FC2ブログ

2016.01.17 (Sun)


朗報 台湾の民進党が圧勝!


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

産経と朝日の社説読み比べ

 台湾は8年ぶりに民進党が勝利した。
中国に傾倒した馬英九総統に国民がノーを突きつけたのだ。
中国資本の台湾進出で貧富の格差が増大し、中国のゴリ押しに若者が反発した。

民進党に肩入れしていた金美齢さんもテレビで手放しで喜んでいた。
金さんは国を追われ、国民党政権に失望し日本に帰化した。

朝日新聞の社説はそのスタンスが曖昧だ。
民進党の躍進に戸惑いを見せているようでもある。

「それにしても台湾の民意の表れ方は絶妙だ。96年の初の総統直接選を起点として、00年、08年、そして今回と着実に政権交代を実現させた」

と妙なことに感心している。
日本は一度大きな間違いを犯して民主党政権を許したが、もう二度と過ちを繰り返すことはないだろう。

朝日と産経の社説を読み比べてみると・・・

⇒朝日新聞(2016/1/17)
台湾総統選 「現状維持」を出発点に


「国際社会を見渡せば、日本や米国を含む大半の国が「一つの中国」を尊重している。そのうえで北京の政府を中国の唯一の合法政府と認め、台湾とは国交がない。しかし、現実には台湾は中国の統治下にはない」

(日本が中国に遠慮して「一つの中国」を唱え、台湾と正式な国交がないことは恥ずかしいことだ。かつては国交が無いために台湾の航空機は羽田空港に着陸できなかった。
東日本大震災の時も真っ先に国の規模以上の大金のお見舞金を届けてくれたのが台湾だ)

複雑な現状を考えれば、「一つの中国」の原則を振り回すよりも、共存共栄を図ることこそが賢明であり、周辺国にとっても好ましい。国共両党の間でも、立場の不一致はあえてあいまいにしてきたのである。

(民進党の李登輝氏が当選した1996年の台湾初の総統選では中国が台湾海峡にミサイルをぶち込んで脅かした。今回はそのような露骨なことはしなかったが、中国が力で台湾を支配しようとしているのは間違いない)

国の習近平(シーチンピン)政権は、この民主政治の現実と向き合わなくてはならない。国民党は中台交流で成果を残したが、国民党だけを台湾であるかのように扱うのは誤りである。

(最後は朝日新聞が習近平に説教している(笑) 
国民党は中台交流で成果を残したというが、それならなぜ今回選挙に負けたのか)

朝日新聞の曖昧さに比べて産経新聞社説「主張」は単刀直入で明快だ。

⇒産経新聞
【主張】台湾政権交代 民意踏まえ賢明な道探れ


「蔡氏勝利の意味合いは、『過度の対中接近』にブレーキをかけたことにある」

「台湾を中国の一地方と見なし、武力統一も辞さない原則を崩さない中国共産党は、今も軍事力で台湾を威嚇している。それは、東シナ海や南シナ海において、力ずくで現状変更を図ろうとする姿勢と共通するものだ」

「台湾は自由貿易の原則面で日本や米国と価値観を共有する。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への加盟などをめぐり、日本が後押しできる余地は大きい。
 国際ルールを無視し、海洋覇権を追求する中国に対し、自由の海や法の支配を守る立場から、地域の民主主義国が台湾との連携を強めていくことも促したい」


(引用終わり)

自民党が憲法改正を党是としているように民進党は台湾独立が党是であるが、中国との力関係からしばらくは現状維持で進めていくようだ。

今夜のNHK解説番組で台湾が中国に飲み込まれるのを若い力が阻止したとNHKらしからぬ解説をしていたのは意外だった。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:30  |  台湾  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.17 (Sun)


菊川怜出馬で蓮舫落選?


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

「気鋭の憲法学者」が日本を滅ぼす

今日スマホに配信されたニコニコチャンネルの花田紀凱WILL編集長⇒「ちょっと右寄りですが」がおもしろい。
週刊誌ネタを紹介して・・・

⇒小沢一郎を見切ったヤワラちゃんの勝負勘はさすが!?|第173回 週刊誌欠席裁判

「参院選で蓮舫議員が自分の当選は間違いないだろうが、得票数で菊川怜さんには負けるかも知れないと語った」

「蓮舫氏が菊川さんの3月以降のスケジュールを見たら3月以降は空いている(から出馬は間違いない)」


菊川さんはフジTVの「とくダネ!」で小倉智昭アナと組んでいるが、竹田圭吾氏の訃報に番組で号泣したと伝えられている。
東大卒の英才なのに小倉アナとの間合いが悪く何だが浮いている感じだったが、花田編集長もさすがに感づいていたらしく・・・

花田
「だいたい、菊川はさあ、小倉がいつも苛めていて可哀想なんだよね。見るともなしに見てるとね、菊川が何か言うとすぐ話をそらせたり、反対のこと言ったり、苛めてんのよ、嫌いらしくて。露骨なんだよ。だからやめた方がいいよ」


(そういえばそういう気がする)

司会
「ただ菊川自体はたいしたこと言ってない」


花田
「そうなんだよ。コメントも全然冴えない。だから政治家になってどうかなと思う。丸川(珠代)みたいな、ああいうあれはない。だから大人しいんだよ。コメントに冴えが見れないのは確かだ」


(「ああいうアレ」とは何だか不明だが、要するに強い自己主張と演技力ということか。丸川議員が国会では山元総理に「ルーピー!」とたびたび野次っていたのを思い出した。
菊川は「能ある鷹」で爪を隠しているのか。

丸川議員が国会開会の恒例の「ギチョー!」の掛け声を掛けたように、菊川怜が「ギチョー!」と叫んだら面白いのだが。

それにしても何とか蓮舫を落選させることができないものか。顔を見るたびに吐き気がするので。

「五体不満足」の著者・乙武洋匡氏も出馬するらしく各党から引く手あまたのようだ。
しかし、たしか彼はテレビで「夫婦別姓」に賛成していたから自民党には向かない。

中国経済のバブルがいよいよはじけて、その崩壊も間近い。
いま最も信頼できる長谷川幸洋記者は中国崩壊の予兆で「10%増税撤回、衆参W選挙は間違いない」としている。

⇒「中国バブル崩壊の予兆!これで『衆参ダブル選』の可能性がますます高まった!」

安倍首相は「リーマンショックのようなことがない限り10%消費税増税は実施する」と明言していたから、この株安の成り行きしだいではリーマンショックに近いと判断しても良いだろう。

明日で就任1年を迎える民主党の岡田代表は解党して維新の会と新党を作る度胸も、共産党と一人区で共闘する度胸もなく、ますます埋没している。

いまこそ自民党圧勝の絶好の機会である。

前記事で若手評論家とされる古市憲寿をとりあげたが、もう1人、「気鋭の憲法学者・木村草太」が居る。
テレ朝「報ステ」を降板する古館伊知郎の相手をしている。
前任者の恵村順一郎(朝日新聞論説委員)も酷かったが、木村草太はそれに輪を掛けて酷い。

⇒現代ビジネス(2016/1/14)
気鋭の憲法学者・木村草太が説く「安保法制にこれから歯止めをかける方」


「最近は、国民の力を信じない人、民主主義は絵空事だと悲観する発言をする人も少なからずいるように思われる。しかし、それは、国民の力を軽く見すぎだ。
安保法制の審議過程の最終盤で、重要な附帯決議や政府答弁が取れたのは、国民の関心が非常に高まったことが大きいだろう。2015年6月4日、衆議院憲法審査会で与党推薦の参考人、長谷部恭男教授が、安保法制に違憲部分があると発言したのをきっかけに、違憲立法との批判が高まった。
また、自衛隊の海外活動拡大に対する政策的反対の声も広がった。連日、国会周辺でデモ行進が行われ、全国各地で安保法制反対のデモ、集会が行われた。こうした批判の高まりがなければ、政府・与党は、何らの譲歩をせずに法案を通過させたかもしれない。


結語

「国民主権の国家において、憲法とは国民の意思である。憲法を守らせるのは、主権者たる国民だ。民主主義と同様に、立憲主義もまた国民自らが勝ち取って行くべきものだ」

(引用終わり)

憲法学者が憲法、憲法と金科玉条のように言うが、その憲法が間違っているのだからどうしようもない。
憲法改正をいそがなければならない。

立憲主義だの民主主義だのというが、「民主主義って何なんだ!」と叫んでいたシールズの奥田愛基がテレビ番組で・・・

奥田
「なぜ国民全員が安倍首相のわがままに付き合わなければならないんでしょうか?」

田崎史郎
「選挙で選ばれたからですよ」


が全てを物語ってる。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

17:39  |  2016参院選  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2016.01.17 (Sun)


ジジババ有権者を馬鹿にした古市憲寿氏


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

メディアはなぜこんな若手評論家をもてはやすのか

 前記事でNHK番組に古市憲寿が出ていたのをチラリと見たと書いたが、やはりそこでトンデモ発言をしていたということがわかった。
今年初めて選挙権を与えられる18歳以上の若者に対し、「ジジバジだって考えてないで投票してるから安心しろと言ったのである。

⇒ハフポスト(2016/1/16)
18歳選挙権への不安に社会学者「おじいちゃんおばあちゃんが考えて投票していると思いますか?」


 社会学者の古市憲寿氏が、1月16日放送のNHK「週刊 ニュース深読み」に出演し、選挙権年齢が18歳以上に引き下げられることに不安を持つ若者に「日本のおじいちゃんおばあちゃんが、いろいろ考えて選挙に行っていると思いますか?」と語った。
この日、番組では10代の若者がスタジオに集まり、「政治を知らないのに投票権を持っても良いのか」などの疑問をぶつけた。番組に出演した18歳のタレント、石神澪さんは、「大人は、18歳になったから投票しろという。何も知らない私たちが投票していいのか?」などと述べた。
また、同じく18歳でタレントの水咲優美さんも、「私の周りには、政治が分かる子がいない。私も分からない。年齢を下げたところで何になるのか? 投票できる人の人数だけ増やしても意味が無いのではないか」と質問した。

これに対して古市氏は「そこは悩まなくていいと思っている。日本のおじいちゃんおばあちゃんが、いろいろ考えて選挙に行っていると思いますか?」などとアドバイス。さらに番組では、どうやって投票先を選んでいるのかを質問した街頭インタビューで、「年金や消費税」と答えた70代女性のコメントや、40代の男性の「安全保障」などの回答と共に、20代男性の「直感。清潔感などの見た目。政策にはこだわらいない」との回答や、60代男性の「好きなタレント。嫌いな人がいたらその候補の対立候補」などとするコメントを紹介した。

この番組について、ネットからは

・大人も真面目に考えろよ、というメッセージと受け取りました
・学校の授業で、国会中継を見せたらいいのでは
・学校で「選挙でどのような人を選ぶか」学ぶのは、教育の政治介入になるのではないか
・今日センター試験だから、肝心の若者はあまり見ていないのではないか

など、様々な意見があがっている。


(引用終わり)

 あんなみっともない国会中継など見せられない。
若者が政治に失望してしまうから。
本質的な議論そっちのけに女性の下着泥棒の追求とか、言葉尻を捉えて安倍首相を詰問して一笑に付される民主党議員があまりにも可哀想である。

 街頭インタビューの「年金や消費税」「安全保障」「直感。清潔感などの見た目。政策にはこだわらいない」「好きなタレント。嫌いな人がいたらその候補の対立候補」

 この部分はテレビを見ていたが、全て正しい。
それぞれの立場で考えている。
なかには金で買収される人もいるだろう。
それが現実であり、その現実が政治を動かしている。

 子供達が政治を知らないで投票してよいのかと不安に思うのは率直であり正しい。
ジジババも若者の投票を不安に思っている。

 しかし18以上と決まってしまったからには投票するしかない。
この機会に今の日本がどのような立場にあるのか、それを正すにはどの政党や政治家がいいのかよく考えることだ。

 その時、決して参考にしてはならないのは朝日新聞毎日新聞東京(中日)新聞などの新聞やNHKテレ朝TBSなどのテレビである。
もしなにか主張していたら、その反対が正しいと思えばよい。
お勧めは産経新聞である。

若者だからネットサーフィンもお手のものだろう。
自民党や安倍首相を支持する保守派のブログ(⇒人気ブログランキングの上位を占めるブログなど)、それに反対するリベラル左派のブログ(⇒日本ブログ村ランキングの上位を占めるブログなど)の両方を比較して読めばよい。

 そのどちらの考えが中韓という反日国に対抗していけるのか、アメリカとの同盟関係を上手く利用しつつ如何にその悪影響を防ぎながら日本の安全と成長を果たすことができるのか分るだろう。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

11:22  |  --反日NHKウォッチング  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |