FC2ブログ

2016.01.21 (Thu)


NHK「人間動物園」 最高裁で逆転勝訴の怪


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

司法は下司の極み

・・・などどシャレてる場合ではない。
2009年4月に放映されたNHKスペシャル「シリーズ・JAPANデビュー第1回アジアの“一等国”」で台湾先住民の女性が名誉を毀損されたとして100万円の賠償を求めた裁判は東京高裁の一審で敗訴し、二審で勝訴し、今日最高裁で敗訴した。二転三転した挙句、これでNHKの逆転勝訴となった。

 NHKのこの番組は言うまでもなく偏向と捏造に満ちたもので、番組で日本の台湾への貢献を証言した部分はカットされたと出演者の台湾人が証言し、「NHKの背後に中国共産党がいる」とまで語った。

読売新聞(2016/1/21)
台湾統治番組巡る訴訟、NHK逆転勝訴…最高裁

 日本の台湾統治を検証したNHKの番組で名誉を傷つけられたとして、出演した台湾人が損害賠償を求めた訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(大谷直人裁判長)は21日、NHKに100万円の支払いを命じた2審・東京高裁判決を破棄し、原告側の請求を棄却する判決を言い渡した。
NHKの逆転勝訴が確定した。


(引用終わり)

櫻井よしこ、金美齢、渡部昇一の各氏等ほか多くの文化人がNHKの歪曲報道を批判して来たが、最高裁の耳には入らなかったようだ。
まさに司法は下司の極みである。

まあ共産党が「非常によい番組だった」と高く評価したというから、「裏返しの法則」でトンデモ番組だったという事がわかるというものである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

20:39  |  --反日NHKウォッチング  |  TB(0)  |  CM(13)  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.21 (Thu)


朗報 イルカ漁反対活動家 入国できず


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

安倍首相の反撃が始まった?

 共同通信によれば、和歌山県太地町のイルカ漁に反対する活動家が出入国管理局に入国を拒否されている。
「観光目的」だという虚偽の申告をして入国し、反対活動をするに違いないからである。

イルカ漁に通じる捕鯨反対運動も、捕鯨を制限することで鯨が増え、大量の微生物や小型の魚を捕食して海の生態系を破壊するとも言われている。

⇒共同通信(2016/1/20)
イルカ活動家、入国できず
米映画「ザ・コーヴ」出演


和歌山県太地町のイルカ追い込み漁を批判的に描いた米映画「ザ・コーヴ」の出演者で、米国籍のイルカ保護活動家リチャード・オバリー氏が成田空港から18日に日本に入国しようとしたところ、東京入国管理局が許可せず、入管の施設に留め置かれていることが20日、オバリー氏の弁護士への取材で分かった。
 弁護士によると、オバリー氏は2月初旬まで、太地町でイルカ追い込み漁の調査活動をしたり、京都観光をしたりする予定だった。東京入国管理局成田空港支局の施設に移され待機している。
 オバリー氏は「観光目的」で入国する予定だったといい、法務省に異議を申し立てている。


(引用終わり)

イルカ漁については日本に赴任した⇒ケネディ米大使が反対を表明して⇒テキサス親父に叱られ、ルーピー鳩山首相が⇒「私は鯨肉はキライ」と反捕鯨国にゴマを摺った。

安倍首相はCNN放送でイルカ漁を擁護したから、今回の東京入国管理局には安倍首相の意向が伝わっているのではないかと想像したりしている。

⇒安倍首相 CNN番組でイルカ漁を擁護(2014/1/25)

余命氏の本を読むと十分ありうる話である。
今後、入国を許可する可能性もあり予断を許さないが、反日勢力が簡単には入国できないことが判明したのはご同慶の至りである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

12:19  |  時事雑感  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |