FC2ブログ

2015.09.08 (Tue)


安倍総理続投に海外の論調は


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

中韓が警戒、米は歓迎

 今朝、安倍首相の3年続投が決定したことを受けて海外はどう論評しているか。
韓国は相変わらずのトンチンカン論評で、「右傾化が加速する」だと。
よほど安倍政権の右傾化(正常化)がお気に召さないらしい。

中国は安保法案の強行採決で日本にちょっかいを出し憎くなったと思っているらしい。

アメリカは安保関連法案の成立で今まで片務的だった日米安保が少しは双務的になったと歓迎し、アベノミクスのさらなる成果に期待している。

⇒産経ニュース(2015/9/8)
韓国「右傾化加速」中国「安保法強行採決へ」米「経済に集中」


 【ソウル=名村隆寛、北京=川越一、ワシントン=加納宏幸】自民党総裁選で安倍晋三首相が無投票で再選したことについて、海外メディアも速報した。

 韓国では8日、聯合ニュースが「安倍首相の任期がさらに3年延長」と報道。「安全保障関連法案や原発再稼働、(経済政策の)アベノミクスなどの懸案にいかに対処するかが長期政権の成否を決める」と展望した。聯合ニュースTVは「右傾化がさらに加速するとみられる」と予測した。

 中国国営新華社通信は、日本の報道を引用し、「総裁選が平穏に幕を下ろしたことで来週、参議院で安保法案を強行採決するだろう」と報じた。中国共産党機関紙、人民日報傘下の国際情報紙、環球時報(電子版)も「現在やっと道半ばであり、これからも強力な支持が必要だ」といった安倍氏の言葉を伝えた。
 中国外務省は公式なコメントを出していない。

 米通信社ブルームバーグも再選を速報した。安倍氏が総裁任期の2018年まで在任すれば、佐藤栄作、吉田茂両元首相に次ぐ戦後3番目の長期政権になると紹介。再選を受け、安倍氏は「安保法案が落ち着けば、再び経済政策に集中することになる」との見通しを伝えた。
 米政府は、安定した政治基盤に立って、安倍氏が集団的自衛権の限定的な行使を容認する安保関連法案や、政権が掲げる「アベノミクス」に集中的に取り組むことを期待しており、再選を歓迎するとみられる。


(引用終わり)

しかし、心配なのは再来年4月の消費税10%への増税だ。
中国のバブルがはじける中、アベノミクスの理論的支柱となったノーベル賞経済学者・クルーグマンが「日本が絶対に行なってはならないのは消費税10%への増税だ」と警鐘を鳴らしている。

⇒ノーベル賞経済学者・クルーグマン「中国崩壊と世界同時不況 私はこう見ている」

「グローバル経済が減速しているなかで、日本が絶対に行ってはならないのは、消費税増税です。1度目は完全に失敗でした。2度目の増税をすれば、アベノミクスは完全に墜落してしまう。世界経済が衰退するなか、日本には力強く頑張ってもらわなくてはなりません」

(引用終わり)

 折角のアベノミクスも8%増税で腰折れしたことを踏まえれば、同じ過ちを二度と繰り返してはならない。
しかし、メディアでは10%増税は既定路線として軽減税率の適用方法が取り沙汰されている。

財務省は軽減税率の代わりに低所得者へ給付金を考えているようだ。
公明党は給付金よりも軽減税率中心で、自民党は給付金もありかと。
公明党が早期導入を主張する軽減税率は金持ちも貧乏人も恩恵に与るから不公平といえば不公平だ。

そのうえ、新聞が盛んに軽減税率の対象にせよと働きかけている。
ネット時代に新聞など必需品でもなんでもない。
真っ当な産経新聞だけ軽減税率の対象に指定して多くの人に読んでもらうのがいい。

社会保障のためには増税が必要だとされているが、10%増税でアベノミクスが失敗しては元も子もなくなる。
世界が期待しているアベノミクスを成功させて景気回復につなげるまでは増税してはいけない。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:03  |  アベノミクス  |  TB(0)  |  CM(5)  |  EDIT  |  Top↑

2015.09.08 (Tue)


朗報 安倍首相の総裁再選決まる


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

野田氏、推薦人確保できず

 今朝の産経新聞一面トップに「首相、きょう総裁再選」自民野田氏、推薦人確保苦戦」とあったが、8時半に立候補受付締め切りの時間までに野田聖子議員は届け出なかった。

 前記事でご紹介したように、稲田朋美政調会長は「自民党議員は毎日朝早くから議論をしているのに何をいまさら。それよりも安保法案の成立が大事」と切り捨てていた。

産経ニュース(2015/9/8)
安倍首相が無投票で再選 野田氏「力及ばす断念」


 安倍晋三首相(自民党総裁)の任期満了に伴う党総裁選が8日午前、告示された。首相以外に立候補の届け出はなく、首相の再選が確定した。近く開かれる両院議員総会で正式に決定する。任期は平成30年9月までで、無投票再選は13年の小泉純一郎元首相以来。野田聖子前総務会長は国会内で記者会見し、立候補断念を表明した。立候補に必要な党所属国会議員20人の推薦人を確保できなかった。

 首相は8日朝、首相官邸近くのホテルで開いた出陣式で「まだ道半ばだ。継続は力。支援を力に変えて結果を出すことで、責任を果たしていきたい国民のために全力を尽くす」と決意を表明した。
 首相は来夏の参院選を見据え、10月上旬にも党役員人事と内閣改造を行う。秋の臨時国会に向け、新たな景気・経済対策を打ち出す考えだ。
 総裁選が選挙戦となった場合、安全保障関連法案の参院での審議日程に影響が出る可能性もあった。首相が無投票再選を果たしたことで、自民、公明両党は来週中の法案成立を念頭に審議を加速させる考えだ。

 一方、野田氏は8日朝の記者会見で、「力及ばす断念した」と語った。これまで「党内議論の場を設けたい」と主張し、女性議員らを中心に推薦人になるよう要請。尾辻秀久元参院副議長や古賀誠元幹事長らが関係議員に呼び掛けたが、支持は広がらなかった。

野田氏が出馬した場合でも、党内全7派閥の推薦を受けた首相の再選は揺るがない状況だった。
 
◇ 

 安倍晋三首相の推薦人は次の通り。(敬称略、五十音順)

 【衆院】小里泰弘▽大野敬太郎▽亀岡偉民▽河村建夫▽熊田裕通▽斎藤健▽塩谷立▽鈴木淳司▽寺田稔▽渡嘉敷奈緒美▽宮川典子▽森山裕▽吉川貴盛▽若宮健嗣【参院】磯崎仁彦▽上野通子▽高階恵美子▽中西祐介▽中原八一▽山下雄平


(引用終わり)

20名に満たなかったという野田氏の推薦人の名前も今後の参考のために是非知りたいものだ。

 立候補しても安倍氏再選は揺るがないとされた総裁選に出馬の意欲を見せる野田氏の気持ちが分らない。
焦眉の急である安保法案の成立に集中するのが自民党員の常識であるのに、やはり彼女には常識がない。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

09:42  |  安倍政権  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑

2015.09.08 (Tue)


フジTV「新報道2001」 稲田朋美政調会長の全発言


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

中国の歴史カードに冷静に反論せよ
野田聖子氏の総裁選出場に疑問


 フジテレビ「新報道2001」がかなり深く中国の抗日戦勝記念と日本に対する姿勢を掘り下げた。
そのなかで自民党の稲田朋美政調会長の発言を中心に文字起こししてみた。
限られた時間の中で稲田氏はかなりはっきりとそのスタンスを示す事ができたのではないかと思う。
稲田氏の発言だけでなく、VTRで様々な貴重なコメントがあった。

フジTV「新報道2001」(2015/9/6)

中国の「抗日戦勝記念行事」に韓国人の朴槿恵大統領と潘基文国連事務総長が出席した。
軍事パレードでは習近平国家主席とプーチン大統領が立ち上がっていのに、朴大統領は濃いサングラスをかけて座っていた。
非礼というべきか、戦勝国でもない韓国を恥じたためか分らない。

反日0185

稲田朋美政調会長
「この写真を見ても日米、それから先進国の首脳は居ないわけですね。そんな中において朴大統領と潘 基文事務総長が出席をされた。先程座っている写真がありましたけども、朴さんとしたら最大限中国に気を使って、あと歴史カードで競争するという意味と、反対にこの黄色という(朴大統領の服の)色も、中国では皇帝の色で、なぜ黄色をわざわざ着て来られたのかと言う複雑な心境が現れているのではないかと思います」

須田哲夫(司会)
「出席したという事実についてはどうお考えですか?」

稲田
「はい、これは出席すべきではなかったと思いますし、やはり日本も日本の過去にフォーカスを当てて侵略国、軍事国ということで、このパレードは習近平さんの、習近平さんによる、習近平さんのためのパレードですよね。
まさしく、そういう所に出席されるということの意味は非常に大きいというか、出席されるべきではなかったと思います」


習近平と真っ先に握手をしたのは潘 基文国連事務総長だった。
国連の中立性を求めて潘の出席を批判した日本政府に対し潘は・・・

国連は中立であるべきだと誤った考えをしている人が居るが、実際はいわゆる中立ではなく公平公正だ

と反論した。

稲田
「ちょっと分りにくいですよね。中立、公平、公正、私はほとんど国連の立場としては同じ意味ではないかと思います。
ただ、その公平、公正と言う中に何か価値観を入れて、これが正しい歴史認識だという言葉もありますよね。そういうことを仰りたいかもしれませんけども、私は国連の事務総長としては国連憲章100条にもありますように、きちんと中立の立場でいらっしゃるべきだと思いますし、こういったパレードに参加されることは国連の事務総長としては有り得ないことだと思います」


産経新聞の古森義久ワシントン駐在客員特派員が皮肉まじりに潘は愛国者だと言い、自分は国連事務総長になることに反対したが、当時の麻生総理や外務省が賛成したと批判。
平井文夫フジテレビ解説副委員長が潘は事務総長を辞めるべきだ、日本の国連への出資金がアメリカについで2位(357億)であり、中国が6位(169億)というのはおかしいのではないかと指摘。

稲田
「確かに潘事務総長は愛国者ということは認めるんですけども、でもやっぱり国連憲章100条に『事務総長および職員はこの機構に対する責任を負う国際的職員としても地位を損するいかなる行動も慎まなければならない』ということで、やっぱり国際的職員としての中立な立場は守るべきだという国連憲章にも違反した行動であると思います。
いま党でもいろんな議論があって党の中での意見を表明するという手続きをやっております」


産経新聞の古森義久ワシントン駐在客員特派員が中国の誤った歴史認識を批判すると、朱建栄(東洋学園大学教授)が必死に中国の代弁をして庇う姿が痛々しい。
朱氏は「現在の日本人を批判しているのではない。昔の日本の軍隊だ。日本の国民は犠牲者だ」という毛沢東のプロパガンダを復唱する。

「当時、戦勝国として署名した」と発言して黒田記者に「中華民国でしょう」と冷笑された。

まあ、反対意見も聞くべしと言う放送法を守るための朱氏は哀れな犠牲者のようなものだ(笑)

須田(司会)
「今回の習近平の発言のなかで『抗日』という言葉を12回も使った。これは稲田さんに聞きたいけども、戦後の日本の平和への取り組みについて一言も言及がない」

稲田
「そうですね。そして日本に対して軍国主義、それから侵略国家と弾劾をして、そして自分達は全然違うんだと言いながら虚偽があまりにも多いですよね。
日本と戦ったのは国民党であって共産党ではないし、共産党は盧溝橋で両方に鉄砲を撃ってることは今や明らかになってますよね。そして何よりも今回のパレードは抗日記念日に軍事パレードは初めてですよね。しかもこの軍事パレードは何を意味しているかというと、中国の軍事力が凄いということを世界中に発信していて、いまやっている中国の覇権主義的な拡張主義とはまったく齟齬がある、いずれにしても非常に白々しいものを感じる国々が多かったのではないでしょうか」

富坂 聰(拓殖大学教授)
「中国が日本を意識しているというのは、ちょっと日本の方が意識過剰だ

富坂
「中国が日本を小日というのは変な言い方なんですけども枕詞みいなもんです」


隣の朱氏が大きく頷く。
Ponkoは以前から書いているように、この富坂氏は食わせ者だと思っている。

小原凡司東京財団研究員が横目でチラチラと富坂氏を見ている。
小原氏の冷静な分析にいつも信頼を置いているPonkoにはよく分る。

ここで気が付いたが、朱氏と富坂氏が一方に並び、対面する形で稲田氏と小原氏が座っている。

中国の新聞は今上天皇の謝罪を要求した。

稲田
「中国が常にこの歴史カードを切り続けて、日本が侵略国家で、世界で最も残虐な民族であるというプロパガンダを広めてきた。それは中国の国策として、しかも国益としてやられているのは分るんですれども、やはり何が真実で何が真実ではないかという事をきちんと冷静に反論していく事が重要で、しかも今回のように陛下まで持ち出したということは余りにも非礼ですし、そして・・・」


ここで突然CMに入ってしまった。

韓国との慰安婦問題について・・・

平井文夫(フジテレビ解説副委員長)
「日韓首脳会談は慰安婦というトゲがあるのでなかなか上手くいかない。日韓は水面下で色々やっているが、官邸は向こうが謝罪とお金(を要求している)。これは話せば何とかなる。こちら側が要求しているのは、こうこれでおしまいにしますという朴槿恵の念書を寄越せということと、もうひとつはソウルにある日本大使館前の慰安婦像をどけてくれといっているが、稲田さんまだ向こうからなかなかいい返事が来ないようですが、やっぱり日本としては勿論謝るのもいいし,補償するのもいいけれど、韓国側もちゃんと対応してくれないと、そんなに簡単に妥協してはいかんと思うのですが、いかがですか?」

稲田
「そうですね。慰安婦制度自体が人権侵害であるということは認めますが、しかし、今言われているような物凄く残虐な、20万人の若い女性を強制連行した犯罪国家と言われていることについては絶対承知できませんし、大使館の前の慰安婦の像をまず撤去して頂ききたいと思います」


(CMの後)

平井
「安倍さんと野田さんの総裁選が14日に行なわれると安保法案どころではなくなりますが、稲田さん、もう野田さんは出る必要があるんですかねえ」

稲田
「そうですね。議論が必要だと仰ってますが、自民党は3年に1回総裁選で議論してるのじゃなくて、毎朝7時から議論してますし、議論が大切だと言っても何を議論するかが大切であって、議論のための議論である必要はないし、やはりこの平和安全法制をきちっと通していくのが私は国益に合致していると思います」

須田(司会)
「安倍さんはこの先国連に行くとか、外務スケジュールがいろいろあります。
日本はどういうふうに世界にアピールすべきとお考えですか?」

稲田
「はい、ようやく安倍政権になって日本の存在が世界で認められるようになってますし、平和安全法制も含め世界の安全と平和にきちんと貢献していく国であることを発信すべきだと思っています」


古森氏のコメントのあと・・・

須田(司会)
「稲田さん」

稲田
「はい」

須田(司会)
「このあとの政治スケジュール、組閣ですとか10月11月色々気になるところがあるんですが、稲田さんのご活躍も期待しています。どういうポジションでどういうご活躍をされているか、またよろしくお願い致します」


色々と含みのある言葉だったが稲田氏は破顔一笑していた。

稲田朋美政調会長は再入閣して更に総理への道を歩み続けるのか。
Ponkoも眼が離せない。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

01:40  |  -支那  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |