FC2ブログ

2015.09.03 (Thu)


野田聖子議員 総裁選出馬は絶望的


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

安倍総理の向かうところ敵なし

 古賀誠元幹事長を後ろ盾とする野田聖子議員も、予想した通り20人の推薦人が現れず総裁選を断念した模様だ。
もう二度とつまらない野心を抱かないほうがいい。

反日左翼は総裁選をやるべきだ、安倍総理の無投票再選は許せない、それが民主主義だなどとタワゴトを言っているが、
野党も軽々と拉(ひし)いでしまう強力な安倍総理の前ではなすすべもない。

テレ朝「ワイド!スクランブル」(2015/9/3)
自民総裁選 事実上終戦?
野田氏 推薦人集らず

反日0173

レポーター(自民党本部前から)
「野田聖子議員の20人の推薦人集めは難航していて、関係の近い議員の勉強会でも欠席が相次ぐなど、安倍総理の反対派として表に出たくないという空気に直面しています」


反日0174

(ひとりポツネンと所在なげに携帯を見るハマコーの息子、浜田靖一議員。
この後カメラは右にパンしたが、人っ子一人居なかった)


昨日は後継人とされる古賀元幹事長が岸田派の若手などを集めましたが、野田氏への支持を呼びかけるような状況ではなく、最後はカラオケをして終わったということです
これで推薦人集めも絶望的になりました。
(中略)
最後まで出馬を模索した石破大臣の側近も『石破氏の灯は消えた』と白旗を揚げました」


安保関連法案を早く成立させた後、まだまだやる事がたくさんある。

向かうところ敵なしの安倍総理はこれからも健康に留意されて己の政治信条をまっとうして頂きたい。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

18:41  |  安倍政権  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  Top↑

2015.09.03 (Thu)


中国の抗日戦勝記念行事の愚


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

一帯一路構想も崩壊

 株価が大幅に下落して経済が破滅寸前だというのに、対日戦勝記念行事をした習近平国家主席は実に愚かしい。
行事をする前は、どこの国と特定した行事ではないと言いながら、いざ行事が始まったらあからさまに日本国を名指しでファシズムだと非難した。
中国と韓国が力を合わせて日本のファシズムと戦ったそうな。
歴史の捏造も甚だしい。

 日本は捏造された過去の歴史を利用して闘いを挑まれたと、憤然として反撃すべきである。
反撃の方法はいろいろあろう。
菅官房長官は中国を刺激しまいとしてコメントを避けたようだが、中国共産党は日本に勝利していないからナンセンスな行事だぐらいのことは一言って然るべきだ。

軍事パレードは日本の軍事評論家によれば張りぼて武器で実戦には使えないそうだが、日本も軍事力は今以上に高める必要がある。
安保法案ハンタイなどと馬鹿な事を言っている暇はないのだ。

テレ朝「ワイド!スクランブル」(2015/9/3)
速報 北京市内は厳戒態勢
大規模軍事パレード始まる


反日0171

遠藤 誉(東京福祉大学国際交流センター長)
「AIIBに参加しましょうと呼びかけて、西側諸国がたくさん参加した。
軍事パレードもやるからそれにあなた達も参加するのね、とシグナルをずっと送ってきたが参加しなかった。
すなわち経済的には自国の利益のために中国にニコニコするけれども、このような軍拡は西側諸国はAIIBに入っていても賛同しないと中国に見せ付けた。
中国としては非常に大きな狂いが生じた


反日0172

中国の『一帯一路』構想は安全保障を兼ね備えた軍事的な目的を持っているものだ。この一帯一路にAIIB参加諸国は賛成していると習近平国家主席はずっと言ってきたが、一帯一路に関しても非常な痛手を蒙った。

「中国の人民向けに共産党はこんなに凄いということを見せ付けるのが第一の目的としてあった。
ところが、G7各国が参加せず、非常にメンツを潰されて、目立った人はプーチンと朴槿恵ぐらいだ。
目的の半分は失敗している」

末吉竹二郎
「中国は経済の影響力があるからみんな協力してきた。その中国が今ずっこけて来た時にみんな心配してるのに、こういう軍事力を見せることは逆効果だ。こういう力の誇示をされては世界はちょっと引いてしまう」


 来年台湾の総統選があるが、台湾の独立を叫ぶ民進党を恫喝するという目的もあるとコメンテーター達は解説。
中共政府は日本と戦っていないという歴史的事実もテレ朝としては珍しく言及した。
さすがのテレ朝でも、軍事パレードは素晴らしかったとは言えなかったようだ。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

17:47  |  -中国  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |