FC2ブログ

2015.09.07 (Mon)


TBS「サンモニ」 安保法案は断念せよと岸井成格氏


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

アメリカの戦争の肩代わりだと

 岸井成格センセイも相変わらず安保法案には大反対。
中国が泣いて喜ぶようなご高説を垂れた。
よほど中国から金をもらっているのか。

TBS「サンモニ」(2015/9/6)
安保法案 審議大詰めへ

関口宏(司会)
「若い人も少し声をあげるようになってきたと思いますが岸井さん」

岸井成格
「そうですね。民意を本当に尊重すると言うのであれば、私は政府は潔く、ここで安保法案の成立は断念して、一から出直すべきだと思いますね。
ここへ来て新聞はそれぞれ分かれていますけども、地方紙も含めてここへ来てやっぱり次から次へと断念せよと、とにかくこの安保法案は憲法違反であると。それから段々段々審議すればするほど分って来たのはアメリカ軍との軍事一体化を進めることで、政府は防衛のためだと言うけども、実際は直接日本の防衛のためではなくて、禁止されている自衛隊をとにかく何時でも何処でも戦争地域に送り出す。そこで武力行使できるようにするというのが法案の目的なんですよね。
それが非常にはっきりしてきた。これをいま通すということはちょっと容認できない、ということだと思いますね」


(地方紙も含めてというが、「沖縄の2紙」や北海道新聞や共同通信から配信されたニュースを垂れ流すだけの地方紙であろう。
中国から抗日戦勝記念行事の取材を拒否された産経新聞や、半保守の読売新聞こそ正しいのである)

反日0184

関口
「だから、このアーミテージさんの言葉通りに日本が動いて行くとすると、アメリカの今の敵がみんな日本の敵になってしまうという恐れがあるわけですよね」

岸井
「それはもう、完全にそうですよね。だから・・・」

関口
「これはよく考えてみなければいけませんねえ」

岸井
「だから、とにかくアメリカが弱くなって来たな、世界の警察官の役割を果たせなくなって来たなということに、日本がそこでお手伝いしましょう、あるいは場合によっては肩代わりしましょうという法律なんですよ。
それはやっぱりねえ、大転換ですからね。ここはよっぽど国民はよく考える必要がありますね」


アメリカの敵は全部日本の敵だなんて、イラクや朝鮮やイスラム国にアメリカの肩代わりとして日本の自衛隊が戦争に出掛けるなどと言う妄想は止めてもらいたい。

こういう極論で国民を不安にさせ、安保法案の廃案を目論むTBSは公共の電波を悪用した放送法違反の罪で廃局にすべきである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

21:33  |  新安保法案  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

2015.09.07 (Mon)


TBS「サンモニ」 内閣で戦争始めるなと寺島実郎氏


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

軍事よりも近隣外交だと

 6日のTBS「サンモニ」も突っ込みどころ満載のお楽しみ番組だった。
寺島実郎センセイは相変わらず昨日アメリカの要人と会って帰ってきたとか自慢げに言うが、この日はヨーロッパから帰国されたばかりだそうだ。

TBS「サンモニ」(2015/9/6)
安保法案 審議大詰めへ

反日0183

寺島実郎
「いよいよ安保法制を進めようとする人達の本音が見えてきた。日米同盟の強化と本音は中国の脅威を何とかしなければというあたりが問題意識にあることがクリアになってきた」


(そんな事は最初からクリアである)

寺島
「但し、見えてくる議論は力対力の軍事お宅の人たちの議論だけが表面に出てきて、首相の70年談話の『武力をもって紛争解決の手段としない』に矛盾を持ってズレて来てる。
私は先日、10日間、一昨日まで欧州のいろんな人たちと議論して来て・・・」


(おいおい、またいつもの海外に行って来たという自慢話か。一体どこの誰に会って、何と言われたのか、氏名と肩書きを教えて欲しい。
軍事オタクなどと左翼のお家芸であるレッテル貼りをしているが、日本人は平和憲法のせいで軍事知識がまったく欠落してしまったのだ)

寺島
「2015年の夏が一体、外からどう見えるのかという思いで議論してきたが、『内閣戦争』というキーワードと『国民戦争』というキーワードがあって、つまり近代戦とは国民全体に支えられた戦争だ、第一次大戦以来。仮に進めるとしても国民が付いて行くかということが極めて大事だ。
『内閣戦争』とは内閣で勝手に解釈改憲して、内閣で有事の認定をして、国民から乖離した形で戦争に向き合えるのではないかという幻想がいま日本人の前に突きつけられている。
要するに国民の意思から乖離した戦争は出来ないということだ

 外から見て日本は軍事の議論に走る前に、友人を作るために、特にアジアに近隣を作るために真剣な努力をしてるのかということが、大きな問いかけとして心に響く。
だから、軍事よりも外交
外交を含めてやはり日本人として今問われていることは何なのかということを最後の局面でよく考えるべきだ」


(文字起こし終わり)

戦争は国民が好むと好まざるに関わらず、国力(政治力、経済力、国民力、軍事力)のバランスの不均衡から起こる。
「内閣戦争」などという珍語は始めて聞いた。いまワード変換したら「無い核戦争」と出た。
日本などまさしく「無い核戦争」で日米安保がなければ、日本などとっくの昔に中国の領土になっている。

また、安倍内閣がむりやり戦争をしようとしているのではない。
暴走する中国に歯止めを掛けるのは日米安保の強化しかないのだ。
アメリカから言われて法整備していると共産党が入手した内部資料を使って野党はこのところ安倍政権を揺さぶっているが、笑止千万である。
片務的な日米安全保障を双務的にするのは世界の常識だ。
よく、アメリカのポチなどと小林よしのりなどが言うが、日本人は誰でもアメリカのポチはイヤだ。
イヤなら国民は今の生活を切り詰めて税金を10倍収めて、核武装すればいいのだ。

「軍事よりも外交」などと呑気な事をいっているが、外交は軍事力を背景にして行なうものだとは子供でも知っている。
知らないのは寺島センセイと9条信者だけだ。

 アジアの近隣に友達を作れというが、中国と韓国は向こうから日本を敵国視しているのだから、友達になれる筈がない。
アメリカとタイアップして向き合うしかないだろう。
寺島センセイのコメントが如何にピントをはずれたものであるかは数年経たずして証明されるだろう。
そのためにも、こうして文字起こししているのである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

20:23  |  新安保法案  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

2015.09.07 (Mon)


野田聖子議員 総裁選出馬は日本のマイナス!


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

野田聖子の政治生命の終わりの始まり

 自民党の野田聖子議員の総裁選立候補の可能性が俄かに高まっている。
支持する古賀誠元幹事長の電話攻勢で必要な推薦人数とされる20人のうち18人を確保したという。
古賀元幹事長は打倒安倍政権に執念を燃やしている反日勢力のひとりである。

いま安保関連法案を可決するために与党が一丸となっているなかで、総裁選にエネルギーを費やしている暇はない。

Ponkoが野田氏を生理的に嫌いだということは度々書いた。

⇒思いあがるな野田聖子! 次期総理の芽はない(2015/7/27)

⇒野田聖子議員 総裁選出馬は絶望的(2015/9/3)

野田氏の政治理念が自民党に政治理念にそぐわない。
夫婦別姓を自ら実践し、左翼の岩波書店発行の言論誌「世界」で集団的自衛権に反対した。

そもそも小泉元首相の郵政改革に反対し、自民党を追われた。
総選挙で地元の選挙民に泣き落としで運動していたのをVTRで散々見てウンザリした。
安倍首相が彼女を同期のよしみで拾ってやり、総務会長にまでさせてあげた。
その恩を仇で返す恥知らずな女である。

講演会で、今朝子供のおむつを取り替えて急いでやって来たとか、安倍首相の演説の後に・・・

「先ほどたいそう立派な演説をされた安倍総理大臣。国会においては同期の桜でございまして・・・」

とか・・・

「私もワーキングマザー歴4年になった。私は大臣も何回もしたし、総務会長という要職も担ったし、そんじょそこらの男性国会議員よりは、はるかに仕事ができる国会議員になったと思いますが・・・」

などと話す女に総裁(首相)の器があるというのか。

 他人の不幸をあげつらう気はさらさらないが、無理に生んだ障害児を抱えて一国の首相としてやっていけるのか。
仮に総理大臣になって世界各国を訪問し、子供は保育園に預けっぱなしで母親としての責任を果たせるというのか。

100にひとつの勝ち目もない総裁選に出馬するのは、次のチャンスを狙うためだという。
バカか。
次のチャンスなどない。
推薦人の20名と共に今後自民党内で肩身の狭い思いをし、中には離党する(させられる)議員も出るかもしれない。

自民党の政治理念に反する野田氏には離党して民主党に行ってもらおう。

産経ニュース(2015/9/7)
野田聖子氏はなぜこれほど総裁選出馬にこだわるのか? 


 自民党総裁選(8日告示、20日開票)に出馬するため、野田聖子前総務会長が20人の推薦人集めに奔走している。すでに党内の全派閥が安倍晋三首相(党総裁)を支持し、首相の再選は揺るぎない。にもかかわらず、なぜ野田氏は出馬にこだわるのか。

 「自民党は総裁選を開き、開かれた場所で開かれた議論のなかでわれわれの多様性を訴え、保守として進化してきた。今、私の心は『義を見てせざるは勇なきなり』です」
 野田氏は1日、都内での政治資金パーティーでこう語り、総裁選への強い意欲を示した。
 「義を見て-」は論語の一節で「人として行うべき正義と知りながらそれをしないのは、勇気が無いのと同じこと」の意。総裁選を行うことが「正義」なので私は勇気を奮い立たせている-という意味で引用したのだろう。 

 野田氏は今回の総裁選について「首相の政権運営をめぐるこれまでの決算、そして次の任期3年間で何を行うのかを明らかにする場だ」と説明する。野田氏側近も「党内には多様な意見があるということを世間にアピールした方が自民党のためになる」と意義を強調する。

 だが、野田氏が出馬にこだわるのは、こうした正当な理由ばかりではなさそうだ。
野田氏は元々、盟友の石破茂地方創生担当相に出馬を促していた。石破氏といえば、平成24年の前回総裁選で惜敗した首相の“政敵”。野田氏は「次々回の総裁選に向けた存在感を示すためにも、閣僚を辞任する覚悟で手をあげるべきだ」と口説いたという。
 ここに野田氏の本音が透けて見える。
 安倍内閣の支持率は春から夏にかけて安全保障関連法案の国会審議などを通じ下落傾向にあった。首相に「万一」があるのを見越し、今のうちに党内議員が結集できる「旗」を立てておく。たとえ総裁選後に党内で冷遇されても結果的には「ポスト安倍」に最短距離で届く-。「石破氏が出馬しないならば自分が…」。こんな皮算用を弾いたようだ
 過去の総裁選では、小泉純一郎元首相が3回、麻生太郎副総理兼財務相が4回も挑戦し、首相の座を射止めた。それだけに自民党内では「当選回数を重ねるより、総裁選に1度出た方がはるかに知名度は上がる」(幹事長経験者)と言われている。
 もし、野田氏が総裁選で首相と一騎打ちとなれば、テレビはこぞって2人の討論番組を流すだろうし、街頭演説会では自民党の選挙カーの上で首相とともに立つことになる。
 つまり総裁選は、自分を「首相と対等な存在」と世間にアピールすることができる最大のチャンスなのだ。「これを逃す手はない」。これが野田氏の本音ではないか。
これが見え透いているだけに首相は神経をとがらせている。

 首相と野田氏は当選8回の同期生。野田氏が郵政民営化に造反して無所属議員になった時も、首相は平成18年の第1次政権下で復党させた。24年の第2次政権では総務会長に抜擢するなど、良好な関係を続けていた。
 ところが、昨年5月に2人の関係は決定的に壊れた。野田氏が雑誌「世界」で、集団的自衛権行使容認に向けた憲法解釈変更を進める安倍政権の姿勢に疑義を呈したことが原因だった。
 野田氏は同誌に「自衛隊は軍になり、殺すことも殺されることもある。いまの日本に、どれだけそこに若者を行かせられるのでしょう」とも記した。
 党の最高意思決定機関である総務会の長にこんな論文を書かれては、首相の面目は丸つぶれだ。首相は激怒し、「野田聖子なんかを信用した自分がバカだった」と周囲にぶちまけたという。

 首相にはもう一つ気がかりなことがある。安保関連法案の行方だ。もし8日告示-20日開票の日程で総裁選が行われれば、野党が「首相が交代するかもしれないのに審議などできない」と審議拒否に転じる可能性は十分ある。

(Ponko注:今日の午後、枝野民主幹事長は「馬鹿にするな審議は続けると」記者会見で述べた。
審議しないといえば、それを理由に野田氏の出馬は抑えられるので、総裁選をやってもらった方が得策だからである)


 それだけに首相はできれば総裁選を避けたいというのが本音。ましてや野田氏と同格扱いとなるのは「まっぴらごめん」と思っているようだ。自民党の側近に思わずこう漏らしたという。
「野田氏なんかと一緒に選挙カーに乗りたくないな…」

 果たして野田氏は全派閥を敵にまわしつつ推薦人20人を集め、総裁選に出馬することができるのか。ただ、出馬することができても、それが野田氏の政治家人生にとってプラスになるかどうかは疑問が残る。
(政治部 水内茂幸)


(引用終わり)

先に書いたとおり、彼女の政治家人生にとってプラスどころか、政治生命の終わりである。
そしてそれが日本の政治にとって、最も好ましい帰結である。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

16:51  |  安倍政権  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |