FC2ブログ

2015.12.30 (Wed)


慰安婦日韓合意に韓国で抗議運動爆発!


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

10億円 払いたくても払えない?

 28日の日韓外相会談で慰安婦問題が決着したかにみえたが、予想通り北朝鮮からの工作員を中心とする抗議運動が爆発した。

⇒産経ニュース(2015/12/30)
「屈辱的だ」韓国で大規模抗議集会 慰安婦像国内外に増設宣言も
 


 【ソウル=名村隆寛】日韓外相会談での合意で慰安婦問題が最終決着したにもかかわらず、韓国では元慰安婦や支援団体が、日本側の「真の謝罪」や法的責任を求め、強硬に反発している。日本との合意を受けた韓国政府による元慰安婦の女性らへの説得や、ソウルの日本大使館前の慰安婦像撤去は難航している。
 ソウルの日本大使館前では30日、日韓合意から初めてとなる抗議集会が開かれ、元慰安婦や支援団体のほか、高校生や大学生らを含む300人以上が日韓両政府を激しく非難した。
集会では「屈辱的だ」「被害者(元慰安婦)の意見さえ事前に聞いていない。彼女らを見捨てた外交の惨事として長く歴史に残るだろう」などと抗議。また、日本大使館前の慰安婦像を韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相が「適切に解決されるよう努力する」と明言したことについて、「撤去や移転への韓国政府の介入はあり得ない。韓日両政府は、さらに重い歴史的責任を負い続ける」と訴えた。
 韓国政府では、日本との合意に従い、支援団体と協議し、少なくとも慰安婦像を別の場所に移設させたい意向だ。しかし、「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)」などは30日、今後も抗議活動を続けると断言し、日本大使館前の慰安婦像の撤去に応じるどころか、同じ像の設置を韓国だけでなく海外にも広げるとまで宣言した
韓国の世論調査会社リアルメーターが29日に行った慰安婦像の移転についての調査結果(成人535人を対象)によると、「反対」が66・3%で、「賛成」(19・3%)を3倍以上、上回っている。日韓関係の改善を評価する一方で、韓国では元慰安婦に同情的な世論が相変わらず根強い。
 韓国政府は合意を受け入れるよう元慰安婦への説得に当たっているが、逆に抗議を受け、事実上の門前払いだ。また、慰安婦像の撤去が実現せず、別の場所で像が増設されれば、日本の世論悪化が懸念される。対日関係改善へ日本との年内合意を実現させた韓国政府だが、今度は国内での重い葛藤に直面している。


(引用終わり)

 日本大使館前の慰安婦像の撤去どころか海外にまで広げると宣言したという。
東京のど真ん中、たぶん国会議事堂前にも建てるそうだから韓国人の火病、さもありなんというところか。
ここは朴槿恵さんの腕の見せ所だ。
就任後、安倍さんと首脳会談を拒絶し、海外で告げ口外交をして韓国人の愛国心を鼓舞してきたツケを今になって払わなければならない。
安倍さんも朴さんにむごいことをしたものだ。
日本の愛国者たちが激怒した10億円も払わずじまいになるかもしれない。

一方、アメリカでは国務省がもう慰安婦像を建てるのは止めろと言い出したらしい。
中央政府より州が強いアメリカのことだからどの程度の歯止めになるか分らぬが。

⇒読売オンライン(同上)
米国内の慰安婦像、設置自制呼び掛け…米国務省


 【ワシントン=尾関航也】米国務省のトナー副報道官は29日の定例記者会見で、慰安婦問題を巡る日韓合意に関して「この合意の成功には市民社会の支持が欠かせない」と述べ、米国内の民間活動団体(NGO)などに慰安婦問題の最終解決へ向けた支持を呼び掛けた。
 韓国系市民団体が全米各地で慰安婦像の設置を進めていることを念頭に、活動の自制を求めたものだ
 トナー氏は「米国内を含めて、当事者以外も、この合意とその完全な履行を支持してほしい。それが治癒と和解を促す重要な意思表示になると信じている」とも述べ、日韓の関係改善へ向けて合意の着実な履行を望む立場を強調した。
 米国では2007年に下院が慰安婦問題で日本に公式謝罪を求める決議案を採択し、その後、慰安婦像の設置など韓国系市民団体の活動がさらに活発化した。


(引用終わり)

日本人のような顔と名前をした慰安婦擁護の反日政治家マイクホンダとかいう議員はどうするだろうか。
当選したいためにロビイストから金を貰って選挙運動をして、さも慰安婦の味方であるかのように装う偽善者だ。
在米の韓国系市民団体がいままで同じように慰安婦像を建てようとすれば、日韓合意を履行しない国民の末裔として今まで以上に恥をかくことになりはしないかと他人後ながら心配ではある。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

23:04  |  慰安婦問題  |  TB(0)  |  CM(23)  |  EDIT  |  Top↑

2015.12.30 (Wed)


慰安婦問題 日韓合意 海外の反応は?


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

安倍首相の外交的失策か
慰安婦問題の日韓合意について、国内は賛否が分かれている。
海外はどう評価しているだろうか?

⇒Newsphere(2015/12/30)
慰安婦問題合意、欧米メディアはどう捉えたか? 韓国政府に待ち受ける難しい舵取り


(前略)欧米紙は(安倍首相が主導した)慰安婦問題の解決に日韓が合意したことを評価した。

◆日韓関係修復の大きな一歩
 今回の合意には戦略的な配慮があったと多くの欧米メディアが指摘する。ガーディアン紙の社説は、日韓の合意は、台頭する中国や予測不能な北朝鮮を前に、安全保障面での協力を強化する必要があると両国が認識した結果だとし、それが同盟国であるアメリカの求めでもあった、と述べる。ウォール・ストリート・ジャーナル紙(WSJ)も、中国の台頭や北朝鮮の挑発により試されている東アジアにおいて、アメリカは最も重要な同盟国である日韓のもめごとに頭を悩ませていたと説明。合意に少なからずアメリカの意向が働いたという見方を示した。

 ガーディアン紙は、日本に否定できない責任があるのは事実だが、当時、慰安婦となる女性たちを騙して連れてきた韓国人悪徳業者や日本人斡旋業者にも責任があるとし、慰安婦問題は今後も論争であり続ける複雑な歴史であると述べる。アメリカのプレッシャー以外にも、過去を考慮し真摯に以前の敵の要求に対応すべき、という訪日時のメルケル独首相の言葉が影響したかもしれないという同紙は、今回の判断においては、安倍首相は先を見る力があったと評価。「最終的かつ不可逆的に」解決するという合意は「明らかな一歩前進」としている。


(ホロコ-ストをナチスのせいにして難を逃れたドイツ国の首相の言葉などに影響などされていない。
「日本に否定できない責任がある」というが、橋下徹氏の言うとおり、戦時の慰安婦問題は日本だけの問題ではなく、直近でもベトナム戦争時の韓国兵士の問題もあった。
日本軍が強制連行したのではないことは嘘をついて広めた朝日新聞自らが訂正している。
「日本軍が関与した」というのは「強制連行」ではなくて「慰安婦の衛生管理、健康管理」の面での関与に過ぎない)

◆慰安婦問題は不適切な戦後処理の結果?
 一方、ウェブ誌『Vox』のマックス・フィッシャー氏は、多くの米メディアがアメリカのプレッシャーが慰安婦問題解決に向かわせたと報じるが、実は安倍首相の狙いは今回の合意で韓国、中国から点数を稼ぎ、自らがもくろむ日本の軍国化への余地を作ることだという、かなり飛躍した理論を展開している。同氏の記事は韓国寄りだが、慰安婦問題の本質については、非常に興味深い意見を述べている。


(「日本の軍国化」=「防衛強化」良いではないか)

 フィッシャー氏は、慰安婦問題は戦時の問題として捉えられがちだが、実は戦後処理が起こした問題だと指摘する。同氏によれば、連合国による日本の戦争裁判を支配したのは白人の戦勝国で、11人の裁判官のうち3人のみがアジア人。しかも韓国人は一人もいなかった。一方ドイツの裁判の場合は、犠牲者が戦犯調査に加わることが許可されたため、彼らの言い分が通り、正義がなされたと感じることができた。戦後、犠牲になった国の人々とドイツ人との平和的共存が可能になった理由はここにあると、同氏は指摘する。ところが、韓国や中国にはこのようなチャンスがなかった。結果的に韓国では、自国に対する日本の罪に正義がなされたことはないという不公平感が煽られ、「慰安婦」が、いまだに続く国家的犠牲の例えのようになったと、同氏は見ている。

(韓国人が裁判官になるワケないだろう。朴槿恵大統領の父は日本の兵士だったということを知らないのか。
被告席に座るしかないのだ。中国もサンフランシスコ講和条約に参加していない。戦勝国面をするのがおかしいのである。
外国のメディアは歴史の勉強もしていないのか。よくそれで「歴史修正主義」などと言えたものだ)

◆今後は韓国のかじ取り次第
 WSJ紙は、今後の問題は韓国において合意が「最終的かつ不可逆的」と見られるかどうかだと述べるが、さっそく政府間の決定に正義はないと感じる人々が、声を上げ始めている。韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)は、今回の合意は「外交的恥辱」と表明。日本は軍の「関与」は認めたものの、慰安婦制度を作り運営していたのは日本軍だったことを明白にしていないとし、「責任回避だ」と憤っている。


(もはや「強制連行」などと挺対協も言っていない。したがって「軍の関与」の解釈レベルが落ちた)

 ワシントンの戦略国際問題研究所の韓国理事、ビクター・チャ氏は、韓国政府は市民団体や野党からの批判を含む「複雑な国内事情」をうまく管理することで、今回の合意における韓国側の役目をやりきらなくてはならないと指摘。しかし、市民団体が抗議や訴訟の対象を政府に向ける可能性もあるとし、今後のかじ取りの難しさを示唆している(WSJ)。

(安倍首相は「肉を斬らせて骨を斬った」のではないか。挺対協が「河野談話より後退している」と嘆いているのがそれを証明している)

 WSJは、これまで日韓の間の火種であった日本大使館前の慰安婦像に関しては、今や韓国政府と慰安婦支援者の間の問題になっていると指摘。挺対協は、像を「我々の公共の資産」と呼び、韓国政府が撤去や移設に関し、口出しすることはできないと述べている。チャ氏は、合意履行の精神の一部として、日本は期待しているだろうが、感情的に敏感な問題だけに、像の移設がすみやかに行われることは考えにくいとしている(WSJ)。

 戦後70年の今、やっと解決への一歩を踏み出した慰安婦問題。今後の行方に注目したい。(山川真智子)


(引用終わり)

米国務省もカリアォルニアの韓国系の反日団体(KAFC)に自制を促した。
KAFCも日韓合意を「河野談話から後退」と非難している。

⇒産経ニュース(同上)
韓国系団体に非難の自制促す 米国務省トナー氏「市民社会による支持が重要だ」


 米国務省のトナー副報道官は29日の記者会見で、カリフォルニア州の韓国系団体が慰安婦問題をめぐる日韓両政府の合意を非難したことを念頭に「市民社会による支持が合意の成功に極めて重要だ」と述べ、自制を促した
 トナー氏は「米国内を含め、誰もが合意と合意内容の完全履行を支持するよう望む」と述べた。
 カリフォルニア州グレンデールの慰安婦像設置を推進した「カリフォルニア韓米フォーラム」のメンバーは28日、合意は慰安婦の強制連行を認めておらず、河野洋平官房長官談話を後退させるものだとして非難していた。(共同)

(引用終わり)

ドイツもオーストラリアも日韓合意を歓迎し支持した。

⇒産経ニュース(2015/12/29)
妥結促してきた米国「蒸し返しなし」に期待感 独豪など歓迎声明続々


 【ワシントン=青木伸行、ミュンヘン=宮下日出男】日韓両政府による慰安婦問題での合意を受け、ケリー米国務長官は28日、「米国の最も重要な2つの同盟国の関係改善に資する」と合意を歓迎する声明を発表した。オバマ米政権は安全保障上の必要性からも日韓の妥結を強く促してきた。ドイツやオーストラリアも合意を歓迎し支持する声明を相次ぎ発表した。(以下略)

(引用終わり)

日韓は仲良くせよと指示したアメリカが歓迎するのは当たり前だが・・・

もっとも海外のメディアは必ずしも日本に対して好意的ではない。
反日命のNYタイムズはもとより、「日韓がこじれたのは日本の硬直的立場に原因・・・朴大統領は政治的リスクを冒して日本に歩み寄った」(ウォールストリート・ジャーナル)などと日本に批判的だ。

国内で倍首相の今回の慰安婦問題解決法に賛成しているのは上念司氏や渡邊哲也氏など。
反対しているのはチャネル桜の水島総氏や青山繁晴氏など。

なかでも渡邊哲也氏の解説にはなるほどと感心したが、リンク先を見失ってしまってご紹介できない。
確か北朝鮮の工作員、例えば挺対協などの日韓分断作戦や中韓の対日統一戦線の危険性を明示し、安倍首相がそれに楔を打ち込んだという解釈だった。

渡邊氏はブログでこう言っている。

★慰安婦問題10億円で決着 まぁ、払う必要があったかどうかは別にして、韓国政府としてはそろばんに10億円では合わないでしょうね。もう少し放置しておいて、逆ギレさせるという方法もありましたが、めんどくさいので手を打ったというところでしょうか
 今回と今までの違いは、「この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する」と明言されたことでしょうね。これまでも解決済みとしてきましたが、これは交渉過程の話であり、紳士協定的に明言を避けてきた経緯があるわけです。これで再び蒸し返した場合、日本政府として韓国政府を公式に批判できるということになりますね。日本側のカードに変わったとも言えます。
 まぁ約束とか契約の概念のない国ですから信用は出来ませんが、国際機関や他国に対して対外的には利用できるということになりますね。また、国内の不安分子に対しても効果があると言えます。当事者が解決済みとしていることを部外者が批判できないわけです。


(引用終わり)

Ponkoは最初 「韓国慰安婦交渉 日本政府の完敗だ」 としたが、時間が経ち冷静になるにつれて「日本政府は乾杯だ」と思うに至りつつある。

屈韓外交に憤懣やるかたない諸兄諸姉はいかがだろうか。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

17:52  |  反日マスメディア  |  TB(0)  |  CM(17)  |  EDIT  |  Top↑

2015.12.30 (Wed)


慰安婦問題 日韓合意で混乱する韓国


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

追い詰められた韓国

 日韓外相の共同会見から2日経ち、いろいろな反応が韓国をはじめ世界各地から出始めている。
それは韓国側が文書化に消極的だった理由を証明するものでもある。

まず、会談結果を元慰安婦に報告に行った韓国外務省の高官が慰安婦に罵倒された。

⇒産経ニュース(2015/12/29)
あなた誰よ!日本の外務省か!」 元慰安婦、面会の韓国外務省高官を罵倒


反日0108

【ソウル=名村隆寛】日韓両政府による慰安婦問題の最終決着の合意を受け、韓国外務省高官は29日、元慰安婦の女性らと面会し、合意内容を説明した。これに対し、女性らは事前に相談がなかったなどと強く反発し、韓国政府による合意履行を前に、早くも暗雲が垂れこめている。

 ■いきなり声荒げ…聞く耳持たず

 「あなた誰よ! 解決したと報告に来たわけ?」

 韓国メディアによると、元慰安婦支援団体、韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会(挺対協)のソウル市内にある関連施設を訪れた韓国外務省の林聖男(イム・ソンナム)第1次官に、元慰安婦女性の一人は面会冒頭、こう声を荒らげた。
 「何が外務省だ。所属は? 日本の外務省か」との非難も浴びせた。
 別の女性は「安倍晋三首相が直接『法的に間違っていた』と正式謝罪したわけでない」と批判。当事者らに相談なく、在韓日本大使館前の慰安婦像の撤去問題が合意に盛り込まれたことにも抗議したという。
 林氏は元慰安婦らが「亡くなられる前に解決できるよう最善を尽くした」と理解を求め、膝を屈して「おしかりを受けにきた」とも述べたが、女性らが耳を傾ける様子はなく、平行線に終わったようだ。

 ■大使館前の像「誰も手を触れられない」

 面会後、女性らは報道陣に「誰も手を触れられない」と改めて大使館前の像の撤去を拒否し、慰安婦像を「米国各地に設置した後、必ず東京の真ん中にも建てる」と語ったという。
 同省の趙兌烈(チョ・テヨル)第2次官も同日、ソウル郊外にある元慰安婦の支援施設「ナヌムの家」を訪れ、安倍首相のおわび表明などについて説明。「これ以上の名誉回復は難しい」と伝えた。
 大使館前の慰安婦像の周囲には、28日夜に立ち入り禁止のロープが張られた。しかし、29日には像の前で少数の市民活動家が散発的に抗議デモを行った。


(引用終わり)

何処までも頑なな元慰安婦たちを韓国政府は説得できないだろう。
彼女等を支援する挺対協は日本大使館前の慰安婦像の撤去は許さないだろう。
それは彼等の反日運動の敗北を意味するからである。
10億円の拠出金の条件のひとつは慰安婦像の撤去である。
ボールは韓国に投げられた。

しかし、外務省自身からも共同会見の解釈に意義を唱える声が上がった。

⇒産経ニュース(2015/12/30)
韓国、記憶遺産申請への不参加は「事実無根」 外務省報道官が強調…早くも齟齬露呈


 【ソウル=藤本欣也】 慰安婦問題の最終決着をうたった日韓の合意を受け、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の記憶遺産に慰安婦問題の関連資料の登録を申請する動きに韓国が加わらないとの日本政府の認識について、韓国外務省報道官は29日の定例記者会見で、「事実無根」だと否定し、日本との間で合意した事実はないと強調した。合意に対する日韓の認識の齟齬(そご)が早々に露呈した形だ。
報道官は、記憶遺産申請について「韓国内の民間団体が主導して進めている」と説明。ただ、この団体は政府から委託され活動している。
 岸田文雄外相は28日、尹炳世(ユン・ビョンセ)外相との共同記者発表後、記者団に記憶遺産申請について「今回の合意の趣旨にかんがみ、韓国が加わることはないと認識している」と説明していた。


(引用終わり)

中国はいままで共闘してきた反日運動から韓国が離脱したと悔しがっているというのに・・・

⇒産経新聞(2015/12/30)
中国、にじむ悔しさ…歴史共闘、韓国“離脱”の動き


【北京=矢板明夫】日本と韓国が慰安婦問題で合意したことに関し、中国外務省の陸慷報道官は29日の定例記者会見で、歴史問題についての中国の従来の立場を繰り返した上で「事の成り行きを見守りたい」と述べ、具体的な論評を避けた。だが、中国の官製メディアは批判的な論陣を張るなど、歴史問題で共闘してきた韓国の突然の“離脱”に悔しさをにじませた。

(中略)

しかし、韓国が慰安婦問題で日本と合意したことは、中国が歴史問題で日本をたたく際の重要な仲間を失うことになる可能性もある。中国共産党関係者は「中国は単独での対日批判はやりにくい。来年は中日関係も回復に向かうかもしれない」との見方を示した。

(引用終わり)

安倍首相の目的は中韓の反日共闘に楔を打ち込むことであったのだ。
安倍マジックは中韓を混乱に落とし込み、世界各国の視線のなかで約束を履行できない韓国の哀れな姿を見せ付けることではなかったのか。

一方では、ニューヨーク州の韓国団体がこれを契機に慰安婦像の建立活動を中止すると言い出した。

⇒産経ニュース(2015/12/30)
政治活動を中止 慰安婦碑設置の韓国系団体「歴史的合意を喜んでいる」


 米東部で慰安婦の碑の建立などに携わってきた韓国系団体「韓米公共政策委員会」(ニューヨーク州)のイ・チョルウ会長は29日、日韓両政府が慰安婦問題の決着で合意したことを評価し、今後は同問題をめぐる政治的な活動をやめる意向を表明した。共同通信の電話取材に答えた。
 合意をめぐっては、カリフォルニア州グレンデールの慰安婦像設置を推進した「カリフォルニア韓米フォーラム」が28日、慰安婦の強制連行を認めておらず、河野洋平官房長官談話を後退させるものだと非難しており、賛否が分かれた格好だ。イ会長は「歴史的合意を喜んでいる。今こそ両国が抱擁を交わし、(関係改善に)共に取り組むべき時だ」と強調。今後は碑の建立などの政治的活動でなく、現代絵画の展示会や音楽祭を日韓で共催するなど文化交流を推進する考えを示した。(共同)


(引用終わり)

もう世界中が韓国と韓国系の慰安婦をめぐる反日活動を注視しているのだ。
中韓の分断、アメリカの反日韓国系団体の分断という流れの中で追いつめられたのは韓国である。


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

11:36  |  慰安婦問題  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |