい弁解。

 今回の結果は、辺野古移設に対する賛意ではなく、生活を脅かす身近な米軍基地を一日でも早く撤去してほしいという切実な気持ちの表れと受け止めるべきだろう」

対立候補は辺野古移設に反対して大差で敗北したのではなかったのか。
翁長県知事は辺野古に代わる移設先の代案を示したのか?

「安倍政権は県民の民意を尊重して、辺野古移設を強引に進めるべきではない。県内に米軍施設を新設しなければ普天間返還は進まないという、住民を分断する姿勢も改めるべきだ

と琉球新報と同様に沖縄住民の分断だと政府を批判。

「安倍晋三首相は『安全保障に関わることは、国全体で決めることだ。一地域の選挙で決定するものではない』としながらも、閣僚経験者や与党幹部らを投入し、てこ入れを図った」

一地域の選挙で決められては困るから目立たぬようにてこ入れを図ったのである。
話が逆である。

このように反日メディアの混乱は、宜野湾市長選結果の反日メディアに与えた打撃の大きさを物語っている。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:17  |  沖縄基地問題  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.25 (Mon)


韓国兵器の杜撰さ暴く産経新聞


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

ブラックボックスを不法に解体、日本に修理依頼
潜水出来ない潜水艦


 産経新聞の野口裕之記者が書く軍事ニュースはいつも反日サヨクが極端な反応を示す。
当ブログにも野口氏は軍事のド素人だという批判のコメントが寄せられる。

その「ド素人」がまた面白い記事を書いている。
常日頃、反日韓国にフラストレーションを溜めている人達の溜飲を下げる、あるいは同情心を一層高める記事である。
野口氏が韓国でこの記事を書いたら加藤記者のように名誉毀損罪で在宅起訴されることは間違いない。

 韓国は国産兵器というが、実際には海外から輸入した部品などに手を加えて「国産」と称している。
それが常識の許容範囲を超えているという。
最近はそれを自覚してか「韓国国産兵器」といわずに「韓国型兵器」と呼ぶらしい。

「パクリに不正行為、ぶざまな欠陥を続々露呈する韓国特有の不良兵器は『韓国製』ならぬ『韓国性兵器』と呼ぶのがお似合い」

これでは親韓派は怒るだろう。

ブラックボックスを不正に解体して収拾がつかなくなり、日本に修理を依頼してきたこともある。

「韓国はブラックボックス指定の暗視装置を分解し、仕掛けられた細工も知らず米側に探知されてしまう」

アメリカも呆れて最先端技術の移転を一部拒否している。

「韓国空軍の主力戦闘機F-15Kの場合、主要部を除くパーツを米国より持ち込み、韓国企業が組み立てるが、技術が未熟で多くの乗員が命を失った」

可哀想に。

「アジア・太平洋地域各国で運用するF-35は日本で検査・整備される。『物納』の韓国F-35も、わが国で整備される方向な上、空自仕様に比べ性能ダウンした機種が『有力候補』に浮上中。低い技術力とモラルの“相乗効果”を反省せず、韓国の日本に対する嫉妬の炎はマックスである。未熟なら謙虚になればよいのにエラそうに振る舞う。」

4年前に米製艦対空ミサイルSM-2が標的と反対に飛んで自爆したので韓国は米国に補償を要求したが、アメリカは「韓国海軍特有の事故」と拒否したそうな。

伊藤博文を暗殺したテロリストの「安重根」と名付けた潜水艦のスクリュープロペラには151箇所の傷が見つかり、その傷が立てる騒音で潜水艦の所在はバレバレだとか。
それに比べ「日本企業は芸術的精度でプロペラを仕上げる」。

潜水艦はドイツが開発し韓国が組み立てるが「潜水できぬ潜水艦」の異名をとった御蔭で
ドイツの潜水艦技術まで疑われる始末。

「世界中で日本の悪口をタレ流す韓国も、豪州次期潜水艦をめぐるドイツとの熾烈な受注合戦では“援護射撃”してくれている???」

韓国がこれを読めば火病を起こすに違いない。
韓国内からこの記事を日本に配信したら、在宅起訴どころか即逮捕で有罪判決である。

「触らぬ神に祟りなし」

韓国と言う厄病神とのお付き合いは御免蒙りたい。

⇒産経ニュース(2016/1/25)
現実を直視? 韓国国産兵器が韓国型兵器に改名された真相とは


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

11:28  |  -韓国  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |