FC2ブログ

2015.08.25 (Tue)


何百年経とうが日本は謝罪せよと福島瑞穂


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

福島議員は日本にとって百害あって一利なし

安倍首相の戦後70年談話は多くの人の共感を得た。
なかでも次の一節は日本国民の心を打った。

「日本では、戦後生まれの世代が、今や、人口の八割を超えています。あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません」

 戦後70年、日本は執拗に日本に謝罪を求める中国と韓国に「心よりの謝罪」を繰り返してきた。
しかし、中国と韓国は許そうとしなかった。
もう我慢の限界である。
少なくとも我々の世代までは謝罪を続けよう。
しかし、もうこれからの世代に対してそれを求めることは決して許せない。
そういう決意である。

 しかし、社民党の福島瑞穂議員は「何百年経とうが日本は謝罪せよ」と委員会で述べた。

反日0157

福島瑞穂議員
「この談話は、極めて、本当に、不誠実なものだ」


と安倍首相を糾弾した。

国会中継のVTRを見ると安倍首相が忍耐しながら挑発的な福島議員の執拗な愚問に丁寧に答えている。

安倍首相
「戦争法案とはどの法案のことでしようか?」


と答弁の中で、皮肉たっぷりに逆質問して議場の笑いを誘った。

「国際情勢の認識が違う」


とも答弁していた。

福島瑞穂議員(社民党)
「総理は談話で詫びていない。ここで詫びたらどうですか」

安倍首相
「(前略)他方、戦争とは何ら関わりあいの無い私達の子や孫など先の世代の子供たちが謝罪を続けなければならないような状況を作ってはならない。これは今を生きる私達の世代の責任である。このような考えているわけでございます」

福島
「そういう質問してないですよ。あなたはなぜあなたの主語で謝らないのかという事を聞いてるんです。
(中略)
何百年経とうが、謝らなければならないことはありますよ


⇒議院インターネット中継(2015/8/24)
カレンダーの8月24日をクリックし、「予算委員会」をクリックすると見られます。(6:48:30から)


⇒ZAKZAK(2015/8/25)
島瑞穂氏「何百年たとうが謝罪」 戦後70年談話に絡み“仰天発言”


 社民党の福島瑞穂副党首が“仰天発言”を披露した。24日午後の参院予算委員会で、安倍晋三首相の戦後70年談話に絡み、「何百年たとうが謝らなければならないことはありますよ!」と追及したのだ。

 これは、安倍首相が「歴代内閣が表明した反省と(近隣諸国への)おわびの気持ちを揺るぎないものとする」「他方、子や孫、その先の世代が謝罪を続けなければならないような状況を作ってはならない」と答弁したことを受けての発言だ。

 戦後70年談話の、戦争に関わりのない世代の子供たちに「謝罪を続ける宿命を背負わせてはならない」という主張については、あの朝日新聞が25日報じた世論調査でも、63%が「共感する」と答えている

 福島氏のいう「何百年」というスパンで考えるなら、「元寇」(文永の役=1274年、弘安の役=1281年)では、長崎県の対馬や壱岐に侵攻した蒙古・高麗軍による残虐行為が文献に残っている。福島氏は中国や韓国、北朝鮮などにも謝罪を求めるべきではないのか。


(引用終わり)

 福島議員は弁護士時代、韓国の慰安婦を日本に連れて来て事情聴取をし、慰安婦問題をでっち上げた張本人である。
以降、朝日新聞などの日本人が火をつけて大火事にした。
世界中の人間が日本人は戦時中に性奴隷を辱めたと信じている。

そのために先人は大いにその名誉を傷付けられた。
今を生きる日本人も同様である。
将来の世代にその謂れ無き罪を背負わせたくないというのが、普通の日本人の思うところである。

それを何百年経とうとも日本は謝れというのは日本人の発想ではない。

元フジテレビの長谷川豊アナもブログに書いている。

⇒「安倍総理の談話はこのポイントが画期的だったのです」と。

「戦争も知らない子供たちに、謝罪、謝罪って言い続けちゃダメです。でも、同時に、過去に謙虚に向き合おうね。そして未来にその気持ちを受け継いでいこうね」

はい。ここです。今回の談話で一番のキモですね。


(引用終わり)

つくづく思うこと。
憲法を改正さえすれば、福島議員のような野党の下らない質問を一切させないことができると。

それにはまず安保関連法案を速やかに成立させて次に進むことである。

↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

22:04  |  新安保法案  |  TB(0)  |  CM(11)  |  EDIT  |  Top↑

2015.08.25 (Tue)


安保法案ハンタイ!室井佑月のオバカ振り


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

定評あるオバカぶり

 その昔から当ブログの「バカ女シリーズ」に再三登場していただいた室井佑月さん。
いまでもその「オバカさん」振りは変わらない。
TBSやテレ朝のレギュラーコメンテーターとして舌足らずの媚びた喋り方で無知無能全開!

 お笑いタレントとして場を賑わせるために使っているのか、視聴者にとってはいい迷惑だ。
今回も安倍政権が国と国民の安全を守るために成立させようとしている安保関連法案に反対だとテレビでコメントし、週刊朝日で書いている。

⇒週刊朝日(2015/8/28日号)
室井佑月「もういても立っても」で8.30デモ参加表明


安全保障関連法案に関して、矛盾だらけ、苦し紛れの答えで野党からの追及を逃れようとしている自民党・安倍政権。今も国会前などで反対デモが起きているが、今月30日には全国各地で計100万人参加を目指したデモも企画されている。作家の室井佑月氏はそこに乗り込むようだ。

 参議院の国会中継を、ネットで見ている人はどのくらいいるだろう。この審議を見れば、一発で安倍首相が推し進める安全保障関連法案が怪しいかがわかる。だって、この国の安全のための安全保障関連法じゃない、かの国のため。与党はそうはっきりはいえないから、野党に突っ込まれ苦しい答弁になる。

 まず、7月30日。安全保障関連法案を審議する参院特別委員会で、社民党の福島瑞穂議員の質問に、中谷防衛相は、「弾薬は武器じゃない」といい張った。
 そして、8月3日。中谷防衛相は、共産党の井上哲士議員の質問に、「手榴弾も武器じゃない」といい出した。

「手榴弾は直接人を殺傷することなどを目的とする火薬類を使用した消耗品であり、弾薬として提供可能」

 非人道的殺人兵器といわれるクラスター爆弾や、劣化ウラン弾の輸送が可能かどうかは、

「確定的に言えない」

 だって。怖~っ。どういった人殺し兵器でも、かの国に命令されたら運ぶ、そうすでに決めているんだわさ。

 7月30日の審議では、福島議員が、

「今までの概念は武器の中に弾薬は入っている。何で提供できるようになったのか」

 そう質問したら、中谷防衛相は、

「現行法の制定時においては、米軍からのニーズがなかった」

 そう悪びれもせず答えていたしな。もう、アメリカ様の命令が絶対です、そうぶっちゃけてしまうことにしたんかい?

「日米の防衛協力が進展をし、ガイドラインの見直しを進められた協議の中で、米側から、これらを含む幅広い後方支援、これの期待が示されたということだ」

 だと。なにキリッと答えてるんだよ。この国では「武力行使との一体化」は憲法違反のはずだけど。この国の憲法の前にアメリカがあるってか。

 自公の議員は、この国の国民も、アメリカに依頼されればすぐに差し出せる、弾薬のような消耗品と思っていないか? 人殺し兵器 を他国に運ぶのも、現地で危ない目に遭うのも、いいだしっぺの彼らじゃない。自公議員は、アメリカに頭を撫でられることを最高の仕事と思っているよう。こういう人たちを当選させてしまったあたしたちは、今度こそ本気で反省せねばならない。

「戦争に行きたくないは、利己的個人主義」

 自民党の武藤貴也衆院議員が、安保法案の反対デモをしている学生団体「SEALDs」についてそうツイートし、炎上していたが、これが彼らの本音だよ。おまえらただの駒なんだから、駒らしくいわれた通り動いてりゃいいんだ、そんな思いが根底にある。

 そして、この発言を受け、親玉の麻生副総理は、

「発言は法案通ってから」

 だとさ。本音を出すのは、国民をうまく騙くらかしてから、というまた本音。

 8・30、あたしは行く。もういても立っても……。


(引用終わり)

こういう程度の低いコメンテーターが飯を食っていけるテレビメディアや週刊誌とはいったい何なのだ。

ちなみに過去の室井佑月さんのオバカ振りの一部をご紹介。

「ミサイルもテロも怖いわ」(2006/7/11)

「バカ女シリーズ 室井佑月」(2007/3/7)

「小沢擁護の室井佑月」(2009/3/5)

古館アナ、検察を批判(2009/3/13)

「仕分けゴッコはもうやめよう(2009/11/21)

「野田さん、何言ってんだ」と室井佑月」(2012/12/19)

「結婚したらどうだ?」のどこが悪い(2014/9/18)


↓↓↓クリックをお願いします


FC2バナー2

テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル : 政治・経済

01:02  |  新安保法案  |  TB(0)  |  CM(19)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |